2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    タグ:コピペ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/05/01(日) 08:08:41.04 ID:
    小学校の頃、クラスの友人が手から血を流していたのでティッシュを渡してあげた。
    どうしたんだ?と聞いた所、ムカつく猫がいたので捕まえて水の入ったポリバケツに放り込んだ際に引っかかれた。との事。
    彼は捕まえたその状況をさも誇らしげに武勇伝の如くクラスの仲間に話し、
    仲間数人で猫がどうなったかを今から見に行こう。って事になった。
    現場に着くと、前日迄の雨で半分ほど水の入った業務用のポリバケツの中で、
    体の半分以上が水に浸かり、小刻みに震える弱々しい子猫が今にも死にそうにしてた。
    友人がバケツを足で蹴り倒し取り出した猫に「こいつ爆竹の刑にしない?」
    と笑いながら皆に言った瞬間、普段温厚な自分の中で何かがはじけ、気がつくと俺は落ちているポリバケツを拾い、思いっきりそいつの頭に投げつけてました。
    更に、そばの用水路にそいつを蹴り落とす暴挙までやってしまった。
    あっけにとられる他の友人達と、腰まで用水路に浸かり半泣きのそいつに
    「お前、そこから上がったら爆竹の刑だから」と言い放つと、
    弱って震える子猫を体操服でくるみ、自宅に連れ帰りました。
    翌日、そいつが用水路に落ちた際に足を怪我してた事が判り、担任や親からしこたま絞り上げられ、
    そいつの3歳上の兄貴からも帰り道で待ち伏せに合い殴られた。
    クラスでは浮いてしまうし、猫一匹の為にさんざんな目にあってしまった。

    854 おさかなくわえた名無しさん sage New! 2007/01/24(水) 14:33:25 ID:8Vfwz3Tz
    あれから12年。
    トムという名前を付けたその家族(猫)は、俺の布団の上でまるくなって息を引き取った。
    猫で12年生きれば大往生だったと思う。
    俺は固く冷たくなったトムに「おつかれさま」とタオルをかけてやると、
    トムがいつも登っていた庭の桜の樹のそばに、丁重に埋めてあげました。
    最初は人間不信で警戒しまくりだったトム。
    最後は人間が大好きになってたトム。
    そしてトムが大好きだった俺。
    毎年春が近づくと近所の桜よりも一足早く、トムの桜が花を咲かせます。
    そのたび幼き自分が勇気を出して行った行動を誇りに思う
    no title


    ガチで感動するコピペ貼ってけ →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 名無しさん@おーぷん : 2018/08/13(月)11:57:19 ID:
    215 名前: ペラルゴニウム(鹿児島県) 投稿日:2009/04/28(火) 12:12:34.06 ID:Fpex95EJ
    イタズラではないけど幼稚園か小学生になったばかりの頃、近くに埋め立てた釣り堀があって
    有刺鉄線の隙間から友達と入って遊んでたら埋められたシラスの釣り堀の池が底なし沼み
    たいになっていて自分は足がズブッとなった瞬間に怖さを感じて離れたけど友達は既に膝を超
    えて沈んでいた。大人を呼べばよかったのに自分は何か恐怖を感じて家まで走って帰った。
    その後に友達が行方不明になったっていう事で大人たちが大騒ぎになったのを覚えていている。
    実際に友達は見つからずにみんなを集めて先生が説明をした記憶がある。
    大人になった今考えるとなぜあの時に釣り堀に沈んでいったって事を誰も考えつかなかったの
    だろう。今は区画整理もされ釣り堀の場所がどこだったかもはっきりしないけど埋め立てや造
    成の時に見つかったって話も聞かない。そのまま埋まったままなのだろうか。
    たまにこの記憶がパッと頭に浮かび心臓がバクバクなる。今から30年ほど前のことなのに。
    no title


    この後味が悪すぎるコピペ →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/05/16(月) 03:43:53.62 ID:
    たぶん2歳くらいのころ誰も見ていない時に急に地面に胸くらいまでハマったことがある
    no title


    既出じゃない不思議・怖い話 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 名無しさん@おーぷん : 2019/02/04(月)20:22:14 ID:
    今日、凄いのを見た。
    街で若いカップルの女の方が俺を見て、「見てアレw キモくない?」
    とか、私を指差して笑ってたんだが、男の方はそんな女を嫌な顔で見てて
    「ねぇ、見てみなよw」としつこく言う女の頬を平手打ち。さらに
    「お前の性格の方が最低だな。二度と連絡すんな」的な言葉を吐き捨て、
    そのまま颯爽と一人何処かへ
    no title


    スカッとするコピペとかいう古代の嘘松のマジで臭いやつだけ貼っていく →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 風吹けば名無し : 2017/01/12(木) 02:46:16.49 ID:
    近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら、店主がいらないと言うんだ。
    「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、折詰めを二つくれた。
    俺は何と言っていいかわかんなかったけど「とても残念です。おみやげ、ありがたく頂戴します。お疲れさまでした」と挨拶して店を出たんだ。

    折詰めの中を見たら、餃子やら春巻やら唐揚げやらが、みっしりと詰まってる。ちょっと一人じゃ食べきれないボリューム。
    面白い体験だな。得しちゃったな。と、楽しくなってさ。帰り道、友人に電話して、経緯を話してから「今、俺んとこに来たら、中華オードブルがたらふく食えるぜ」と誘ったんだよ。
    すると、友人は変な事を言うんだ。
    no title

    ヤクザの怖い話マジで怖くてワロタwwwww →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 名無しさん@おーぷん : 2017/06/23(金)00:11:19 ID:
    貼ってください
    no title

    笑えるコピペ貼ってください →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2016/05/03(火) 20:53:35.109 ID:
    6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて
    窓際に置いておいたから、早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの
    便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった。

    「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください! おねがいします」
    夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって
    少しメソメソしてしちゃったよw
    昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と
    「ガンがなおるおくすり」
    と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。

    朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで
    「ギャーっ!」って嬉しい叫びを上げてた。
    早速朝食を食べる夫の元にどたばたと行って
    「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」
    っていって、夫に薬を飲ませた。

    夫が「お! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと娘が、
    「ああ! 良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、
    動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~」……っていうと
    夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、それから声を押し殺すようにして
    「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。

    私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように
    鍋の味噌汁をオタマで掬って無理やり飲み込んで態勢を整えた。
    夫は娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。
    その後、娘が近所の子に家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が
    「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」と言ったので、
    つい私の涙腺が緩んで、わあわあ泣き続けた。
    お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。
    no title

    いつ見てもヤバイコピペwwwww →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 風吹けば名無し : 2017/02/17(金) 18:12:23.38 ID:
    no title

    no title

    【漫画】彡(゚)(゚)「ファッ!?ワイが主人公に!!!!????」 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 風吹けば名無し : 2019/02/11(月) 04:35:59.14 ID:
    友人から聞いた話。

    サークル仲間に無理やり参加させられた合コンは、予想通り人数合わせの様で、
    仲間の二人は、合コンというより初めからカップルで参加していて、
    相手の男が連れて来たのも、さえない人数合わせの様で、
    全くK子さんの趣味に合わなかった。
    「カラオケでも行こう」という二人の誘いを断ったK子さんは、居酒屋を出て駅へ向かおうとしていると、
    「二次会は行かないの?」と声を掛けられた。
    同席していたSだった。
    同じ大学の先輩だと名乗ったSは、かなりの美人で、男たちの注目を集めていたのを思い出した。
    Sの誘いでもう少し飲んでいこうという事になり、駅前の居酒屋に入った。
    「K子さん、T県出身なんだって?」
    合コンの失敗をネタに盛り上がっているとSが言った。
    「さっき自己紹介で言ってたでしょ。夏休みはT県に帰るの?」
    二日後からは夏休みだった。
    「どうしようか未だ決めていない。旅費が結構掛かるから」とK子さんが答えると、
    Sは、「T県のハイキングコースのゴミ拾いのボランティアが有るので、参加しないか?」と言った。
    no title

    マイナーな怖い話貼るわ →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 風吹けば名無し : 2019/02/16(土) 22:28:14.72 ID:
    ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。
    「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
    家で一緒に住んでもいいかな?」
    息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。
    「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
    彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
    でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」
    その台詞に、両親は押し黙ってしまった。
    「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
    家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。
    あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
    そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。」
    やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

    翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は
    彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。

    死体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。
    no title

    「殿堂入り」意味がわかると怖い話 →続きを読む

    このページのトップヘ