1 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:44:45 ID:
マヤ アステカとか地獄じゃんよ

no title


2 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:46:08 ID:
no title

仏教系も生贄行為やってた可能性

3 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:48:26 ID:
日本の城とかも人柱埋めてるって話だしみんな生贄好き過ぎやん

4 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:49:28 ID:zYd
現代では社会の贄となるんやで

5 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:51:01 ID:
no title

ウィッカーマン
人型の檻に人間詰め込んで燃やすという殺人装置
これも何かの御利益あるとか

9 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:52:38 ID:eBP
ヤギのやつ

10 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:52:49 ID:LGg
ファラリスの雄牛

11 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:53:20 ID:
no title

仏教の即身仏とかあれ何の意味があるんだ

13 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:55:31 ID:Wgi
>>11
本来は密教修行の最終段階で、死んだかどうか分からない状態にして神とあがめられるようになる行
本来は埋めたままにして終わりで、ミイラ取り出すのは後世の人間が勝手にやったこと

17 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:58:05 ID:
>>13
これって殺人や自殺と変わんなくねって思んや

20 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:59:10 ID:Wgi
>>17
いやはっきりと自殺やで、殺人じゃないけど
ただ本人からしたら生きながらにして仏になれるってんで絶頂射精不可避やけど

21 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:02:44 ID:
>>20
誰かが仏教 密教で即身仏になると良い事あるで!なんて吹聴してたら許し難いやん

12 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:54:44 ID:ajD
コ ト リ バ コ

16 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:57:03 ID:Wgi
ちなみに即身仏は生贄でもなんでもないで
自らの意思でやることやし

18 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:58:56 ID:JTk
饅頭も元々あれやったんやろ確か

19 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)14:59:06 ID:7sy
貴重な人や馬を副葬させられちゃかなわん・・・せや!土人形身代わりにしたろ!

22 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:04:57 ID:
>>19
こけしもその類だったりするんかね

24 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:11:21 ID:ajD
>>19
やっぱ古代中国って世界の中心だわ

23 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:10:38 ID:
no title

ピラミッドって大抵生贄とセットになってる印象

25 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:18:44 ID:
日本の神社でも昔は生贄があったらしいね

27 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:22:06 ID:YIG
キリスト「ワイが最後の生け贄になるからこれからは永遠に生け贄は要らんのやで」

30 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:25:20 ID:T1g
>>27
サンキューエッス

28 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:22:16 ID:
no title

この九頭龍神社では若い娘が湖に沈めて殺してたとか

29 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:24:05 ID:OQb
日本でも人身御供は割とあるよな
大体水関係やね
日照りに対して川の神様に人柱捧げなきゃ(使命感)はよくある

32 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:26:37 ID:rrp
>>29
日照りでもやが氾濫でも捧げたりしてるな

31 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:25:52 ID:W0J
世界中どこもそうやろ
その時代 地域による神聖なものなのに野蛮だ頭おかしいだの現代人は驕りが過ぎるで なちゅう傲慢な生き物なんや

33 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:27:34 ID:tgu
そら(古代のものを現代の尺度でみたら)そう(異常にもみえる)よ

34 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:30:32 ID:bQk
それが当時の人たちにとっちゃ最も理にかなった行動なんやからしゃーない

35 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:31:14 ID:
>>34
生贄を捧げた場合と捧げなかった場合で何か変わったのかねえ

36 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:34:04 ID:Wgi
>>35
村人の精神状態
実際意味なかったとしても、安心が得られる

37 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:36:16 ID:
>>36
なるほど
現代人からしたらむしろ祟られそうな気がするがな

38 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:36:55 ID:CpW
>>35
溜飲下がってコミュニティの崩壊は防げるんちゃう
何か1つのものを標的にして人を団結させるってのは当たり前のことやしな
神様激おこやでっていう設定にしとけば為政者には批判行きにくくなるしな

39 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:38:07 ID:Wgi
>>38
なお江戸時代には天道の乱れは政道の乱れと言われ、天災は全て幕府の責任になった模様

40 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:38:41 ID:
オーディンは戦争の勝利を約束する代わりに血を求め、バイキングは血の鷲と呼ばれる生贄の義気を行った。
捕虜を連れてきて背中に鷲の形を彫った。
生贄の顔や鼻には海水がかけられた。
儀式の間意識を失わせないように。
生贄が苦しむほどオーディンが喜ぶとされた。
背骨を露出させるために生贄は背中を切れたと研究者は考えている。
Grinsby「彼らは背骨の両側から肋骨を切った。
肋骨を左右に広げるとちょうど翼の形になった。」
彼らは儀式の最後の段階で生贄の肺を引き出し、翼に見立てた。

ワザと苦しませるってのが胡散臭い
ただ虐めたいだけやん

44 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:43:15 ID:YIG
>>40
死神やししゃーない

43 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:42:18 ID:9OK
川の所有権とか話し合いで決められへんことを解決するのに
代表を村の中から一人づつ選んで熱した鉄を長く持ってた方の勝ちにしてたんやて
なお代表になるやつの手は一生使い物にならなくなる模様

45 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)15:46:42 ID:Wgi
>>43
水権はヤーさんのシノギ以上の死活問題やからしゃーない
それ巡って豪族同士が100年以上戦争続けたりするから、一人の片手で済むならかなりマシなほう

46 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)16:01:52 ID:
カーリーとかの寺院は現代でも動物の生贄を捧げてるんやね
神に捧げるっていう発想怖すぎ内

47 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)16:06:12 ID:9OK
>>46
諏訪大社やったかが今も蛙を生贄に供えてるらしいで
それで動物保護団体がキレてた

49 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)16:15:18 ID:
>>47
正直気持ち悪いしいずれは無くなってくだろうね
時代遅れ

56 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)16:25:38 ID:
動物も知能が発達したら生贄を捧げ出すんだろうか

61 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)16:34:36 ID:9OK
昔は疫病やら戦争やらで死が身近にあったから
「生贄?ほーん、で?」みたいな感じやったんかもな

71 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/04(月)01:01:14 ID:LoQ
アステカの生け贄は大型動物の少ない環境で
タンパク質を摂取できる祭りみたいな意味もあったらしいで

65 : 名無しさん@おーぷん : 2016/07/03(日)17:44:20 ID:tPH
日本も生け贄ぶんかだったんやで
絵馬なんてその証拠や