2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【山にまつわる怖い・不思議な話】

    262 : 本当にあった怖い名無し : 2013/02/22(金) 20:23:22.85 ID:
    オカルトじゃないけど。
    97歳のおじいちゃんに聞いた鉱山での話

    おじいちゃんは財閥系の鉱山で働いていた。
    事故死が多く、週に一度は人死にが出ていた。役付きだったおじいちゃんは鉱夫の暮らす長屋の一番端の部屋で弔辞を読まなければならない。
    それが辛くて仕方なかったそうだ。

    落盤があっても二次災害の恐れも高く、救助は殆ど行われない。
    即死の場合は良いんだけど、入り口だけ崩れて中で存命な時もある。
    そんな時は、空気穴のパイプを伝って、中の人が助けを求めてパイプを叩く、カンカン…カンカン…という音が何日も聞こえていたそうだ。
    no title

    「鉱山事故」【山にまつわる不思議な話】 →続きを読む

    772 : 底名無し沼さん : 02/05/22 20:56
    北海道の沙流群に、沙流川という清流が流れてんだけど。
    何年か前、原チャリで旅行中に、国道脇の沙流川の河原で野営したのね。
    人里からはかなり離れていたんだけど、お盆休みで休止中の工事現場の近くで、カーブになった国道の橋が掛かっているところのすぐそばだった。
    ガスコンロでご飯を炊いて、夕食といっしょに少々の『日本盛』をたしなんで、
    多少ほろ酔い加減ではあったものの、そんなもの酒に酔った内に入るものではなかったと明言する。

    暗くなってから、懐中電灯で照らしながら文庫本を読んでいると、どこかから聞こえてくる・・・子供の声が。二人の幼い子供のはしゃぐ声が確かに聞こえてくる。
    それはすぐに確信的な音量で聞こえるようになり、その後、カチーン、カチーン・・・と、ペグを打つ音も聞こえてきた。
    私は「家族でキャンプに出かけたんだけど、適当な場所が見つからずに、ここに辿り着いたんだろう」と勝手に推測し、幸せそうな彼らの声を子守唄に、眠りに落ちた。

    翌朝かなり早く、4時頃の事、すでに明るくて、熱めに沸かしたリプトンティーをすすりながら、昨晩の家族連れのキャンプを偵察に出かけた。

    ・・・しかし、無い。テントどころか、車の轍も。
    というよりも、テントを張れるような河原すら無い。
    音の聞こえていた方向には、ユンボで掘られた深みがずっと続く人工の川が流れていた。
    夜暗くなってからキャンプをはじめ、明るくなる前に撤収する家族連れって・・・?

    怖くなって、早々に荷物をまとめてその場を離脱しようと走り出したら、この話とは関係無いだろうけど、林道をまたぐように横たわっていた3メートル以上の極太の黒い蛇!
    確かな感触でひき逃げしました。あんな大蛇が日本に・・・それにも恐怖しました。

    この家族連れの話には後日談があります・・・。
    no title

    「沙流川の河原で野営」【山にまつわる怖い話】 →続きを読む

    137 : 本当にあった怖い名無し : 2007/09/16(日) 20:14:43 ID:
    15年ほど前の話。奥多摩日原の雲取山に登ろうとしたときの話だ。
    夜に登って、山頂で朝日が昇るのを見ようと思ったのだ。
    (俺は山には慣れていたので、夜でも登ってた)
    夕方になって東日原のバス停に到着。あいにく、雨がしとしと降っていたが、
    山の上は雲を抜けて晴れている事が多い。だからそのまま進んだ。

    今でもそうだが、日原の集落を過ぎると、一本の街灯も無い。しかも雨が降る=雲って
    いるので星明りも無い時は、ライトが無いと本当に何も見えない。
    いや、「見えない」というレベルではなく、質量を持った「闇」というものが周囲から
    自分を包むと言うか、そんな感じ。
    ライトの向きによっては、自分の手や足が無くなったんじゃないかと思えるくらい。
    はっきり言って「怖い」。

    「夜の山に慣れている」と言っても、大抵は晴れているから、東京の光で物が薄っすらと見える。
    しかし、こういう時は違う。真っ黒な「闇」しか見えない。
    そんなわけで、たまに自分の手足を照らしたりして林道を進んでいったのだが…
    「あれ?」今、自分の手首が無かったような…。今度は まじまじと長袖の先を照らしてみる。
    やっぱり、無い。

    「ええっ!?」怖いと言うより、理解不可能な状況に、その場に尻餅をつく。
    雨ガッパズボンを通って伝わる雨水の冷たさに我を取り戻し、起き上がろうとする。
    起き上がれない。
    「?」下半身を照らすと、足首が無い。
    「!?!?!?」
    もう、どうしようもないので、そこに座りこんだまま、一夜を過ごす。
    (折りたたみ傘をザックに刺しているので、上からの雨は半分寝てても防げる。
    寒さであんまり寝れなかったけど)

    朝、明るくなると…何の事は無い、手首も足首もある。
    何だったんだろう?
    no title

    「雲取山」【山にまつわる不思議な話】 →続きを読む

    233 : 全裸隊 ◆CH99uyNUDE : 2012/06/09(土) 00:18:11.87 ID:
    連休の山小屋には色々な客がいる。
    相部屋になったのは外国人、高校生、若い会社員と
    珍しい取り合わせだった。

    夕飯を食い、部屋に戻って皆で話しているうちに
    俺は眠ってしまい、夜中にトイレへ行きたくて
    目を覚ました。

    トイレは部屋を出て廊下の先の方にある。
    廊下へ出て玄関を通りかかると、相部屋の会社員が
    背中を丸めて出発の準備をしている。

    午前2時。
    早いねと声をかけ、小声で話し、その日の行動予定と
    目的地を聞いた。
    やがて靴を履き終え、ザックを背負い、ヘッドランプを
    つけ、彼は出かけていった。

    暗い部屋に戻り、ベッドに目をやると、そこには
    今出かけたばかりの彼が寝ている。
    声が出そうになり、不思議に思い、声をかけようかと
    少し迷い、結局そのまま俺は自分のベッドに戻った。
    no title

    「夜中に出かけた」【山にまつわる不思議な話】 →続きを読む

    355 : 底名無し沼さん : 2017/03/03(金) 10:43:25.58 ID:
    ガッコ卒業して社会人になってまもなく。
    都内に住んでいたんだが、ある日曜、ふと思い立って高尾山に登った。
    でも、思い立ったのが遅かったので、頂上に着いたころは午後遅く。
    ああいう観光地ってみんなさっさと下山しちまって、潮の引くように人がいなくなるのな。
    夕方に向かう山道を大急ぎで下る。
    もう、前にも後にも人っ子一人いない。
    心細いww

    足を目いっぱい動かして、ハアハア道をかせぐ。
    ほの暗い山がこわくて、あせる、焦るw
    もう、ふもとに近いころ、とある角を曲がったとたん、人がいた。
    ハッとしてから、やや安心しようとして違和感。
    その人、スーツ着ていた。

    街中ならフツーにいるサラリーマン。
    カバン持って革靴はいて、ちょっとトボトボした足取り。
    それが薄暗くなりかけた山ん中にいるんだから、やっぱ「????」で目いっぱい
    ジロジロ見たんでよく覚えている。
    なんとなく怖いんでさっさと追い抜いちまおうと思うんだが、やっぱ気になる。
    no title


    「高尾山にいたサラリーマン」【山の怖い話】 →続きを読む

    225 : 底名無し沼さん : 2017/01/18(水) 14:19:10.49 ID:
    もう40年くらい前、中学2年生だった頃
    今でも鮮明に覚えている

    地元はとんでもない田舎で本当に山の中にあった。友達のNと一緒に源流にイワナやアマゴを釣りに行くのが楽しみで、週末の度に夜明けから夕方まで山奥で釣りをしていた。
    五月の初め、前日にNと約束をしていた俺はまだ暗いうちに沢の入り口でNを待っていた。いつもならNが先に来ているくらいだったのに30分待ってもNは来ず、不安になってNの家に行ってみた。

    Nのお婆さんが家の前の畑に出ており、Nはどうしたのか聞いてみると、熱を出して寝ているという。少し悩んだが、釣った魚をNを食べさせたいと思い、1人で源流へ登った。

    提灯釣りといって、2メートル程の仕掛けを竿を伸ばしたり縮めたりするとこでポイントへ投入する釣り方だ。いつもならイワナが飛び出してくる落ち込みや深くえぐれた岩陰を狙うが何故か全く魚っ気がない。
    no title

    「源流に釣りへ行った時の体験」【山にまつわる怖い話】 →続きを読む

    260 : 本当にあった怖い名無し : 2006/10/25(水) 23:18:20 ID:
    知人Aの話

    Aの実家は山の中腹にあり、御両親が食堂と小料理屋を足して2で割ったような店を営んでいた。
    店の横の渓流で捕れる川魚料理と山菜料理は絶品で、訪れた際は、塩焼き、骨酒、山菜おこわなどを
    御馳走になるのが楽しみだった。

    商売気はなく、沢山の田畑を貸し悠々自適に暮らす夫婦の趣味の店といった雰囲気だ。
    以前、Aの帰省に同行して厄介になっていた時、団体客から問い合わせがあり、魚料理を要望された親父さんは用意できないと断った。急な団体では仕方ないが、日を改めてという話も断るのは不思議だった。
    no title

    「32匹」【山にまつわる不思議な話】 →続きを読む

    345本当にあった怖い名無し : 2014/07/09(水) 20:15:32.61 ID:
    友人の話。

    山小屋に仲間数人で泊まった時のこと。
    夜中にトランプゲームで盛り上がっていると、いきなり誰かの声が呼ばわった。

    「スガタさーん」

    皆驚いて顔を見合わせた。
    声は玄関の外から聞こえてきたからだ。
    その場に、スガタという名字は二人いた。

    「おい、呼ばれているぞ……っていうか誰が呼んでるんだよ?」
    「どちらのスガタが呼ばれてんだ?」

    時間はかなり遅く、誰かが真っ暗な山を登ってきたとは考え難い。
    大体、何故声の主は小屋の中に入ってこようとしないのか。
    皆が黙りこくる中、声はしつこく何度も呼び掛けてくる。

    このままでは埒があかないと、友人は一人、玄関の方へ確認しに行く。
    他の皆が息を殺しながら見つめている前で、ドアがゆっくりと開けられた。
    外には何もいなかった。
    ライトで辺りを照らしてみたが、動く物の気配はない。

    「何だったんだ、一体」
    友人はホッとしながら、そして同時に不気味に思いながら、ドアを閉めた。
    no title

    「スガタさん」【山にまつわる怖い話】 →続きを読む

    422: コピペ : 03/04/11 13:02
    怖くないですが不思議な話

    366 :山での話 :03/04/11 06:18 
    今の年代の人に、狩りをした事のある人は少ないでしょう。
    昔、私は祖父に連れられて、狸を捕る為に数度、山にトラバサミを仕掛けに行った事があります。
    山にも色々な約束事があります。うろ覚えですが、女山でしたので立ちションベンは、女神様に見える様に頂を向いてする事 (性器を見えないように隠すと女神様が怒って、山に遭難します)とか、お弁当は半分食べたら残りは家まで持って帰る事とか、狸の後足は、1本は女神様に御供えする事とか、他にも細かな注意が沢山あったはずでした。

    ある夏休みの日、祖父の家に遊びに来ていた私は、川に泳ぎに行こうとして、気が付くと何故か山の中に居ました。 昼御飯前に出たはずなのに、あたりは真っ暗で、訳が判らず泣いてしまいました。どのくらい泣いていたでしょう?

    辺りがスゥ~っと明るくなって、顔を上げると、目の前に青い光が浮いていました。

    その光は優し、暖かくて、何故か彼女が助けてくれるのだと解りました。そして、漂い始めた光に付いて行き、山の麓に下りました。
    no title

    「山の女神」【山にまつわる不思議な話】 →続きを読む

    652:04/06/09 19:14 ID:
    これはまだ俺が消防だった頃の話。

    親父と一緒に帰省したんだけど、その親父の出身地は瀬戸内海に浮かぶ島。
    近くにひょうたん島なんてのもあったっけ、四国や中国地方では結構有名らしい。
    んで、俺が上陸したのは近くの島の中では大きいほうだけど、やっぱ田舎。

    港の近くにガソリンスタンドがあるだけで、それ以外は完全に秘境って感じだった。
    そんで祖母が1人暮らしをしている家に着き、その日はゴロゴロしてたんだけど・・・。
    帰省したのが大晦日で、午前0時になると親父が「初詣に行くぞ。」と俺を連れ出した。
    兄貴と叔父も合わせた、合計4人で神社へ向かったんだよ。

    でもまぁやっぱ秘境だけあって、神社も山の中にあったのよ。
    人もまばらだけどいたし、ちょっとその辺をブラブラしてたら・・・。
    遭難してた。街灯1つない神社だったから、ついつい油断してたら・・・。
    しばらく呆然としてたけど、漠然とした不安に襲われ、俺は歩くことにした。

    すると俺の目の前に、大きな犬がいた。
    その犬はしばらく俺を睨んでいたが、しばらくすると警戒を解いて、のしのし進んでいった。
    俺も消防だったこともあり、「帰り道を教えてくれてるのかも。」と後をついていくことにした。

    そして犬が歩くのを止めると、犬の足元には子犬がいた。
    犬好きだった俺は、子犬を抱き上げると、しばらく夢中でかわいい顔を見ていた。
    ふと我に返ると、さっきの大きな犬は姿を消していた。

    「ヤマイヌ」【山にまつわる怖い話】 →続きを読む

    このページのトップヘ