2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【不可解な体験、謎な話】

    711:2012/02/15(水) 12:45:08.87 ID:
    身バレしそうで怖いけど、いまだに不可解な体験をひとつ。
    私が中学生の頃、友達と一緒に、近所の稲荷祭りに出かけました。
    小さい境内に似合わず、人もたくさんくる賑やかなお祭りで
    準備はもちろん、出店もほとんど、近所の人たちでやっているので
    少しくらい帰りが遅くなっても大丈夫なので(最後には誰かしら一緒に帰ってくれる人がいる)
    私は毎年遅くまで居座っていました。

    その年も、夜9時くらいにお祭りが終わり、近所に住む友達と一緒に
    後片付けを手伝っていたのですが、最後に、残った生地でお好みを焼いてもらったので
    お稲荷様におすそ分けして、友達とお社のまえに設置された椅子に座って、わいわい食べていると
    「○○(私)ちゃん○○くん、そろそろ帰るべし、いっしょにあんべ~」と呼ばれました。

    はーいと返事したのですが、呼んでくれた近所のおいちゃんは気付かず
    私たちの名前を呼び続けていました。
    おかしいなと思って、立ちあがって、大きめの声で返事しながら手を振ったのですが
    おいちゃんは気づきません。
    それどころか、「○○と○○、どこさいったか知らねぇか?」と、他の大人に
    聞いていてまわりはじめていました。
    こんなに近くにいるのにと思いながら、急いでゴミを袋に入れて
    おいちゃんのところへ行こうとしていたら、おばちゃんが
    「あれっ、二人して、そこで食べてたけど」って、私たちのほうを指さして言ってました。

    えっと思いながら、おいちゃんとおばさんのところに、ここにいるよーって
    大声だしながら走っていたのですが、ぜんぜん気づいてくれません。
    肩とか叩いているのに、無視されているというかなんというか……

    ちょっと怖くなって、一緒にお好み焼き食べてた友達の手をにぎったら
    その子は「なんだろう、どうしたんだろうね」と、首をひねっていましたが
    そのうち、私たちを探し始めて大騒動になってきました。

    (まとまりなくてすみませn)

    「稲荷祭り」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    439:2011/10/14(金) 20:37:36.82 ID:
    6年程前の話

    自分は0感なのですが、友人(以降A)はかなり霊感があり、「今ここに霊がいる」と言って携帯のカメラで写真を撮り、撮った画像を見せてもらうと、風景など写ってはおらず、光の乱反射みたいな画像が写っていました。そんな写真を撮っちゃうような奴です。

    そのAと板橋の知り合いの家に遊びに行きました。(6人程集まった)
    A曰わくその家は霊道が通っているとのこと。
    自分は0感なので、大した感想もなく、「ふーん」程度で聞き流していました。

    その日話が盛り上がりすぎて、終電を逃した我々はその家に泊まる事にしました。

    「気配」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    41:2008/09/21(日) 01:49:51 ID:
    俺の母は小学校の教師をしている。
    霊感があり、赴任先によっては、かなり肉体的にヤバかったらしい。

    10年前に4年生のクラスを担任したとき、
    かなりの霊感がある女生徒Aと出会った。
    Aは小学校に入学してから、近所の誰がいつに死ぬとか、
    校庭にこんな霊がいるとか口走り、校内では有名になっていたらしい。
    しかし上級生の自殺を言い当てたとき、イジメの対象になった。

    そのときに担任なったのが俺の母で、Aの能力は本物と感じていた。

    しかし実際に受け持ってみると、上に挙げたことを口走り続け、
    感情をコントロール出来なくてポルターガイストを起こしたり、
    母は本人に謹むようにと霊感を封印させた。

    一年が経ち、5年生に進級したときも母はAの担任。
    そして、ある事件が起きた。

    「霊感教師」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    549:2012/04/03(火) 23:46:53.05 ID:
    一年くらい前、学校で色々あって帰りが十時近くなった
    学校から駅までは暗い人気のない路地を突っ切って行かなきゃならない
    で、学校出て一人でその路地を突っ切ってたんだけど、
    後ろからコッ、コッ、コッ、てかんじの、
    ヒールとはまた違うけど何やら底が堅い感じの靴音が聞こえた
    あー、一人で帰らずに済んで良かったーとかそのとき思った

    で、しばらく歩いたらもう一人分、その靴音が増えた
    全く同じリズムとペースで、コッ、コッ、コッ、っていう靴音が重なってるの
    歩いて時間が経つにつれ、一人、もう一人と靴音が増えていく
    全く同じリズムで靴音が重なっていく

    「靴音」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    712:2012/10/07(日) 12:12:31.08 ID:
    個人的にオカルトとか非科学的なことはまったくもって信じないんだけど5年ほど前に一回だけ不可解(怖い要素はまったくない)を経験したから書いてみる。
    この経験のあと、ふと思いだしてインターネットでいろいろ調べてみたらオカルト板系のまとめサイトにかろうじて似た経験がのってた。ただその経験ほど怖くはないし、緊迫感もないが。

    「古い喫茶店」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    843:2013/10/11(金) 20:38:52.07 ID:
    今日の朝方3時ぐらいの話

    今日の朝方3時過ぎに寝つけなくて、布団の中で横になってテレビつけながら携帯いじってたんだ。

    テレビは通販番組だったんだけど、ちょうど商品の値段が発表された時に自分の後ろから「たっけー」って男の声が聞こえた。ん?と思って振り返っても当たり前だけど誰もいない。

    部屋には元々自分しかいないし、通販番組内で値段が高いなんて言わないし。
    その時は何故か気にも止めなかったんだけど、今考えるとちょっと怖いのもあるが、霊も通販番組見て高いとか思うのかと笑ってしまうw

    「朝方の通販番組」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    807:2011/09/19(月) 17:16:39.50 ID:
    文章を書くのは初めてで下手くそな上に長文なので嫌な人はスルーで。

    田舎に祖母の家があり、幼い私は夏休みなので母親とそこへ遊びに行っていた。
    うとうとしていた私が、ふと目を覚ますと、母親が皿を片手に目の前に立っていた。
    母は無表情で皿を差し出して、「白菜を甘く煮たやつ(当時の私の好物だった)だよ。」と言う。でも皿の上のはどう見ても白菜じゃなくて、見たことのない野菜。それにしつけに厳しい母親が、ご飯時でもないのに、
    ご飯を食べさせるなんておかしい。そう思って私は拒否したけれども、いつもと違う母親の様子に負けてそれを食べた。甘くもなく、野菜特有の臭みもなく、ものすごくみずみずしい。

    「田舎の話」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    666:2008/06/04(水) 13:45:59 ID:
    小学校から仲の良かったAとBと自分。
    高校からは学校が別れたのだが、お互い実家は近所だったので、たまに町中で会ったりした。
    (ちなみに誰も携帯は持っていなかった)

    しかし私が県外の専門へ入学、Bが市内の量販店勤務になった頃。
    突然Aの情報がぱたりと途絶えた。
    成人式にも現れなかったので不思議に思った私とBは、成人式の帰り共通の知人Cも交えAの家に行ってみた。
    家にいくとAのお母さんが玄関に出てきたので、今日Aはなんでこなかったの?と聞いたら
    変な顔をして「うちにはAなんていません」と言われた。

    「そして誰もいなくなった」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    778:2006/03/10(金) 20:13:01 ID:
    自分の錯覚、と言われてしまえばそれだけなんだけれど。
    当方大学1年。

    両親と一緒に暮らしている。最近引っ越すまで2LDK(一室一室が狭い)のアパートに住んでいた。
    私の部屋(と言っても勉強机とゲームで一杯で眠るのは両親ともう一つの部屋で川の字だった)、
    キッチンを挟んでリビング、もう一つの部屋が並んでいる感じで、
    部屋でゲームをしていてもリビングに居る両親の話し声が普通に聞こえてくるような家。

    割とはっきり聞こえてくるんだけど、時々自分の知らない不可解な言語で両親が話していることがある。
    それが一緒に聞こえてくるテレビの声はちゃんと日本語で聞こえてくるのにその音より大きい両親の言葉だけおかしい。
    東北地方の訛りを更にフランス語訛りにしたようなとにかく意味不明な音。(自分たちは中国地方住まい)
    いつもよくよく耳をすませても単語一つ拾えない。
    しかもそれは自分が一緒の部屋に居るときにもごく稀にあって、一つのコタツを囲んだ状態で
    自分がNPCに集中して両親だけでテレビを見てる時、不意に話し出した瞬間の二人の言葉がその音。
    ハッとして二人を見るんだけど、タイミングよく(?)会話が途切れて今度は普通に日本語で番組や明日の予定とか話し始める。
    焦った様子とかは特にない。

    それが特定の条件じゃないと話し出さないからどうも錯覚じゃないような気がしてならない。
    1.決まってお笑い番組を見ているとき。番組が大盛り上がりして笑い声がうるさいようなタイミングで始まる。
    2.二人の口調はとても上機嫌で、普段無口に近いクールな母が楽しそうにペラペラ喋る。
    3.感じるニュアンスはいつも同じような内容を話しているっぽい。決して番組の内容に関してとかではない。
    4.父が何か説明・提案?不可解な音の羅列の中にも母より抑揚がある。

    「不可解な言語」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    716:02/06/04 23:28 ID:
    私の謎な体験ですが、4年前の12月のこと。
    ある夜、天井北側から南側に向かってゴトッゴトッと音が移動してくる。
    音が部屋の真上で止んだので、天窓を見上げてみたら、しゃがみ込んで
    天窓を覗き込んでいる男と目があった。
    8階建ての最上階に住んでいたのに…キケンな奴だ…。
    約一週間後、私の部屋に作業服を着た若い男がやってきて、
    「大家から頼まれて煙突と暖炉の掃除に来た。合い鍵を作りたいので鍵を貸してほしい」
    と言う。そんなものは無から大家が頼むわけない、と言うと、おかしな事を言いだした↓

    実は依頼主は大家ではなく、12月に煙突と暖炉の掃除をしてもらわないと困るので
    自分が派遣された。煙突と暖炉が無いはずはなく、なぜなら依頼主がこの前
    確かめてきたからだ。あなた、この前見たでしょ、あの人のこと。夜来たでしょ?
    無いっていうなら家に入れて確認させてもらわないと困る。あの人に怒られる。

    「サンタとトナカイ」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    このページのトップヘ