2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ: オカルト・怖い話・ミステリー

    252:2007/05/26(土) 19:52:25 ID:
    『ツンバイさん』

    思い出したことを打ち込んでいたらこんなに長くなってしまった。ご容赦を。

    これは俺が小学5年生だった時の話だ。
    当時、俺の通っていた学校では『心霊写真』を撮影するのが流行っており、
    俺のクラスの何人かも使い捨てカメラを持って、
    放課後の校舎で幽霊が出そうなところを撮影しながら探索する遊びをよくしていた。
    もちろん何処を撮っても心霊写真なんか撮れないし、
    放課後の校舎をいつまでもウロウロしていたって先生に怒られるだけなので、
    単に怖いもの見たさというか、スリルを友達と共有したかったのだと思う。
    そんな遊びも時が経つにつれて自然と廃れていったのだが、
    俺と2歳年下だった弟(同じ学校の3年)は写真撮影の遊びを続けていた。

    そんなある日、いつものように放課後の校内を走り回っていると、
    体育館のほうから「ゴットーン」と何かが床に落ちて反響する音が聞えた。
    誰かがバスケでもやってるのかと見に行ってみると、誰もいない。
    しかし、体育館のステージの前に緑色の「一輪車」が一台放置されていた。
    俺も弟も、(誰かが遊んだまま片づけなかったのだろう)と思った。
    一輪車で遊んで放置したまま帰る生徒も結構いたし、特別不思議な光景ではなかった。
    ところが、その一輪車はつい今、乗り捨てたかのように「車輪が惰力で僅かに回っていた」
    おかしいなと思って、いつも放課後に心霊写真遊びしていた友達のTの仕業ではないかと
    ステージの裏に向かって名前を呼んでみたが、応答はない。
    弟が誰か隠れていないか調べてみたが、ステージの裏はおろか、体育館の倉庫にも誰もいなかった。
    放課後なので体育館と校舎を繋ぐ通路以外は扉にすべて鍵がかかっていたし、俺は急に気味が悪くなって弟と校舎に戻った。

    「ツンバイさん」【洒落怖】 →続きを読む

    263:2015/06/10(水) 17:58:37.92 ID:
    数年前に俺が経験した話なんだけど、語らせてもらうよ。
    某動画共有サイトにてオカルト系の動画を視聴してた時の事なんだけど、その日俺は猛烈に暇だったんで、ずっと心霊動画漁りをやってたんだ。
    夏だったから友人と怖い話で盛り上がったりしたいな、とか考えてのネタ探しも兼ねてた。
    でも有名どころの動画はだいたい見尽くしちゃって、段々これはと思える心霊動画が見つからなくなってきた。
    そんな時、ふと関連動画のところに目をやると、一覧の中で一際目を引いたサムネがあったんだ。
    よく覚えてないけど、なんか白黒っぽくて廃墟みたいに見えたんだな確か。
    そんなに派手なサムネじゃなかった気がするけど、俺、廃墟の空気感とか結構好きだったから「お? これって心霊スポット探索動画か?」とちょっと期待して動画のタイトルを確認してみたわけ。
    で、その文字列を見て俺は一瞬ポカンとなった。
    なぜかそこには「%/::?/,":%%?」みたいな意味不明の記号が羅列されてたんだ。
    まぁ今から考えればその時点で何かおかしかったんだけど、その時は文字化けかな、程度にしか考えてなくて、俺はそのままクリックしてしまったんだ。
    はやく廃墟動画を見せろと。

    「オカルト系の動画」【洒落怖】 →続きを読む

    797:2009/06/10(水) 14:29:17 ID:
    《神父と女幽霊》

    高校がミッションスクールだったんで、聖書の授業とかあったワケです。
    で、北斗の次男にソックリなんで「トキ様」と呼ばれたイケ面神父と、上品な関西訛りの
    タヌキ顔神父の二人が担当しておられた。
    トキ様の前じゃ猫かぶってる女子高生どもだが、タヌキ神父にはけっこう生意気言ってました。
    それで授業中、三体合体もとい三位一体とか魂の不滅がどうとかやってる時に
    「で、神父様は霊魂をじっさい見られたことあるんですかあ?」
    などとブシツケな質問かましたんですね私ら。すると

    「ええありますね、わたくしがまだ神学生の時のできごとです」
    おお?いい方向に予想外の反応!私らは身をのりだした。

    「当時わたくしは学校の寮に入っておりましたが、その日は大晦日でわたくしと寮長様
    (この方も神父)を除いてはみなさん帰省しておられました。
    わたくしは早々に床についたのですが、夜半、何かの気配を感じめざめました。
    …枕元に若い女性が立っておられました。
    髪をふりみだし服は血にまみれて、あきらかに生きた人間とは思えません。
    そうしてわたくしをじっと見おろしているのです。
    このような出来事は生まれて初めてだったわたくしは、もうどうしてよいかわからず、
    『マリア様、お助けください、マリア様!』
    とただただ祈るばかりでした。(←大阪人の最終兵器はやっぱ”オカン”なのだなあと思った)

    すると祈りが通じたのか、すぅー…とその姿は薄れて消えました。
    もちろんその後眠るなどとてもできず、寮長様の部屋に泡をくって駆け込みました。
    わたくしの話を寮長様は黙って聞いておられましたが、深くうなずくとこうおっしゃいました。
    『私もその方にお会いしたことがあります』

    「神父の話」【洒落怖】 →続きを読む

    625:2012/12/08(土) 18:28:10.63 ID:
    前に叔父から聞いた話を紹介したいと思います。

    おそらく二、三十年前、叔父が様々な地方を巡って仕事をしていたころ、
    ある地方都市で一週間、ビジネスホテルで生活しながら働くことになった。
    叔父はそのホテルの近くに、変わった古着屋が建っているのを見つけた。

    そこは一階が古着屋、中の階段を上がった二階がレコード屋になっている店で、
    二階に中年のおじさん、一階に若い店員がいたという。
    店の雰囲気から、中年のおじさんの方が二つの店の店主らしい。
    どちらも古びた洋風の内装とやや暗い照明で、扱っている品とはギャップのある、
    レトロというよりアンティーク調の不思議な雰囲気を出していたという。

    そこの店では、叔父の好きな六、七十年代の洋楽がいつも流れていた。
    有線か、店主が趣味で編集したテープを流しているのだろうと叔父は思った。
    叔父は古着に興味はなかったが、レコードと店の雰囲気で通っていた。

    「変わった古着屋」【洒落怖】 →続きを読む

    599:2013/02/14(木) 03:15:08.73 ID:
    小さい頃、多分、小学校に入って間もないくらいの頃だったと思う、四捨五入すると30年近く前の話
    年子の妹は幼稚園児で、俺は小学校に入ってからもよく妹とつるんで遊んでいた
    妹とはよくある女の子の遊び(おままごととか)以外にも、割とアグレッシブに外で遊ぶことも多かった

    で、ここから話の本題に入るんだけれど、あるとき、家の近くに住んでいるお爺さんお婆さんの家に招かれて
    お茶とかお菓子とかご馳走になることになったんだ、細かい話の経緯はあんまり覚えていないんだけど
    全く知らない人のお家に上がってお菓子を食べてる記憶しかない、誰彼かまわず挨拶してたからかな?

    お爺さんはとんでもないエロ爺さんで、小さい俺や妹を可愛い可愛いと言いながらペタペタ触ってた
    お婆さんはお婆さんで、嫌だねこの爺さんはとんだエロ爺さんだよ、とか言いながらお茶を淹れてくれたりした
    両親に話すと最初は少し警戒していたようだったが、やがて直接顔見知りになったようで遊びに行くときには
    前もって用意してくれたお土産を持っていくこともあった

    「お爺さんが持っている筈のない代物」【子供の頃の不思議な体験】 →続きを読む

    799:2010/07/24(土) 23:25:01 ID:
    母が若かった頃(40年前)のお見合いの話
    当時の女は卒業→嫁入りコースが一般的で、就職した母は「家庭の事情ですか?お可哀相に。」などと言われていた。

    そして、やはり可哀相と思ったのか、親類が速攻で縁談を持ってきた。
    相手は資産家だが40近いブ男で、母は最初嫌がった。
    しかし、小娘だった母から見ても多少世間知らずなのを除けば、ノリの良い明るい性格の男であり
    母は結婚する事にした。

    そして、同性の同僚達と独身時代の思い出作りとして、泊まりがけで遊びに出掛けた。
    さて、琵琶湖で日焼けした母が家に帰ると、祖父も祖母もいない。
    家内は静まり返っている。何かがおかしい。
    そう思ったとたん、家の電話がけたたましく鳴り出した。
    思わず受話器を取ると、無言で切れ、振り向くとヤツレた顔の祖父が玄関から覗いていた。

    「お見合い相手」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    830:2009/04/11(土) 13:56:14 ID:
    あまり怖くないけど、とにかく変な感じだったので記録代わりに書く。

    3月末、近畿地方のある山の中に行った。
    撮影とか調査とかしながら川を遡った。邪魔にならないように、岩にもたれて
    立ってたら、ずんって地響きがした。その後もずーん、ずーんってゆっくり揺れる。
    地震ってほどでもないし、遠くの工事現場から発破の振動が伝わって
    きたって感じでもない。(それは、以前経験した。)
    他の連中は、揺れを感じてる奴と感じてない奴がいた。

    しばらくして、先行して下見してたカメラマン助手が帰ってきて、見たことない
    大きな鳥を見たって言った。山の上ぎりぎりを、さっと飛んでたらしい。
    ワシとかとは全然違って、胴体の割りに羽が小さい感じがしたって言う。
    まあ、サルかなんかを見間違えたんじゃないかってことになった。

    その後、上から降りてくる釣り人に会った。禁漁区なんだけど。
    普通、密漁者はこそこそして顔も見せないんだけど、その
    おじさんはものすごくほっとした顔をして近づいてきた。
    奥の沢で釣りをしてたら、向かい岸の大きな岩がぐらって横に揺れたって言う。
    見間違えたかと思って釣りを続けていたら、川の水が一瞬すごく透明になって、
    底の岩とかが全部浮いて見えたんだそうだ。その後も、見たことないような
    魚の影が見えたりしたから、頭がどうかなったのかと思って引き上げてきたという。
    キツネに化かされてるかもしれんと言って、カメラマンからタバコもらって
    ふかしながら降りていった。

    後から気づいたんだが、カメラマン助手が見たっていう鳥と、釣り人が見たっていう
    魚の姿が似ていた。
    「胴体が丸い」「すごくすばやい」「頭が大きい」っていう共通点があった。

    なんだったのかよくわからんが、こんなこと初めてだったんで書いた。

    「鳥と魚」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    このページのトップヘ