2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【何でもいいから怖い話を集めてみない?】

    486:2012/06/06(水) 18:58:45.89 ID:
    自分の親父と骨董の話を書きます。

    親父は紡績の工場を経営していましたが、何を思ったか50歳のときにすっぱりとやめてしまい、
    経営権から何から一切を売り払ってしまいました。
    これは当時で十億近い金になり、
    親父は「生活には孫の代まで困らんから、これから好きなことをやらせてもらう」と言い出しました。
    しかしそれまで仕事一筋だった父ですから、急に趣味に生きようと思っても、これといってやりたいことも見つからず、
    途方に暮れた感じでした。
    あれこれ手を出しても長続きせず、最後に残ったのが骨董品の蒐集でした。
    最初は小さな物から買い始めました。ありがちなぐい呑みや煙草の根付けなどです。
    「初めから高額の物を買ったりして、騙されちゃいかんからな。小遣い程度でやるよ」
    と言って、骨董市で赤いサンゴ玉がいくつか付いた根付けを買ってきました。
    「何となく見ていてぴーんとひらめいたんだよ。このサンゴ玉は元々はかんざしに付いていたのかもしれないね」
    などと言って、書斎に準備した大きなガラスケースに綿に乗せて置きました。
    これが我が家の異変の始まりです。
    まず親父になついていたはずの飼い猫が書斎に入らなくなりました。
    親父が抱き上げて連れて行ってもすぐに逃げ出してしまうのです。
    さらに家の中の物がなんだか腐りやすくなりました。
    梅雨時でもないのに食パンなどは買ってすぐに黴に覆われてしまったりして、
    台所は常に饐えた臭いがするようになりました。
    それから家には小さいながら庭もあったのですが、
    全体的に植木の元気がなくなり、中には立ち枯れるものも出始めました。
    また屋根の上の一ヶ所につねに黒い煙いのようなものが溜まり、
    何人もの通行人に火事ではないかと言われたりもしました。
    しかしはしごをかけて屋根に上ってみてもそこには何もないのです。



    「骨董品の蒐集」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    119:2012/03/04(日) 02:24:05.26 ID:
    私の姉の話で、私自身が体験した話です。

    私の姉は過食症でした。
    高校二年の頃から姉はよく食べるようになりました。
    元々よく食べる方だったのですが間食も増え、一回の食事の量は二人前は当たり前。
    自発的に運動は少ししていたようですが食欲は増すばかりで、
    今まで標準体型だったのが3年の夏にはどうみても肥満体系に。
    それが過食症だと私は薄々気づいていたのですが、家族(特に母)はほとんど姉に関心がなく、見てみぬふり。
    姉は大人しい性格で、母や父のせいもあり学校や友達の話などほとんど語りませんが、
    学校での成績は中の中、運動神経は中の上、
    友達は少人数ながらも良く家に連れてきたり遊びにいったりと充実した様子で、
    誰に対してもいつもにこにことして良く接していました。
    ですが、夏ごろになるとそれが顕著になり、
    私が心配して「お姉ちゃん、大丈夫?」「ちょっと食べすぎだよ」と言うと、
    「え?何が?大丈夫だよ。大丈夫、あとで運動するから!」と笑ってはぐらかすようになりました。
    母はと言えば、丸々太ってもなお際限なく食べる娘が醜くなったのか、
    「お前は家を食い潰す気か!それ以上その食生活続けるなら家を出て行け!」と怒鳴りつけてしまいました。
    姉は少し悲しそうな顔をしましたが反論することもなく、次の日からすっぱりと普通の食事量に戻りました。
    一週間経っても何事もなかったかのようにその食事を続けていたので、
    私も「あれ?過食症ってこんなにあっさり治るんだ」と思いました。



    「過食症の姉」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    7:2013/02/04(月) 23:12:36.68 ID:
    10年ほど勤めた会社を辞めた。
    その間の事情は関係ないんで省くが、それなりに貯金もあったし再就職を誘われてもいた。
    家族があるわけでもないし、数ヶ月は精神的な充電と体のメインテナンスにあてようとジム通いを始めた。
    やってみたら思った以上に体がなまってることがわかった。ただランニングマシンは単調で好きになれない。
    そこでジョギングをしようと思った。日中は気恥ずかしいので夕方から走ることにした。
    コースはたしか河原沿いに市が造ったランニングコースがあったはずなので、スポーツウエアて行ってみた。

    そこに来るのは数年ぶりだったが、ホームレスの青テントが増えているんで驚いた。
    前は数百メートルおきに一つくらいだったのが、数十に増えてる。どこかの公園から追われてきたのかもしれない。
    走る人はほとんどいない。これはちょうど会社からの帰宅時間頃のせいなのかもしれないが、
    ホームレスが増えて治安に不安があるのが大きいのだろうと思った。
    ゆっくり走っていると前のほうで人だかりがしている。炊き出しのようだった。

    薄暮の中を近づいて見ると、20代後半くらいの男女が5~6人、長机にカセットコンロを置いて鍋をかけ、
    十数人の列に並んだホームレスにおかゆのようなものをふるまっていた。
    名前はわからないが外国のハーブのようなにおいがあたりにただよっている。
    その男女は皆、白いトーガ?のようなものを着てそれには胸に一字梵字のマークが入ってる。
    何かの宗教団体の事前行為なのだろうと思った。
    そのとき立ち止まっていた俺の肩を後ろからかすめるようにして、足早に前に出て行った人がいた。
    僧侶のような衣の大柄な人物で、髪は剃っておらずオールバックにしていた。
    何でもいいから怖い話を集めてみない?Part3 →続きを読む

    このページのトップヘ