2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ:オカルト・怖い話・ミステリー > 【洒落怖】

    125 : いち : 2007/05/24(木) 18:44:30 ID:
    地元の一帯っと言っても町の一地域だけだが、犬を恐れてる

    飼ってる家もなく、野良犬を見掛けると皆見ないように家に入ったり、その場から移動した

    だからと言って保健所に連絡する訳もなく、餓鬼だった俺は不思議で仕方なかった

    親や知り合いのオッサンに聞いても

    狂犬病が怖いでしょ?
    とか
    あんまり構うな、襲われっぞ!

    などで、ハッキリした理由が分からなかった

    no title

    「犬を恐れる地域」【洒落怖】 →続きを読む

    95 : 知り合いの大工の話1/3 : 2007/06/27(水) 13:34:11 ID:
    彼は、爺様の代から続いた三代目の大工である。

    そんな彼の父親である二代目師匠は先日、職場で亡くなられた。
    肉親という感覚以上に、師匠として父親を非常に尊敬していた彼は暇を見つけては初代と二代目が眠る墓によく墓参していたという。

    その日は、上棟の翌日で「現場で滞りなく工事が進みました」との報告を兼ねての墓参だった。よく晴れた昼時。念入りに掃除をし、お供え物を並べ、手を合わせていると不意に生臭い空気が流れてきた。
    師匠への報告の途中だったので、気にしないようにして手を合わせていると「ヒャハハハハハハ!」と甲高い女のような赤児のような笑い声が背後から響いた。墓参を邪魔する不逞の輩に怒りを感じた彼は、カッと目を見開いて思わず振り向いた。
    no title

    「知り合いの大工の話」【洒落怖】 →続きを読む

    476 : ○○ : 2005/10/27(木) 22:23:15 ID:
    8年ほど前、オレが専門学校に通っていた頃の話。
    そのころは専門学校生で、学校でつるんでる仲間とよく心霊スポットに行ってた。
    別に大好きって訳でもなくて、特に行くとこもなくてただドライブしてるだけもつまんないので、
    適当な目的地として心霊スポットを選んでるってだけだった。
    「うぉ~怖ぇ~」とかその場のノリで言ってはみるものの、別に怖いなんて思ったことは一度もなかった。
    no title

    「絵馬」【洒落怖】 →続きを読む

    732 : メル : 2005/10/30(日) 13:26:13 ID:
    これは今年の夏、地元G県の廃遊園地Kで私が体験したマジ怖かった話です…遊園地はつい2~3年前閉鎖され、今ではホームレスのたまり場になっていると噂で聞いていました。そこで友人と弟と、3人で行ってみようということになりました。

    遊園地までは山道で、友人が車を出してくれました。真夏で暑かったこともあり、車内の窓は全開でした。山を登り始めたころから、車内に小バエのような小さな虫がいるのが気になっていましたが、次第にその数が明らかに増えていました。
    no title

    「廃遊園地」【洒落怖】 →続きを読む

    919 : 本当にあった怖い名無し : 2005/11/15(火) 22:29:32 ID:
    異常に嫉妬深い彼女に別れ話を持ちかけた。
    やさしい人だったが妙にネガティブでさびしがり屋だった。

    本格的に付き合いだしてはじめて彼女の異常さに気付いた。
    俺の携帯がなるたびに誰からなのか何の話だったか執拗に問い詰める。
    休日には必ず自分と一緒にいるように強制。
    やむをえない仕事などの理由で一緒にいられない特はそれこそ十分おきに連絡が来る。
    とにかく俺の行動のすべてを管理したがった。

    また自分以外の女性と俺が会話するのを一切認めない。近所の人に挨拶もさせない。
    レストランとかでも店員が女性のときは必ず彼女が注文をとった。
    仲のよかった姉が急に連絡してこなくなったのも彼女がさまざまな嫌がらせをしていたからだと知った。

    さすがにやばいと思って彼女の実家に相談してみたが
    「うちの子は前の男にふられてからだんだんおかしくなった。あなたと付き合うようになって(あれでも)だいぶ落ち着いた。 少々変なところもあるがかわいそうだから見逃してほしい」
    言外にこれ以上娘がおかしくなるようなことをするな(分かれるな)といってきた。

    警察にいる友人にも相談してみたが、警察は色恋沙汰には死人でも出ない限り関わろうとしないらしい。
    no title

    「異常に嫉妬深い彼女」【洒落怖】 →続きを読む

    209 : 本当にあった怖い名無し : 2005/11/06(日) 01:12:45 ID:
    これは先輩の友人が体験した話だ。

    その友人にはまだ十代の妹がいた。
    妹は高校中退した後、ふとしたきっかけでホスト遊びにはまり、
    ちょっとした借金ができたそうだ。
    そしてお決まりのコースよろしく、相手のホストから闇金を紹介され、
    風俗勤めすることになった。
    けれど彼女は三日ともたず、切羽詰って家の金に手を出したという。
    no title

    「木箱」【洒落怖】 →続きを読む

    484 : 本当にあった怖い名無し : 2005/11/09(水) 14:36:51 ID:
    俺が体験した話を書こう。転載でもネタでもなくマジ話。

    3年前にね、バイト先の友達がスキーで骨折して埼玉の武○○病院に入院したんだよ。
    そこバイト先から車で15分くらいだったんでね、3日に1度くらい見舞いに行ってた。
    俺は霊感というほどじゃないけど、霊の存在を何となく感じることができて、骨折した友達は
    バリバリ霊感が強い。

    確か3回目にお見舞いに行った時の事。夕方だったね。その病院、階段の踊り場に灰皿があってさ、
    そこの椅子に座って2人でタバコ吸ってた。談笑中、突然耳鳴りがして下の階段を凝視した。
    見えないけど何か来たっていうのが分かった。

    俺そこをがジーって見てると、友達が服の裾を掴んで「見るな」と。

    「やっぱいる?」って聞くと「ろくなもんじゃない。見てるとやばいよ」

    詳細を聞くと、体が子供で顔がじいさん。そいつが俺たちを見てニコニコしてる、と。
    「うわ、そりゃビジュアルだけでも十分やべえや(笑)」って、笑いながらそこを見てると

    「馬鹿、笑いながら見るな!」って友達ちょいマジ切れで、俺の手を掴んでひょこひょこ
    病室に帰った。「どうしたんだよ?」って聞いたら「お前、笑いながらじいさん見てたろ。
    そしたらじいさん突然凄い形相になって、こっちに向かってきたから逃げてきた」と。

    そりゃやばいやって事で、お見舞いに行ってもそこの階段は使わないことにした。 no title

    「病院のトイレ」【洒落怖】 →続きを読む

    386 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 04/05/18 01:43 ID:
    これは俺が5年前に体験した世にも奇妙な話だ。(ちーっと長いけど。)

    ある夏の日、俺は、友人である男Aの車に女B、女Cを乗せ、ドライブしていた。
    時計はすでに0時を回っていた。
    その日は雨がしとしとと降り続けており、じめじめして生暖かい日だった。
    友人A「どうせなら、肝試ししようぜ!なんか天気も気持ち悪いし。ははは。」
    そんなAの突拍子もない提案に、他のみんなは嫌な表情を浮かべた。
    なかでも一番嫌がっていたのは、カエルとお化けが大の苦手だった俺である。
    私「いやいやいや。いいって!帰って酒でも飲もうぜー。」
    そんな怖がる私を見て、Aはますます面白がり、いよいよ皆を説得にかかった。
    A「わかったわかった。んでも、どうせ帰り道だし、○○霊園にちょっとだけ寄ってこうよ。
    いいっしょ?寄るだけ寄るだけ。すぐ帰るから。そしたら飲もうぜ!パーっと!はは。」
    no title

    「霊園」【洒落怖】 →続きを読む

    675 : 親切な先輩1/4 : 2009/05/30(土) 12:59:54 ID:
    友人から聞いた話。

    サークル仲間に無理やり参加させられた合コンは、予想通り
    人数合わせの様で、仲間の二人は合コンというより初めから
    カップルで参加していて、相手の男が連れて来たのもさえない
    人数合わせの様で、全くK子さんの趣味に合わなかった。

    カラオケでも行こう、という二人の誘いを断ったK子さんは
    居酒屋を出て、駅へ向かおうとしていると
    『二次会は行かないの?』
    と声を掛けられた。

    同席していたSだった。同じ大学の先輩だと名乗ったSは
    かなりの美人で、男たちの注目を集めていたのを思い出した。
    Sの誘いでもう少し飲んでいこうという事になり、駅前の
    居酒屋に入った。
    『K子さん、T県出身なんだって?』

    合コンの失敗をネタに盛り上がっているとSが言った。

    『さっき自己紹介で言ってたでしょ。夏休みはT県に帰るの?』

    二日後からは夏休みだった。
    どうしようか未だ決めていない、旅費が結構掛かるから、と
    K子さんが答えると、SはT県のハイキングコースのゴミ拾いの
    ボランティアが有るので参加しないか?と言った。
    no title

    「親切な先輩」【洒落怖】 →続きを読む

    322 : 本当にあった怖い名無し : 2009/05/27(水) 19:41:34 ID:
    なんとなく書きたいので書かせてもらいます

    さっき、お風呂入れに行ったら
    鏡に映った自分の顔が青紫でした
    一瞬じゃなく、ずっと
    死相というものがあれば、これかと瞬間的に思ったんですけど
    今は普通の顔色です

    こんなことを気にするのは
    昨晩、自分がそろそろ死ぬんだということを悟る夢を見て、目が覚めた後もやけに実感があったんです
    そろそろか、片付けしとかないとな(身辺整理)なんて普通に思ったりしてました

    不思議と怖くはないです
    特別そうゆう能力もないんで、気のせいだといいなと思う反面、いつもは忙しい秋のスケジュールが真っ白なのも気になります
    毎年、4月が始まるとすでに埋まってる1年のスケジュールが7月で切れてて、8月以降の予定は入ってこないんです

    怖くはないって言いながら、家族に変なこと言えないし、でも誰かに聞いて欲しくて書いてしまいました
    ちなみに自殺願望とかはゼロです
    あまり気にしないようにします
    no title

    「死相?」【洒落怖】 →続きを読む

    このページのトップヘ