2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【ほんのりと怖い話】

    56 : 本当にあった怖い名無し : 2009/03/16(月) 23:26:01 ID:
    小学生の頃の話

    学校から帰宅して、テレビ見てたら祖母から電話がかかってきた。内容は、隣家に住んでる祖母の叔母(おんば)がいなくなったから捜すの手伝えとのこと。(親戚一同呼ばれた。)
    それから両親が急いで捜しに行った。残念ながら自分は留守番。

    おんばは鶏飼ってて、卵売り歩いたり、山菜採りに山に入ったりする人だった。
    ただ、ちょっとボケてたからどっかで迷ってんのかなと思ってた。

    夜8時頃、心配になって母に電話。
    『まだ見つからない。9時になったら警察に連絡入れようと思う。』
    秋口だったから凍死の心配はないが、もし事件に巻き込まれてたら…と嫌な考えが浮かんだ。
    9:30に母からおんばが見つかったと電話が入った。ホッとして両親の帰宅を待った。
    しばらくして両親が帰宅。『おんば大丈夫なの?』『警察呼んだの?』『どこにいたの?』と質問責め。
    父は仕事終わってすぐ捜索に駆り出されたため、かなり疲れていたらしくスルーされたが、母が答えてくれた。
    ・怪我はないが、一応病院に運んだ。
    ・警察呼ぼうとした時に山の斜面に倒れているのを父が発見。
    倒れていたが、呼びかけたら起きたらしい。おんばを一度家に運び、何があったのか聞いた。
    『山菜採りしてたら、足が滑ってバランス崩して落ちた。』
    一同、事件じゃなくて良かったと胸をなで下ろしそれぞれ帰宅。
    母も帰宅しようと支度してると、おんばに手招きされた。具合でも悪くなったのかと思って近づいたら、小声で『本当は死んじゃうはずだった。』ととんでもない事を言われた。

    バランス崩して落ちたのは本当だけど、本来なら助からない場所。
    『ああ、もうダメだ。死んじゃうと思ったらね、上から長い白い手に腕を掴まれて助けられたんだよ。』

    母は幽霊なんか信じてないが気味悪いと言って話し終わった。


    「長い白い手」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    583 : 本当にあった怖い名無し : 2017/01/11(水) 15:33:32.57 ID:
    三年くらい前、兄の友人のマンションに女性の幽霊が出ると聞いた。

    兄と友人は幼馴染みで、対策として、兄が泊まったり、友人が兄の部屋に泊まり
    兄は友人の部屋に、と交替で寝てみたが、兄が居る日は幽霊は現れない。
    話では、女性は二十歳くらい、丸顔で丸い目、髪は肩まであり白っぽいセーターを着て
    友人が寝ているとじっと枕元に座ると言う。
    毎日、枕元に座られた友人は酷く寝不足になった。
    大屋さんなどに話を聞いたが、事件や事故もなく
    幽霊が出るような不穏な部屋ではないと言われた。
    兄は寝不足の友人の為、自分のマンションの部屋と友人部屋をしばらく交換する事にして
    一週間ほど過ごした。
    no title

    「マンションに女性の幽霊」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    876 : 本当にあった怖い名無し : 2017/01/30(月) 03:33:59.55 ID:
    俺には昔同い年の友達がいた
    家にいる時に遊びに来たり、公園でたまたま会ったりとかして幼稚園や小学校の時以外は毎日遊んでいたんだ(ちなみにこの遊びの内容はお手玉とか近所の散策など昭和の遊びのオンパレードだった)

    まあ、母曰く俺が子供の頃他所の子を家にあげた事なんか一度も無いらしいし近所で聞いて回ってもそんな奴はいなかったんだが
    no title

    「毎日遊んでいた友達」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    291 : 本当にあった怖い名無し : 2015/12/13(日) 23:54:07.90 ID:
    大学時代の話

    大学が実家から離れてたんで大学近くのアパートの1階の一部屋を借りて一人暮らししてた。
    水路が多い街で、住んでたアパートも裏手が幅5mくらいの水路に面してて、窓の真下が水路という立地。
    水路には鯉がたくさん泳いでて、窓からパンくずなんかを落とすだけで鯉にエサがやれた。

    その部屋で寝ていたある夜、深夜にふと目が覚めた。
    時計を見ると午前3時過ぎだった。
    真夜中に目が覚めたのが初めてだったので、
    なんでこんな時間に目が覚めたのか不思議に思っていたら、
    窓の外からピチャッ、ピチャッと微かな水音がしているのに気付いた。
    no title

    「水路脇のアパート」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    609 : 本当にあった怖い名無し : 2016/04/09(土) 00:46:32.36 ID:
    小さい頃、5階建ての団地の2階に住んでて、玄関近くで壁を隔てて階段がある部屋で寝てたんだけど、
    ある夜、下の階の家の玄関の戸を叩く音が聞こえてきた

    1つの階で階段を挟んで2軒の家が向かい合う形の団地で、下の階の2軒の戸を叩く音が聞こえた後、
    向かいの家の戸を叩く音が聞こえた
    次はうちに来るのかな?と思っていたら案の定うちの戸を叩く音が聞こえてきた
    足音は聞こえないのに戸を叩く音だけが聞こえるので不思議に思っていると、
    上の階の家の戸を叩く音が聞こえてきた

    その後も戸を叩く音は上にあがっていき、
    5階の家の戸を叩く音が聞こえてきたところで新聞配達が来た
    no title

    「玄関の戸を叩く音」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    271 : 本当にあった怖い名無し : 2006/07/04(火) 18:12:10 ID:
    聞いた話なんだけど結構怖かった。

    友人Aの借りてた部屋は一階の一番端、すぐ横にはOLらしき女性が住んでいた。
    で、そのOLさんはAの事が好きだったらしい。
    明らかに色目使ってきたり、何かと訪ねて来たりで、露骨という恋愛下手って感じだったそうだ。
    彼は、なんとも思ってなかったが……というのは、そのOLさん、えらく痩せてるし青白いし、綺麗ではなかった。

    そもそも、彼が引越して来た当初は「病気で療養でもしてんのか?」と思っていた。
    働いている様子が無かったからだった。それに、あの青い顔……と思うと気の毒にこそ思えど、恋慕とは程遠い。

    しかし、暫くしてから働き始めたらしく、きちっとした格好の彼女と朝も度々会うし、帰りもはち合わせる事が会った。
    ウマが会うと言うわけじゃないが、まぁ、よい隣人間系だったとか。
    しかし、その女性は日に日に衰えている様に見えた。心配にはなっていたが、夜は良く笑い声が聞こえてきたから取り立てて心配はしなかった。
    ところが、ある日を境に姿を見なくなった。
    no title

    「隣人の女性」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    387:2010/07/08(木) 14:05:50 ID:
    小さい頃親父は俺が嫌いだった
    物心ついてから小学生の中学年くらいまでは良い思い出なんて一つもない

    俺に対して口を開けば嫌味や暴言ばかりで「お前みたいなカスが俺の子供であるはずがない」が口癖
    友達を作る権利なんてないと言われ友達を作る事も遊ぶことも禁止
    食事中何か零したり一言でも口を開けば線香の火を押し付けられベルトで叩かれる
    親父の笑顔なんて一度も見たこと無かったし、連休や休日家族で出かけたり一緒に写真を撮ったこともないし、学校の行事にも一度だって来てくれた事はなかった

    俺もそんな親父が怖くて、夜や休日は風呂と食事以外ずっと部屋に閉じこもっていた

    小5~6年の頃の記憶がない
    全くない訳ではないが家族に関する記憶が一切思い出せない

    中学に入ってからは親父に怯えた記憶はない所か親父との仲は良好
    連休の度遠出し、休日は家族全員で買い物やドライブに出掛けた

    「思い出」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    67:2006/12/23(土) 21:47:43 ID:
    今日、昔の友人に久しぶりに会って思い出した事なんだけど、
    ちょっと長くなります。 あまり怖くないだろうし。
    俺らが高校の時、学校帰りに近所の公園で煙草吸ってたのね。
    んで、ちょっと雑談なんかして和んでたら、友人が急に横向いて固まってんのよ。
    公園の隣の民家を見てるようだった。

    俺は「何見てんの?」って感じで話しかけたら友人が急に俺の腕を力いっぱい握り、
    「おい、あれ・・窓。窓の方見てみろ。」って言うのよ。
    んで、何ビビってんのかな?って思って窓の方をみると・・・
    家の中から、女の人が顔を上半分出して(目の下あたりまで)こっち見てるのね。

    うわ・・何あれ?って見てたら、その顔がどんどん上に上がってきて、
    キモイ動きしてんなーって思ったら、鼻から下がないのよ。
    ちなみに顎もない。ずーっと顔の上半分。
    そのままどんどん上に上がってって、鼻の下伸びまくり。

    「顔の上半分」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    513:2016/05/23(月) 11:26:44.63 ID:
    島つながりで四半世紀近く前の話を。

    はじめに書いておくと、私はいわゆる美人ではありません。
    取り柄も別になく、なんの霊感もないし、唯一それっぽい(?)のは異常にトイレをきれいにしたがるところくらい。

    そんな不美人で零感な私が小さい頃、なぜか海の神様の子供(?)に気に入られて、生け贄的なものにされそうになったことがありました。父の実家の漁村での話です。

    父の実家の漁村の沖には海の神様がいる島(江ノ島くらいの大きさで当時は人も住んでいました)があって、私はそこで二度迷子になったそうです。
    一度目には海神を祀る海蝕洞で見つかり、「お兄ちゃんに遊んでもらった」と言ったとか。
    二度目には見知らぬ若夫婦が私を家まで送ってきて、祖母が私を家に入れてからお礼をしようと外に出たら若夫婦はいなくなっていたそうです。
    その若夫婦の奥さんの方が、数十年前に村で行方不明になった女の子に似ていた(生きていれば古稀近いはずで、年齢が合わないですが、あの世の人になると年をとりにくくなるみたいな理屈でしょうか?)らしく、
    若夫婦の旦那さんは海の神様、奥さんは行方不明の女の子、そして海蝕洞で私と遊んでいた「お兄ちゃん」は海の神様の子供ではないかという話になったとのこと。

    「北になる」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    581:2016/10/14(金) 20:52:48.40 ID:
    八年前、友人二人と泊まった中国地方の民宿の話。二階建ての木造で、海沿いにあったと思う。
    そん時は一週間ばあちゃんの家に泊まってた。泊まりの三日目、海水浴に行ったんだけど、夕方になって酷い雨が降ってきた。俺たちが遊んでた浜が、ばあちゃん家からかなり遠くて、俺らの原付じゃ帰るのは厳しいってんで、近所の民宿に泊まることになった。
    で、民宿に着いたら、結構なトシの婆さんと中年のおっさんが出てきた。一泊したい旨を伝えると、快く部屋を準備してくれた。とりあえず飯食って風呂入って、疲れてたんでさっさと寝た。

    「中国地方の民宿」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    このページのトップヘ