2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。また画像や2chニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 「八尺様」

    542:2012/03/12(月) 21:35:05.48 ID:
    今から20年前、ある女性が大阪の企業に勤めていた
    毎日続く激務に疲れ果て、そろそろ転職しようかと思っていた頃の話である

    その企業の社宅の女子寮というのが、山奥の骨董品のようなボロアパートだった
    かろうじてユニットバスをつけただけの古アパートを嫌い、その社宅に住んでいるのはその人だけだった
    会社が家賃の大半を払ってくれていることと、静かで環境が良かったためだという

    ある日、激務を終えて夜中にへとへとになって帰ってくると、自分の部屋に明かりが点いている
    おかしいな、消し忘れたのか……と思っていたが、それからもしばし消したはずの部屋の電気が
    家に帰って来ると点いていることがあった。会社の総務部に言って点検してもらったが、異常はなかったという

    そのアパートには通常の階段の他に非常階段があり、その人の部屋は正面から見て左端にあった
    そんなわけで、彼女は疲れ果てて帰ってくるとアパートの左端にある非常階段を使って部屋に帰っていた

    その日の仕事も深夜になった。くたびれて非常階段を登り、非常扉を開けると、人がいた
    その人を見た瞬間、体験者はぞくっと寒気を感じたという

    そこにいたのは女性だった。しかし、知り合いではなかった
    見たこともないような物凄い長身の女性で、白い、フリル付きのワンピースを着ていたという
    しかもそのワンピースは汚れており、あちこちに枯れ葉がついている有様であった
    汚れた白い靴に穴の開いたストッキング、パサパサになった長髪には、すり切れかかったリボンが結ばれていたという

    このアパートに私以外の住人はいない、ホームレスだろうか……と、そんなことを考え、
    部屋に入ろうとバッグから鍵を取り出した瞬間だった


    ひーぃぃいいいいーーー


    悲鳴とも笑い声ともつかない絶叫が廊下に響き渡った

    「物凄い長身の女性」【洒落怖】 →続きを読む

    598:2008/05/17(土) 22:22:06 ID:
    いつもロムってるけど勇気出して書き込んでみる。
    先に言っとくけど文才皆無です。読みづらかったらごめん

    うちの実家は四国なんだけど、小3から高校までは中国地方に住んでた。
    その某田舎での、確か中二のときに聞いた話。

    私には双子の妹がいる。
    まあ田舎で人数が少ないから当然なんだけど、
    双子というのは珍しく学校には私たち含め二組しかいなかった。
    しかもそのもう一組は同い年で、同じ双子ということもあってか
    小学校の時からよくあそんでた。家も近かったしね。
    この双子の家は地元の旧家?で、結構でかくて古い屋敷に住んでた。
    そして家系か知らんが代々そういうものが見えるらしかった
    (らしい、というのは私ら双子が零感だからw)
    以下、二人から聞いた話

    ある日、弟のほうが部活から帰ってると(兄の方は帰宅部w)、
    遠くの方にこちらに向かって女が歩いてくるのが見えた。
    女は白いワンピースを着ていた、なんてこともなく、
    至って普通の格好だったのでその時は何も感じなかったらしい。
    が、だんだん近づいてくるにつれとてつもない違和感に襲われた。
    その違和感は女がバス停を横切った時に分った

    「白いワンピースの女」【洒落怖】 →続きを読む

    908:2008/08/26(火) 09:45:56 ID:
    親父の実家は自宅から車で二時間弱くらいのところにある。
    農家なんだけど、何かそういった雰囲気が好きで、高校になってバイクに乗る
    ようになると、夏休みとか冬休みなんかにはよく一人で遊びに行ってた。
    じいちゃんとばあちゃんも「よく来てくれた」と喜んで迎えてくれたしね。
    でも、最後に行ったのが高校三年にあがる直前だから、もう十年以上も行っていないことになる。
    決して「行かなかった」んじゃなくて「行けなかった」んだけど、その訳はこんなことだ。

    春休みに入ったばかりのこと、いい天気に誘われてじいちゃんの家にバイクで行った。 まだ寒かったけど、広縁はぽかぽかと気持ちよく、そこでしばらく寛いでいた。そうしたら、

    「ぽぽ、ぽぽっぽ、ぽ、ぽっ…」

    と変な音が聞こえてきた。機械的な音じゃなくて、人が発してるような感じがした。 それも濁音とも半濁音とも、どちらにも取れるような感じだった。
    何だろうと思っていると、庭の生垣の上に帽子があるのを見つけた。 生垣の上に置いてあったわけじゃない。 帽子はそのまま横に移動し、垣根の切れ目まで
    来ると、一人女性が見えた。まあ、帽子はその女性が被っていたわけだ。
    女性は白っぽいワンピースを着ていた。

    でも生垣の高さは二メートルくらいある。その生垣から頭を出せるってどれだけ背の高い女なんだ…
    驚いていると、女はまた移動して視界から消えた。帽子も消えていた。
    また、いつのまにか「ぽぽぽ」という音も無くなっていた。


    【閲覧注意】「八尺様」【洒落怖名作】 →続きを読む

    このページのトップヘ