2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【洒落怖】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    541:04/07/01 19:38 ID:
    昔の話なんだけど、六甲山のある場所から見ると峠にある地蔵が手を振ってるように見える場所がある、そういう噂話があったんだ。
    ま、よくある肝試しスポットで行ったヤツも多かったし、別にどうってことないと思ってたんだ。

    ある日のこと、俺と俺の先輩、先輩の彼女とその友人の女の子の4人で遊んでいたんだ。
    先輩「なあ、お前ら知ってるか?六甲山の手振り地蔵って」
    俺「あ、聞いた事ありますけど~、行った事ないヽ(´ー`)ノ」
    女性陣「え?なになにそれ~?」
    俺&先輩「行ってみる?」

    ええ、勿論先輩の友人と仲良くなりたかった俺のため、話の流れに若干の仕込みはあったわけなんですよ。
    時計は午後9時いい時間、一行は高速道路を飛ばして一路六甲へ、ナイス先輩。

    車を走らせながら先輩、こわ~い話をいっぱいしてくれたりするんです、俺も負けじと怖い話を返して・・・、
    車の中は怖いムードいっぱい女性陣がかなりビビっております更に話を続けると・・・。

    「六甲山の手振り地蔵」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    716 : 本当にあった怖い名無し : 2020/07/13(月) 17:02:12.82 ID:
    知り合いから言われた事をもとにしているからどこまで本当かわからないけど。
    世の中には境界線があるらしい。

    この世とあの世を隔てる非物理の白線みたいなものらしい。
    あちら側に傾倒しすぎた人間は「引きずり込まれる」らしいし、こちら側に傾倒した人間はあちら側を一切関知できない。
    その代わりあちら側からの被害も届かないらしいけど。
    じゃあ世の中で言うところの霊能力者ってなんじゃって聞いたら「境界線の真上にバランスよく立ってる人」らしい。

    そのバランスがあちら側に傾く、というより引っ張られて倒れたらもう助からないからそんなのを職業にしているのは命知らずか恐れ知らずだけらしい。
    偽物の話をしたら、遅かれ早かれ境界線の向こう側に引きずり込まれる恐れ知らずだそうだ。
    いわゆる「見える人」の大半はこちら側に全身を置いて顔半分をあちら側に置いているらしい。
    その話を信じるなら俺は毛先だけあちら側にあるような中途半端な位置らしい。
    中途半端と言ってもこの程度はかなり多いらしく、日本みたいな「神様が身近」な国では珍しくないとか。
    要するに「見えないけれどいるのはわかる」程度。
    俺の場合はそういうのを感じたときは背筋を逆なでられるような感じで鳥肌が立つ。
    へその対になる背中から首にぞわぞわと上がってくる感じで。
    前置きが長くなったけど、この感覚はよくあるんだけど過去に一度だけ全身で「やばい」と感じるほどの感覚が来たことがあった。
    こう、瑕疵物件てのあるだろ?
    当時住んでいた家の近所とは言わないけれど同じ学区内くらいのところにそういうのがあった。
    子供たちの間では肝試しに行こうとして怒られるまでがセットの場所だったし、実際普通に不動産会社が管理してたから子供とはいえ忍び込んだら警察の厄介になりかねないから。
    その家は近づくだけでゾワッとするから通勤路も変えていたくらいだったんだけど、ある時壮絶な不快感とぞわぞわした感じになった。
    聞けばその家にある家族が引っ越してきたらしいんだけど、それ以来街のどこを歩いても鳥肌が収まらなくなった。
    病院にはもちろん行ったけど異常なし。


    「境界線」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    327 : 本当にあった怖い名無し : 2021/05/24(月) 12:56:50.57 ID:
    これは約10年前に体験した出来事です。

    その当時、20代前半だった俺はまだ実家で暮らしてました。父親はおらず、母と二人暮らしです。

    ある日飲み会があり、日が変わった深夜に帰宅しました。だいぶ酔っ払ってる俺は母を起こさないように静かに自分の部屋へと向かいました。

    俺の実家は二階建てで、二階にある二部屋を俺と母のそれぞれの部屋として使ってました。階段を上がり、短い廊下があり、左右に引き戸があり、右が母、左が俺の部屋でした。

    俺は自分の部屋に入ると、スウェットに着替え早々にベッドへと潜り込みました。酔いも手伝ってか、横になるとすぐに寝てしまいました。
    no title


    「深夜の帰宅」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    783:2012/10/16(火) 11:05:39.22 ID:
    この間、中学時代の同級生から聞かされた話なんだけど。

    そいつの弟はちょっと前に自殺してたんだよね。
    なんか、バイトしていた天丼屋をクビになって、頭から高温の天ぷら油を浴びて
    大やけどした挙句死んだとかで。

    世間話程度で小耳に挟んだ話では、そいつの母親の作る天ぷらがとてもマズイらしく
    本人は全然仕事はできなかったんだけど、そこそこ美味い天ぷらの味をしっていたとかで
    母親の作る天ぷらが許せなかった。
    その日の晩飯は天ぷらだった。それを邪魔するために頭から油をかぶった、と。

    最近になって、そいつの兄貴(つまり俺の同級生)から携帯で連絡があった。
    つっても、もう10年近く交流がなかったんだけど。
    俺の職場が宅配便の会社で、そいつの家に宅配に行ったのがきっかけで連絡先を教えた感じ。
    奴いわく「久しぶりに同級生のやつと飲みたい」と。
    俺の地元に住んでる同級生なんて殆ど居ない。(高齢化が進むベッドタウンなので
    同級生の殆どは、東京ないし地方に散らばってしまったんだとか)
    だから特に俺でなければいけないってわけではなく、正直誰でも良かったらしい。

    「あーあ。こいつ宗教にハマったな。(弟があんな死に方したから)」とか思いつつ
    別に断る理由もないし、変な宗教勧誘のたぐいだったらドタキャンして帰ることにして
    指定された待ち合わせ場所に行った。

    予想に反して、待ち合わせ場所にはそいつが一人で待っていた。
    (宗教勧誘、特にS価やK正会の類は、二人一組が基本。俺は何度も経験があるw)
    とりあえず落ち合うことにし、挨拶もそこそこに、近くにあった今話題の和民に入ることにした。

    二人共ビールを注文し、お通しをつまみにしばしば会話。
    とはいっても、特に仲が良かったわけでもないし、途切れがちな会話だった。そしてしばし無言になって
    ビールを煽っていた。正直俺としては、そいつの弟の話を避けたかっただけなんだと思う。

    「天ぷら」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    231:2016/02/27(土) 12:14:00.67 ID:
    俺埼玉に住んでるんだが、この前の夜中一人暮らしの友人から突然「家に血まみれの女がいる!助けて!」って電話が来た。

    かなりパニクってるみたいで声は半泣きだったから嘘ではないって思って警察呼ぶように伝えて急いで車飛ばして友人の家まで行った(俺の家から友人宅までは車でほんの数分)。
    んで着いてみたけど誰かに侵入された形跡もなし。友人に女はどこ行ったのか聞いても「わからない」としか言わない。

    狭いとこだし隠れられそうな場所もない。一通り探しても誰もいない。
    「こいつクスリでもやったんじゃないか…?」と思い始めた頃にパトカー到着。
    「こりゃあ色々面倒なことになる」と思ったけど警官は親身に話聞いて一緒に部屋見て回ってくれたりして帰り際に「何かあったらまた連絡してください」とまで言ってた。
    結局その日は友人宅に泊まることにしたんだが、どうしても気になってその警官に「あいつの話を信じるんですか?」って聞いた。
    そしたら「いやあ…実はこういう通報ってこの近辺じゃ珍しくないんですよ」って。
    聞いた時はふうん…って感じだったけどよく考えたらヤバ過ぎるだろそれ。

    「血まみれの女」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    839:2010/06/29(火) 13:55:28 ID:
    道東にある某ホテルでフロントをしています
    先日、予定到着時刻を大幅にオーバーしていらっしゃるお客様に、
    お電話させていただいたところ、
    「あ、すみません。道に迷ったみたいで」
    との事。どうもお車を運転なさってるようでしたので、早々に電話を切りあげ、
    その後、交代の時間になったので帰宅しました。
    次の日の朝刊を見てみると、お客様が事故でお亡くなりになっていた事が判明。
    目撃者ありの事故だった為、具体的な時刻が書いてあったのですが、
    私がお電話する2時間以上前でした
    一体どこで迷っていらっしゃったのでしょう…
    更に、これは昨日の事なのですが、私のプライベートの携帯に、
    くぐもった、うめき声の様な音が47秒にわたって留守碌されていました
    本日16時より、お払いに行ってくる予定です

    「ホテルマン」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    573:2011/08/25(木) 14:49:07.53 ID:
    今から6年ぐらい前になるかな

    当時派遣社員だった俺は山形県にある工場で働くことになった
    クリーンルームの中で部品の交換をする仕事なんだが半年ぐらい経ってから
    新しい製造ラインの立ち上げに参加するように言われて
    今まで働いてた部署とはちょっと離れた所に作られたその新ラインで作業をすることに

    しかしどうもこのラインは他と空気が違う
    工場の外れの方にあるので人通りが少ないというのもあるんだけど、何か空気が重い
    照明も、明るいはずなのに何か明るさを感じられない
    一言で言えば「嫌な感じ」のする場所だった

    「山形県の工場」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    546:2012/01/20(金) 03:58:33.53 ID:
    二年前に関西某所の病院で学生の病院実習していた時の話。
    実習っても学生は特にやる事も出来る事も無いんで白衣着て
    入院患者さんと話して診察もどきしてプレゼンを書く、
    その他はほぼ指導員の先生の後ろをついて歩くだけ。

    実習が始まって三日目くらい、そうやって
    先生の後ろについて歩いていると、変な医者が居るのを見た。

    「変な医者」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    405:01/10/03 00:42 ID:
    わたしが友人と4人でキャンプに出かけた時のことです。
    ちょうど台風が日本に近づいている時でしたが、日本上陸はしないと天気予報は
    報じていたのでキャンプを強行したのでした。しかし雨こそ降らなかったものの
    予想外の風の強さにテントを張ることもままならず、飛び込みで民宿に
    入ったのでした。

    そこは旅館と言ってもいいくらいの立派な建物で急な客のわたし達を快く
    迎えてくれました。通された部屋は小さな宴会場の隣で、
    「普段は使わない部屋でして、多少隣がうるさいかもしれませんが」
    と申し訳なさそうに女将さんに言われました。
    「いえいえ、こちらこそ、無理をお願いしまして」
    とわたし達は部屋に腰を落ち着けました。

    「台風の夜」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    881 : 本当にあった怖い名無し : 2021/03/23(火) 22:45:29.61 ID:
    十数年前に、96歳で大往生したうちの祖母から聞いた話です。

    明治の終わりから大正の始めにかけて頃のことですね。
    祖母は麹屋で生まれ、そこは酒造もしていて、
    子どもの頃は、かなり裕福な暮らしをしたそうです。使用人がたくさんおり、
    今となっては誰が誰やら記憶があいまいだとも話してました。
    祖母が数え8歳のとき、4つほど年上の少女が子守に雇われてきていました。
    その子は祖母には優しかったものの、赤ん坊のあつかいがぞんざいで、
    他の女の使用人によくしかられて泣いていたそうです。
    また、胸が痛いと訴えてしゃがみ込んでいるのを何度も見たことがありました。

    ある秋の晴れた日だったそうです。
    祖母が庭に出たところ、子守の子が赤ん坊を負ぶったまま、
    うつ伏せに地面に手をついていて、赤ん坊が背中でわんわん大泣きしていました。
    「だいじょうぶか」と祖母が近寄って声をかけると、なぜか顔を向こうに
    向けたまま、「この赤ん坊、泣いて泣いてしょうがないから食っていいか」
    と言ったんだそうです。祖母は最初、何を言ってるかわかりませんでした。
    「食っていいか、赤ん坊」その子がもう一度ささやいたので、
    祖母の弟を食う、という意味だと察したんです。
    no title


    「子守の少女」【洒落怖】 →続きを読む

    このページのトップヘ