2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    タグ:ファンタジー

    1 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/01/12(土) 23:12:41.19 ID:
    王「おお、勇者……死んでしまうとはなさけない」

    王「ちなみにお主の死亡数は現在……」

    勇者「いや結構。自分の事ですから分かってます、これで私は216回目の復活を遂げたのですね?」

    勇者「すぐに次の旅の支度へ取りかかりますので、私はこれにて失礼させていただきます……」

    騎士「勇者、早く魔王を討ってくれ!これでは何の為に我々が魔王軍の攻撃を引き受けているのかわからんぞ!」

    大臣「魔物どもは遂に侵略の手を広げ始めたのですぞ。北の国は既にもう落とされたとの報告が上がったのだ」

    勇者「そ、そんな……」

    王「勇者よ、もたもたしておる場合ではないというわけじゃ!どの様な汚い手段でも構わん、魔王をかならずや仕留め、我らの危機を救え!」

    王「50Gを渡そう。旅の支度を整える為使うといい」

    勇者「えっ、これは少ない……」

    大臣「無理を言わないでくれ。これでも精一杯の支援だ」

    大臣「いくら何度蘇れようが、早く魔王を討たねば、状況は悪くなる一方。忘れんでくれ……」

    勇者「そのお言葉は既に100は聞かされました……い、行ってきます……」
    no title

    勇者「魔王倒すまで何度でも蘇る」 →続きを読む

    1名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/09/14(金) 23:13:16.05 ID:
    魔王「我は魔王」

    魔王「魔王と言っても、まだ己の世界を持っていない雛魔王だけどな」

    魔王「いや、魔王の卵という表現がもっと似合うのか?」

    魔王「まだ127才しかなっていない我は魔王の中では魔王と呼ばれることも出来ない子供」

    魔王「だけど、いつかは必ず立派な魔王になってみせる」

    魔王「そして、今日はなんと、大魔王さまが各地の有名な魔王たちを集めさせて宴会を開く日だ」

    魔王「無論己の世界すら配分されていない我が行けるような場所ではないが」

    魔王「他の子供たちがそうであるように駄目と言われたらもっと見たくなる」

    魔王「すごいだろうな、魔王たちの宴会…」
    no title

    魔王「いい魔王」 →続きを読む

    1 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/02/14(火) 23:50:40.35 ID:
    母魔王「それは困ったものね」アラー

    母魔王「一応私が魔王ではあるのだけれど」

    母魔王「あなたみたいな子供が勇者として来るとは思わなかったわね」

    母魔王「ちょっと、何で言わなかったの?」

    側近「申し訳ありません。私の失策です」

    母魔王「もう……」

    子勇者「なに自分たちだけでぶつぶつ言ってるの?早く戦ってよ。じゃないと……」ウルッ

    母魔王「ああ、わかったわ、わかったから勇者がみっともなく泣くのはやめなさい」

    no title

    子勇者「お前を倒さないとママに会えない」ウルッ →続きを読む

    1 : ◆WnJdwN8j0. : 2016/08/03(水) 19:04:11.33 ID:
    側近「遂に魔王様が復活されるぞ……!!」


    500年前、大賢者により封印された魔王。
    その魔王の封印が今、解かれようとしていた。


    北のドラゴン「500年――長いようで短かった」

    西の悪魔「ウケケ。伝説となった大賢者とはいえ、所詮は人間。魔王様復活まで寿命はもたなかったなァ」

    東の妖姫「ふふ…500年前の魔王様の武勇、心強いと同時に身震いがしますわ」

    南の地蔵「細身ながら、数々の勇者を葬ってきた猛者じゃからのう」

    側近「思い出話はそこまでです。見なさい、封印の力がどんどん弱まっている……」

    ゴゴゴ…

    側近(さぁ目覚めて下さい魔王様…そして、人間達に恐怖と絶望を!!)

    北のドラゴン「なぁ…何か、空気がおかしくないか?」

    西の悪魔「そう言われてみや…全身の感覚器官がゾワゾワするっつーか……」

    東の妖姫「魔力……にしては、少々妙ですわね」

    南の地蔵「見るのじゃ! 魔王様の封印が!!」

    側近「!!?」


    カッ――


    no title

    魔王「俺の体臭がやばい」 →続きを読む

    1 : 名無しが深夜にお送りします : 2015/10/02(金) 01:28:35 nwm64.FQ
    ― 青年の自宅 ―

    母「遅刻しちゃうわよ! ほら、着替えて!」

    青年「うるっせえなぁ……分かってるよ」

    母「んもう、なんなの! その口のきき方は!」

    父「今日は魔法の授業はあるのか?」

    青年「……あるよ」

    父「そうか! 魔法使い――おっと、今は賢者だったか。
      あいつによろしくな!」

    青年「…………」プイッ

    妹「お兄ちゃん、いってらっしゃーい!」

    青年は妹に軽く手を振ると、カバンを持って学校に出発した。
    no title


    青年「俺のオヤジは元勇者だけど全く尊敬できない」 →続きを読む

    1 : ◆qqtckwRIh. : 2013/10/16(水) 00:29:54 SMonHzZY
     
    …ギュゥゥゥンッ…バチバチッ…!!

    ドサッ…!!


    勇者「ぐあっ!」

    ズザザ…


    勇者「くそ、一体何が…!?僧侶!魔法使い!戦士、無事か!?」バッ


    …ザワザワ…

    no title


    勇者「時空に飛ばされたら魔王がアパートに住んでいた」 →続きを読む

    1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします : 2012/03/28(水) 00:36:39.89 ID:
    勇者「どうしてだと? お前のような自己中がいるせいで一番迷惑している人間が俺だからだ」

    魔王「ほう・・・・・・」

    勇者「モンスターを人間の住む村や町に送り人を殺せば、棺桶屋だけじゃなく俺の仕事が増える。
       これくらい言う権利はあるだろう」

    魔王「権利はあるだろうが、それがなぜ我が勇者をやらねばならん事と直結するのだ」

    勇者「理由はいろいろあるが、極論を言えば・・・・・・いいかげん疲れたからだよ」

    魔王「疲れただと? 貴様、それでも人類の希望を背負った勇者か?」

    勇者「そこだよ、問題は」

    魔王「何?」

    勇者「歴代の勇者がどうだったかは知らないが、俺は神様だか精霊だかの勝手なお告げのおかげで
       ある日突然勇者に抜擢されたんだ。 剣も、槍でさえもったことのない俺がな。
       翌日からは修行修行また修行。 青春を感じる暇もなくモンスター退治の日々だ」

    魔王「そういう事なら我にだって言い分はあるぞ。 歴代魔王がどうであったかは知らぬが、
       先代が勇者に破れて以来、モンスター達は大人しく暮らしていた。
       それを貴様ら人間が残党狩りよろしく異形だからと、相容れないからという理由で殺しまくったから、
       別にそんな気もなかった我が無理やり担ぎ出されたのだ」

    勇者「各国の宝剣、宝玉、宝石に太古の文献や装飾品を片っ端から奪い去っていく癖に、そんな気はなかっただと?」

    魔王「そんな気がなかろうと、それらしい所を見せておかねば周りが納得せんのだ。 これでも我は魔界の統治者だからな」

    勇者「私情は一切ないと?」

    魔王「言うなれば、それが唯一の私情だ。 我は欲しいと思ったものは必ず手に入れる」

    no title


    勇者「お前が勇者をやってみろ」 魔王「どうしてそうなる?」 →続きを読む

    1 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/06/12(水) 23:35:10.86 ID:
    鍛冶師「……」シャーコシャーコ

    弟子「……」シャーコシャーコ

    鍛冶師「こんなものか」

    弟子「今日で麓に下ろす農具が終わって……後何か依頼ってありましたっけ?」

    鍛冶師「今のところはないな。数日は置いている武具の手入れをして、売り物の武具の補填だな」

    弟子「大口の依頼入らないですかね……」

    鍛冶師「そう簡単にこられても困るだろう」
    no title


    鍛冶師「今日中に仕上げるぞ」弟子「はい」 →続きを読む

    1 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/08/09(木) 02:30:11.58 ID:
    僧侶の家

    勇者「おい、おい、僧侶」

    僧侶(67歳)「……」

    勇者「僧侶ーーー!!!」

    僧侶「あっ……なんでしょう、勇者様」

    勇者「魔物が出たそうだ」

    僧侶「はい……今準備します」

    勇者「先にいって待っているぞ」

    僧侶「ええ。ではあの丘で」
    no title


    勇者(62歳)「魔王よ。私が貴様と戦うのもこれが最後だ」 →続きを読む

    このページのトップヘ