2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    タグ:感動短編

    411 : 大人の名無しさん : 04/12/03 17:15:11 ID:
    がんばるという意味・・・

    親友からの電話。
    「足が痛いから入院するよ。たいしたことはない、一週間くらいだって」
    笑いながらの連絡だった。

    「そっか、がんばれよ」、まあ日常的な会話。その時たいして気には止めなかった。
    一週間後、まだ入院してるとのこと。
    やらしい本を土産に病院を訪ねた。

    病室に入るとそこには右足の無い親友がいた。
    いっきに視野が狭まり、親友が見えなくなった。

    その日の夜、久しぶりに自転車で一緒に通った高校まで走ってみた。
    16年前と景色はさほど変わりない。
    田んぼ道、涙が溢れて止まらなかった。
    no title

    親友からの電話 →続きを読む

    1 : おさかなくわえた名無しさん : 02/02/20 19:41 ID:
    世の中、悪い人だらけではありません。たまにですがいい人に出会った事はありませんか?

    昔、コンビニでバイトしていたとき、酔った二人組みのサラリーマンに絡まれました。
    「目つきが悪い」と言い出し「表に出ろ」と言われ、やられるだろうな・・・
    と思いつつレジから出ると、立ち読みしていた男性が止めに入ってくれて助かりました。
    すごくあの時は助かりました。
    いい人とかやさしい人っていますか?
    no title

    いい人、やさしい人の話 →続きを読む

    1 : 名無しさん@おーぷん : 2017/01/28(土)21:24:33 ID:
    大学生で禿げてる俺は一度だけ合コンに誘われた。
    イケメングループからメンバーが足りないから頼む!と言われたので仕方なしにだった。
    けれど、だんだんわくわくしてきて服を買いに行ったりモテ術の本を読んだりした。
    親に「俺今日合コンだから遅くなるよ!」というと親は「あんまり飲んじゃだめだよ」とうれしそうだった。

    当日、予定の場所に行くと誰もいない。イケメンに電話すると「もうみんな店にいるから早く来い」という
    遅れて登場も悪くない、と思いながら店に入ると地獄が待っていた。
    「うっそ~!!ほんとに禿げてる!!」
    「な?な?俺が言ったとおりだろ?」
    「うわ~キモイwww」
    俺は何が起こったのかわからなかったが、どうやら最初からネタにするつもりで呼んだようだった。

    そのうちイケメンの一人が俺にヘッドロックをかけ、
    「ほらこの頭見ろよ!すげー!!」
    とやってきたので俺は手でそれを振り払った。すると今度は
    「何本気できれてんだよ」「ハゲって最低」「空気嫁よ」
    俺はもう参加する気力も切れる気力もなく店を出た。誰も引き止めなかった。

    家に向かって歩いていると雨が降ってきてびしょぬれになった
    もう情けなくて情けなくて声もあげず泣いてた。
    家に入ると母親に向かって怒鳴った「お前のせいで禿げたんだぞ!!」
    母親も泣いた。俺も泣いた。
    no title

    切ないコピペ貼ってクレメンス →続きを読む

    360 : 名無しさん@お腹いっぱい。投稿日 : 2008/03/12(水) 10:30:53
    土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。

    当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。
    まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。
    娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。
    子供はあえてつくらなかった。
    収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、
    子供は娘1人いればいいって事になった。

    突然嫁が交通事故で逝った。
    娘17の時。
    突然2人きりになった&現実味がなくて二人して呆然。

    これからどうしようと思った。
    生活の面では収入も安定してたし、娘も家事の一通りは出来た。
    何の問題もないはずだったけど、嫁側親戚が騒ぎ立てた。
    そらそーか。

    血の繋がらない29の男と17の女。
    ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな。
    「あなたはまだ若いんだから」とか、
    「再婚するにも子供がいちゃ・・・しかも自分の子供じゃないのに・・・」
    とか、散々言われた。

    でも、俺は間違いなく娘は俺の娘だと思ってた。
    何よりも、嫁のたった一人の忘れ形見だ。
    俺が育てて行く以外の選択肢は全く頭になかった。
    そんな親戚の騒ぎは右から左に流した。
    娘も「今更こんな足の臭いオッサンとどーにかなるかw」と笑ってた。
    当たり前の様に言う娘の気持ちが嬉しかった。

    やっぱり影であらぬ噂を立てられた事もあった。
    三者懇談や進路面談で学校に行くと、必ず教師に変な顔をされた。
    部活で遅くなった娘を迎えに行って「お宅の生徒がよからぬ事をしている」と
    近隣住民から学校に通報された事もある。

    それでも2人で暮らして来た。
    再婚なんか考えた事もなかった。
    それくらい娘には穏やかな、幸せな時間を与えてもらってた。
    no title

    土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。 →続きを読む

    649 : 大人の名無しさん : 04/05/16 18:21 ID:
    初めて彼女にあったのは、内定式のとき。同期だった。聡明を絵に書いたような人。学生時代に書いた論文かなんかが賞を取ったらしく、期待の新人ということだった。
    ※聡明・・・頭がさえ、理解力があって(人格にすぐれ)かしこいこと。

    ただ、ちょっときつめ&変わった人で、やることすべてパーフェクトだし、自分のことはなんにも話さないので、宇宙人ではないかとの噂もあった。

    まあ美人と言えば美人なんだけど、洋服とかおしゃれに気を使わないようだったし、クソまじめだし、お高くとまってるというより男嫌いみたいだった。近寄る男はいなかった。おいらも、なんかちょっと嫌いだった。

    彼女とは、偶然同じ部署に配属になった。それまで出会ったどんな女の人とも違うので、からかって反応を楽しむようになった。はじめは、すごく嫌がっていた彼女だったが、半年も経つと馴れてきたのか、そのころおいらが結婚したんで安心したのか、少しづつ相手をしてくれるようになった。
    no title

    聡明で美人な同期の話 →続きを読む

    541 : 名無しさん@おーぷん : 2015/12/27(日)11:55:17 ID:
    この時期になると思い出す、修羅場というか何というかなんだけど。

    昔、10年も前かな、スーパーの事務職で働いてた。年末年始は高額商品が増えるので万引きチェック体制が厳しくなる。
    必然的に、普段なら見つからない万引きも見つかったりする(逆に人が多いので成功する場合もあるらしい)

    30日か31日だったか、万引きGメンのおっちゃんから内線連絡があり、万引きを一人確保したから
    事務所まで連れていくとのこと。
    その日はクソ高い刺身や肉や寿司を万引きしてたオバさんが確保されてたもんだから、
    皆「あーまたオバはんかー」と思い込んでた。

    でも、Gメンが連れてきたのは、おじいちゃん。
    その時点で私含めた事務所の女性陣はちょっと同情的だった。
    no title


    万引きGメンが確保したおじいちゃんの話 →続きを読む

    275:02/04/30 06:31 ID:
    まだ1年ほど前の事なのですが・・・。
    彼女がこの世を去りました。病死です。

    その彼女と出会ったのは7年程前でした。
    相手はその頃大学1年生でした。
    持病があり、あと5年生きられるかどうか?と寂しく笑っていました。
    それを承知で私たちはつきあい始めました。

    つきあい始めたのは良いのですが、私の仕事の関係で遠距離(関西-東
    北)になってしまいました。それでも、彼女は笑いながら逢えるついで
    に旅行も出来ると言い、月に1度のペースで会いに来てくれました。
    相手は実家に住んでいて、私は貧乏サラリーマン。それを察して、相手
    が私の所に会いに来てくれていたのです。

     最初の3年は、その様な感じで普段は寂しいながらも、お互い幸せに
    過ごすことが出来ました。
     そして相手は卒業。しかしこの就職難の折り、東北から関西に就職す
    るのは無理でした。そこで彼女は地元で就職し、お金を貯めて関西に来
    ると言いました。私も彼女を迎えるため、必死で貯金を始めました。

     相手が就職して1年が過ぎたころ、相手の遊びに来る頻度が、それま
    で毎月だったのが、だんだん2ヶ月3ヶ月と間延びし始めました。
     毎晩電話で話をしていましたが、丁度1年半ごろ前から、たまに彼女
    が電話に出ないことがありました。そのころから、ふと私に嫌な予感が
    わき起こっていました。

     私は両親がいません。物心ついた時には、父親は蒸発。そして私が高
    校の時に母親が病死しました。そのため、彼女の両親には嫌われていま
    した。彼女はそれなりに良いところのお嬢様だったので、どこの馬の骨
    とも分からない私は、最初から相手にされていませんでした。

     ある日、そんな彼女の父親から私の元に電話がありました。
     彼女の持病が重くなり、来週から入院することになる。だからもう電
    話はかけてくるな、もうほっておいてくれとだけ言われ、一方的に電話
    を切られました。

    彼女がこの世を去りました。 →続きを読む

    1:2013/12/26(木) 20:25:19.48 ID:
    うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんて無かった
    だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた
    絵は上手じゃない
    ただ、どうにかして形に残したかったらしい
    ほぼ毎日、赤ん坊の俺を一生懸命描いてた
    絵の隣に『キゲンが悪いのかな??』とか『すやすや眠ってます?』ってコメント付きで
    小学四年生の時、家に遊びに来た友達数人に、そのアルバムを発見された
    めちゃくちゃ笑われて、貧乏を馬鹿にされた
    友達が帰って直ぐ、俺はアルバム三冊をバラバラに破いてゴミ箱に捨てた
    パートから帰って来た母さんがそれを見つけて、泣きだした
    破いた理由を言っても、変わらず泣き続けた
    翌朝起きると、居間で母さんがゴミ箱から絵の破片を集めてセロハンテープでとめてた
    「恥ずかしい思いさせてごめんね。でもね、これ、母さんの宝物なんよ」
    申し訳なさそうに優しくそう言われると、涙が溢れ、俺はごめんなさいと謝った

    こころえぐる泣けるコピペ貼ってく →続きを読む

    518:2006/02/15(水) 04:24:57 ID:
    小さい頃、よく親父に連れられて街中を走ったものだった。
    生まれた町は田舎だったので、交通量が少なく、
    そして自然が多く、晴れた日にはとても気持ちのいい空気が漂っていた。

    親父は若い頃に箱根駅伝に出たらしい。
    だから走る事が大好きで、息子にもその走る楽しさを教えてあげたかったのだろう。
    もともと無口だった親父も、走ってる時だけはずっと俺に声をかけつづけていた。
    普段の無口な親父がなんとなく怖かった俺は、その時だけは親父が好きだった。
    そしてお袋が作ったタスキを使って、駅伝ごっこをしてりしてた。
    今思えば、親父はまだ青春時代に生きていたのだろう。

    中学に入った俺は、当然陸上部に入部した。
    レースでは結構いい成績で、部活内でもトップレベルだった。
    毎回応援に来てくれる親父は、俺がいい記録を出した日には必ず酒を飲んでいた。
    そして真っ赤な顔して上機嫌で、俺に毎回同じ事を言うんだ。
    「お前と一緒に、箱根走りたかったなぁ」って。

    高校にいっても陸上は続けた。
    でも思うように記録は良くならず、さらに勉強についていけないのもあってか
    俺はいつもイライラするようになった。
    勉強の事には口を出さないくせに、陸上のことばかり気にしてくる親父の事を、
    鬱陶しく感じてしまうようになるのに時間はかからなかった。
    親父が期待してるのは知ってたから、余計に顔を見たくない気持ちだったのだろう。
    反抗期、というものだったのかもしれない。

    「タスキ」 →続きを読む

    314:2015/01/29(木) 20:35:15.89 ID:
    実家に帰省して中学時代の学ランを見つけて懐かしくなったから書いてく(スマホだから改行おかしかったらゴメン)
    あと長文になるから嫌いな人はスルーしてくれ

    俺中学ん時すごい背が低くてさ中三で148cmしかなかったのよ
    それがコンプレックスで女子を前にすると真っ赤になって話もろくに出来ないコミュ症だったんだ(今でも女性と話しする時は緊張する)
    顔も童顔で勇ましさの欠片もなかったから女子からよく弄られては顔真っ赤にして固まってたんだ
    そんな時いつも「みんなやり過ぎだよ~ゴメンね俺くん」って助け舟を出してくれてたのが嫁さんだった

    嫁さんは明るくて頼りがいのある委員長タイプで皆の輪の中心にいるような子で俺と真逆の性格の子だった
    女子に免疫ないからイチコロで恋に落ちるんだけどチキンどころかヒヨコにすら負ける性格の俺は口説くどころか話しすら出来なかった

    嫁さんに助けられる度に「あっ」とか「うっ」とか真っ赤な顔で固まってマトモに御礼すら言えなかった当時の俺を殴り飛ばしたい
    嫁さんの身長が俺より15cmも高かったのが尚更コンプレックスを刺激してそんな対応しか出来なかったんだよ

    【みんなの馴れ初めをおしえて】

    成人式の同窓会で告白した →続きを読む

    このページのトップヘ