2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【ほんのりと怖い話】

    845 : 本当にあった怖い名無し : 2016/07/31(日) 10:35:33.84 ID:
    幼稚園児のの姪が誘拐されたことがある
    私実家は事情があり何度か引っ越しをしてた

    何度目かの引っ越しで縁も縁もない土地に行き、半年ぐらい経ったときだった。
    実家は、私両親と義姉と姪の4人暮らし。
    その日は兄の法事の打ち合わせで、私も実家に行ってた。
    私が幼稚園にお迎えに行く手はずになっていて、
    園にも伝えてあったんだけど、行ったら姪がいない。
    お迎えが来て帰った。と言われて真っ青になったよ。親戚だと名乗ってた。義姉のことも名のことも私のことも知ってたと園も困惑。
    直ぐに警察を呼んだ。実家にも連絡して、実家からも警察に通報して貰った。

    警察に心当たりを聞かれて「あります」と。
    念のために残しておいた、私の元婚約者の写真を見せて、義姉のストーカーだと説明した。当時は、ストーカーなんて言葉はなかったけど。
    園の人もこの人だというので、警察から元婚約者の実家に連絡してもらい、現在の住所を聞き出した。
    私実家にも警察がむかい(変装してらしい)、事情を聞きつつ待機。
    私も事情を聞かれた後、実家に帰るように言われた

    元婚約者(ストーカー)の家(県外だった)にも地元の警察が向かった。
    家は誰もいなかったそうで、帰ってくるのを見張っていると説明された。
    真っ青になった義姉が、「夫さん、〇〇ちゃんを護って」とずっとつぶやいてた。
    行き先が判らないから、向こうからの接触を待つしかない。と言うことだった。
    母は仏壇に向かった拝んでた。何かしらしてないと耐えられなかったんだと思う。
    no title

    「姪が誘拐された」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    452 : 本当にあった怖い名無し : 2016/07/19(火) 11:46:01.32 ID:
    金曜夜~日曜にかけて二泊で友人連れてバイクででかけた。
    一泊目は東北のある宿にとまり、二泊目はうちの親のもつ小さな別荘に泊まった。
    別荘を買った当初は祖母がいて、祖母のために和室もつくってあって
    泊まるときはそこを寝室としていた。

    日曜の朝起きたら、隣で寝ているはずの友人がおらず
    キッチンの椅子に座っていて、俺が起きたのがわかると
    「おい、お前、ここ出るんなら出るって言えよ!!」と涙目で言われた
    寝起きだったこともあり、てっきり虫のことかとおもって
    「虫、はいらんようにしてたんだけど、出たんか?そこにスプレーがあるから・・」と説明をしだしたら「違う。幽霊!」と怒られた
    (ちなみに、実際この別荘はめちゃくちゃ虫(蛾)が出るので、入らないように窓あけないようにしたりスプレーも数本常備している)
    no title

    「小さな別荘」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    874 : 本当にあった怖い名無し : 2016/07/31(日) 21:52:56.46 ID:
    昨夜のことなんだけど
    寝れないので夜1時ごろポケモンGOしながら近所の川沿いをブラブラ散歩してた

    結構暗かったけど、遠くの街灯りがうっすら届いてたし、もともと深夜の散歩が趣味だったから歩き慣れた道だった
    良くないことだけど、他に通行人もいないからいいやと思って歩きスマホしてた
    しばらくスマホ見ながら歩いてて、ふと顔を上げるとすぐ目の前に坊主頭でスーツのオッサンが川の方向いて立ってた
    かなり驚いて、「危うくぶつかるところだった。やっぱ歩きスマホはあかんな」と思ってスマホを胸ポケットにしまったんだけど
    なんかそのオッサンおかしい
    川の方を向いてる、とは言ったけど、オッサンの目の前にはでかい柳の木が立ってる
    川の景色を見てる風でもなく、ただ木に向かって俯き加減で立ってる
    no title

    「深夜1時ごろの散歩」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    566 : 本当にあった怖い名無し : 2012/01/20(金) 20:22:46.19 ID:
    座敷わらし?

    大学生の時の話、夏・冬休みになると48時間完徹麻雀大会を仲間うちで開催していた。
    会場は俺が暮らしていた一軒家でここは屋根を子供が走り回って笑う声が昼夜問わず聞こえてきたり、天井から下がってるライトが地震のように揺れるほどの大音響と振動があったり…
    no title

    「座敷わらし?」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    190 : 陸自(現職) ◆d5En5fvPAM : 03/05/30 23:30
    中学1年生の時のお話。

    友人の家に遊びに行った帰り、おもちゃ屋さんの前に見た事のある子がたたずんでいました。
    隣のクラスの子で、顔は知っているものの名前がハッキリと思い出せず、うろ覚えのまま
    声をかけました。(以下、仮名です。)

    「おーい、砂川。何してんの?はよ帰れよー」

    彼は、返事もせずにジーッと私の方を見つめ続けまま反応がありません。
    (あれ、名前を間違ったかな?・・えーっと、何だっけ・・)
    自転車で走る私が、名前の間違いを確認するには相当な距離を過ぎていたために
    (ま、いいか。明日学校で謝ればいいし。)
    と、さして気にも留めずにそのまま帰宅の途につきました。
    no title

    「隣のクラスの子」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    728 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 04/02/27 06:56
    自分は過去3回しか金縛りらしきものにあったことしかないが
    今でもしょっちゅう金縛りに会うという友人の話。

    あるとき仰向けで寝ていたら金縛りにあったそうな。
    「あー、またか」なんて思っていたらどこからか波の音が聞こえてくる。

    しばらく天井を見つめながら波の音を聞いていたんだがふ、っと頭だけが動くようになったらしい。
    首を動かして足元のほうを見てみるとベットの横に見知らぬおばあさんが座っていて行李(こうり)らしきものに小豆を入れたものを揺らして「ザー、ザー」と効果音を出していたんだと。

    首を戻して目が離れたすきに音もおばあちゃんもいなくなって金縛りが解けたらしいが
    「今までので一番意味がわからなかったよ・・」と言っていた。

    たしかに意味不明だわな。
    no title

    「妖怪小豆婆」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    484 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 04/04/05 00:08
    私が市の主催する絵画の文化教室に通っているときの事。

    年に一度、文化教室の作品を市街地の地下街の広間みたいな所で展示をするんです。
    私は初めて自分の精魂込めた作品がこういう場で展示されるということもあって、
    楽しみにして見に行くことにしました。

    でも、その場所は広い割には地下駐車場に車を止めた人しか通らないというような所で、
    ホームレスの溜まり場になっていたんです。
    それでも、私は嬉しくて自分の絵を写真に撮ったり、いっしょに教室に通ってる人の作品を
    映したりしていました。

    すると、カメラのフラッシュがまぶしかったのか、そのすぐそばで昼真から寝ていたホームレスが
    「まぶしいな。いい加減にしろや。寝れないだろ」とすごい剣幕で怒鳴り始めました。
    私はすごく楽しみにして、わざわざ遠くまで足を運んだのに、こんな目に会い、
    すごく不愉快で残念な気持ちになり、「乞食なんか死ねばいいのに」と心の中で思いました。

    no title

    「地下街の住人」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    817 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 04/02/29 09:44
    あれは小学校1年生か二年生かのころの話です。

    当時、仲のよかった三人の友達がいました。俺を含めると4人。
    それで、その4人がその時ハマってたのが、砂場で山を作って、水路を作り頂上から水を流す遊びでした。

    しかし、その日はいつも遊んでいた公園を上級生に占領されてしまい
    チャリで追いまわされて追い出されてしまいました。
    水を組む用のバケツを持参していた俺たち4人はそのまま家に帰る気にもなれず
    他の公園にいこうということになり、その公園から少し先にある小さい公園に向かいました。

    しかしその公園の砂場はすでに先客がいたし、何より水道と砂場の距離が離れているので俺たちのやろうとしている遊びには適してしませんでした。
    じゃあ、今日は帰ろうかという風になり始めた時、誰かがジャンプ公園にいこうと言い出しました。

    そのジャンプ公園というのは通称で正式にはなんていう名前かは知りません。
    そのジャンプ公園は公園のすぐとなりが雑木林でなんとも不気味な
    公園でしたし、学校では幽霊が出ると噂される公園でした。
    no title

    「ジャンプ公園」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    129 : 本当にあった怖い名無し : 2007/12/28(金) 03:22:01 ID:
    叔父の仕事場にお邪魔した時の話。(長いです)

    新潟に母方の実家がある。長期休暇があるときには母方の親戚一同がその家に集まる。

    実家に住んでいる叔父は一人身で、家から遠くはなれた山奥の養豚場に勤めている。
    朝早くから仕事があり、さらに片道最低でも二時間はかかるので、
    普段は仕事場に泊まりこんでいるらしかった。

    七歳くらいの頃だろうか、夏休みのある日、いとこ四人+大人二人で仕事場にお邪魔することになった。
    理由は良く覚えていないが、多分山菜を取りに行くとかそんな理由だったと思う。

    海のそばにある実家から、車で長いこと揺られてやっと養豚場についた。
    山奥だとは聞いていたが、想像していたよりももっと奥にあったので、少し驚いた。

    養豚場は臭かった。慣れている人間にはそうでもないらしいが、
    養豚場なんてきたことのない者にとって、そこに居るのは正直苦痛だった。
    そのため、大人が山菜を取っている間、子供たちだけで遊んでいようということになった。
    no title

    「立ち入り禁止」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    687 : 三十路ナースマン : 04/08/26 01:56 ID:
    十数年前、総合病院に勤務してた時の話。
    俺がいたのは内科病棟。当時はまだ野郎の看護師が、整形や透析以外で勤務してたのは珍しかった。まあそれは全然関係無い…と思うけど。
    その病院、西と東で一つの階に違う科があった。俺の勤めた内科は東、西病棟は産婦人科だった。
    ナースルームは隣接してたが、西はいつも陣痛の呻きと赤ちゃんの泣き声、それに家族さん達の喜びの声。
    それに比べて、こっちの内科はダークなオーラを醸し出してる人たちでいっぱい。正に天国と地獄。一週間に平気で3人はステッてたし。エンゼルセット大忙し。
    no title

    「妊婦さん」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    このページのトップヘ