2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ: 2ch読み物・短編・体験

    1 : 名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2016/02/09(火) 20:05:28.99 ID:
    書き溜めがないのでゆっくりと書きます

    no title

    魔王「八畳一間ワンルーム。風呂無し、共同トイレ。家賃は3万円」 →続きを読む

    1 : 131 ◆wS/59jRQ4. :2009/07/06(月) 02:47:09.38 ID:zKOdtMTs0
    とある世界、とある場所に、一人の剣士がいた。
    幼い少女がとてとてと、着物の裾を揺らしながら無言でよってくるのは、彼にとっては日常茶飯事であった。

    川 ゚ -゚)「…………」

    少女が手にしているのは一つの林檎であった、赤く、みずみずしいその果実を床に置き、数歩離れて正座の姿勢をとる。

    ('A`)「腹が減ったか? 暫し待て」

    くたびれた、浅黄色の着物を着た、右手のない男は、その様子を見て刀に手をかける。
    片手、残された左手で刀の柄に手をかけ、刃を一瞬露にし

    ――キィン。

    ('A`)「――また」

    瞬時に納刀する、ただ刀を出し入れしただけに見える動作だが、その実。

    川 ゚ -゚)「……!」

    ('A`)「つまらぬものを斬ってしまった……」

    しゃらら、と音を立てて皮、実、種の順に、人の口に入れるための形へと加工されていく林檎。
    その筋では達人とまで呼ばれた男、ドクオ。
    彼は、剣士である。
    no title

    ('A`)はつまらぬ物を斬るようです →続きを読む

    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2017/07/07(金) 00:33:33.590 ID:
    喪黒「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん」

    喪黒「ただのセールスマンじゃございません」

    喪黒「私の取り扱う品物はココロ……人間の心でございます」


    喪黒「この世は老いも若きも男も女も心の寂しい人ばかり」

    喪黒「そんな皆さんの心のスキマをお埋めいたします」

    喪黒「いいえ、お金は一銭もいただきません」

    喪黒「お客様が満足されたら……それが何よりの報酬でございます」

    喪黒「さて、今日のお客様は……」


    ≪炊津 大介(31) サラリーマン≫



    オーッホッホッホッホッホ……
    no title

    喪黒福造「男なのに甘党であることを気にしてらっしゃるのですか」 →続きを読む

    1 : 名無しさん@おーぷん : 2017/12/09(土)23:01:11 ID:
    彡(゚)(゚)「あく開戦するんや!おら!おら!」

    近衛首相「ちょっ...そんな」

    彡(゚)(゚) 「石油とめられたんや!あく戦争せんと戦争すらできんくなって小日本に逆戻りや」
    no title


    彡(゚)(゚)「真珠湾攻撃するやで!」 →続きを読む

    1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします : 2013/12/21(土) 22:23:57.28 ID:
    犬「今なら毎朝、新聞をとってきます」

    男「うちは新聞とってないんで……」

    犬「ならお隣から取ってきましょう」

    男「犯罪ですよ」

    犬「犬なら許されます」

    男「飼い主は許されません」

    犬「」

    no title



    犬「私を飼ってみませんか?」 →続きを読む

    1 : 名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2018/07/27(金) 19:52:39.17 ID:

    ビュゴォォォォォ……!



    田んぼ「台風が近づいてきたな……」

    田んぼ「今回の台風はいつもよりかなりでかそうだ。ったくただでさえ暑いってのに」

    田んぼ「……」

    田んぼ(あれ? いつもならジジイが見に来るはずなのに今回は来ないな……)

    no title


    田んぼ「台風来たからジジイの様子見に行かなきゃ!」 →続きを読む

    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2015/02/24(火) 14:31:02.28 ID:
    弟「兄ちゃん、晩御飯の時間だよ」

    弟「……」

    弟「あのさ、いい加減やめようよ」

    弟「ほら、みんな変な目で見てるよ」

    弟「ねえってば」

    弟「無視しないでよ」

    弟「……」

    弟「また来るからね」 スタスタ


    女「あの子、また電柱に話しかけてる……」
    no title

    弟「兄ちゃんが自分は電柱だって言い張って家の前の歩道にずっと立ってる……」 →続きを読む

    このページのトップヘ