2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ: オカルト・怖い話・ミステリー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 5ちゃんねるからVIPがお送りします : 2021/08/02(月) 21:30:13.322 ID:
    心霊系の怖い話・人間が怖い話や
    理解ができない・不思議な現象の話など
    できればコピペではなく自身or知り合いが体験したという話を聞きたい

    よく出来てさえいれば創作でもOK(ただしネタバレは最後によろしく)

    短文・長文問わず  バッチこい
    no title


    不思議な話・怖い話が集まるスレ →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2013/10/11(金) 23:46:18.67 ID:
    たったら書く。

    【異世界】変なところに行ってきた →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 猪木いっぱい ★ : 2019/07/02(火) 22:47:35.92 ID:
    プマプンクは(ティワナク)ボリビア、南アメリカにあります。
    プマプンクの意味は「ピューマの戸口」です。これは正確な精度を持った石造りの建造物であり、私たちは、石が超精密で相互に嵌合するのを見ることができます。

    そして、それはナイフまたは刃が通り抜けるのを難しくします。石積みの仕事は人間が行うより正確であるので、この場所はエイリアンによって訪問されたと考えられます。
    ここに住んでいた人々はアイマラインディアンと呼ばれています。

    プマプンクは14000年前に作られました、そして世界で最も古い寺院の複合体と信じられています。
    ティワナクの文化はインカのコミュニティにまでさかのぼります。
    紀元前400年の初期の証拠。貿易と農業に関与していることの証明を見つけることができ、農業は灌漑システムによって助けられました。

    西暦1000年の間に、人々は干ばつを被らなければならなかったと言われ、その結果、この文明は放棄されました。それはインカ文化の5世紀が発展した後です。

    プマプンクの風景
    プマプンクは海抜4000であり、ここで育つのは草だけで、木はありません。
    これは大きな石の建築現場への輸送の問題を提起する。
    木はこれらの巨大な石造りの構造を持ってくるためのローラーとして機能したかもしれません。 したがって、それは私たちがそれを見上げるための素晴らしい構造です。

    プマプンクに見られる型枠の技術
    非常に複雑なジオメトリを見つけることができます。 H字型ブロックは、それらの上に多くの面を持つものが見つかり、互いに正確に一致します。

    すべての石は銅固着の助けを借りて一体化されました、
    溶かした形でそして注ぎの助けを借りてハンマーで打った。 そこに見つかった石造りの構造は、何人かの学者によると形に鋳造されたコンクリートを石造りにしていないようです。
    当時としては超先進技術です。インカ以前の文化のどれもコンクリート打設技術の記録を持っていなかったのです。

    今でも、これらの岩石がどこで採石されたのかを見つけることは不可能のようです。 小さな石や装飾用の石は近くの湖から採石されたにちがいないと結論づけられています。
    しかし、ほとんどの石は非常に大きく、最大440トンの重さがあります。 日付まで、最初の最大の石は131トンの重量を量る赤い砂岩であり、2番目に大きい石は85トンです。

    マジでミラコー
    私たちが現在のプマプンクで見ているように、当時の人々がどのようにしてこの重い石を持ち上げて並外れた石積みに組み込んだのかという疑問に対する答えはありません。

    彼らが使った道具や技術の記録はありません。 それで、これは彼らが手動の力を使ったことを意味するのでしょうか?
    しかし、これは石の重さと比べると論理的に満足のいくものではありません。
    インドのウダギリ洞窟は、プマプンクの建築と似ています。

    閃緑岩やそのように残されていないが彫られたプマプンクの場所で使われていた石。
    それは世界で最も加工の難しい石です、閃緑岩で彫ることは難しいです。
    論理に合わないもう1つの事実は、これらの人々が適切なコミュニケーション、設計図、またはいかなるコミュニケーションツール、計算または青写真も持っていなかったはずなのにこれを作ってしまったということです。

    たぶんそれは私たちの想像を遥かに超え、これらの才能のある人々が作ったか、よりいっそう進んだ人為らざるモノが伝えた技術なのかもしれません。

    google翻訳
    https://www.newsbricks.com/amazing-facts/pumapunku-ancient-mystery-world/90781
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【古代文明】プマプンク遺跡の謎とアイマラインディアン →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    881 : 本当にあった怖い名無し : 2021/03/23(火) 22:45:29.61 ID:
    十数年前に、96歳で大往生したうちの祖母から聞いた話です。

    明治の終わりから大正の始めにかけて頃のことですね。
    祖母は麹屋で生まれ、そこは酒造もしていて、
    子どもの頃は、かなり裕福な暮らしをしたそうです。使用人がたくさんおり、
    今となっては誰が誰やら記憶があいまいだとも話してました。
    祖母が数え8歳のとき、4つほど年上の少女が子守に雇われてきていました。
    その子は祖母には優しかったものの、赤ん坊のあつかいがぞんざいで、
    他の女の使用人によくしかられて泣いていたそうです。
    また、胸が痛いと訴えてしゃがみ込んでいるのを何度も見たことがありました。

    ある秋の晴れた日だったそうです。
    祖母が庭に出たところ、子守の子が赤ん坊を負ぶったまま、
    うつ伏せに地面に手をついていて、赤ん坊が背中でわんわん大泣きしていました。
    「だいじょうぶか」と祖母が近寄って声をかけると、なぜか顔を向こうに
    向けたまま、「この赤ん坊、泣いて泣いてしょうがないから食っていいか」
    と言ったんだそうです。祖母は最初、何を言ってるかわかりませんでした。
    「食っていいか、赤ん坊」その子がもう一度ささやいたので、
    祖母の弟を食う、という意味だと察したんです。
    no title


    「子守の少女」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2012/09/28(金) 04:26:09.84 ID:
    俺が小学校の時の話だ。
    一人で語っていくから叩くなりなんなりしてくれ。
    だが前提に、本当にあったはなしなんだ。それを頭に入れといてくれると助かる。

    小さい頃にあった不思議な話しを聞いてほしい【守護神】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 本当にあった怖い名無し : 2018/07/03(火) 05:11:14.13 ID:
    ■注意■
    ・ネタバレ必須です(但し、新作などの場合はある程度の配慮をお願いします)
    ・既出上等。
    ・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。
    ・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。

    聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
    不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。
    no title


    後味の悪い話 その176 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 名無し募集中 : 2019/08/23(金) 21:52:06.66 0
    なに
    no title


    ガチで怖い未解決事件 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1:2013/03/15(金) 04:30:21.36 ID:
    たったらかく

    昨日のめちゃくちゃ怖かった体験聞いてくれ →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 風吹けば名無し : 2019/06/24(月) 03:40:47.55 ID:
    やばい なんかめっちゃドタバタ言うてる
    no title


    ワイの家の前の廊下をさっきから往復して走ってる奴がいる →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 風吹けば名無し : 2021/06/29(火) 08:00:39.86 ID:
    わいの嫁の怖い話してええか?

    あかんか?
    no title


    ワイの嫁、異常者だと発覚…その豹変っぷりにドン引きしたが調べてみると理由があった・・・ →続きを読む

    このページのトップヘ