2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【ほんのりと怖い話】

    782:03/10/10 17:33 ID:
    今年の春のことなんですが、土曜日に友達と集まってダラダラしてる時に、テレビで自殺
    の話をしてたんです。1ヶ月くらい前に学校で自殺した子がいて、その時は自殺って言葉
    に敏感になっていたせいか、妙にシーンとなってみんなテレビを見ていました。
    CMになってから友達の一人が突然、「私の家の近所に自殺の名所があって、よく古いロ
    ープなんかが木からぶら下がってるよ」と言い出しました。じゃあちょっと行ってみよう
    か、みたいなことになって、言い出しっぺの友達(T)と私ともう一人(K)の3人で、
    そこへ行くことになりました。

    Kが自転車を取りに行ってる間に、私達は先にその場所へと向かいました。途中コンビニ
    に寄ったりしてけっこう時間をかけたつもりだったんですが、Kはなかなか追いついてき
    ません。そうこうするうちに、自殺の名所だっていう山に到着しました。
    入口に自転車から降りて山の中の道を少し歩きました。まだ昼間で明るかったし別に嫌な
    雰囲気もしなかったので、どんどん奥の方へ進みました。

    突然、どこかで、パンッパンッと手を叩くような音がしました。私とTは顔を見合わせま
    したが、もちろん二人とも手なんか叩いていません。「鳥か何かかなぁ」とか言っている
    と道の先の方からおじいさんが歩いてくるのが見えました。
    (ああ、あの人が手を叩いたんだ)と思ってその場に立っていると、おじいさんが大分離
    れたところで立ち止まりました。しばらくそうしていると、おじいさんの方から声を掛け
    てきました。
    「おーい、見えるか?」意味が分からなかったのですが、Tは「見えますよー」と返事し
    ました。すると、おじいさんはゆっくりと近づいて来て「お前らなんでこんな所におるん
    や?」と聞きました。私達が「自殺の名所を見に来た」と答えると、おじいさんは「確か
    にこの辺りは自殺する奴が多いけど、ワザワザ見に来るって変な趣味やな」みたいな事を
    言いました。そして続けて妙な事を言ったのです。

    「自殺の名所」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    386:2013/10/09(水) 23:18:35.48 ID:
    オカルト好きだけど霊感が全くない俺の唯一の体験

    学校所有の宿舎があって、1年の時はそこへ水泳合宿に行く
    入り口は勿論守衛室があるし、裏にある海岸は学校のプライベートビーチになってて部外者は入れない
    で、俺のクラスが寝泊まりする部屋がその海岸に出る扉(勝手口みたいな木の戸)と一番近くて中庭に面したところだった
    クラス40人が襖を外して一繋がりになった和室で蚊帳下げて寝ることになるんで、
    晩飯後はまあめっちゃ騒がしかった
    部屋にはテレビもなく22時に消灯したけど携帯とか懐中電灯つけて雑談やらゲームやらしてて、0時過ぎたくらいかな?
    突然意味もなくシーンとする瞬間ってみんな経験したことあると思うんだけど、それが来た
    で、それと同時に中庭側の障子の外に人だかりの影が映った
    見回りの先生とかじゃなくて、明らかに隊列を組んでザッザッザッと海岸への扉に進んでいく影

    「隊列」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    899:2016/04/27(水) 11:54:56.22 ID:
    書き込んでもいいかな。あんまり怖くないけど自分的にヒヤッとした話。
    19のころ市内の実家にふらりと帰った夜、家の近くの路肩に車を停めさせてもらってた。んで22時過ぎだったかな、さて帰ろうかと車に戻ってきたら、車の向いてる路地奥から人の形をした何かが小刻みに揺れながら歩いてくるのが見えた。

    クネクネしながらゆっくりこちらに動いてくる。新手の不審者かと思って急いで車に乗り込んだけど、違和感。人間ってあんなに歪めるっけ…?ってくらい左右にグネグネ歪む。夜なのもあって最初はハッキリ見えず、目を凝らしてしまった。でもすぐに逃げなかったのを後悔した。

    「路地奥から」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    921:2016/04/29(金) 14:02:38.09 ID:
    なんか昨日怖い、と言っていい体験をした。
    「怖いといってもいい」というのは、怖かったといえば怖かったけど、一点解らない点があり、そっちが上回っているから。
    原因は夢遊病か統失でも構わないんだけど、どうしてもそれが解らない。

    昨日、未明に目が覚めて、眠かったけど出社しないといけないので、目を覚まそうとベランダに出た。
    うちのベランダは、隣のマンションのベランダと、ちょっと高さが違うが隣り合っている。
    その隣のベランダの隅っこに、運動会なんかで使う赤旗がはためいてた。
    何気に視線を向けると、向うのベランダが腰高分、高いせいで旗の根元に目が言った。

    「脚だけ」が旗の横に立っていた。

    声にならない悲鳴が出て、逃げようと思ったが、その時「一部分だけはっきり見えている霊は、不明瞭な霊なんかよりもずっと危ない」という、謎のトリビアが頭に浮かんだ。
    「このままにしておくのは不味い」と思い、なぜか知らないが(多分元凶だと思ったからだと思われる)旗を捨てようとした。
    でもビニールテープてぐるぐるに固定されていて、うまく旗を抜けない。
    仕方ないので鋏を取ろうと一度部屋に戻り、ベランダの方を向き直ると

    そこにおっさんが立っていた。
    時空のおっさんを汚くしたような黒服のおっさん。無論禿げてる。

    5日前に俺が変な世界に行った話をする【時空のおっさん】

    「びにーるてーぷ」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    481:2016/04/05(火) 15:34:24.34 ID:
    初めてなんで下手だったりスレチだったらスマン

    いま就活中で大阪・兵庫の辺りをうろうろしてるんだが

    昨日、ホテルに帰る途中のタクシーの中で一緒に回ってた馬鹿が
    何か知らんけど怖い話し始めて変な流れ作りやがった
    そん時に運転手さんから聞いた話

    運転手さんが高校生やった頃はまだヤンキー同士の喧嘩とかがリアルにあった時代らしくって
    通っとった高校でも3年のリーダーみたいなのと新入生の粋のいいのが結構やりあってたそうだ
    ヤンキーっていうのはある程度まで達すると喧嘩とかやなくてチキンレースとかチームの大きさで勝負するようになるもので
    そいつらの場合、校舎の屋上から飛び降りるっていうところまで行った
    目開けたまんまやったら両チームとも普通に行けたんで
    今度は目閉じた状態で上手く地面に着地できた方が勝ちとかいう頭の悪い勝負になった
    かく言う運転手さんも3年のチームでツッパっとったらしくって飛ばされたらしい
    ところでちょっと前にUSJに後ろ向きのジェットコースターが導入されて
    落ちる方向が見えないっていうのは相当な恐怖っていうけれど
    俺には走馬灯見えました(笑)

    「ヤンキー同士の喧嘩」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    563:2013/08/02(金) 00:35:35.37 ID:
    良く行くのコンビニのすぐ側に小学校がある
    小学校が嫌いなので、いつもは遠回りしていたが、夜も遅くだからと小学校前を通ってしまった
    暗い校庭が見えたんだが、黒い影がブランコに乗ってるのが見えて、不審者かもと歩みを止めてしまった
    黒い塊みたいな影はぬるって感じで動いて、ブランコ、ウンテイ、ジャングルジム、鉄棒、登り棒、滑り台に纏わり付いてから、大きな鉄棒……バスケットゴールに
    ヤバいと思って走り出した背後から「見てたでしょ?」という男の声が聞こえた

    コンビニに駆け込んだけど、怖くて仕方なかった

    「小学校が嫌い」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    979:2014/12/05(金) 12:00:55.58 ID:
    私が3才くらいの時の話。
    和室に1人でいる時に何を思ったのか下敷を上に投げてはキャッチする、
    みたいなことを繰り返して遊んでいたらうっかりタンスとタンスの隙間に入り込んでしまった。
    取ろうと思ってとりあえず隙間を覗いてみたら格子のような影が見えて
    その向こうに影絵のように宴会かなにかをしている様子が見えた。
    影絵のようにって言うのは全体的にオレンジ色の光に包まれていて影しか見えない感じ。
    その様子を眺めている時は基本、
    その宴会のどんちゃんした感じの音しか聴こえなかった。
    例えば外でどれだけ虫が鳴いていても宴会の音しか聴こえなくなる、みたいな。
    でもその後母がご飯に呼んでくれる声は聴こえたから、
    私を呼ぶ声は聴こえたのかなと思う。

    「タンスとタンスの隙間」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    799:2010/07/24(土) 23:25:01 ID:
    母が若かった頃(40年前)のお見合いの話
    当時の女は卒業→嫁入りコースが一般的で、就職した母は「家庭の事情ですか?お可哀相に。」などと言われていた。

    そして、やはり可哀相と思ったのか、親類が速攻で縁談を持ってきた。
    相手は資産家だが40近いブ男で、母は最初嫌がった。
    しかし、小娘だった母から見ても多少世間知らずなのを除けば、ノリの良い明るい性格の男であり
    母は結婚する事にした。

    そして、同性の同僚達と独身時代の思い出作りとして、泊まりがけで遊びに出掛けた。
    さて、琵琶湖で日焼けした母が家に帰ると、祖父も祖母もいない。
    家内は静まり返っている。何かがおかしい。
    そう思ったとたん、家の電話がけたたましく鳴り出した。
    思わず受話器を取ると、無言で切れ、振り向くとヤツレた顔の祖父が玄関から覗いていた。

    「お見合い相手」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    487:2015/01/24(土) 21:13:38.55 ID:
    新築の家に、工事業者風の幽霊が出るという話を聞いたことある人いませんか?

    8年前に家を新築して間もなく、天気のいい昼過ぎのこと。
    リビングで母と話していたら、母の背後の窓外の庭を
    グレーの作業服を着た中年男性がすーっと横切ったんです。
    泥棒だ!!と思い、ダッシュして掃き出し窓を閉め、恐る恐る庭を見たけど誰もいない。
    逃げたのかしらと話していたら、2階から弟が降りて来て「まだ工事やってるの?」。
    聞けば、グレーの作業服を着た男が2階のトイレに入っていくのを見たのだそう。
    工事はすべて完了していたので、ビックリして家の中や庭を徹底的に点検したけど、
    誰もいないし、窓やドアの鍵もかかってる。破られた形跡も一切ナシ。
    ちょっとゾッとしたけど、まだ新しい家に馴れてなくて、みんな緊張してるのよと慰めあって、
    その時は終わりました。幽霊?が出たのは、そのとき一度きりだったし。

    ところが先日。40キロ以上離れた町に家を建てた友人から、同じ話を聞いたんです。
    やっぱり業者風の男が家の中を歩いていて、悲鳴をあげたらフッと薄まって消えたんだって。
    家が建つと気になって点検に来る浮遊霊でもいるんでしょうかねえ…。

    「新築の家」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    650:2016/03/06(日) 08:49:43.22 ID:
    この流れに身を任せて、自分も報告させていただきます。
    あまり怖くない話ですし、フェイクを入れている箇所もあるので矛盾点などありましてもご容赦お願いします。

    休日は自室にてネトゲ三昧な自分なのですが、
    たまーに思い立って目的地を決めずにドライブすることがあります。
    その日も適当に山道をドライブしていましたが、
    前方にマナーの悪い先客が捨てていったと思しき弁当の食い残しと
    それに群がるカラスが邪魔をしていました。
    普段なら徐行してカラスに退いてもらうのは待つのですが、
    その時は理由もなく待つのがイヤになりクラクションを鳴らして追い払いました。
    後から思い出したのですが、
    この時、驚いて飛び立つカラスの中にこちらを睨みつけてくるカラスが居ました。
    それから30分ほど山道を運転していると、突然ドンという凄い音と衝撃が車を揺らしました。
    一瞬、動物か何かを気付かずに轢いたかと思い車から降りましたが、
    あたりにも車の下にもそれらしいものはありませんでした。

    その後は何事もなく山から降りて、自宅に戻る前に姉の家に寄りました。
    出迎えた姉は顔を見るなり、
    「あー……、ま、大丈夫か」
    と心配半分、呆れ半分な感じで言って来ました。
    何のことか尋ねてみると、
    「弟よ、どこかでカラスに石投げるか何かしたでしょ?」
    「山道で通行の邪魔していたのをクラクションで追い散らしたけど」
    「その中にカラス天狗が居たみたいね、あんたの車が呪われているわよ」
    「えッ!? それより姉ちゃんは何でそんなことが分かるんだよ?」
    「あー、そういえば説明していなかったけど、私はそういうの分かるから」

    余談になるので説明を省きますが、どうやら姉は中学生くらいから霊感があったようです。
    ただし、当時の姉を思い出しても、
    「私は現世と彼岸の交渉者(ネゴシエイター)」とか
    「払う者、清める者、鎮める者の勅命である。荒ぶる御霊よ、我に従え!」
    とか厨二病なことを言っていたなー、という心温まるエピソードしか無いのですが(汗

    「睨むカラス」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    このページのトップヘ