2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    カテゴリ: 2ch読み物・短編・体験

    5 : 愛のVIP戦士@ローカルルール : 2008/12/07(日) 12:20:20.75 ID:
    きらきらひかる
    おそらのほしよ

    まばたきしては
    みんなをみてる







    みんなは

    みてる?
    no title


    (´・ω・`)星にお願いをのようです(´∀` ) →続きを読む

    1 : 名無しさん@おーぷん : 2014/10/12(日)15:25:29 ID:
    いまだに昨日の感動による喜びと
    娘が嫁に行ってしまった喪失感で複雑な気持ち

    幸せなことだし娘夫婦には笑顔で嬉しさを表現したけど
    vipだから正直に自分の気持ちを書き込むと寂しい
    no title


    男手一つで育ててきた娘が昨日結婚式あげた結果 →続きを読む

    1 : 名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします : 2017/11/27(月) 22:23:38.38 ID:

    男「今の人って、みーんないつでもどこでもスマホいじってるよな」

    友人「まぁな」

    男「俺だって、家でも外でも、下手すりゃ寝ながらいじってることもあるもん」

    友人「風呂場でいじる奴すらいるらしいぜ」

    男「マジかー」

    友人「マジマジ」

    no title


    男「一日だけ全くスマホにさわらない生活をしてみることにした」 →続きを読む

    1 : 名無しさん@おーぷん : 2017/12/13(水)21:28:19 ID:
    他のお客さんとダブルブッキングした挙げ句、そのお客さんが貸し切り希望だからキャンセルしてくれだって
    2日前にそれはないだろ、まじでキレそう
    no title


    金曜の忘年会会場からキャンセルしてくれって電話きてブチギレそう →続きを読む

    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2045/01/11(日) 04:12:49.10 ID:
    主な登場人物

    大内義隆…周防山口を拠点とする戦国大名。中国・九州各地に勢力を広げ、西国一の大大名となる
    陶隆房…のちの陶晴賢。義隆の配下で、武勇に秀でる。武断派の中心人物
    相良武任…義隆の配下で、行政に長ける。文治派の中心とされるが、気が弱い
    冷泉隆豊…義隆の側近。とてもいいやつ。

    ※大寧寺の変(たいねいじのへん)とは、天文20年8月28日 - 9月1日(1551年9月28日 - 9月30日)にかけて起こった、周防山口の戦国大名・大内義隆が家臣の陶隆房の謀反により、自害させられた政変。この事件で西国随一の戦国大名とまで称されていた大内氏が実質的に滅亡し、西国の支配構造は大きく変化した。後年の本能寺の変と並ぶ下克上の事例ともいわれる。(wikipedia参照
    no title


    小学生向け歴史SS『大寧寺の変』 →続きを読む

    1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします : 2014/07/02(水) 16:16:29.43 ID:
    プリン「…」プルン

    男「ぷるんじゃないよお前」

    男「お前みたいなでかいプリン、誰かに見られたら…」

    友「プリンでけええええええええええええええええええええ!!」

    男「な?早速だよ」
    no title


    男「ちょ、学校にはついてくんなって言っただろ!?」 →続きを読む

    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2016/08/15(月) 07:19:45.689 ID:
    俺も今まで不安で泣きそうになってたけど
    酒と猫とおっさんの笑顔のおかげでちょっと楽しくなれたもん

    泊まった宿がダニやシラミの巣でほんと失神しかけた
    布団めくったらウジャウジャわんさかいた
    寝てると俺の重みで虫が追い出されてそこらじゅうに虫が湧き出したからな
    速攻部屋を出たよ。千円損した…精神的にはそれ以上の損害
    結局公園のベンチで寝たけど2時間しか眠れず今ほんとつらい
    日雇い行こうと思ってたけどこんな疲れた状態じゃ仕事にならんと思っていくのをやめたわ
    no title

    大阪でホームレスになってしまった。マジでつらい。アル中ばっかりなのが凄い納得できた →続きを読む

    このページのトップヘ