2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【不可解な体験、謎な話】

    537 : 本当にあった怖い名無し : 2009/01/09(金) 19:18:55 ID:
    流れを読まずに投下させてもらいます。

    うちはとある武家の末裔で、俺は家長の流れ。
    しばらく前、仕事関係で知り合った歴史マニアの方と
    たまたまそういう話をする機会があった。
    後日、その人は古い城内地図というものの写しをくれた。
    たしかに城の中に、俺のご先祖様の家があった。
    だいたい250年前くらいのものだった。

    性格がいい加減なもんで、最初は自分のところしか見ていなかった。
    興味もあまりなかったもので、「へぇ~」とだけ。
    あとから両隣の屋敷を見てみたら、どっちも、
    俺の古くからの親友と同じ名字だった。偶然。

    親友のうち1人にその話をしたところ、
    「うちも武家だよ。詳しいこと聞いてないけど」と。
    そいつ、ちょっと引っかかるモノがあったらしく、
    実家に行っていろいろ調べてきてくれた。
    すると、そいつのご先祖様がまさにお隣さん。

    なんだか二人で鳥肌が立ってしまい、「まさかあいつも」と。
    それで久々に3人で会って、飲みがてら話をしたところ、
    「ん?うちも武家だよ。城の中に家あったんだってば!
    だからそこ俺の何代か前で間違いないよきっと」と。
    まさに今、並んで座っている状態が、150年前の家の並び。

    いちおう後日、確認してもらった。
    やはり間違いではなく、3人ともその城内地図の家の名前の末裔だった。
    気づくまで、知り合ってから25年かかったけど。
    no title

    「家臣団末裔」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    599 : 本当にあった怖い名無し : 2009/04/04(土) 20:54:32 ID:
    昨日の夜23時の出来事です。
    軽くパニックなんで支離滅裂だったらごめんなさい。

    私はオートロックのマンションに住んでいまして
    マンションの外で呼び鈴を鳴らした場合、部屋のインターホンのランプは1番が点滅し
    マンション内に入って部屋の前で呼び鈴を鳴らした場合、2番が点滅します。

    ここ3週間くらいの話なんですが、毎晩22:50~23:00の間に2番ランプ点滅の呼び鈴が鳴ります。
    最初は住人の誰かがエントランスのドアを開けっ放しにしてて、その隙にセールスマンか誰かが入り込んだんだろうと、居留守を使っていました。
    もし友達や家族だったら来る前に連絡するだろうし、用事がある人なら何回もチャイムを鳴らすだろうということで。

    でも毎晩毎晩エントランスが開けっ放しなんて考えにくいし、もしかしたらマンションの住人か大家さんかも?
    と思って、そーっとドアスコープから覗きましたが誰もいません。
    毎回一回しか呼び鈴を押さないから、抜き足差し足でモタモタドアに向かってる間に帰ってしまったんだろうと思い、
    翌日は呼び鈴が鳴る前からドアの前でスタンバっていました。
    案の定いつもと同じ時間に鳴る呼び鈴。
    すぐさま覗く私。
    誰もいない。

    あれ?もしかしてオカルト的な何か?と怖くなった私はすぐさま友達に相談。
    真相究明のため、翌日泊まってくれることに。

    翌日23:00。
    待てど暮らせど呼び鈴は鳴らず。
    その次の日もそのまた次の日も鳴らず。
    結局友達が滞在してる間は何も起きませんでした。
    まぁこれで止んでくれたんだったら良かったわ~と思ったのもつかの間。
    no title

    「真夜中の呼び鈴」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    597 : 本当にあった怖い名無し : 2009/04/04(土) 20:43:06 ID:
    オチらしいオチも無いんだけど、自分的に腑に落ちなかった出来事。
    結構長いけど、お付き合い下さい。

    10年前、当時付き合っていた彼女と俺の家にいた時、彼女の携帯が鳴った。
    普通に、もしもーしって出た彼女。段々怪訝な表情になってくる。
    俺の方見て、首を傾げたり。だから、どうした?って聞いたら、携帯のマイク
    隠して、「よくわかんないから、替わって」と。
    俺が?って思ったけど、出てみた。もしもし?って。すると電話の相手が、
    「あ、替わってくれた!コーイチ君?私ちゃんと電話したよ!良かったー!
    替わってくれて。女の人出たから、ビックリしちゃった!」
    とか言ってる。若い感じの女の子。

    でも俺、コーイチって名前じゃないから、誰にかけました?って聞いたんだ。
    すると相手が「え、コーイチ君でしょ?いつもと同じ声だもんね!ね!」と。
    だからさ、ああ間違い電話か、と思って「違うんで。じゃ」って電話切った。
    彼女にも、間違い電話でしょ、とか話してた。
    そうしたら、携帯がまた鳴った。番号も同じ。
    またかよ、って思ったけど、もう一度説明しようと俺が出た。

    以下会話
    俺「もしもーし」
    相手「何で切っちゃうんですか?」
    俺「いや、俺コーイチじゃないからね。しかも俺の携帯じゃないし」
    相手「え?だって昨日夢で教えてくれたよね?この番号」
    俺「え?夢?いや知らないから(夢って何だおっかねえ)。多分間違いでしょ」
    相手「だって声同じだよ?昨日聞いてから、すぐ番号メモしたんだよ?」
    俺「っていわれても、俺知らねぇから」
    相手「でもコーイチ君から教えてくれたのに・・・」
    俺「だから俺コーイチじゃねぇから!」
    相手「じ、じゃあ、お友達になって下さい!」

    ・・・え?
    no title

    「コーイチ君」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    159 : 本当にあった怖い名無し : 2008/12/21(日) 01:22:58 ID:
    俺、結構オカルト系は昔から大好きだったんだけど、小さい頃から全然不思議な体験や幽霊らしきものを見たことはなかった。だから、大きくなるにつれて「やっぱ幽霊とかって存在しないんだなあ。」なんて懐疑的になっていた。
    そんな俺がもう30過ぎてから、4、5年前に体験した話。

    ある秋の日、俺は昼過ぎから外回りの仕事があって、現場を出て最終的に仕事場へ向かったのは日が暮れかけた頃だった。
    ちょうど車の後ろから秋の夕日が差していて、前方に長く影が伸びていた。
    道は田舎の農道みたいな、車2台が通れるくらいの狭い道。でも、この地域はこの道しかないんで結構車の通りは多い。
    途中で、脇道から俺の前に車が入った。軽のワゴン車両で、確か濃い緑色だったと思う。
    ちょっと通勤ラッシュにかかる時間帯なので、道は込んでいて、俺は前の車にぴったりとくっつく形になった。

    前の車を見ると、結構なおっちゃんらがぎゅうぎゅう詰めで乗っている。
    俺は「あんな小さい車にあんなに乗らなくても・・・」なんて思っていた。
    車の流れは案の定、ちょっと行くとノロノロ運転になり、渋滞となった。
    no title

    「ぶらさがる腕」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    533 : 本当にあった怖い名無し : 2008/11/28(金) 21:38:19 ID:
    昔、夫婦が経営する飲食店でバイトをしていました。

    ある時カウンターに座っていたお客の女性に呼ばれました。
    セリフの言い回しはその通りではないですが、内容はほぼ覚えています。
    「うちの旦那の話を聞いてほしい、自ら呼ぶのは珍しいから
    よっぽどの事、変に思うかもしれないけど聞いて。」
    女性は綺麗な40代ぐらい、男性は品がいい50代ぐらい
    話し方は穏やかでした。

    話の内容はこうでした。
    まず信じてもらう為なのかその時の自分の身辺の事を
    こまごまと言い当てました。
    no title

    「千円札とおじさん」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    565 : 本当にあった怖い名無し : 2008/08/27(水) 17:55:08 ID:
    父が昔社長してたが、俺が高2のときに潰れて一気にド貧乏に転落。
    「学費分は寄せてあるから心配するな」とは言われてたんだけど、
    たいした額じゃないってことがわかって、専門に進んだ。
    早く社会に出て家計を助けてやろうという考えがあったもんで。

    上京してからの住まいは、半分物置と化しているようなところ。
    大家が空き部屋に産業廃棄物みたいなものを溜め込んでいたので
    俺以外に住んでいる人はいなかった。
    ただ安いからというだけで、そこに住むことにした。まるで小屋。
    不動産屋も同情して、礼金はいらないと言ってくれた。

    バイトも一生懸命やってた。バイト先でいわゆるチャラ男がいた。
    チャラ男とあと2人に、バイト帰りに誘われて飲みに行ったとき、
    チャラ男が「俺、実は恵子ちゃんとつきあってんだ」と言い出した。
    恵子ちゃんってのは同じバイトの子で、その時に俺が惚れていた子。
    真面目で純情な感じでルックスはまあまあ。菅野美穂っぽかった。
    金貯めて引っ越したら、告白しようと考えていた子だった。

    チャラ男の話によると、先月に社員の送別会があって、
    その帰りに方向が一緒だったチャラ男と恵子ちゃんが
    同じタクシーに乗った際に、「うちでコーヒーでも飲みませんか」
    ということで恵子ちゃん宅へ招かれて、そのまま・・。

    みんなで驚いていたらチャラ男が調子に乗ってペラペラ話し出して
    抱くとどんな感じになるとか、ゲスな話満載。
    俺は目の前が一瞬真っ暗、頭の中は真っ白。血圧下がるし。
    平静を装っていたけどもゲス話で想像しちゃって吐き気を催して退席。
    no title

    no title

    「香水みたいな匂い」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    882 : 本当にあった怖い名無し : 2011/02/22(火) 13:27:03.74 ID:
    俺の祖母方の実家は旧家だったらしく、面白い話も良く聞いた。
    その中から、怖くはないが不思議な話をしたいと思います。

    『笑う狐』

    親父が子供だった頃、まだ祖母の実家は取り壊されずに残っていた。
    古くて大きな家で、天井がなく、代わりに蚕を育てる蚕棚があって、時期になると蚕が桑の葉を食べるムシャムシャという音が聞こえるくらいだったそうだ。
    大きな神棚もあり、座敷稲荷を奉った部屋もあったが、親父はその座敷稲荷の部屋が嫌いだったらしい。
    理由を聞くと「馬鹿にされたから」と親父は答えた。
    詳しく聞くと、語ってくれた。
    no title

    「笑う狐」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    19 : 本当にあった怖い名無し : 2013/02/23(土) 21:56:07.37 ID:
    文章下手です。昨日の話です。

    仕事帰り、コンビニに寄り雑誌を選んでいると外を旦那が自転車で通過した。
    すごい速さだったけど黄色いマフラーとモッズコートと青のニット帽子が旦那に間違いなかった。
    「今日は残業なかったのか。私も早く帰るか」とコンビニを出て早歩きで家に向かった。
    何分か歩いたところで後ろから気配を感じ振り返ると、またすごい速さで旦那が横を自転車で通り過ぎた。
    俯いていて顔は確認出来なかったけど後姿が間違いなかった。
    私に気が付かなかったのかよ!?と携帯に電話すると
    「は?まだ会社ですけど?」とか言うので
    「いやいやいや!あれ?人違いかな・・・」なんて話してると今度は正面から
    すごい速さで旦那が自転車で素通りしてった。
    no title


    「黄色いマフラーとモッズコート」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    841 : 黒猫1/3 : 2012/02/17(金) 16:43:26.20 ID:
    30年近く前…思えば俺が物心ついた時から我が家には黒猫がいた。
    すでに成猫で、目の色はゴールドというか、どこにでもいる黒猫。
    メスで、尻尾が長く、歩くときはそれを立てて優雅に振っていた。
    俺が小学校から戻るといつも玄関先にいる。おかえり、のつもり(?)
    なのかニャ~と短く鳴いて俺の顔を見上げてた。

    黒猫は賢くって人なつっこいとよく言われるけど、例に違わず、人に
    よく慣れていた。それと猫は空気が読めるとも言うけど、人との距離
    の取り方も絶妙だった気がする。
    例えば7、8歳頃の記憶だけど、友達とケンカして機嫌を悪くして帰宅
    すると近寄ってこない。でもアニメか何か見て機嫌が直るといつの間
    にか俺の隣で寝ている。頭をなでてやると俺の膝の上に乗りグルグル
    喉を鳴らす。「くーたん…」と名前を呼んで抱き上げると、俺の耳元を
    ペロペロ舐める。
    グルグル喉を鳴らして、小さな鼻息、ざらざらの舌の感触、リアルに今
    でもはっきり覚えている。
    親から叱られてベソかいてると、微妙な距離をとってそばで心配そうに
    してるとか、覚えているシーンも数年間にわたっていくつもある。

    2つ下の妹も黒猫をかわいがった。何かの包装用の赤いリボンで首輪
    を作り、黒猫につけてあげていた。
    俺「ゆったりめにつけてあげないと、くーたんが苦しいよ」
    妹「うん、わかってる」
    この会話もリアルに覚えている。

    小5の時に親父の仕事の都合で引っ越した。
    ところがこの時期を境に俺の黒猫の記憶が途絶えている。
    no title


    「我が家の黒猫」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    47 : 本当にあった怖い名無し : 2012/01/28(土) 01:35:53.47 ID:
    面白い話ではないけど…

    二度と行けなかった場所の話

    出身は地方の田舎で大学が大阪だったんだけど、
    大学紹介の下宿が凄いボロだったんで、電車通学になってもいいやと三年に上がる春に自分で探した部屋へ引っ越しをした。

    春休みで暇だし、引っ越して数日後に自転車で近所を散策した。
    家から5分くらい走ったあたりで、家が密集している住宅街の真ん中に、満開の桜の木が沢山ある公園を見つけた。墳墓みたいに森を背負っていて、その森の木が全部桜みたいな場所。ソメイヨシノじゃなくて、八重桜の群だったと思う。

    凄い綺麗だったからその公園に入っていきたかったけど、地面が全て芝生?の緑で覆われてたから、そこに自転車を引いて入るのは駄目な気がして…
    また今度歩いて来ようかなと、暫く眺めた後に公園には入らず帰った。
    no title


    「二度と行けなかった場所」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    このページのトップヘ