2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。また画像や2chニュースのまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【何でもいいから怖い話を集めてみない?】

    153:2013/01/08(火) 20:04:02.96 ID:
    個人的にトラウマな話。家族以外は知らないし、誰にも話したことない。

    うちは転勤族で、子供の時は2~3年おきに引っ越ししてた。
    小3~4年の時住んでたのは京都のとある市だったんだが、アパート(官舎?)の裏は山になってた。
    近所の友達とよく裏山を探検してたんだけど、親から言われてたのもあってあまり奥までは入らなかった。

    ある日、親たちには内緒で、友達3人くらいと裏山の奥まで入ったことがあった。
    多分30分ほど適当に歩いてたら、廃屋があった。別に普通の廃屋だった。
    俺たちはテンション上がって、廃屋の中に入って探索してた。平屋の3LKくらいの間取りだったと思う。

    廃屋のリビングと思われる部屋にエ口本が数冊落ちてて、エ口ガキだった友達たちは歓喜してそれを読んでた。俺はまだそこまで興味なかったから、適当に友達がエ口本読んでるのを後ろから見た後に別の部屋を探索した。隣の部屋に入ったけど、特に家具とかは無かったと思う。押入れがあるだけだった。
    俺は何となく押入れの襖を開けた。

    「押入れ」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    828:2013/01/05(土) 16:12:32.17 ID:
    10年くらい前の話だけど、母の職場に荷物届けに行った時のことを
    職場の前に駐車場があるんだが、そこに止まっていた1台の車にふと目がいった
    よくよく見てみると、後部座席にロングヘアの女性と金髪の若い男性が座っている

    その二人を何となく眺めてたんだが、1分したところであれ?と思った
    というのも、その日は8月だというのにエンジンの切れた車内で窓も開けずにいたことと、
    二人とも前かがみの姿勢のまま微動だにせず固まっていたから
    それに気づいた瞬間、「あ、これ生きてる人じゃない」と直感
    ぞ~っとしてすぐに母の職場に逃げ込んだ

    「新車」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    422:2014/01/17(金) 13:32:23.27 ID:
    怖くなかったらすまん。
    自分ではものすごく怖いから、誰かに聞いてほしいだけ。
    じいちゃんの予言の話。

    じいちゃんは私が小学6年生に上がる直前に死んだ。
    百か日も過ぎた頃、仏降ろし(ほとけおろし)というものをやった。
    「えんじっこ」と呼ばれるイタコのような人が、
    亡くなった人の霊を死後の世界から呼び、霊の言葉を代弁するのだ。
    代弁する時の言葉はえんじっこによって違うようで、
    その時は古典で使われてるような言葉で話してた。

    「仏降ろし」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    731:2014/06/28(土) 10:39:21.88 ID:
    ほんのりよりは怖いと思うけれど、洒落にならない程ではないと思うお話投下します。
    かなり長文になってしまう事お許しください。
    時期や場所は詳しく言えないけれど私の父の実家がある場所にまつわるお話。

    父の実家はとにかくドがつく田舎、集落には両手で数えきれるほどしか家が無い。
    山の奥なので土地だけは豊富にあったが、買い物や病院に行くにもバスを乗り継いで
    半日はかかるという恐ろしい土地だった。

    父から聞いたことによると、集落にある家は全部同じ苗字で、
    父が小さい頃は個々の家にはまだ電話がなく、
    集落以外の場所へ連絡をとる時は一つだけある商店に設置された電話を使った。
    集落の土地はかなり広いので各々の家は距離が離れていた。その為回覧板はなく、
    連絡事項は長老さんと呼ばれる家に設置された機材から、集落の中の電柱に設置された
    オレンジ色のメガホンみたいなスピーカーで流していた。
    そんな不便な場所にも関わらず集落には若い夫婦が何組かいて、
    学年はばらばらだが小学生の子供が何人か居た。

    私たち家族は普段は母方の実家に近い、比較的開発の進んだ場所に住んでいた。
    例年お盆は父の実家で過ごすのが小さい頃からの恒例で、
    車で何時間もかけて行くその集落は自然がいっぱいの別世界、
    私は毎年お盆が楽しみで仕方がなかった。

    「白ん坊」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    415:2014/01/16(木) 13:15:15.78 ID:
    おかんから聞いた怖い話。
    うちのおかんは自称霊感があると言い張るタイプの人間だ。
    そんなおかんが結婚前東京で働いていた時の話。

    ある日送別会だか忘年会だか、とりあえず何かの飲み会があり遅くなったそうだ。
    新宿からタクシーで帰ろうと思い待っていると、
    深夜2時過ぎということもありタクシーはすぐに捕まった。
    行き先を告げ、少し眠ろうとしたとき何だかかび臭い匂いがしてきたんだそうだ。

    「個人タクシー」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    375:2013/12/25(水) 01:21:34.33 ID:
    冬のある日、緊急の出勤で午前四時に会社の近くを歩いた。途中緩いS字カーブの道に差し掛かった。
    ちょっと坂になっててね。両側が林で、あとポツポツ家って感じ。
    坂の始め、道の脇に小さいお稲荷さんがあった。
    社の周りに旗が二本立ってたが、その片方がやたら風に揺れていた。
    あっ旗の位置が高いんだな、でも何でだろう、と思ったら、女が立って旗持ってた。
    半袖にツナギみたいなの着て、無表情で前を見つめてる女だった。
    かなりビビったがその場はシカトした。
    坂を登って神社がカーブで見えなくなった頃、道の真ん中に変なものが落ちていた。

    「旗を持つ女」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    662:2012/07/12(木) 17:19:48.02 ID:
    携帯から失礼します。7才位の話です。
    家族は父、母、祖父、祖母、私、弟の6人です。
    夜9時、祖父を除く5人でかるたをしていた私達は、母親の『もう寝ようね』で、
    かるたをしまおうとしていました。 祖父は、柱にもたれて、雑誌を読んでいました。

    何気なく廊下の方をみたら、御手洗いの電気がついています。
    『誰か消し忘れたのかな』位にしか思いませんでした。

    「6人家族」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    187:2013/11/05(火) 00:37:03.85 ID:
    今年の8月に小学校の同級会が18年ぶりにあった。
    高校のは成人式以来何度かやっているし、中学校のも1度あったが、
    ほとんどが同じ中学に進学してるからなんだろうが、小学校のは初めてだった。
    せっかく地元に残ったやつらが企画してくれたんだからと思って、
    会社の夏休みの時期を調整して参加した。
    会場は料理屋の二階の座敷で、出席したのは39人のクラスで半分以下だった。

    少ないと思うかもしれないが、名うての過疎県で県外に出てるやつが多いし、
    ちょうど仕事も家庭も忙しい年代なんでこんなもんなのかもしれない。
    5・6年と持ち上がりの担任の先生はまだ40代のはずなんだが、
    体を壊して早くに退職していて、当日はきていない。
    招待を出していないのかもしれない。
    俺らが小学生のころは、教師になって数年目で初めての高学年。
    学級崩壊とまではいかないものの、
    かなり問題が連続していつも怒ってばかりいた印象しかないんで、
    こういっちゃなんだが来なくてみなも気が楽だったろうと思う。

    「作法室」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    79:2013/10/04(金) 00:52:55.46 ID:
    長文を失礼致します。

    これは私の住んでいる家についての話です。

    私が今住んでいる家は、元々は産婦人科の診療所だったところです。
    今も『患者待合室』とか『レントゲン室』という標識や機材がそのまま残っています。
    家の半分は診療所当時のままの状態で、家具や本など以前の住人のものがそのままにされています。

    そして、残りの半分は改築されて私と家族が住んでいます。

    私達は、家の半分の当時の診療所がそのまま残されている部分を
    『診療所』と呼んでおり、そこにはほとんど誰も入りません。

    引っ越してすぐの子供の頃には
    興味本位で何度か入ったことがありますが、
    入ってみると、なんとも異様な空気を感じました。

    ゴムが焼けたような異臭がしていて、
    なんだか生温い感じと、床がべたべたした感じがします。
    ある程度奥までいくと、『診察室』があるのですが
    この部屋は開けられませんでした。

    外に回って窓から覗き込むと『診察室』の中が見えるのですが
    本棚らしきもので入口が塞がれているだけで、普通の診察室といった感じです。

    『診療所』の空気が気持ち悪いこともあって、入ろうとは思いませんでした。

    もう半分の家の話をします。

    家の半分は改築されたと話しましたが、
    その中で私に割り当てられた部屋は『院長室』だった部屋のようでした。

    「元診療所」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    このページのトップヘ