294 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ : 2011/06/18(土) 20:05:45.35 ID:
山仲間の話。

そろそろ日が暮れようかという頃合。
一人辿っていた林道で場違いな物を見つけた。
道の真ん中に落ちていた物。

それは古い型の携帯電話だった。

近よった途端、いきなりその携帯が音を上げて震えだした。
ミッキーマウスのテーマ。
どうやら着信があったらしい。

てっきり電池が切れていたと思った携帯が鳴ったのにも驚いたが、
それ以上にこの山奥で受信出来ていることに驚く。
どこの電波拾ってるんだろう?
拾い上げてみたが、発信者名は文字化けを起こしていて読めない。

どうしようか迷っていると、電子音がして勝手に通話状態になった。

えっ、俺何もしてないぞ?
no title


295 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ : 2011/06/18(土) 20:06:54.78 ID:
「・・・」
声は聞こえないが、何か息遣いのような音が聞こえてくる。
仕方ないと覚悟を決めて、「もしもし?」と話し掛けた。

「・・・ぞ」
「もしもし? よく聞こえませんが。この携帯は落ちていた物で・・・」
掠れた声相手に事情を説明していると、突然鮮明な大声がスピーカーから流れ出た。

「見つけたぞ」

理由もなく、背筋がゾッと寒くなる。
携帯を投げ棄てるや否や、後ろの山に気配が湧いた。
何か正体がわからないモノが、嫌な気を発しながら駆け下りてくる、そんな気配。
大きくて重たいモノが、自分目指して真っ直ぐに向かってくる、そんな気配。
理由はわからないが、何故かそう確信してしまった。

暗くて足元も定かでなかったが、それでも必死に林道を駆け下りた。
追ってくるモノが何かはわからない、しかしアレに捕まっては絶対に駄目だ。
何度も転げながら、いつしか泣き出していた。
距離を詰められて来ているのがわかった。

このままでは追いつかれる!

296 : 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ : 2011/06/18(土) 20:07:52.98 ID:
いきなり目の前の林が切れて、舗装道路に出た。
新しく付けられた道まで駆け下りてきたのだ。

運良く、丁度通り掛かった軽トラックがあった。
天の助けに思えた。
身体を張って何とか車を止め、乗せてもらうことに成功する。

彼を乗せた車がスピードを上げるにつれ、後ろの気配は鎮まっていった。
やっと安堵の溜息がつけた彼に、様子を窺っていた運転席の老人が話し掛ける。
「お前さん、一体どうなすった?
 まるで鬼にでも追いかけられたような顔をしてるよ」

説明しようとして、一瞬言葉に詰まる。
こんなことを話して、果たして信用してくれるだろうか?
少し迷ってから、結局洗いざらい話すことにした。

老人は不思議そうな顔をしたが、それでもこう教えてくれた。
「それが本当ならば、しばらくこの山に登らん方がええ。
 奥に何がおるのかわからんが、そのモノとお前さんには今、縁が出来とる。
 言葉を交わしちまったことで繋げられたんだろう。
 目を付けられている時は、危ない行動は控えるモンだ」

そう言ってから、親切なことに最寄りの駅まで送ってくれたという。
それ以来、彼は老人の忠告を守り、その山を避けているそうだ。

299 : 本当にあった怖い名無し : 2011/06/18(土) 20:24:19.16 ID:/K8SAChn0
>>294-296
乙っす。

297 : 本当にあった怖い名無し : 2011/06/18(土) 20:10:57.58 ID:JX5jmg7Q0
>>295
おもしろいが、俺が獲物を狙う立場だったら、こちらの存在は気づかれないようにする。
見つけたぞ!なんて言えば逃げるに決まってる

300 : 本当にあった怖い名無し : 2011/06/18(土) 20:26:58.24 ID:rjAz0XEJ0
雷鳥さん乙です!
物の怪の類も、ハイテク化してるんですかね

301 : 本当にあった怖い名無し : 2011/06/18(土) 20:37:32.11 ID:VuuEsxgcO
お爺さんが言ってたように、獲物と縁をつくるのに言葉を交わす必要があったんじゃね?

「着信」【洒落怖名作】
「谷川岳の救難無線」【山にまつわる不思議な話】
「窓際のお客様」【不可解な体験、謎な話】