2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    タグ:ファンタジー

    1:2011/08/01(月) 03:26:11.85 ID:
    勇者「王への挨拶は済ませた。少ないが支度金も貰った。あとは、仲間だな」

    勇者は ルイーダの酒場を おとずれた

    ルイーダ「いらっしゃい」

    勇者「魔王討伐に協力してくれる仲間を捜してる」

    ルイーダ「三人なら、すぐに紹介できるわよ」

    勇者「頼む」

    ルイーダ「ちょこっと待ってね」

    勇者は ちょこっと まった!


    勇者「みんなで幸せになろう」 →続きを読む

    315:2014/05/20(火) 00:52:51.17 ID:
    魔王「死に逝くものこそ美しい」女勇者「その通りだ」


    ……暗くも快楽的な感情が腹の底より湧きあがる。

    長く味わうことのなかったこの感覚、上位の神が創造した勇者を滅した時でさえこのような感覚はなかった。
    あらゆるものにとって、我にとってですら得難き存在、それの崩壊する瞬間が直ぐそばまで来ている。


    愉快である。


    そうとも、これが、この有り様こそが我が我たる所以である。



    魔王「…………目が覚めた」


    勇者「そしてこれから眠ることになる」



    これからこれを滅ぼすのだ、絶望を与えるのだ。

    如何様にして殺してやろうか。

    魔王「死に逝くものこそ美しい」女勇者「その通りだ」【完結】 →続きを読む

    1:2014/05/05(月) 16:57:45.51 ID:

    まずい……


    強すぎるな……


    強すぎる……今回の魔王……


    破壊神の創った勇者ですら全く歯が立たないか……


    神が創りだせる勇者は一柱につき一人……


    後、残っているのは……


    生命の……豊穣の……


    ダメだな……


    ああ、ダメだ……アイツはまるで戦えない……


    この星は終わり……


    我々は大いなる存在に……


    ああ、見捨てられた……


    見ろ、ただの少女だ……

    魔王「死に逝くものこそ美しい」女勇者「その通りだ」 →続きを読む

    1:2016/06/26(日) 23:58:55.77 ID:
    不良「マジか!?」

    神「マジです」

    学生「じゃあ僕イオナズン!」

    不良「俺メラゾーマな!」

    魚屋「マヒャドで!」

    看護師「ザオリクでお願いします……」


    「イナオズンほしい!」

    「イオナズン!」

    「イオナズンでお願いします!」


    神「イオナズン多いな」

    犯罪者「私はアバカムで」

    軍人「メダパニだな」

    不良「メダパニてww馬鹿じゃねえのww」

    学生「そっちこそ何でメラゾーマ?イオナズンの方が絶対強いよね?」

    不良「周り全部吹き飛ばしたら建物とかにも被害が行くだろ?」

    学生「ああ、そっか……」

    神「そこの君はまだ希望言ってないよね?何がほしいの?」

    刑事「……ではマホトーンで」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466953135

    神「ドラクエの呪文を1つだけ使えるようにしてあげる」 →続きを読む

    1:2010/08/15(日) 00:08:56.04 ID:
    しんりゅう「なんだ、またきたのか」

    僧侶「えへへ、またきちゃいました」

    神龍「よく飽きもせずに毎日通うものだな」

    僧侶「特にやることもなくて暇ですから」

    神龍「一人ではここまでくるのも大変だろう?」

    僧侶「とっくに慣れましたよ」

    神龍「…今日もまたやるのか?」

    僧侶「もちろん!」

    神龍「仕方ない、では勝負だ」

    女僧侶「たのもー」 →続きを読む

    1:2012/11/23(金) 17:49:30.75 ID:


    国王「そなたは選ばれし勇者だと神託があったのだ」

    青年「私が……勇者ですか」


    国王「死にかけた我が国をどうか救ってほしい、勇者よ!!」


    【 100Gてにいれた! 】

    青年(……これだけで旅に出ろと?)


    勇者「もうがんばりたくない」 →続きを読む

    1:2013/12/23(月) 21:49:58.22 ID:
    ─ 城下町 ─

    ザワザワ…… ガヤガヤ……

    町民A「聞いたかよ! ついに勇者様たちが魔王討伐の旅に出るらしいぜ!」

    町民B「ああ、聞いた聞いた! 今、王様に謁見してるんだってな!」

    町民A「勇者様なら、絶対魔王を倒してくれるぜ!」

    町民B「なんたって、かつて魔王を封じた“勇者”の血をひく人だもんな!」



    偽勇者「…………」

    偽勇者(……ようやくか)

    偽勇者(この時を待ってたんだ!)

    偽勇者「ククク……勇者どもの手柄をかっさらってやるぜ」

    偽勇者「ククク……勇者どもの手柄をかっさらってやるぜ」 →続きを読む

    1:2015/10/16(金) 20:58:06 ID:
    男「う……ん」

    男「!? なんだこの町並み……ゲーム風中世みたいな」ガバッ

    男「だいたい家で寝ていたはずだぞ。こんな何とか村的なテーマパークや施設に来た覚えは……」キョロキョロ

    男「あっちに人だかりか……行ってみるか」


    広場
    「かくして女騎士様率いる部隊は敵軍を退かせ、劣勢であった戦況を立て直したという訳です!!」

    「おおーーー!」
    「女騎士様ー!」
    「このまま隣国を叩き潰せー!」

    男(ちょっとした演劇か? つーかこの内容って……まさかあの漫画?!)

    男「ここはどこだ……ま、まさかあの漫画の世界か!?」 →続きを読む

    1:2011/07/02(土) 19:07:49.58 ID:
    女勇者「…いらない!」ジャキッ

    魔王「うわぁ待て待て!ちょっとは考えてみろって!」

    女勇者「……東が西武で」

    魔王「西東武」

    女勇者「やっぱりいらない!」ジャキッ

    魔王「待て待て待ってお願い!!」

    魔王「池袋の半分をお前にやろう!」 →続きを読む

    1:2010/07/16(金) 05:33:21.75 ID:
    魔王「暇だ」

    勇者「そりゃあ世界征服終えたからな。統治や政治は優秀な部下がやってくれるからすることないしな」

    勇者「というか、俺はお前が働いている姿を一度として見たことがないわけだが」

    魔王「まさか、こんなにも暇になるとは思わなかった」

    勇者「話しを聞けよ。まあ、いいや。約束を守ってくれるんならなんでもいいよ」

    魔王「ああ、世界の半分だな。やるよやるよ。そんくらい」

    勇者「随分と適当だな」

    魔王「だって私を殺せるのはお前くらいで、そのお前が仲間になるんなら、これくらい安い安い」

    勇者「ビジネスパートナーだと思って欲しいね」

    勇者「世界の半分くれるっていうから魔族側についた」 →続きを読む

    このページのトップヘ