2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ: ショートストーリー・SS・ショートショート

    4 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2009/03/29(日) 19:04:36.62 ID:
    僕は見事VIP高校に合格し、その場で歓喜の雄叫びを上げた。
    周囲からは冷たい視線と、生温い視線が同時に注がれてくる。
    そういえば、ここは合否の紙を貼り出している掲示板の前だったんだっけ。
    残念な結果に終わってしまった人にとっての僕の存在は、非常に疎ましいものだっただろう。
    全速力で、駅へと逃げだした。

    ともあれ、僕の笑顔が抜けることはなかった。

    念願のVIP高校。僕の偏差値レベルでは到底無理とも言われていた。
    だから頑張った。一日に十時間以上、寝る間も惜しみ、盆も正月も無く勉強した。
    当初の理由は些細なものだったけれども、冬にもなると、純粋に合格だけを目指して勉強していた。

    その結果がついに報われたのだ。喜びの度合いは人生最高のものだった。
    両親に結果を話し泣いた。部屋の中一人泣いた。友と抱き合い泣いた。
    VIP高校のパンフレットを眺め、自身が校内を駆け回る姿を想像し、嬉し涙を零した。

    そして春休みも終わる頃。いよいよ明日が入学式という日の夜。
    僕は、不安や緊張、楽しみのあまり、とうとう一睡も為す事が出来なかったのだ。
    no title

    ( ^ω^)やまさんのようです →続きを読む

    1 : 名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/10/27(木) 22:54:18.24 ID:
    駄文失礼します、ギアスと君の名はのクロスです
    ギアス側の時系列は、アニメ1期4話(クロヴィス殺害の容疑をかけられたスザクをゼロが助ける)の直後です。

    no title


    ルルーシュ「君の名は」 →続きを読む

    1 : 1 ◆SjqShkaeNQ : 2014/02/19(水) 00:38:07 hYCl1Qtc
    ▼放課後/学校/グラウンド

    ―― カキーン。

    「センター!レフトー!行ったぞー!」
    「ショートは中継に入れ!」
    「オーライ!オーライ!」
    「ランナーがセカンド回るぞ!急げ!」

    ワー!ワー!



    ▼同時刻/校舎裏

    ―― バキッ!

    男「ぐあっ!」ドサッ

    DQNのD太
    「おい。顔は痕が目立つからやめろって何度も言ってるだろ」

    DQNのQ也
    「悪い悪い。つい手ぇ出ちまった」ケラケラ

    DQNのN雄
    「気持ちはわかる、って。コイツの顔見てると殴りたくなってくるんだ、って」ケラケラ
    no title

    男「魔王猫と僕」 →続きを読む

    1 : 名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2015/05/16(土) 16:12:58.11 ID:
    承太郎「……何と言ったんだ花京院?よく聞こえなかったが」

    花京院「プリキュアになりたいと言ったんだ」

    承太郎「……どういう意味だ」

    花京院「言葉通りだ。プリキュアに変身して悪と戦いたい」

    承太郎「悪と戦うのに、プリキュアになる必要はあるのか?」

    花京院「ある。ぼくが変身したいからな」

    承太郎「…………」

    承太郎「さっぱりわからねーぜ」

    no title


    花京院「プリキュアになりたい」 →続きを読む

    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2016/10/05(水) 21:24:24.813 ID:
    ある夜――

    <公園>

    就活生「はぁ~……また落ちた。祈られた」

    就活生(友達はみんな内定取ってるってのに、どうして俺だけ……)

    就活生(俺って、社会から必要とされてないのかな……)

    就活生「あ~……くそっ!!!」ブンッ


    スポーンッ!


    就活生(やべっ、靴がすっぽ抜けて、どっか飛んでっちゃった!)
    no title

    就活生「暗くて靴が分からねえ!」成金「どうだ、明るくなったろう」 →続きを読む

    1 : 名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/12/21(木) 20:16:11.64 ID:

    尿意を催したので、俺は近くにあったコンビニに入った。

    中には若いお姉さん店員が一人いた。なかなかの美人だ。


    「すみません、トイレ借ります」

    「どうぞ!」


    お姉さんは明るい声で答えてくれた。

    時には「トイレを使用する時は店員に声をかけて下さい」となってるにもかかわらず、
    いかにも「いちいち聞くな。勝手に入れよ」といわんばかりのぶっきらぼうな返事をする店員もいて、
    イラッとすることもあるが、今日はそんなことはなかった。

    これならいい気分で小便できる。

    no title


    男「『キレイに利用してくれてありがとう』って貼り紙のあるトイレを汚しちゃった」 →続きを読む

    1 : 名無しさん@おーぷん : 2014/06/12(木)01:47:52 ID:
    上司蚊「君は今月もノルマを達成していないじゃないか。来月こそはって毎月言ってるが、もう君には今月で辞めてもらうことに決定したよ。」

    蚊「そんな!・・・どうか、もう少し・・・もう少しだけ・・・!」

    上司蚊「聞き飽きたんだよその言葉は!とにかく、今月中に荷物を整理しておいてくれよ。君の代わりはいくらでもいるんだからな。」

    蚊「そんな・・・」

    周り「クビだってよ・・・まぁ仕方ないよな・・・」ヒソヒソ

    蚊「・・・」

    no title

    蚊「クビ・・・ですか?」 →続きを読む

    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2016/07/13(水) 21:33:36.819 ID:
    <不良の家>

    不良「だぁ~……あっちいな!」

    子分「あちいっすね~」

    不良「こう暑くちゃ、悪さする気も起きねーや!」

    子分「全くっす! 世のパンピーどもは猛暑に感謝すべきっす!」

    不良「こんな日は……いっそ気分転換に……」

    子分(まさか……身も凍るような凶悪犯罪を!?)

    不良「市民プール行こうぜ!」

    子分「いいっすねえ!」
    no title

    不良「市民プール行こうぜ!」子分「いいっすねえ!」 →続きを読む

    このページのトップヘ