2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【洒落怖】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    266 : 本当にあった怖い名無し : 2019/07/09(火) 03:58:17.60 ID:
    祖母から聞いた座棺の話です

    座棺とは明治頃まで使われていた座った姿勢で納める棺の事です。
    祖母は大正生まれでしたが、祖母の田舎ではこの座棺がまだ使われていました。
    祖母が子供の時に近所にわったっせさんという40代の後家さんが住んでいました。
    このわったっせさんの本名は原田で、何故わったっせさんと呼ばれてたのかは分かりません。
    わったっせさんはかなり大柄で、女性なのに身長が6尺はあったらしく
    祖母が住んでた村でもわったっせさんより大きい人は男性でもいませんでした。

    ある日わったっせさんが道に立ったまま動かないので、近所の人が声をかけると
    わったっせさんは亡くなっていたそうで、死因もよく分からなかったらしいです。
    村の人が葬儀をするために棺を注文したのですが
    女性だと聞いた棺屋が小さめの座棺を持って来てしまい、わったっせさんの体が入らなくなりました。

    通常、遺体が大柄だったり硬直が激しかったりすると
    棺に納めるために手足を折ったり、時には首を折る事もあるそうで
    わったっせさんも体を分割される事になりました。
    no title


    269 : 本当にあった怖い名無し : 2019/07/09(火) 08:37:00.60 ID:3J3t6tXc0
    >>266
    結構好きです
    徳川家も座棺でしたもんね

    273 : 本当にあった怖い名無し : 2019/07/10(水) 00:13:58.59 ID:C5W+YiwrO
    >>266
    わったっせさんの本名は渡瀬さんじゃないのかよ…

    「座棺の話」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    916 : 本当にあった怖い名無し : 2019/08/19(月) 23:19:51.44 ID:
    地元の友人から聞いた話

    友人の実家はあまり裕福ではなく、子供の頃はボロい公営団地に住んでいた。
    その友人宅には子供の頃何度も遊びに行ってたけど、まあ家賃相応の汚さ。
    3階建ての建物は満遍なく蜘蛛の巣が張ってあるし日の光は全然入らないし階段の電灯はいつ行ってもチカチカしてるし、
    帰りが遅くなった時なんかは3階にある友人の部屋から一人で帰るのが結構怖かった。
    そんなボロさのせいか、地元ではその団地は幽霊が出ると噂されていた。
    深夜になるとC棟の2階の踊り場に血まみれの女が出るとか、ゴミ捨て場になっている小屋は死体が遺棄されたことがあるとか、
    そもそも団地の敷地全体が昔墓場だったとかそれはもう真偽不明な噂をいろいろ聞いた。
    そんな胡散臭い噂の数々の中でも1つ、異質を放っていた話がある。
    「E棟の住民は必ず離婚する」という噂だ。
    その公営団地は3階建ての1棟につき3DKの部屋が6戸、それがA~J棟まであり約60世帯が入居できるようになっている。
    ほかの同級生も結構その団地に住んでる子が多くて、常時部屋はほぼ一杯の状態。
    そんな中で,確かにE棟だけは他の棟に比べてかなり人の出入が激しかったらしい。
    友人が住んでたのはD棟で例のE棟のすぐ隣。
    だから引越屋のトラックが頻繁に停まってるなーとかあの部屋はいつも明かりが点いてないから空室なのかなとか、
    そういうのも把握できてたみたい。
    住民同士の交流がそんなにあったわけでもないので、本当に離婚して引っ越していくのかは不明なんだけど
    まあ先月入った家族が翌月には引っ越してるとかいうのも珍しくなかったみたいで、
    あの棟にはやっぱり何かあるのかも、と他の棟の住民も少し気味悪がっていたらしい。
    no title


    「E棟の住民」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    534 : 本当にあった怖い名無し : 2017/05/02(火) 15:16:49.30 ID:
    私の母が体験した話を一つ。
    前提として、母は霊感がほんのちょっとだけある。
    祓ったり霊とコンタクトをとったりとかはできないけど、母に意識を向けてる霊がいたら気配で分かる、そんな感じ。
    もともと母は気配に対して鋭敏で娘の私自身驚くほどのレベル。
    そんな母の体験談はいくつかあるけど、そのうちのひとつを話す。
    ただ、この話は私が自身の友人たちに話したことがあるから、もし彼らの中にこれを見た人がいたら私が誰かわかるかもしれない。

    母が女子大生だったころの話なんで、これは大体30年近く前の話。
    母は当時、H県のM大学という大学の女子寮に住んでいた。
    (今まだその寮があるかはわからない)
    当時の部屋は4人1部屋で、同じ部屋に各学年が住んでいて、1~2年生が同じ部屋の上級生のお世話もするといったものだったらしい。
    そんな母が大学2年生になって、夏の前期試験が差し迫った頃の話。


    あるとき、寮の階段で5~7歳くらいの女の子と男の子が走っているのをちらっと見かけた。
    母は寮母さんの子供かな、と気にかけなかった。


    前期試験の勉強のために、母は夜遅くまで寮の部屋で起きていた。
    同じ部屋の人たちは研究室だったり、ほかの場所で勉強してたりで部屋には母しかいなかった。
    ふと気づくと部屋に子供たちがいた。
    子供たちは「お姉ちゃん、遊んで」と母にせがんだ。
    母は寮母さんの子供たちかな、と思ったが生憎日頃の不勉強のためそんな余裕はなかった。
    仕方ないので余った紙とペンを渡したところ、2人は母の机の空いたスペースでお絵描きをはじめた。
    そして気づくと、ペンは残して紙と子供たちは消えていた。
    寮母さんの子供さんだと思っていた母は何ら疑問を抱かず、寮母さんの元に帰っていったんだな、くらいにしか思わなかったらしい。
    no title


    「大学の女子寮」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    598 : 本当にあった怖い名無し : 2019/11/26(火) 20:21:37.64 ID:
    今日大学生時代に自分が体験した怖い話を思い出したから書きます。
    実体験なので実話ですが、余り怖くないかも知れません。

    もう20年前近く前の話になります。地元から県外の大学に入学した私は
    運動系サークルに入りました。ある日サークルで仲良くなった同級生A、
    一個上の先輩のBさん、Cさんと温泉に行った後県内で有名な心霊スポ
    ットに遊びに行く事になりました。

    場所は町から結構離れた山の中にある廃マンションでした。
    no title


    「山の中にある廃マンション」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    239 : 本当にあった怖い名無し : 2019/10/24(木) 12:21:16.95 ID:
    先に謝りますが、この話には霊は出て来ません。
    唯のメンヘラの自分語りです。長いし、文章も拙い。興味が無ければスルーして下さい。

    私は女で、現在31歳。病名は解離性同一性障害、障害2級。解離性同一性障害とは、判りやすく言えば多重人格。そんな私の人生を、語っていこうと思います。

    一番古い記憶は、小学校高学年の頃。母親に強く殴られ、蹴られ、階段から突き落とされ大声で泣いている所から始まる。
    毎日の様に暴力と暴言を奮われ、金を返せと泣かれる。最初は意味が分からなかったが、どうやら私は母親の金を夜な夜な盗んでいたらしい。
    100円や500円などと言う可愛い金額ではない、万単位の金額を盗んでは散財していた。
    然し私が記憶しているのは鬼のような形相で暴力を振るって来る母のみで、お金を盗んだ記憶やそのお金を使った記憶は無い。
    no title


    「多重人格」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    804 : 1/3 : 2019/06/10(月) 22:54:43.94 ID:
    流れぶった斬ってたら申し訳ない、2時間ほど前に起こって心底ビビってる出来事

    俺はアパートの2階に住んでるんだけど、ベランダに出ると駐車場を挟んで真正面にもう一つ別のアパート(以下B)があるんだ
    そしてその駐車場横の歩道を進んだら、信号を挟んでスーパーがある(つまりベランダからは正面のBとやや奥にスーパーが見える)
    今日は弟が家に泊まりに来てて、「久しぶりに宅飲みするかー」と二人で話し合い弟がそのスーパーに買い出しに行って、俺は買い出しが面倒くさかったから部屋の掃除をして待つことになり、あらかた片付いたので一服しようとベランダに。
    しかし一服が終わっても戻ってくる気配が無かったので、寒かったし部屋に入ろうとしたら、弟がスーパーから出てきた。

    大人げないが、手を振って「おーい見えてるかー」と叫んで弟を呼んだ(今考えると近所迷惑だよな、ごめんなさい)
    信号待ちしてる弟は気づく素振りを見せなかったので、両手で大きく手を振りながら叫ぼうとしたとき気づいてしまった。
    no title


    「ベランダから見える部屋」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    805 : 本当にあった怖い名無し : 2019/10/03(木) 17:45:40.35 ID:
    数ヶ月前に体験した話

    その日は家でケムリクサを見ていて、その途中で電話が掛かってきた
    大学で知り合ったAくんからの電話なのだが、出てみると、Aくんの嗚咽混じりの声が聞こえてきて
    「黒長さんに殺される」だとか「裏切られた」とか泣き喚いていた
    明らかに普通ではなさそうだし、まだ自分の家にいるらしいので取り合えずAくんの家に車で向かってみた
    家の玄関は特に鍵も掛かっておらず、チャイムを鳴らしてみても反応がない
    中にいることは確かなので玄関を開けて一歩踏み込んだ途端、急に周りの空気が冷たくなった
    別にクーラーをつけるような季節でもないし、何がおかしいかって、玄関を開けたときはなんとも思わなかったのに、中に入った途端に寒くなったんだ
    廊下は強盗に荒らされたような痕跡はなく、前にお邪魔したときと変わった様子はなかった。物音ひとつしない
    自分の部屋にいるだろうと思い階段を上がって二階へ向かったけど、何かしら異臭がする。その異臭はAくんの部屋に近づくにつれて徐々に強くなっていく
    Aくんの部屋の前まで来て確信した、もうなんか絶対にやらかしている
    部屋の扉には、何回も何回も刃物で切り付けたような跡があったんだ。木製の扉なんだけど、表面の塗装が剥がれて、その下の木が深く抉られていた
    意外なことに鍵は掛かっていなくて、扉はすんなりと開いた
    すんなりと開いたのだが、開けて激しく後悔した
    部屋の中は酷く荒れていて、折れた椅子やら本の破かれたページやらが滅茶苦茶に散乱していた
    その中心には排泄物まみれで痩せ細ったAくんが体育座りしていて、見開いた目で俺を見上げていたんだ

    俺は救急車を呼び、Aくんは病院に運ばれた
    幸い(?)、軽い栄養失調だけで体に異常はなかったらしい
    no title


    「黒長さん」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    158 : 本当にあった怖い名無し : 2018/04/01(日) 16:06:34.02 ID:
    オチとか特にない話だけど。

    母子家庭で何十年も再婚とかせず私を育ててきた母に半年前彼氏が出来た。
    彼氏の方も同じバツイチ子持ちで、私とひとつ違いの娘がいるまあ似た者同士。

    そんな母の彼氏とは一度会っただけでそれ以降特に会うことがなかった。
    だけどそれ以来、どうも首が痛い。最初は喉風邪とかだと思ったけど動かす度に痛むから寝違えたのだと判断した。
    だけど首の痛みは治まることなく、痛む一方だった。
    no title


    「母の彼氏」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    792 : 本当にあった怖い名無し : 2019/04/16(火) 18:24:37.12 ID:
    5年くらい前の話
    大学合格していざ一人暮らしってなって、親の目から離れられる解放感からか深夜徘徊が趣味になったんだよね(一人暮らし前は色々親が過保護で、夜遅くには出歩けなかった)

    大学生がたくさん住むような所だからか、夜中でも飲み会帰りの奴とかちらほらいて、そんなに怖くなかった

    俺はビビりだったから一人で閑散とした深夜の住宅街を(しかもボロアパートばっかで)歩くのは普通だったら怖いんだけど、というか怖かったんだけど、しばらく歩いてると何回か人とすれ違うからそこで恐怖が和らぐんだ

    でそんな中のある日、その日はしばらく人とすれ違わなくて、ビビって今日は引き返そうかな、なんて思った時ちょうど前方に人が見えた それで安心して、もうしばらく徘徊しようと思いながらその人とすれ違った時突然満面の笑みで

    「何かお捜しですか?」

    そう聞かれた。そいつがどんな服装してたかなんて覚えてる訳ないんだが、そいつの顔はめちゃくちゃ印象に残ってる。カメラを止めるなって映画あるじゃん、あれに出てくる関西弁のおばちゃんをさらに崩して老け込ませたような顔だった(でもそいつは男)

    で、あと滅茶苦茶気持ち悪かったのが、目が悪い上に鳥目の俺が、なぜかそいつだけハッキリ見えたの

    それでもうまともに受け答えもできず、あ、い、いえ、みたいにどもってその場を離れたんだ 別にそいつが着いてくることも何か言い寄ってくることも無く、でも怖くなったからそいつと会わないように回り道して家に帰ろうとしたんだ
    no title


    「深夜徘徊」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    808 : 本当にあった怖い名無し : 2019/04/17(水) 00:23:50.13 ID:
     近くの大学の少年サッカー倶楽部に入ってた時の話。多分、小学校低学年の頃だったはず。ちなみにサッカーは今も昔もへたっぴである。

    夏の合宿で、山奥の宿舎に行った。よく覚えていないけど、緑の多い場所だった。大学の施設だったんだろう、割合にしっかりした施設だった。
    自分は父親と一緒に行った。自然芝のコートでの練習は結構楽しかった。夜は本棚にあった「ベルセルク」を読んでいたっけ。

    怖い話はここからで、3日めの夜に肝試しをやるのが、その合宿の恒例行事だった。年毎に企画を変えてるらしく、その時は「禁じられた部屋」に入って、10分間耐える、という内容。うろ覚えだから、色々違う気もするけどだいたいそんなところ。

    本当のところを言うと、その部屋は倶楽部のコーチ達の居室で、6畳+押し入れの収納という感じ。昼間はコーチ達のくつろぎスペースになってるような部屋だった。
    ところが夜になって、仲間と一緒に部屋に入ると、部屋のあちらこちらにお札やら紙人形やら、それっぽい飾り付けがしてあるもので、子ども心にスゴいビビってた。わりと幽霊とかはその頃から信じていたからね。
    今思い返すと明らかに作り物くさかったんだけど、当時の自分にはスゴい効いてた(笑)。
    no title

     

    「禁じられた部屋」【洒落怖】 →続きを読む

    このページのトップヘ