2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【洒落怖】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    538 : 本当にあった怖い名無し : 2016/11/16(水) 13:27:14.95 ID:
    怖いっつーかマジかよと絶句した話をひとつ

    うちのおふくろは霊感があるタイプらしく、看護師なんだがよく夜勤で変なものに出くわしたり、運転中に変なものを憑れてきたりするらしい
    もち、自分は見えない方なんだが稀に(……ここ何か変だな?)とか思ってると「今何か居たね」とか言ってくる。俺何も口にしてないっつの
    これだけなら変な人で済むのだが、田舎のじいちゃんが風呂場で脳溢血で死んだ日に「何かいやな予感がする」っつって妹連れて行ってその日のうちに発見したこととかもあるから、たぶん勘の良さはガチなんじゃないかな?と思ってるで、こないだ初めて知ったんだが、兄妹は誰も知らなかったんだが俺らにはひとつ上の兄貴がいたみたいだ
    ただ、生まれる前に流産したようで子供には黙ってたそうな 
    no title

    「お腹の上」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    454 : 本当にあった怖い名無し : 2016/11/07(月) 23:47:45.87 ID:
    少し長くなるけれど、
    自分が体験した話をちょっとだけ聞いて欲しい。
    いや、聞いてくれなくても書くのだけれど。

    この間、一人旅に行ってきたのね。車で。

    旅といっても、基本的に金がないから、
    下道使って道の駅とかカプセルホテルとか
    24hの風呂施設とかを使ってブラブラするような感じなんだけど、
    そういうのに慣れてるので普段通り楽しんでた。

    んで、4日目の夜だったかな?
    秋田から青森だったか宮城から青森だったか忘れたんだけど、
    津軽街道(確かあってるはず)ってところに入ったんだけど。

    この道が、坂道でうねるわ狭いわ街灯もミラーもロクにないわ
    自分の他に走ってる車もいないわな、田舎にありがちな酷い山道で。

    でも、そういうのにアホかよってツッコミ入れながら走るのも楽しいので、
    Twitterに上げるネタになるななんて考えて走ってたんだけど、
    カーブで減速した辺りだったか、とにかくライトで照らされた先の道端に、
    靴が一足落ちてるのに気が付いたんだよ。

    運転する人なら一度や二度は見たことあるんじゃないかと思うんだけど、
    車が走る道端に何故か落ちてる靴。アレ。
    no title

    「津軽街道」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    392 : 本当にあった怖い名無し : 2019/07/13(土) 18:50:16.26 ID:
    何年も前の話、深夜0時あたりかな
    電車乗ってたんだけどどうしても腹が痛くて降りた
    終電まで確かあと一本はあったからそれまでに済ませりゃ良いと思って
    電車から降りた数人が改札を抜けるともう俺以外誰も居なくてシーンとしたから妙に緊張しちゃって余計に痛くなったもんでたまらず駆け込んだのね
    no title

    「終電間際のトイレ」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    150 : 本当にあった怖い名無し : 2005/10/13(木) 00:51:04 ID:
    目が覚めたら、冷蔵庫の前に知らないおっさんが。

    おっさんはゆっくりとした動作で冷蔵庫を開けて、牛乳を取り出した。
    一体何をする気だ。
    その時、俺は自分が金縛りになっていることに気がついた。
    おっさんは口をつけて牛乳を飲もうとした。

    おい、やめろそれは俺の牛乳だ。しかも口つけんな。きたねえだろ。
    しかし、俺の体は動かない。
    くそ。おっさん。ここまでして牛乳が飲みたいか。しかも口つけてか。
    やめろ。やめろっっつううのおお。

    俺は全力を振り絞ってガンを飛ばした。しかし、おっさんは気がつかない
    ゆっくりと牛乳を口に近づける。
    くそ。ぶっころすぞおっさん。やめろ!!やめてくれ。
    俺は必死に念じた。
    no title

    「VSおっさん」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    436 : 本当にあった怖い名無し : 2018/08/03(金) 23:31:58.16 ID:
    海沿いのリゾートで1年間のバイトをしたときの話です

    敷地内に広い散策路があり、水場やアスレチックスもあるため、夜間は酔っ払い客や不法使用者の侵入が絶えない場所だった
    実際大小事件はあったが、オーナーと地元が箝口して表沙汰にはならなかったらしい
    くまなく一周すると二時間はかかる敷地を社員やバイト、警備員の夜勤担当の二人組が交代で見回る事になっていた

    事前に敷地内に現れる肉と言われる化け物について説明があった
    最初に会った一度だけ、体調を崩すらしい
    他に特に害はない
    絶対に口外しないことと約束を交わし、就業契約となった
    肉については他に誰も詳しくは教えてくれなかった

    俺は巡回開始後二日目にして早くも肉を見た
    no title

    「肉と言われる化け物」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    509 : 本当にあった怖い名無し : 2011/11/28(月) 03:04:39.92 ID:
    新参であんまローカルルールわからんが聞いてくれたらうれしい。5レスくれ。
    当時大学二年生でコンビニの夕勤~2:00までのシフト入ってたんだわ。
    そんで帰宅時よく家のそばで長い黒髪でえんじ色の服の女をよく近所で見かけてた。
    いつもいるし、ふらふらと目的もなく2時過ぎに歩き回ってるからいやでも気になってた。
    ただ、その時はあんま怖いとか不気味とかはおもわなかったのね。
    no title

    「長い黒髪でえんじ色の服の女」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    834 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/10(月) 04:32:59 ID:
    社会人ドロップアウトして1年ぐらいブラブラしてたんだけど
    何かしなきゃと思い、いい年こいてコンビニバイトなんて始めたのさ。

    「将来自分でコンビニをしてみたくて、勉強させていただきたい」的な事面接で言ったもんだから
    そこのオーナーが真に受けて俺を深夜店長で雇ってくれた。
    で、嘘から出た真というかそれなりに真面目にやってたんだよ

    うちの店はDQNの溜まり場として有名で、俺は自分がシフトに入ってない時は
    近隣のコンビニも含めて見回りするのが仕事みたいになってた。
    夏休みが近くなればなおさらね。

    いつもは警察やPTAの団体と一緒に行ったりするもんだけどその日は小雨が降ってたんで
    俺一人でタバコ買いに行くついでに傘さしてテクテク歩いて行ったんだ。

    で、その帰りなんだけど歩行者用と二車線に区切られてる地下道?みたいなところがあって
    そこの歩行者用の中腹ぐらいに3つほど袋が置いてあるのが見えた。
    「落し物か?」と思い近づいて中身を見たらCMでやってるようなギフト用のハム
    少し高級そうなブドウ、ユニクロの袋に新品のジーパンとノースリーブ
    後、固く丸結びされた中身不明の無地のビニール袋。

    誰かが何かの事情で後で取りに来るつもりで一時的に置いたのか
    落し物というには不自然すぎるし、捨ててあるにしてもなんだかなぁ…という感じだった。

    食材も入ってる上に、雨に濡れないようにかわざわざ地下道の中腹にまとめて置いてある
    腐ってる訳でも無いし、ゴミという感じじゃない。

    で、警察に持っていくのも面倒臭いし、深夜だし…ほっときゃいいんだけど
    元々ロクな人間じゃない+拾い癖のあった俺はユニクロの袋だけパクって持って帰った。
    no title

    「変な落とし物」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    129 : 本当にあった怖い名無し : 2009/07/16(木) 15:56:55 ID:
    タイで観たドキュメンタリー番組。

    地方の青年が、削岩工事中に削岩機に弾かれた薄い岩片に顔面を縦に真っ二つに割られた。
    本当に鼻筋を通すように真っ二つにされて、分かれた顔面は左右に大きく開いてる。真っ正面から脳がモロに見えてて、
    眼球も中から見える感じ。もう助かる助からないじゃなくて、「早く楽にしてやれよ!」ってレベル。

    テロップで「そして翌日…」

    友人等が駆けつけた病室、
    顔の中心を縫い合わされて、談笑する若者。医療用テープみたいなので傷を覆われて鼻血を排出する管が鼻から出てるけど、顔色とかは普通で
    「いてて…ったくひどい目にあったよw」みたいな和やかなテンション。
    no title

    「タイのドキュメンタリー番組」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    547 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/02(日) 02:19:51 ID:
    これは4年前のちょうど今頃、当時、大学生だった俺と三人の悪友A,B,CとCの彼女Dで
    夏の恒例の肝だしと称して某県の廃墟に行ったときの話です。
    当時、Cが付き合い始めた彼女Dが少々霊感があるというので廃墟ツアーに行くことなったのが、廃墟に繋がる獣道に車から降りて入った途端に、急に彼女Dが「変に空気が重い感じがする」とか言うんだ。

    まぁ、俺達は霊というものを信じてなかったので、「マジ~」とか言って、ワイワイしながら
    構わずに廃墟に辿る道を進んで行ったのだが、急にBが「寒くねぇ」とか言い出した。
    no title

    「廃墟」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    412 : 本当にあった怖い名無し : 2009/08/07(金) 00:16:41 ID:
    ちゃんとしてるかわからないけど 投下

    数年前、大学院生で修論も出して毎日が暇だった。
    そんな時オカ板にハマり、いろんなスレを読んで
    見えたこと無いけど幽霊って本当にいるのかな?とか考えていた。

    完全に昼夜逆転していたから、
    昼の2時くらいに起きてカップ麺を作ろうと台所へ。
    台所から玄関のドアが見えるんだけど、
    そのドアに付いてる新聞用の郵便受けから
    白くて小さい手が出ているのが見えた。
    幅は5センチもなく、ふつうの人間の腕が入るような大きさじゃない。
    その手は、下から上に向かって何かを探すような動きをしていた。
    no title

    「白くて小さい手」【洒落怖】 →続きを読む

    このページのトップヘ