14 : 名無しのオプ : 2005/06/16(木) 10:07:08 ID:4MAVfD9W
172 名前:gom[] 投稿日:05/02/12(土) 19:00:36
完全に転用だけど、素敵だから載せます。

「ちょっとスチュワーデスさん!席を変えてちょうだい」
ヨハネスブルグ発の混んだ飛行機の中で、白人中年女性の乗客が叫んだ。
「何かありましたか?」
「あなたわからないの?黒人なんかの隣には座りたくないのよ!こんな人迷惑だわ」
女性の隣では、黒人男性が憮然とした顔で座っている。
「お客様、少々お待ち下さいませ。空いている席を確認してきます」
乗務員は足早に立ち去り、周囲の乗客はざわざわと不穏な空気。
しばらくして乗務員が戻って来た。
「お待たせしました。ファーストクラスにひとつ空きがありますので、どうぞそちらへ。
本来ならこういうことはできないんですが、隣の席がこんな人では確かに迷惑でしょうと、
機長が特別に許可しました。さ、どうぞ」

周囲の乗客は、にこやかに黒人男性を見送った。 
no title


38 : 名無しのオプ : 2005/06/19(日) 13:51:28 ID:QNwGPn0B
>>14の話は確かに素敵だな。叙述じゃないけどね。ショートショートって感じか。

16 : 名無しのオプ : 2005/06/16(木) 10:15:40 ID:4MAVfD9W
855 名前:名無し職人[] 投稿日:05/01/17(月) 01:35:04
ブロンドがテレビを買いに電器店に行った。だが店員は
ブロンドに売るテレビはないと断った。ブロンドは店を
出たが、納得できず、再び同じ店に戻り、テレビを売って
欲しいと言った。それでも店員はブロンドに売るテレビは
ないと断った。

ブロンドは店を出てから美容院に行き、髪の毛を黒く
染めてから、再び同じ店に戻り、テレビを売って欲しいと
言った。しかし、やはり店員はブロンドに売るテレビは
ないと断った。

「どうしてなの? アタシの髪の毛、ブロンドじゃないでしょ!」

すると店員は慇懃に言った。

「お客様、これは電子レンジでございます」

34 : 名無しのオプ : 2005/06/19(日) 03:14:32 ID:DLdLLKtB
>>16は「欧米ではブロンド=バカと思われている」ということわかってないと
意味がわからないだろ。

19 : 名無しのオプ : 2005/06/16(木) 23:52:03 ID:t/ntEOxE
アメリカン・ジョークスレ

21 : 名無しのオプ : 2005/06/17(金) 11:35:38 ID:pPmilG1k
でも本質的には近いものがあるかもな

28 : 名無しのオプ : 2005/06/18(土) 15:44:13 ID:RMIiNWMu
汚い猫を見つけたので虐待することにした。
他人の目に触れるとまずいので家に連れ帰る事にする。
嫌がる猫を風呂場に連れ込みお湯攻め。 充分お湯をかけた後は薬品を体中に塗りたくりゴシゴシする。
薬品で体中が汚染された事を確認し、再びお湯攻め。 お湯攻めの後は布でゴシゴシと体をこする。
風呂場での攻めの後は、全身にくまなく熱風をかける。 その後に、乾燥した不味そうな塊を食わせる事にする。
そして俺はとてもじゃないが飲めない白い飲み物を買ってきて飲ませる。
もちろん、温めた後にわざと冷やしてぬるくなったものをだ。
その後は棒の先端に無数の針状の突起が付いた物体を左右に振り回して 猫の闘争本能を著しく刺激させ、体力を消耗させる。
ぐったりとした猫をダンボールの中にタオルをしいただけの質素な入れ物に放り込み 寝るまで監視した後に就寝。

63 : 名無しのオプ : 2005/06/22(水) 23:06:28 ID:FU6QKoDz
>>28
亀レスだけど、大爆笑。

81 : 名無しのオプ : 2005/06/25(土) 20:16:20 ID:17pWOIGA
>>28が全然意味わからんのだが
猫があっちのネコってことなのかい?

83 : 名無しのオプ : 2005/06/25(土) 21:37:52 ID:8zbKSTmX
>>81
虐待してるような描写だけど実際は捨て猫拾ってエサとミルクあげて
風呂入れてドライヤーで乾かして手作りベッドで寝かせて自分も寝たってことだろ

30 : 名無しのオプ : 2005/06/18(土) 17:36:35 ID:RMIiNWMu
シャーロック・ホームズがワトソン博士とキャンプに出かけた。
2人は星空の下、テントを張って眠りについた。
真夜中近く、ホームズがワトソンを起こした。
「ワトソン君、上を見て君の推理を聞かせてくれたまえ」
ワトソンはちょっと考えてから答えた。
「無数の星が見える」
「そのことから何が分かるね、ワトソン君?」
ホームズがまた尋ねた。ワトソンは答えた。
「宇宙には何百万もの銀河と、おそらくは何十億もの惑星がある。占星学的に言えば、土星は獅子座にある。測時法で言えば、今はだいたい三時十五分だ。神学的には、神は全能で、ぼくたちは小さく取るに足らない存在だ。気象学的には、たぶん、明日はよい天気だろう」

ホームズ:「馬鹿! 僕たちのテントが盗まれたんだ」

31 : 名無しのオプ : 2005/06/19(日) 00:59:17 ID:JJ5oeAcM
子供「ママ?アメリカって遠いの?」
母親「いいから黙って泳ぎなさい!」

33 : 名無しのオプ : 2005/06/19(日) 02:18:12 ID:VXNzbJHl
さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。
音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。
俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした。
ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。
何やってんだ俺は。このテレビは15万もしたじゃないか。
たまたま落とした場所には布団が敷いてあって、落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。
たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。
映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。
最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。
それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかなぁ。

36 : 名無しのオプ : 2005/06/19(日) 03:54:33 ID:XE69+Oit
>>33
ヘッドホンやテレビが壊れたんじゃなくて、自分の耳が聞こえなくなったってことか。

56 : 名無しのオプ : 2005/06/22(水) 16:06:42 ID:S43msxY9
25 なまえをいれてください sage New! 2005/06/19(日) 19:33:57 ID:GgJ4HVa5
授業中、僕はぼんやり外の景色を眺めるのが好きだった。
帰ったら何して遊ぼうかとか、どこか遠くに行きたいとか、
いろんなことを思いながら、窓の外ばかり見てた。
午後の授業なんかだと、ついつい寝ちゃうこともある。
隣の女子校で体育をやってたりすると、それはもう大変
何も考えられずに食い入るように見ちゃう。
はちきれそうな太もも、のびやかな肢体、見てるだけで鼓動が高鳴った。
あのコがいいとかこのコもいいとか、もう授業中だってことなんか
完全に忘れてずっと見てた。楽しかった。
でもそんなことしてると、いつも必ず邪魔が入るんだ。

「先生、授業してください」

57 : 名無しのオプ : 2005/06/22(水) 17:00:55 ID:8NeY9F3Y
>>56
ベタだけどナイス叙述

58 : 名無しのオプ : 2005/06/22(水) 17:07:41 ID:IEAIYQBS
これは叙述だな。

142 : 名無しのオプ : 2005/06/30(木) 21:58:06 ID:mviW6TDs
589 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/06/30(木) 13:24:24 ID:W3ZU5DAV0
「紫の鏡」という言葉をあなたはご存知だろうか?
あなたがもし未成年であるのなら、二十歳になるまでこの言葉を覚えていてはならない。
なぜなら、もし二十歳になった時に「紫の鏡」という言葉を覚えていると、この言葉に込められた
呪力によってあなたは死んでしまうからだ。



・・・・・という話を当時18歳の某キャバクラのキャバクラ嬢にしてからはや30年が経った。

彼女はいまだに18歳だ。

143 : 名無しのオプ : 2005/06/30(木) 22:16:14 ID:nNV1S42+
>>142
叙述じゃないけどワロスwww

144 : 名無しのオプ : 2005/06/30(木) 23:25:13 ID:Fx3sAJU3
>>142
落とし話としては最高じゃない?笑ったよお

145 : 名無しのオプ : 2005/07/01(金) 13:46:49 ID:IJMahzEe
>>142
ごめ、オチわからん
死んだからいつまでも18歳ってこと?

146 : 名無しのオプ : 2005/07/01(金) 14:03:57 ID:tDBEL7xV
>>145
つ「キャバ嬢はどれだけ老けても常に年齢を若く詐称する」

149 : 名無しのオプ : 2005/07/01(金) 16:44:40 ID:SGv2VQeY
139 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:05/02/19(土) 19:37:33 ID:+qFyBeeh
ちょっとだけ気になっていた人から「土曜の夕方ヒマ?」って聞かれたんだバカヤロコノヤロウメ
コーノヤロウメ「夜まで用事があるんだよね」って言ったら露骨に喜んでるんじゃねーよバカヤロコノヤロウメ
ちょっとだけ気になっていた人から「土曜の夕方ヒマ?」って聞かれたんだバカヤロコノヤロウメ
コーノヤロウメ「彼女来るから部屋貸してくれない」って人の部屋ラブホにするつもりだったのかバカヤロコノヤロウメ

156 : 名無しのオプ : 2005/07/02(土) 01:00:29 ID:hOZTbg04
叙述トリックを使った書き込みなんてそうそうあるわけないだろ
(ゴルァのAA略)

756 :おさかなくわえた名無しさん :04/04/23 13:50 ID:slqKF2lb
黒柳徹子が新幹線に乗っていると、
向こうからやって来た青年がにこやかに挨拶した。
その青年の顔に黒柳は見覚えがある。
しかし、どうしても、名前が思い出せない。
その上、彼とどこで知り合い、どんな人間であるかも覚えていない。
その青年の素性を確認すべく、
「お父さまは、お元気かしら?」と黒柳は質問してみた。
「ええ、おかげさまで元気です」と青年は答えた。
そうか、それならば父親のことをもうちょっと詳しく訊いてみよう。
そうすれば、この青年が誰であるか、思い出せるかも知れない。
「ところで、お父さまは、今、何をしてらっしゃるの?」
黒柳徹子は青年にこう質問した。
「ああ、相変わらず、総理大臣をやってます」
なぜか寂しげな表情で小泉孝太郎は答えた。

157 : 名無しのオプ : 2005/07/02(土) 08:52:45 ID:Bjir3z5J
15 名前:名無しくん、、、好きです。。。[] 投稿日:2005/06/24(金) 12:38:50 ID:ZbqQJMO8
 2年前のクリスマス、漏れは高一だったんだがケンタッキーのバイトして寂しくカップル見て過ごしてよ、帰りに店長がチキン4ピースほどお土産に持たしてくれてな

 帰りの途中近道に公園通るんだけどさ、夜で暗くなった公園のベンチに暗くてよく見えなかったんだけど女性が一人で座ってるのよ、んで特に気にも 止めないで近くを通り過ぎようとしたらさ、17,8才の子っぽくてさ泣いてるっぽいんよ
 (彼氏と別れたかなんかかなって瞬間的にまぁ思ったんだけどさ)
 んで気づいたら自転車止めて歩いて近づいて「あの」緊張して声うわずってたかも笑、彼女ビクッってして顔あげたんだけど(いきなり声かけたから、 どこぞの変質者やおっさんと勘違いされてかもな)
 「あの、これ、メリークリスマス」ってチキン入った箱渡して笑った(笑えたか微妙)んでサッサっと立ち去ったんだけど、二週間後くらいに実は同じ学校で再会して今 付き合ってます。
 
 ってな 感じの出会い求めてよく いろいろ寄り道してるよ漏れも

181 : 名無しのオプ : 2005/07/05(火) 00:46:55 ID:ZpzamvRn
227 名前:('A`) 投稿日:2005/07/04(月) 22:32:43
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった
次の日も、次の日も死体は消えることはない

183 : 名無しのオプ : 2005/07/05(火) 00:48:51 ID:rA5giy5Q
>>181
暗い……

187 : 名無しのオプ : 2005/07/05(火) 02:01:07 ID:C8TyLPAz
>>181
叙述かどうかは置いといて見事なオチ。

184 : 名無しのオプ : 2005/07/05(火) 00:54:32 ID:EThrlWsE
かーちゃんが死体の始末してたってことか。

196 : 名無しのオプ : 2005/07/05(火) 21:36:02 ID:EydWQ6Qc
13 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/07/05(火) 21:09:08 ID:t0vF709F0 ID:t0vF709F0
コンビニで買い物をしていたら突然、
「やぁこの間はありがとう」
と声をかけられた。振り向くと、確かに最近会った人なのだが、とっさのことでどこで
あった誰なのか思い出せなかった。その人は続けて
「これ、あのときのお礼だ」
と、缶コーヒーを俺の買い物カゴに放り込んで、そのままスタスタと歩み去って行った。

しばらく考えてやっと思い出した。
朝の開店に並んだとき、俺の前にいた人だ。
「悪いけど、松屋でアサメシ食ってくるから、俺の位置抑えといてくれないかな」
と頼まれて、俺は20分ほど、その位置を確保しておいたのだった。

そうか、あのときのお礼か、ずいぶん律儀な人だな、と俺は思った。
レジで缶コーヒーの代金を払ったのは、当然おれだった。

198 : 名無しのオプ : 2005/07/05(火) 23:38:02 ID:+jmIWsJG
>>196
ワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

211 : 名無しのオプ : 2005/07/06(水) 20:40:16 ID:5jrcNgjZ
俺184、彼女154。
外では彼女は10~12センチのヒール履いてるから身長差は縮まる。
たまに家の中で立ったままチューを迫られると
「顔が届いたらチューしてやるよ」と、意地悪してみる。
「意地悪!」と言いながらも懸命にピョンピョン跳ねてる彼女が
むちゃくちゃかわいい・・・・・・・。

でも腹がつかえてチューできない。

224 : 名無しのオプ : 2005/07/08(金) 06:22:42 ID:KauuyoK8
今日、俺の仕事場で殺人未遂事件が起きた
警察の話によると、左胸を一突きされたけど、何とか心臓や肺には刺さらなかったそうだ
それで一命を取り留めたらしい。
で、なんで警察の話を知っているかというと、どうも俺が疑われているらしいんだ
彼らの主張によると、その時の状況や凶器を見ると、俺しか該当しないらしいんだ
当然、俺は否定した。
そのときのアリバイや、職場仲間の犯人の目撃情報、俺が刺す理由がないことなど必死になって話したんだ。
それでも、警察は俺への疑いを晴らさなかった。
そんな時、笹川悠という仲間が俺を庇ってくれた。
彼女は、俺とずっと一緒にいたこと、俺がナイフで刺すなんて勇気がないことなど、警察に対して必死に弁護してくれたんだ。
実は彼女と俺は付き合っていたのだが、彼女はいつもはこんなに多弁で堂々としてはいない。
むしろ、普段の彼女は、劣等感の塊で根性無しの俺以上に内気な女性なのだ。
そんな彼女の必死さを見て、俺は(もういい、すべて本当のことを話そう・・・)と決意したのだ。


「彼女が僕を刺したんです」
彼女はびっくりした様に俺を見て、次に警察に必死になって弁明しだした。
自分が刺す理由がないこと、その時間あんな長い包丁なんて持てる服装じゃないこと、犯人らしき人間を見たことなどを
そして、彼女は殺意の篭った目で俺を睨んできた。
しかし、彼女のボロがどんどん出てきて、次第に彼女が自棄になってきても警察は俺への疑いを晴らさなかった。
「何故なんです?彼女がやったってわかりきってるのになんでまだ僕を疑ってるんですか!?
僕は彼女に刺されたんです。自分で刺してなにになるんですか!?彼女を早く逮捕してください!!」
俺はののしるような声で警察に対して怒号を浴びせた。
しかし、警察は俺にこう言ったんだ。


「あなた達が保険金詐欺をやろうとしてたのはもう知ってるんです」

225 : 名無しのオプ : 2005/07/08(金) 08:11:39 ID:vHxNqTWa
どんでん返し多すぎ

228 : 名無しのオプ : 2005/07/08(金) 20:03:09 ID:xa8Y2UPs
姉がほしい子あつまえ!
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/07/08(金) 19:58:30 ID:YGO2SX3c0
当方弟がほしい一人っ子です
VIPでは姉が流行っているようなので弟になってくれる男の子を捜しに来ました
47歳以下で姉好きの方、よろしくお願いします

229 : 名無しのオプ : 2005/07/08(金) 21:50:08 ID:axpn69Oz
>>228
ちょwwwおまwwwwwwwwwwwwww

232 : 名無しのオプ : 2005/07/09(土) 00:54:25 ID:ao/X1x2T
>>228
久しぶりに叙述っぽいのキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

235 : 名無しのオプ : 2005/07/09(土) 17:10:27 ID:dHH4Yt3X
684 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2005/06/28(火) 12:01:05
「これ、恋人のカオリ」
 初めて彼女をこの家に連れて来られた時、私はガツンと頭を殴られたような衝撃を受けた。
 私とアキラが同棲し始めたのは6年前の事だ。
 高校から一人暮らしを始めるアキラが、寂しいからという理由で昔から仲の良かった私を
 このマンションに半ば強制的に連行したのが始まりだった。
「はじめまして、カオリです。」
 そう行儀よくお辞儀したカオリは、アキラにはちょっと勿体無い位可愛かった。
 顔にも口にも出さなかったが、内心私は複雑だった。
 私のほうがアキラを知ってる。笑っているときも落ち込むところも、この女より、よく知ってるのに。

 アキラとカオリが付き合いだした馴れ初めは、たったひとつのキスかららしい。
 元々大学で仲が良かった二人だが、ある日とうとうアキラの理性がぷっつり切れてキスをした。
 これでカオリに万一ほかに好きな人でも居たら一大事というかシャレにもならないが、
 強運にもカオリもアキラが好きだったらしい。目出度く両想いになったそうだ。
 …たった、キスひとつで変わる関係なら、どんなに良かっただろう。

「な?言ってた通り可愛かったろ、『カオリちゃん』。」
 カオリが帰った直後玄関を振り返って、自慢げにアキラがふふんと笑った。
 ああ、可愛かったよ、長い間連れ添った私なんかよりあのコを選んだ位なんだから。…可愛くないと、納得いかない。
「拗ねんなよ、バカ」
 よほど態度に出ていたのか、アキラは笑って、いつものように私に軽くキスを落とした。 …キス、たったひとつで、変わる関係だったら、どんなに、良かっただろう。

 キスなんて何回もしているが、関係が変わったことなんて、ない。…なんだかふいに悔しくなって、私はみゃあ、と鳴いてやった。



237 : 名無しのオプ : 2005/07/09(土) 17:52:46 ID:DrUTIS6i
>>235
ありがちなオチだけど、かわいくてよい

247 : 名無しのオプ : 2005/07/12(火) 20:06:11 ID:c/l8VbJy
~人の肉を食べた男の話~


ある会社に勤めている英樹さんと剛さん。
会社の同じ部署で働いており、家が近所ということもあり
二人でよく会社帰りに飲みに行ったり、食事に行くことがあった。
ある日、帰りの電車の中、近所で評判のステーキ屋の話が持ち上がった。
評判は聞いていたがまだ行ったことがなかった二人は、今日行ってみることにした。

店に着くと、ほぼ満席状態だったが、二人が着いた直後に
ちょうど二人分の席があいたのでそこへ座った。
メニューはいわゆるステーキ屋の標準的なものばかりであったが
とりあえず二人はそこの人気メニューを二つ注文した。

しばらくして、料理が出てきた。美味しそうだ。
一口食べるとその味の良さに驚き、二人は会話もせず、もくもくと食べていた。
そんな時、剛さんに電話がかかってきた。彼女からだ。
会話に夢中になっている剛さんの横で、英樹さんは剛さんのお皿へ手を伸ばし、
彼の肉を一切れ食べた。剛さんは言った。

       「 お い 、 人 の 肉 食 べ る な よ 。 」

257 : 名無しのオプ : 2005/07/14(木) 02:03:23 ID:YY8y+YWR
>>247
タイトルで騙しているあたりで、久しぶりに叙述っぽいネタだったと思う


つうか、好きw

255 : 名無しのオプ : 2005/07/13(水) 10:37:26 ID:Jlw7h2l6
95 名前:オカルト板[] 投稿日:2005/07/13(水) 00:12:54
まだ10歳前後くらいのときに、「くさむら」っていう友達がいた。
くさむらは家の近所の公園(公園っつってもブランコしかない)にいて、
俺と幼馴染二人とくさむらの四人でよく遊んだりした。
くさむらは背が大きくていつも黒いコート?みたいなものを羽織っていて、
今考えるとくさむらは大人の男の人だったんだけど、なぜかあのころは大人だと思っていなかった。
くさむらはあんまりしゃべらないんだけど、草舟とか草笛とか、野草の見分け方とかを良く知っていて
俺たちにいろんな事を教えてくれたりした。公園以外でまったく見かけないから、
「どこに住んでいるのか」って聞いてみても「ここ」としか言わない。
「今からウチに来いよ」って言っても「ここにいるから、皆で行って来い」としか言わない。
当時はふーん、くらいにしか思わなかったけど今考えるとおかしいよな。

そんでいつもみたいにくさむらと幼馴染達と遊んで、家に帰って普通に眠ったら、
誰かが俺を呼んでたんだ。夢と現実が半々くらいの状態で俺はかなり寝ぼけてたと思う。
もしかしたら呼んでたのはオカンだったかも。でもなぜか俺は「くさむら」だと思って、夜中家を抜けて
いつものくさむらがいる公園に向かった。案の定くさむらは公園のブランコに一人で乗ってこっちを見てた。
俺の記憶はそこで途切れて、気づいたら朝になってて俺は公園で眠ってた。いっぱい虫にくわれてた。
親父とかオカンが血相変えて近所探し回ってたみたいで散々怒られた。
くさむらと遊んでた、っても誰も信じてくれない。くさむらも公園からいなくなってた。

それから何日かして公園は更地になった。草もボーボーでブランコも錆付いてて危ないからだって。
くさむらは二度と現れなかった。

ホームレスか何かだったんだろうか?
最近地元に帰って、幼馴染達に聞いてみたらそいつらもくさむらのこと覚えてた。
でも不思議なことに、三人ともくさむらの見えてた姿が違ってた。
俺は黒いコート、もう一人はマックのピエロみたいな格好、あと一人は小さい男の子。
今でも時々思い出す。公園はもうないけど、くさむらはどこに行ったんだろう。

264 : 名無しのオプ : 2005/07/15(金) 11:33:59 ID:3wrKoKA9
>>255 の話は電柱の影から覗くお爺さんの話を思い出させるな

260 : 名無しのオプ : 2005/07/14(木) 20:40:18 ID:4Xr/cqQr
166 名前:名無しさん@恐縮です :2005/07/14(木) 20:36:48 ID:BGonAVMX0
「約束のホームラン」

9回裏、ツーアウト満塁。4対1。一打逆転のチャンス。
私は、バッターボックスに入った。この打席、私はホームランを打たなければならない。
あの少年との約束を守るために。
「ねえ、タカシ君。どうして手術を受けないんだい?」
「だって怖いんだもん」
「でも、手術を受ければ、みんなのように野球だってできるんだよ」
「でも、怖いんだよ。僕はプロ野球の選手みたいに強くないんだもん。だから手術が怖いんだよ」
「私だって、バッターボックスに入るときは怖いさ。ファンのみんなは、私のホームランを期待してる。
 心臓がドキドキして、打てなかったらどうしようという恐怖と闘ってるんだ。
 チャンスであれば、あるほどね。よし!今日の試合、私はタカシ君のためにホームランを打つよ」
「僕のために?」
「ああ、約束する。私もがんばるから、君もがんばるんだ。
 今日ホームランを打ったら、手術を受けてくれるかい?」
「うん、ホームラン約束だよ!」
打ったぁ~、大きい、大きい、入った!ホームラン!!
私は、約束を果たし、急いで病院へ向かった。
「タカシ君、見ててくれたかい?」
「あ、すいません、サッカー見てたんで」

265 : 名無しのオプ : 2005/07/15(金) 16:52:51 ID:zfdnObyo
>>260
ワロタ

263 : 名無しのオプ : 2005/07/15(金) 10:41:01 ID:zDqcluzJ
>>260
叙述というより、コントだなw

279 : 名無しのオプ : 2005/07/17(日) 00:39:29 ID:t0mpkFnm
763 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2005/06/07(火) 15:39:52
うちの娘の話を聞いてください。

ここ1年ほど、世間でいう「ニート」のような状態です。
外にも出ず、一日中家でゴロゴロしています。
仕方なく、私が外へ連れ出している始末。
気に入らない事があれば泣き、食事も私が用意した物を食べるだけ。
何かわからないことを呟いたり、急に奇声を発したり・・・。
もう少し時間をかけて見守るべきなのでしょうか。



生まれてから1年間、このような状態です。
今も、何か呟きながら、夫のベルトを持って部屋中ウロウロしています。
4時からのNHK教育の番組が好きなようなので、一緒に見てあげようと思います。

280 : 名無しのオプ : 2005/07/17(日) 09:47:14 ID:3vApuD3V
>>279
よそでも見たけど、コレは上手いと思う。

292 : 名無しのオプ : 2005/07/18(月) 19:20:36 ID:TNyOVGWU
655 :ななしのいるせいかつ :05/01/04 01:39:34
最強のDQN↓

職業は「配管工」
すぐ壁を壊す
壁の中の物/金品を盗む
落ちている金を盗む(拾得物横領罪)
弱い者を踏みつける/いじめる
不法侵入
火を投げつける
領海/領空侵犯
車からゴミを投げ捨てる
車からゴミをぶつける
当たり屋をする
速度超過
たまにゴルフクラブを持ち歩く
兄弟揃ってDQN
周りの奴らもDQN
キノコを食べてラリる
花を食べてラリる
貴重な生き物の背中に乗り、用が済めば捨てる
貴重な生き物を子供のうちから見捨てる場合もある
星を食べさせれば栄養があると思っている
最近は3Dになった



656 :ななしのいるせいかつ :05/01/04 02:24:49
>>655
マリオw
最後5行まで気づかなかった

296 : 閑。で見たヤツ : 2005/07/19(火) 02:52:11 ID:egaPeftf
811 名前:(*゚Д゚)さん[age] 投稿日:04/08/30(月) 07:31 ID:???
no title


297 : 閑。で見たヤツ : 2005/07/19(火) 02:53:12 ID:egaPeftf
844 2/2 sage New! 04/08/30 22:16 ID:y/LeqTkr
no title


298 : 閑。で見たヤツ : 2005/07/19(火) 02:54:12 ID:egaPeftf
856 水先案名無い人 sage New! 04/08/30 23:46 ID:48+3ctU6
ちょっと待て >>844には続きがある
no title

299 : 閑。で見たヤツ : 2005/07/19(火) 02:54:45 ID:egaPeftf
857 水先案名無い人 sage New! 04/08/30 23:47 ID:48+3ctU6
no title

300 : 名無しのオプ : 2005/07/19(火) 04:42:22 ID:4kUSxjKQ
こういうオチで和むやつは大好きだ。

301 : 名無しのオプ : 2005/07/19(火) 11:44:55 ID:p0fJbhVi
いいな、これ。

307 : 名無しのオプ : 2005/07/20(水) 16:57:14 ID:Fq6n4ayM
テストで「90点取ったらなんか買ってやる」と言ってたのに
92点取ったら「おしい!あと2点!」とほざいた親父

319 : 名無しのオプ : 2005/07/20(水) 23:40:46 ID:/A/tqSC7
>>307
やべ、マジでワラタw

309 : 名無しのオプ : 2005/07/20(水) 19:33:04 ID:h6OCym7M
前略

小生は老いぼれの爺です。御陰様でクリントン政権時代には、とてもやりがいがあり、報酬の高い仕事をしておりました。
数え切れぬ程のバカンスを満喫し、別荘も幾つか保有しておりました。

然しながら、ブッシュ政権になり、小生の生活は悪化致しました。職を失ったのです。例のイラク戦争では二人の息子を失ったのです。

家も失いました。

医療保険も失いました。

事実、小生はほぼ全てを失い、ホームレスとなりました。
泣きっ面に蜂とは正にこの事で、動物同然に過ごしていた所を当局に発見された際には、助けてもらえぬどころか、
なぜか逮捕されてしまいました。

次期選挙でブッシュ大統領が敗北するのであれば、小生は何でも致すつもりで御座います。
 
来年、民主党が再度政権を握るのであれば、ケリー上院議員が望むことは何でも致すつもりで御座います。
兎に角、ブッシュを退かせなくてはなりません。

一人の老いぼれ爺がどの様にブッシュ政権を捉えているのか、リスナーの皆様も興味があるのではないかと思い、
寄稿させて頂きました。

稚拙な文章を最後までお読みいただき、誠に有難う御座いました。

草々 サダム・フセイン

310 : 名無しのオプ : 2005/07/20(水) 19:42:52 ID:h6OCym7M
学校をサボる

ある早朝のこと、母親が息子を起こすために部屋に入った。「起きなさい。学校へ行く時間ですよ!」

「なんで、お母さん。学校になんか行きたくないよ」

「行きたくない理由を二つ言いなさい」

「まず、児童たちはボクのこと嫌ってるし、それに先生たちまでボクのこと嫌ってるんだよ!」

「そんなの理由になってないわよ。さあ、早く起きて支度しなさい」

「ボクが学校に行かなきゃならない理由を二つ言ってよ!」

「まず、あなたは52歳でしょう。それに、校長先生でしょう!」

311 : 名無しのオプ : 2005/07/20(水) 20:34:35 ID:jg7BNFpF
>>310
惜しいな。児童のところをもうちょっと子供らしい言葉遣いにしたらもっと良いんでない?
「みんな」とか。

320 : 名無しのオプ : 2005/07/21(木) 01:07:13 ID:gScHmoxC
17 名前:Cal.7743[sage] 投稿日:05/01/24(月) 21:03:28
俺の時計を眼にした瞬間、ヤツの顔が青ざめるのがわかった。
まあ無理もないだろう。
素人にも一目でそれとわかる、控えめでありながら、しかし、高貴に輝くケース。
贅と手間を尽くし、シンプルでありながら気品の漂うフェイス。
購入してからまだ1週間とたっていない新品のこの腕時計だが、
たった1つ、ベゼルには大きな傷がついてしまっている。
ついさっき、俺が不注意でつけてしまった傷だ。
「お前・・・それ・・・」
「ああ」
ちっぽけな傷など忘れてしまいそうなオーラを放つ美しいこの腕時計を見せつけながら俺は言った。
「だまって借りたお前の腕時計、きずつけちった。ゴメンネ。」
ヤツは凍りついたように、いつまでもその場から動かなかった。

321 : 名無しのオプ : 2005/07/21(木) 02:30:05 ID:9rxRzqiL
>たった1つ、ベゼルには大きな傷がついてしまっている。
>ついさっき、俺が不注意でつけてしまった傷だ。
この2文はよけいだ

332 : 名無しのオプ : 2005/07/21(木) 23:58:06 ID:bl5zEXjg
大富豪が自宅の書斎で殴り殺された。
容疑は、被害者の子供たちに向けられた。
長女・次女・長男とも被害者を憎んでいて、金に困っていた。アリバイもなかった。
だが現場の証拠が少なく、誰がやったのか特定は難しかった。

探偵と警部は現場を調べ、血のついた手袋を見つけ出した。
机の下の狭い隙間にあった。
何らかの拍子で入り込み、犯人も見つけられなかったのだろう。

「ずいぶん小さい手袋ですね」と警部は言った。
「これで容疑者がひとり消えますな。あとは指紋を調べれば、犯人が特定できるでしょう」
「犯人は既にわかっていますよ」と探偵。
「調べるまでもありません。もう解決したも同然です」


1時間後、探偵が自首してきて、事件は終わった。
彼女も被害者の娘だったらしい。

341 : スレ違いすまそ : 2005/07/22(金) 14:31:40 ID:yBVoU0je
8 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2005/07/22(金) 01:52:30 ID:EN3fxOUU0
以前にマクドナルドでバイトの女の子に対して通常とは逆の順番で注文したら
どうなるか試したという書き込みがあった。

つまり、「店内で、バニラシェークのMサイズと、マスタードソースのナゲットと
ポテトのSサイズとチーズバーガー下さい」という風に。

レジの女の子はすっかり頭が混乱してしまって、何度も注文を聞き返し、おまけに
最後に「店内でお召し上がりですか」と聞いたそうだ。

面白い。そこで、サブウェイでも同じことをしたらどうなるか、試してみた。

「店内で、ペプシコーラのMサイズと、あと、レギュラー調味料を入れて、野菜を
 全部とピクルス多めにして、Mサイズのハニーウィートにはさんだサブウェイ
 クラブをお願いします。」

バイトの女の子は顔を挙げて言った。「あいかわらずの性格ね。」

別れた彼女だった。

343 : 名無しのオプ : 2005/07/22(金) 18:32:08 ID:BWowgR34
>>341
叙述とは違うだろうけどワロタ

ぶっちゃけ面白ければ何でも良かったりする。

349 : 名無しのオプ : 2005/07/23(土) 13:03:52 ID:Y6Ix4e3J
俺Fがが結婚の報告をするために上司のいる場所へ向かっていると、
脇の通路から同僚Kが出てきた。
F「あれ?K どこ行くの?」
K「いや、今度結婚することになったんで、上司に報告しようと思ってさ」
F「マジ?俺も今度結婚するんだよ。で、俺もいま報告に行こうと思ってたトコなんだ。じゃ、一緒に行くか」

FK「失礼します。」
上司「おう、どうした二人そろって?」
F「お話があるんですが、ちょっといいですか?」
上司「? いいけど、どうした?」
FK「実は今度… 僕 た ち、 結 婚 し ま す ! 」
上司「えぇ!?」

350 : 名無しのオプ : 2005/07/23(土) 17:21:28 ID:ltbmgZ0G
>>349
あはは、おもしろい

379 : 名無しのオプ : 2005/07/26(火) 13:36:57 ID:qQDnklBv
息が苦しい。それに生臭い臭いがする。
視界がぼやけて良く見えないが、どうやら固い板の上に押さえつけられているみたいだ。どうにか逃げだそうともがくが、どうやらそれも叶わない。
私を押さえつける人物は何か呟きながら刃物を取り出す。
そして嬉しそうな顔で私に突き立てた。
私の意識はそこで途切れた。





「へい、鰈の刺身お待ち!」

385 : 名無しのオプ : 2005/07/28(木) 00:50:16 ID:924Cz0f3
150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2005/07/26(火) 13:11:38
2台の自動車がフリーウェイで正面衝突した。2台とも大破したが、どちらの運転手も無事だった。
先に車から這いだした老紳士が他方の車に駆け寄り、運転していた中年の男を助け出してから柔らかい物腰で言った。
「お怪我はありませんかな?」
男は、相手の意外なほどに紳士的な態度に驚き、丁寧に答えた。
「ええ。あなたは?」
「私も無事です。こんな事故なのにお互いに怪我一つしないなんて、奇蹟としか言えませんな」
そう言うと老紳士は、内ポケットから小瓶を取り出して男に差し出した。
「こんなときは気を落ち着けるのが一番ですぞ」
「おお、これはありがたい」
男は小瓶を受け取り、中身のウイスキーを半分ほど飲み干した。
「さあ、あなたも」
男が返した小瓶を受け取ると、老紳士は小瓶の蓋を閉めて内ポケットにしまい、皺だらけの顔に微笑みをたたえて言った。

「私は警察の事故処理が終わってからゆっくりと」

386 : 名無しのオプ : 2005/07/28(木) 06:51:38 ID:dlGXJovQ
>>385
やべ、これ使えたらいいな

387 : 名無しのオプ : 2005/07/28(木) 06:59:58 ID:aSoDT8T1
老紳士カコイイな

389 : 名無しのオプ : 2005/07/28(木) 17:57:31 ID:RMeoxZZB
782 :水先案名無い人:2005/07/20(水) 22:25:46
慈善活動センターがリストを整理してみると、某弁護士からの寄付が一度もないということが判明する。
そこで、寄付集めの担当者が弁護士に電話して寄付の説得に努めてみた。
「当センターの記録では、年収50万ドル以上の方のなかで、一銭の寄付もしていないのは貴方だけということになっています。社会還元について前向きにお考えですか?」
少々考えた挙句、弁護士が口を開く。
「まず第一に、私の母親が長いこと寝たきりで死にかけていること、その上、その医療費が彼女の年収の数倍もするということをご存知の上での質問ですか?」
言われて面食らった職員の口から出るのは、ただ
「えー・・・、いいえ。」
「・・・それだけじゃないんだよ。私の弟はね、戦争に行って障害者になっている。目が見えないし、車椅子のお世話になっているんだ」
手負いの職員、弁解を口篭もり始めるが、それを遮って
「・・・まだある。私の妹は交通事故で亭主をなくしてね。子供を三人抱えて一文無しの状態さ」
弁護士の口調に憤慨の色合いが増してくる。
面目を失った職員、完膚なきまでに言い負けてただの一言
「お気の毒様です・・・」

弁護士は最後に一言
「そんな身内にも一銭も恵んでいないこの私が、君のところに寄付するとでも思っているのかね?」

395 : 名無しのオプ : 2005/07/29(金) 17:34:57 ID:w7lvFYGQ
俺の友人の写真がとんでもないところで使われているのを見てしまった。
警察が電柱に貼った連続殺人犯の手配写真だ。
最初はそれと解らなかったが、あの鋭く、真面目そうな印象を持たせる瞳は
見ればみるほど友人の目、そのものだった。
彼は指名手配などされる人間ではなかった。彼は警官だ。殺人など犯せる
人間ではないことは俺が一番よく知っている。
その晩、友人に連絡した。「ああ、写真、見たんだ・・・」友人はポスターに
使われている写真が自分の物であることを認めた。俺は友人に訊ねた。




「モンタージュ写真のモデルってなると金とかもらえるの?」

397 : 名無しのオプ : 2005/07/30(土) 00:55:01 ID:0mH6GtXH
794 名前:水先案名無い人[sage 甜菜] 投稿日:2005/07/26(火) 21:01:50 ID:iwu919sW0
チャームポイントは大きな目ですが、何せ彼女は大スター、
その上常に世界中を飛び回っているので、彼女の穏やかで優しい目を
直に見る経験は中々出来るものではありません。
大の親日家である彼女は毎年日本を訪れます。
彼女が来日するという情報が伝わると、マスコミも一斉に特集を組み、
移動スケジュールや訪問先の様子等を報じます。
少々思いやりに欠け、騒動を引き起こしたりする為なのか、彼女を嫌う人も沢山います。
が、一方で熱烈なファンも多く、特に子供たちの間での人気は絶大で、
彼女がやってくると分かれば学校中がその話題で持ちきりとなります。
来日中は行政や公共機関も彼女の一挙一動に注目し、
安全への配慮の為、彼女の近くを通る道路を通行止めにしたり、
航空会社が彼女の為に急遽運行予定を変更したりする事は珍しくありません。
最近、「彼女をニックネームで呼ぼう!」という運動が始まりましたが、イマイチ日本では定着していません。




【台風】


405 : 名無しのオプ : 2005/07/31(日) 00:34:55 ID:ggbG4EuJ
俺、高校生なんだけどさ
この前の朝毎度のごとく学校遅刻しそうになったから
急いで学校に向かったのね。そしたら
交差点のところで、トーストパン加えた女の子が走ってきて
ドッシーンって感じでぶつかっちゃってさ、なんだよ!
って思ってその子みたら俺と同じ制服着てるわけ。
なんかマンガみたいで戸惑った。
でも現実逃避してる場合じゃないから
急いで乗ってた原付のエンジンかけて逃走したよ。

407 : 名無しのオプ : 2005/07/31(日) 00:49:35 ID:oK3uJSRR
>>405
まっとーな叙述だね、上手い

417 : 名無しのオプ : 2005/07/31(日) 20:30:49 ID:vlT8gsWX
朝、起きて、ふと時計を見ると、すでに8時15分!
おいおい!7時30分に目覚まし時計セットしておいたのに
なんにも鳴らなかったじゃねぇか!故障してんのか!ぶっつぶすぞ!
ぶつぶつ言いいながらも、今、目覚まし時計にムカついてる場合じゃないことに気づく。
とりあえず急いでTVつけて制服に着替え始めたんだけど
どうやらTVも故障していて、音がでなくなってやんの。
最悪・・・。
しょうがないから音楽でもかけようってんで
ステレオコンポのスイッチ入れたんだがこれがまた故障だ。
なんなんだよ今日は!
ってもうこんなことしてる場合じゃない。
早くいかねぇとまぢ遅刻だ!
てな勢いで家飛び出したってわけ。
最悪な朝だったけど唯一救いだったのが
いつも家の前を通るギャァギャァうるさい小学生たちが
今日は誰一人しゃべってる奴がいなかったことかな。

460 : 名無しのオプ : 2005/08/05(金) 22:49:20 ID:cqGU+fJG
出産を1ヵ月後に控えた妻が、とつぜん激しい腹痛を訴えて苦しみだした。
私は、慌てて妻を車に乗せ、救急病院へと向かった。
到着後、すぐに緊急手術が行われたが、容態は悪く
予断を許さない状況だ。
私は手術室の外で、ひたすら妻と、まだ見ぬ我が子の無事を
神に祈るしかなかった。
数時間後、手術中を示すランプが消え、医師が中から
満面の笑みをたたえて現れた。
「無事、手術は成功しました。お子さんも奥様も、元気ですよ。
さあ、中に入って言葉をかけてあげてください。」
私は流れる涙を拭くのも忘れ、医師の手を取り感謝の言葉を告げ、病室のドアを開けた。
中に入ると、血まみれになった、妻と子供の遺体がベッドの上に並んでいた。
その時、ドアから賑やかな大勢の笑い声とともに、クラッカーが打ち鳴らされた。

「エイプリル・フール!!」

461 : 名無しのオプ : 2005/08/05(金) 22:54:00 ID:cqGU+fJG
自分で投稿しといてなんだが叙述じゃねぇな↑
話の流れを大きく覆すオチがついているというだけであって

462 : 名無しのオプ : 2005/08/06(土) 00:15:05 ID:IOOHrfwo
いや、まぁ騙されることは騙されるしいいんでない?

468 : 名無しのオプ : 2005/08/06(土) 22:57:16 ID:L1bZpwbV
叙述かどうか・・・この前見たこと。

電車の中。
座る席のない状態でひとりのばあちゃんが乗ってきた。
で、シルバーシートの前に立った。
シルバーシートには20歳前後の男が座ってた。
で、なんだかねえ「席を譲ってやれ」とか隣に座ってたおばちゃんなんかに言われてたわけよ。
ちょっとはなれたところだからよく聞こえなんだが、男の人もなんか言い返してるの。
「あらまあ席も譲らずに居座るかね」なんて思いつつ見ていたけど、しばらくしてしぶしぶ立ち上
がって席譲ったのよ。
それで男の人、いづらかったのか何なのか、そのまま隣の車両に歩いて行っちゃわけ。




足をひきづりながら

470 : 名無しのオプ : 2005/08/07(日) 01:13:30 ID:+Vuev3Lw
>>468
隣に座ってたおばちゃん最強

484 : 名無しのオプ : 2005/08/09(火) 13:33:23 ID:XDURmd6W
ロールスロイスの技術者は、旅客機や戦闘機の風防に向かって、死んだ鶏を高速で発射する特殊装置を製作した。
しばしば発生する鳥の衝突事故を模して、風防の強度試験をするためだった。
この発射装置のことを耳にしたアメリカの技術者たちは、
是非それを使って最近開発した高速列車のフロントガラスを試験してみたいと考えた。
話し合いがまとまり、装置がアメリカへ送られてきた。
発射筒から鶏が撃ちだされ、破片飛散防止のフロントガラスを粉々に打ち破り、制御盤を突き抜け、
技術者がすわる椅子の背もたれを二つにぶち割り、後部の仕切り壁に突き刺さった光景に技術者たちは慄然とした。
驚いたアメリカの技術者たちは、悲惨な実験結果を示す写真にフロントガラスの設計図を添えてロールスロイスへ送り、
イギリスの科学者たちに詳しい意見を求めた。それに対するロールスロイスからの返事はたった一行だった。

「チキンを解凍してください。」

486 : 名無しのオプ : 2005/08/09(火) 15:11:06 ID:r2wgkQkX
このスレで見た記憶があったのだが、抽出しても出てこないので貼る

438 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2005/08/09(火) 07:48:44
・・・その、恥ずかしながら今日初体験しました。車の中です。
仰向けにされて、入ってきたときも想像していたほど痛くありませんでした。
行為そのものは十分ほどで終わりましたが、感覚的にはもっと長かったような気もします。
終わってみると何だかあっさりしていて拍子抜けでした。








意外と気軽にできるんですね、献血って。

525 : 名無しのオプ : 2005/08/15(月) 02:46:52 ID:BOQIna/E
572 名前: 名無し職人 投稿日: 2005/08/15(月) 00:14:33
派遣されたバイト先 某服飾店にて

「あの、僕服とか…よくわからないので、似合うの探してほしいんですが…」

り、リアル電車男!?

襟の広がりきった地味な青のTシャツに、着古した半ズボン
見たところ中学2年生ぐらいのその少年(岡田義徳にちょい似
に声を掛けられた私はすぐにスタッフを呼び集め
試着室に少年を閉じ込め
何度も何度も売り場を往復し似合う服を探し続けた
結果、少年は白いシャツをなびかせる小さなイケメンへと変化した

「お会計、2100円頂戴いたします」

ここはライトオン。最終夏物処分市

527 : 名無しのオプ : 2005/08/15(月) 22:19:21 ID:1Ny8ZYFG
あと、これは叙述トリックに通じるものがあると思うんだが


702 名前:名無しさん? 投稿日:04/03/26 18:53
父が「悪徳商法に騙されない方法」というビデオを30万円で買ってきた…(´・ω・`)ショボーン

538 : 名無しのオプ : 2005/08/17(水) 01:08:17 ID:gA/I/qnK
>>527で「うまいっ!」と叫んでしまった。
夜中なのに(´・ω・`)ショボーン

529 : 名無しのオプ : 2005/08/16(火) 05:05:28 ID:+r6ZL4a1
なんか機械音痴の母がデジカメを買った。
どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。

何日かしてメモリがいっぱいで写せないらしく
「どうすればいいの?」って聞いてきたが
「忙しいから説明書読め!」とつい怒鳴ってしまった。
さらに「つまらないものばかり写してるからだろ!」とも言ってしまった。
そしたら「・・・ごめんね」と一言。

そんな母が先日亡くなった。
遺品整理してたらデジカメが出てきて、何撮ってたのかなあと中身を見たら
俺の寝顔が写ってた・・・涙が止まらなかった。

531 : 名無しのオプ : 2005/08/16(火) 08:34:48 ID:m5ObK9Ny
>>529 毒男とカーちゃんを文章にしただけじゃないか!

539 : 名無しのオプ : 2005/08/17(水) 10:33:47 ID:dFyUbcRb
妹「お兄ちゃん、モテナイもんね」
兄「うるせぇ、キスくらいした事あるよ」
妹「嘘ばっか」
兄「ホントだ」
妹「…じゃあ、やってみせて」
兄「おまえ…」
妹「ん…ほら、はやく」

兄「………チュ」

妹「ホントにしてくれたんだ…お兄ちゃん、好き…」

兄「ジャイ子…」

543 : 名無しのオプ : 2005/08/17(水) 22:39:28 ID:gaL5h1w+
>>539
叙述トリックを使わずに叙述トリックを成立させた驚くべき作品

548 : 名無しのオプ : 2005/08/18(木) 00:03:05 ID:essz+LKf
345 名前: 名無しさんの初恋 [sage] 投稿日: 2005/05/07(土) 13:08:25 ID:QAh33Axg
厨房の時、下校しようとしたら雨が降ってて
傘を持ってなかった俺は下足室で
降りしきる雨をぼんやり眺めていた。
そうしたら、ふいに後ろから
「傘持ってこなかったの?」
という声。
振り返ったらクラスメートだった。
普段そんなに話さないから、「結構かわいい顔してるのでモテる」
という認識しかなかった。
「ん?ああ。天気予報見てくりゃよかった。」
苦笑いしながらこう答えると
「はい。」
持ってた傘をいきなり俺に渡して雨の中を走って行った。
唐突すぎてすぐに動けずにいる俺は、雨に煙る校庭を駆けていく
後ろ姿を見送ることしか出来なかった。
(冗談だろ? 20年前のマンガかよw)
苦笑しながらも、せっかくだからそいつの傘をさして帰った。
次の日、傘を返すついでに聞いてみた。
「いきなりなんだよあれはw」
「いや、なんか困ってるみたいだったし。
でも一緒の傘に入って帰るのも恥ずかし・・(ゴニョゴニョ」
少し頬を赤くしながらうつむいて話す。
俺は完全に惚れてた。


そいつがもし女だったら。
orz




549 : 名無しのオプ : 2005/08/18(木) 00:28:53 ID:8ssjDRIZ
>>548GJ!

551 : 名無しのオプ : 2005/08/18(木) 00:58:34 ID:8ssjDRIZ
個人的には結構隙かも。

796 : 名無しのオプ : 2005/09/09(金) 01:20:27 ID:+NOC8dzp
この展開には笑ってしまった


548 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 2005/09/08(木) 19:35:06 ID:kr0qQ+F6
JOJO全巻は基本でしょ

549 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 2005/09/08(木) 19:56:25 ID:WT6Sftp2
太宰と芥川と森と京極は基本でしょ

559 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 2005/09/09(金) 00:22:12 ID:NPk23Dqo
>>549に同意。
太宰は高校までに一度は読むだろ。
せめて人間失格と晩年くらいは読むべきだ。
20世紀旗手は最初の言葉は有名だけど内容は太宰の作品中で1,2番目に鬱だから読むのは辛いかも。
芥川は文章が古いから読みにくいけど太宰よりはキツくないと思う。鼻とか二つの手紙とか良いのは沢山あるし。
森はS&Mシリーズは必須。京極は全巻読むのが当然。
JOJOは5部までは読んどくべきだ。ちなみに今現在7部進行中。
長い戯言でスマソ。

561 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 2005/09/09(金) 00:26:16 ID:3cTc0VMM
森が博嗣だと思わなかった。

562 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 2005/09/09(金) 00:54:25 ID:60z54zRX
太宰と芥川と森

だったら鴎外になるだろうが、
そこに京極が加わるとなぜか博嗣になるなw

563 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 2005/09/09(金) 01:02:55 ID:PLtAGRCK
京極ミステリマジックだ

799 : 名無しのオプ : 2005/09/09(金) 01:52:27 ID:bZHM6lS5
>>796
秀作wwwww

803 : 名無しのオプ : 2005/09/09(金) 05:03:30 ID:hck7CmEX
>>796
なんか納得した。

566 : 名無しのオプ : 2005/08/19(金) 16:51:26 ID:bbtEU6lR
こんなのみつけた。


274: 2005/08/19 16:18:09 ??? [sage]
先日、私の携帯に友達から電話がかかってきた。
友達「今タリーズにいるんだけどおまえガムシロ、ミルクいくつ要る?」
私「じゃ2つずつ」
友達「わかった、じゃあとでな」



そして友達は私に、ガムシロとポーションミルクだけを2つずつそっと渡してくれた。


574 : 名無しのオプ : 2005/08/20(土) 09:25:23 ID:RLPxgiyL
幼い頃は真面目な優等生だったが、誘拐され暴行された一件をキッカケに
母親曰く「不良になっ」てしまった。
最初の殺人は5歳のとき。
「旅行者か?」と尋ねてきた人をいきなり蹴り殺し、死体は海に捨てた。
10歳のとき、全世界にテレビ中継される中で、7人の子供たちを
1人ずつ頭を叩き潰して殺した。殺してるときには思わず「あー」と声を出してしまった。
子供たちの親もバラバラにして殺した。すぐにトドメをささなかったのは
「ああいうやつはもっと苦しめてやらなきゃ」という理由らしい。
のちにサタンの息子と呼ばれるようになる。









孫悟飯

594 : 名無しのオプ : 2005/08/21(日) 14:42:09 ID:mykEfYdb
157 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/08/21(日) 12:30:51 ID:wxbB1U1T
18歳の頃…駐車違反を5回連発。反則金未納のままで、とうとう裁判所から
「出頭命令通知」が来たんです。しかも、そのハガキの末尾にはボールペンで
「洗面道具持参」と書いてありました。一気に血の気がひき、青ざめた私は父に
報告。父は「2~3日泊まれば、帰って来られるよ」と励ましてくれました。

意を決して、洗面道具と着替えのパンツを持っていざ裁判所へ!しかし裁判官は、
淡々と事を済ませ、そのハガキを見て笑いました。
そこで、初めて気が付きました!父の仕業だと…!

595 : 名無しのオプ : 2005/08/21(日) 15:32:20 ID:cNWwKlM4
ワロタ

600 : 名無しのオプ : 2005/08/21(日) 23:01:07 ID:O9EOhWi0
叙述じゃないけどオチに糞ワロタやつ

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/07/14(木) 20:37:28

俺流休日の過ごし方

7:00  17歳同棲中の彼女のキスで起床
7:15  優雅にモーツァルトを聞きながら彼女のお手製ブレックファースト
8:00  庭のテニスコートでテニス
12:00 庭でバーベキュー
13:00 自家用機でアルプス山麓を遊覧
15:00 彼女のお手製アップルパイとボルドー産70年物ワインで一服
    途中新規ビジネス成功の知らせが入るがプライベートタイムだと怒って電話を切る
16:00 物欲しそうな彼女をなだめポロの試合に参加
18:00 ポールマッカートニーの弾き語りをBGMに、一流ホテルのコックを招いてのディナー
21:00 彼女とのベッドタイム
21:10 就寝

601 : 名無しのオプ : 2005/08/21(日) 23:09:54 ID:5umS1xlq
>>600
たしかに叙述じゃねーがおもしれーw

604 : 名無しのオプ : 2005/08/22(月) 07:34:07 ID:a6rGWSjG
>>600
やばい。この中で一番笑った。
・・・いや、笑いを求めるスレじゃないってことぐらい分かってるけどさ。

605 : 名無しのオプ : 2005/08/22(月) 09:29:29 ID:QQ19pY5G
>>600
ごめんこれ分からないんだけど
叙述としても、ネタとしても

だれか解説していただけるとうれしいんですが

606 : 名無しのオプ : 2005/08/22(月) 10:18:02 ID:BRgaQvr4
>>605
ヒント:ベッドタイムの時間

642 : 名無しのオプ : 2005/08/25(木) 08:33:48 ID:+NQSrSDZ
457 名無し職人 sage New! 2005/08/06(土) 17:56:25
あまりの暑さに、伸ばしてた髪をバッサリ切って坊主頭にした



旦那が泣いた

646 : 名無しのオプ : 2005/08/26(金) 06:18:42 ID:alf7adir
俺「お・に・い・ちゃん!」
俺「なんだ勝手に部屋に入っちゃだめだろ」
俺「えへへ…」
俺「あたし…知ってるんだよ…おにいちゃんのベットの下に…」
妹「あんた何やってるん?」

654 : 名無しのオプ : 2005/08/26(金) 23:53:51 ID:fjsYb5wI
>>646
なんかそれ無茶苦茶高級なトリックに思えてきた

647 : 名無しのオプ : 2005/08/26(金) 08:04:27 ID:DIATUlkP
あ、最初からネタバラシしてんのにひっかかった

649 : 名無しのオプ : 2005/08/26(金) 21:31:27 ID:kUG6czz3
414 名前:686 ◆7LUTmGmqEY [sage] 投稿日:2005/08/26(金) 00:24:42 ID:jNTOr1EP
やっと掃除が終了。補修は明日以降の見積もり待ちとなりました。
補佐と心身共に疲れて帰ってくると机の上に封筒が・・・・・
中身は本部長の筆跡で「コレで旨いものでも食ってくれ」とのメモと
 

 

 

 

 

 

 

割り箸が2膳・・・・・・・オイラも本部長も関西人なので
この手の洒落は有りなんだが・・・・・・補佐と共に乾いた笑いしか出て来ませんでした。
「さぁ、タクシー呼んで帰るかぁ」タイムカードの所に行くと
同じ様な封筒がオイラのタイムカードの所に刺さっている?
中を確認すると・・・・「これが本物」っと本部長の筆跡のメモと
タクシーチケットが2枚と3万円が入ってました。
本部長!一生付いていきます!

650 : 名無しのオプ : 2005/08/26(金) 21:43:05 ID:PO47kQhx
いい話だな

667 : 名無しのオプ : 2005/08/27(土) 22:26:26 ID:QiS7/0Cs
このコピペは正統派な気がする。

ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。
一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。
2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男は
ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。
「今日は雲一つない青空だ。」「桜の花がさいたよ。」「ツバメが巣を作ったんだ。」
そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。
ある晩、窓際のベッドの男の様態が急変した。自分でナースコールも出来ないようだ。
ドア側の男はナースコールに手を伸ばした。が、ボタンを押す手をとめた。
「もしあいつが死んだら、自分が窓からの景色を直接見れる・・・」
どうせお互い先のない命、少しでも安らかな時をすごしたいと思ったドア側のベッドの男は、
自分は眠っていたということにして、窓側のベッドの男を見殺しにした。
窓側のベッドの男はそのまま死亡した。
晴れて窓側のベッドに移動したドア側のベッドの男が窓の外に見たのは、
打ちっ放しのコンクリートの壁だった。

675 : 名無しのオプ : 2005/08/27(土) 23:21:04 ID:XqLlWT1B
>>667
小学校だか中学校だかの道徳の時間で読んだことある。
「窓の外には何があったでしょう?」なんて。

668 : 名無しのオプ : 2005/08/27(土) 22:35:22 ID:0xbpLr+j
切ないな

688 : 名無しのオプ : 2005/08/28(日) 19:45:46 ID:JSBsZGO4
4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、
どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。
ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。
「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」
こっそりと中を読んでみたら、
「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」
と書いてあったそうだ。
旦那は去年、交通事故で他界した。
字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・
受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。
「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」
最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。
娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない。
ママを許してね。保険金が欲しかっただけなの。

690 : 名無しのオプ : 2005/08/28(日) 20:33:38 ID:rJuri4vb
>>688
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

689 : 名無しのオプ : 2005/08/28(日) 20:12:08 ID:sP5AkF0i
意表をつくお話

708 : 名無しのオプ : 2005/08/30(火) 00:23:50 ID:85t9AAhS
すまん、スレの流れを無視して書くんだが

十年ぶりだかで田舎に帰ったんだけど、俺はちょっと暇持て余して買い物してたんだよ。
そしたら臨時休業か何かでさー、店閉まってて呆然としてたら、
隣の女も同じく空振り食ってたらしくて「あはは、これじゃしょうがないっすねー」っつって笑いあってた。

その人、ショートカットで飾らない感じで、可愛い系ってより美人系って感じの、
もろに俺の好みでな、かなり気になってたんだが、そしたら向こうから
「あの、良かったら・・・これから一緒に買い物でも行きませんか?」
って言ってきたんだよ。二つ返事でOKしたよ。

その人とは、話も合うし、何より一緒にいてすごく楽しいんだ。なんか今日はじめて会ったって気がしない。
俺は今まで告白なんてしたことないチキン野郎だったんだけど、
勇気を振り絞って「また会えませんか?」って言ったんだがそこで目が覚めました。

おはようお前等。

709 : 名無しのオプ : 2005/08/30(火) 01:03:52 ID:gYfqGgZI
・・・なんか悲しいな・・・

717 : 名無しのオプ : 2005/08/30(火) 23:40:30 ID:b28RvenA
古いコピペだが

807 名前:学生さんは名前がない[sage] 投稿日:2005/08/30(火) 22:34:30 ID:G7ub4NpD0
先日近所のTSUTAYAで俺がトイレに入ったときの話だ。
個室で用をたしていた俺の隣に誰かが入ってきた。
普通個室ごしに話しかけたりなんて絶対ないんだがいきなり 「おぅ、こんちは」
と来た。正直俺は「は?」と思ったがしょうがないので 「こんちはっす」
と答えたさ。そしたら 「最近どう?」
とたわいのない話してきやがった。しょうがないので 「まぁ普通だよ。忙しいのかい?」
と適当にお茶を濁した。
そしたら急に相手は声色が低くなり小さな声で
「ちょっとかけなおすよ、何かとなりにいちいち返事する変なのがいる」だって・・・

721 : 名無しのオプ : 2005/08/31(水) 15:37:30 ID:2csKRmjj
友人からラベルの貼られていないビデオを借りた。
ふと中古屋で見つけ、試しに買ってみると望外によかったらしい。

とても古い映画だった。
厳しい雪山を背景に人名とおぼしき題名が現れた。
この男のドキュメンタリーなのだろうか。
上司の不条理な命令に背くことができず、デスマーチに身を投じる男たち。
物語は進んでいくが主人公の男は一向に出てくる気配がない。
この男たちの中に彼はいるのだろうか。
物語はクライマックスに向かう。
私は彼を見つけるのに必死で、ストーリが頭に入らない。

そして、物語は終わった。
私は、彼を見つけることができなかった。

ビデオを返すときに友人に問うた。


「なあ、誰が『山田甲八』だったんだい?」

724 : 名無しのオプ : 2005/08/31(水) 20:25:10 ID:Kqzlp5TH
>>721
ちょっと予想できないオチで吹いた。

725 : 名無しのオプ : 2005/08/31(水) 21:52:14 ID:vVWyVMnk
>>721の説明をしてくれ

727 : 名無しのオプ : 2005/08/31(水) 22:15:51 ID:NlNxbeUx
>>725
映画の八甲田山
たぶんテロップ表記が


山 田 甲 八

なんだろ

749 : 名無しのオプ : 2005/09/03(土) 12:28:08 ID:eF6Wib3d
984 :素敵な旦那様 :2005/09/02(金) 00:13:09
明日は嫁の手術の日なんだ。
見舞いに行って、ついさっき入院先の病院から帰ってきた。
帰り際にあいつの手を握ったんだが、むくんでたよ。
あんなに細かった指なのにな。
息も苦しそうだった。痛いだろうにな。
それでもお腹を押さえながら、起き上がって俺に言うんだよ。
「明日はがんばるね。大丈夫、心配いらないから」
俺、がんばれよ、としか言えなかったよ。ほんとは心配だよ。
今夜はずっと傍についてようと思ってた。
そしたら、私はまだ大丈夫だから、それより俺がちゃんと飯食って
風呂入って、寝てくれないと落ち着かないって言われてさ。
それで戻ってきたんだ。
ヤツと約束したから、飯も食ったし(嫁がおかずを冷凍してくれてる)、
風呂も入った。後は寝るだけだ。
さすがに、今夜は飲まずにはいられないから飲んでるが。
このスレを読んで勇気をもらったよ。
明日こそは、ヤツに伝えようと思う。
愛していると。ずっとこの気持ちはかわらないと。
そして、こんな俺と一緒になってくれて、ありがとうと…。

750 : 名無しのオプ : 2005/09/03(土) 12:28:43 ID:eF6Wib3d
20 :前スレ984 :2005/09/02(金) 14:26:41
とりあえず一旦病院から戻ってきた。手術の予定が早まって
あわてて病院行ったもんだから、携帯と免許証忘れてたんだ。
俺親と嫁親を駅まで迎えに行かなきゃならんのに、連絡取れない
とまずいからな。
結果から言うと、手術は成功したよ。
嫁は薬?が効いてるから寝てる。
手術室に運ばれる前、とても苦しそうにうなってた。
でも、「がんばるからね」って笑顔で言うんだ。
思わず涙腺がゆるんだ。
「大丈夫。俺がついてる。愛してるぞ」
ってとても素直に言えたよ。

とうとう俺も親父になった。3230gの女の子だ。
娘はまだ真っ赤なサルだけど、元気に泣いてたよ。
かわええなあ。
俺、絶対いい親父になってみせるぜ!

おっと、そろそろ迎えに行く時間だから、それじゃあな。ノシ
心配してくれた前スレのみんな、ありがとう。

751 : 名無しのオプ : 2005/09/03(土) 13:11:30 ID:IPZwyHJ9
嫁さんが執刀医なのかとオモタ

753 : 名無しのオプ : 2005/09/03(土) 13:59:08 ID:Lqo5hlBH
おれも。嫁=医者だと思った。

754 : 名無しのオプ : 2005/09/03(土) 14:08:52 ID:27LutNJB
どこが叙述か全然わからん……
娘が実はサル?じゃ意味が通らないから単なる喩えだろうし。
普通の話じゃないのか?

755 : 名無しのオプ : 2005/09/03(土) 14:10:23 ID:Lqo5hlBH
最初は手術としてるとこから、
嫁が生きるか死ぬかの危機だったように読ませたかったんだろう。
ちょっと中途半端だね

758 : 名無しのオプ : 2005/09/03(土) 15:57:06 ID:27LutNJB
>>755
あー、分った。そういうことか。
途中から普通に帝王切開だと思って読んでたよ……

778 : 名無しのオプ : 2005/09/04(日) 19:40:59 ID:1xTu+tJ8
先日友人からこんな噂を聞いた。
『午前零時にN公園の男子便所個室にはいり、その壁を
 前、右、左、後ろの順番で見ていくと天井から伸びてきた手に
 頭をつかまれ魂を抜かれてしまうらしい』だそうだ。

ある日、バイトの帰りに急な便意におそわれた俺は
通りがかった公園の便所に駆け込んだ。
用を足しながら携帯をいじっていた俺はふと友人の言っていたあの噂を思い出した。
「N公園の男子便所ってここじゃないか…」
携帯の時刻表示は…午前零時だ。
そして携帯のバックライトで照らされた壁が目に入った。
目の前の壁には文字が刻まれていた。
『右を見ろ』
…まさか。
俺は右の壁を見た。そこにも文字が書かれていた。
『左を見ろ』
首を返して見た左の壁には
『後ろを見ろ』
落ち着け俺。友人の言っていた事はあくまで噂じゃないか、
あんなオカルトあるわけないだろ。俺は体をひねり後ろを見た。
そして後ろの壁には
『上を見ろ』
まずい。非常にまずい。
流石にやばいと思った。
でも俺は操られるように上を見上げてしまった。
そこには。天井には…



『便所の中でキョロキョロしてんじゃねーよ、バーカ』

790 : 名無しのオプ : 2005/09/07(水) 15:59:59 ID:VhiTtYSY
俺のじーさんが、胃のところを指差して痛い痛い。心臓のところを指しても痛い痛い。体中どこ指しても痛い。ワシもうあかん、といったので医者に連れて行って診てもらったら










指が折れてた

816 : 名無しのオプ : 2005/09/10(土) 14:33:07 ID:4ON10EE9
718 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/09/09(金) 17:48:57 ID:cC8nJNt3
町で名医で名高い医者のもとへ、とても美しいご婦人が訪れた。
「先生、とても恥ずかしいことなんですけど・・・・。私おならがとまらないのです。
でも、音もしないし、匂いも全くしないので、誰も気付かないのですが・・・。
実は、今ここでも数回のおならを・・・・。」
先生は一週間分の薬出して、婦人に渡した。
翌週、カンカンに怒った婦人が再び医師のもとを訪ねた。
「先生、どうしてくれるの!前より悪化したのよ。
おならは相変わらずでるし、それに耐えられない匂いもするようになったわ。」
医師は少しも慌てずに答えた。
「宜しい奥さま。鼻は治りましたね。今度は耳ですな。」

819 : 名無しさん@そうだ選挙に行こう : 2005/09/10(土) 23:42:29 ID:pG8+Nv/F
>>816
きれいだね
初見だった

867 : 名無しのオプ : 2005/09/16(金) 08:41:42 ID:A5UCLH8M
秀逸とは言い過ぎたかも知れんが・・・

フルーツジュースを作るために、果物を用意する。必要なのは、りんご、バナナ、オレンジその他はなし
それらをミキサーの中で牛乳とかき混ぜて出来上がり。

さて果物は何種類つかったでしょう

873 : 名無しのオプ : 2005/09/16(金) 10:35:42 ID:piXDgSV1
>>867
シンプルだけど、そういうの好きだな
正統派って感じがする。アリガトン

882 : 名無しのオプ : 2005/09/16(金) 20:00:00 ID:rPQFFAJI
966 :以下、名無しにかわりましてモナーを取り返します :2005/09/16(金) 14:51:26 ID:IrEFN1ia0
その地元の会社は事務員を捜しており、窓に広告を出した。出した広告にはこう書いてあった。
「従業員募集!タイプができること、コンピュータに熟達していること、バイリンガルであること。
この会社は雇用機会均等法を遵守しています」と。
ほどなくして、一匹の犬が足早に窓のところにやってきてその広告を見た。
そして中に入っていった。
犬は受付係を見てしっぽを振ったあと、広告のところまで歩いていき鼻を鳴らした。
犬が何を考えているかわかった受付係が事務所のマネージャーを呼ぶ。
このマネージャーは犬を見るなり、控えめに言っても驚いた。
けれども犬の決心が固そうだったので、事務所の中に招き入れる。
中に入ると犬は椅子に飛び上がりマネージャーをじっと見つめる。
マネージャーが言う。
「お前を雇うことはできないよ。広告に出てたろう、タイプができなきゃダメだって」
犬は椅子から飛び降り、タイプライターの所へ行き完璧な文字を打ち始めた。
そして打ち出したページを取ってマネージャーのところへ駆け足で行きページを渡した。
そしてまた椅子に戻った。
マネージャーは驚いてしまったが、また犬に言った。
「コンピュータも使えなきゃダメだって書いてあったろう?」
犬はまた飛び降りるとコンピュータへ向かった。
そして今まで動いたことがないプログラムをセットするや、完璧に実行した。
この頃にはマネージャーも唖然としていた。
彼は犬に向かって言った。
「お前が賢いのはよくわかかった。面白い能力を持っていることもな。でもやっぱり雇うことはできないよ。」
犬は椅子から飛び降りて広告のコピーの所へ行き
『この会社は雇用機会均等法を遵守しています』と書かれている文章を指さした。」
それに対してマネージャーが言う。
「そりゃそうだが『バイリンガルであること』とも書いてあるぞ」

すると犬はマネージャーを平然と見つめて言った。        「ニャー」

884 : 名無しのオプ : 2005/09/16(金) 20:30:02 ID:ceKRRBEh
>>882
初見だった
おもしれー

883 : 名無しのオプ : 2005/09/16(金) 20:15:32 ID:ytPEhy1v
面白い!!
笑ったwwwww

923 : 名無しのオプ : 2005/09/19(月) 20:12:11 ID:EBCxnb4p
104 :名無し職人:2005/09/12(月) 03:20:31
覆面パトカーがサイレンを鳴らし、前を走っている車を止めた。警官が降りてきて、運転席のドアを開けるように指示した。
「なんでしょう、おまわりさん?」
「ここは制限速度60キロの道路ですけど、あなた、80キロ以上で走ってましたよ」
「とんでもありません、せいぜい65キロですよ」
そう運転手が答えると、助手席に座っていた妻が言った。
「まぁ、あなたったら。余裕で80キロ出てましたよ」
運転手は黙って妻をジロリと睨みつけた。警官が続ける。
「テールランプについても、違反切符を切らしていただきますので」
運転手が驚いたように言う。
「テールランプが点いていなかったですって? それは申し訳ない」
すると妻が言った。
「まあ、あなたったら! テールランプが故障しているのは、何週間も前から知っていたじゃないの」
運転手は黙って妻を再度ジロリと睨みつけた。警官が続ける。
「シートベルトを着装していないので、それも減点になりますね」
運転手がまたまた驚いたように言う。
「あ、これは、おまわりさんがこちらに歩いて来たので、失礼のないよう外したんです」
妻がまた口を開く。
「まあ、まあ、あなたったら。あなたってば、シートベルトなんかしたことがないじゃないの!」
「テメエは黙っとれ!」
とうとう、運転手は、妻のほうを向き、怒鳴り散らした。
警官がそれを制止しながら妻に尋ねた。
「奥様、ご主人は、いつもこういう口のきき方をするのですか?」
すると妻が答えた。
「いつもだなんて、とんでもない。酔っ払ったときだけですわ」


924 : 名無しのオプ : 2005/09/19(月) 20:15:05 ID:s0DL1w+1
>>923
叙述かどうかはおいといて面白い(ww

928 : 名無しのオプ : 2005/09/19(月) 20:39:02 ID:s0DL1w+1
79 :名無し職人 :04/11/17 16:51:26
俺この前さぁ勇気を振り絞って好きな子に告白メールしたのよ
そしたら帰って来たメールがさ・・・

すげーキモいんだよてめー!お前なんか好きになる訳ねーだろ死ね!
きもいから二度とメールもしてくんなよオタク野郎!

びっくりしたよまさか縦読みとは・・・

930 : 名無しのオプ : 2005/09/19(月) 21:32:26 ID:VUh/Nz95
>>928
これは叙述なのか?
だがワロス

934 : 名無しのオプ : 2005/09/19(月) 23:42:38 ID:XoagjPOg
>>928
これはいい二重トリックですね。

935 : 名無しのオプ : 2005/09/20(火) 00:07:36 ID:SoB3Uvc4
>>928
これは何度も見たけど大好き

936 : 名無しのオプ : 2005/09/21(水) 00:55:26 ID:uaZcfK7d
>>928
104 Mr.名無しさん 03/03/24(月) 20:49
2週間メール出し続けてたけど、まるで無反応だったあの子からついに返事が来たぜ。

>すいませんが、もうメール送ってこないでもらえますか。
>きもちわるいです。いい加減にしてください。

だとよ。まいったなー、一瞬びっくりしたぜ。
まさか縦読みだとは思わなかったからな。ウフフ・・・
あとで電話してみるぜ。ウフフ・・・


107 104 03/03/24(月) 21:04
電話したぜウフフ・・・
そしたら彼女、

あんた、バカ?
いい加減に
してっ
て言って
るでしょ!



おいおい、電話でまで縦読みかよ~。まいったぜウフフ・・・

941 : 名無しのオプ : 2005/09/21(水) 14:06:15 ID:F3Y5dUw1
>>928
ツンデレか

961 : 名無しのオプ : 2005/09/22(木) 17:40:13 ID:E2l1iJ4O
「告白」

いまにも天に召されようとする妻が傍らの夫にいままでの罪を告白していた。
「ごめんなさい、あなた。私はあなたの誠実な妻ではありませんでした。
あなたの仕事仲間と一度ならず浮気をしてまったし、
遊びのためあなたの貯金を使い込んでしまったの」
「もういいんだよ、おまえ」
夫はそんな妻に優しく応えた。
「あなた・・・」
涙を見せる妻の顔に近づいて夫はこう囁いた。

「君に毒を盛ったのは僕なんだ」

965 : 名無しのオプ : 2005/09/22(木) 19:57:18 ID:y5zfLnqt
あるところに5人の大学生がいました。
彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来てました。
そして運よく100階建の最上階つまり100階の部屋に泊まれることになりました。
大晦日の日彼らはシンガポールのそのホテルにチェツクインして、
荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、ロビーを通った時にフロントの人に、
「今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、
12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。
だからそれまでには帰ってきてくださいね。」

・・・・ しかし彼らは遊びに夢中になり
その約束をすっかり忘れて12時をすぎてしまいました。
フロントも真っ暗でエレベーターも止まっている。
寒すぎてこのままフロントで寝泊まることもできない。
仕方なく彼らは100階の部屋まで階段で100階の部屋まで行くことにした。
20階… 30階… 40階…とだんだんと足が棒になってきて、
50階でついにばててしまいました。
「オイ、このまま上がっていくと、本当に足が動かなくなる、
1階上がる毎に交代で怖い話しをして気を紛らわそう」
と一人の人が言った。
そして1階上がるごとに怖い話しをして、なんとか上にあがっていった。
そしてついに99階にたどりつくことが出来ました。
すると最後の一人が
「いいか、俺が今から言う話しは… 本当に怖いからな、
絶対にビビルなよ」
と他の4人に強く言った。
(どんな話しだろう…)と仲間達は息を飲んだ。
そして、彼はいった。


「一階に・・・ 鍵を忘れた・・・・・・」


967 : 名無しのオプ : 2005/09/22(木) 20:37:40 ID:/XGiEvUy
>>965
良作

925 : 名無しのオプ : 2005/09/19(月) 20:16:44 ID:EBCxnb4p
111 :なまえをいれてください :05/02/25 18:43:18 ID:lCD1/K6Q
友達にどのプロバイダー使ってるか聞いたらさ、「教えぬ!」って言うわけよ。
ちょっとカチンと来たけど我慢してもう一度聞いたら、「だから教えぬ!」だってさ。
あんなに頑固な奴だとは思わなかったぜ

927 : 名無しのオプ : 2005/09/19(月) 20:38:20 ID:j0+qh3xJ
>>925
ワロス

926 : 名無しのオプ : 2005/09/19(月) 20:27:41 ID:VUh/Nz95
>>925
個人的にこういうの好きだな。

929 : 名無しのオプ : 2005/09/19(月) 20:43:42 ID:CLXevW0Y
ocn

991 : 名無しのオプ : 2005/09/24(土) 04:23:31 ID:CqmOOwo1
『叙述』ってなんて読むのか教えなさい

993 : 名無しのオプ : 2005/09/24(土) 07:04:40 ID:cPOJaPQV
言いにくいよな「じょじゅつ」って