307 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 04:52:27.08 ID:
俺は、小さな海辺の町で生まれた。
砂浜には松の木が立っていて、満潮時には松の根元まで水が来て
海の中から木が生えているような不思議な光景になった。
引き潮の時は、貝殻拾いをした。
赤ん坊の妹にオハジキをしてみせたら喜ぶかなと思ったんだ。
目を上げると、キラキラ光る海面に漁をする木舟がたくさん出ていた。
舟が引き上げて来るのを待ちかまえ、網からこぼれ落ちた
ピチピチの魚を家族の人数分拾って、俺はダッシュで家に帰った。
寺の鐘が鳴り終わるまでに帰ればセフという決まりだったのだ。
楽しい毎日だったが、俺が幼稚園に入る年
うちの一家は東京に引っ越して、俺は東京S区の幼稚園に入った。

と、思っていた……小1の時までは。
ところが、海辺で暮らしていた当時の写真が1枚もない。
親に聞くと、うちはずっと東京で、同じこの家で暮らしているそうだ。
じゃあ旅行に行った時の記憶か?と首をひねると、
幼児や赤ん坊を連れて水遊びをするのは危ないから
R(俺の名前)が幼稚園に入る前に家族で海に行ったことはないと言う。
「貝殻のオハジキとか、木の舟とか、いつの時代の話をしてるんだ」と
両親からは笑われた。

でも、夢や想像にしては、やけに記憶が鮮明で細かいんだよなあ。
3歳の子供の頭ででっち上げられるようなディティールでもないしさ。
まあいっか、で来ているが、俺の人生における最大の謎。
no title

308 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 05:58:01.43 ID:4v9Xd5000.net
面白いね、子供時代のどこかでタイムリープしてきたのかも

大人から子供へ、だったら強く違和感あるはずだから、子供から子供へ
いつの間にか違う人生に移ってる、そう考えると興味深い

309 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 09:36:06.62 ID:O2ooOZHw0.net
実際、妹はいるの?

>>309
いる。
記憶の中の妹と年は同じで、俺の1歳半下。

310 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 12:06:18.45 ID:dCMsiG4iO.net
前世の記憶かね
鮮烈過ぎて現世の記憶が霞むほどなのかも
自分や漁をしている人の身なりなんかは思い出せないのかな

>>310
俺は半ズボン。
漁師さんはよく覚えてないが、着物ではなかった。
母親は白い割烹着で、その下の格好は覚えてない。
自転車やトラックも走っていたから
そんなに昔の感じではないよ。

311 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 12:30:14.90 ID:RoGTg6oE0.net
記憶のシーンはそれだけなのか
他にも海辺で暮らした時の雑多な記憶やモノがあるのか
ひとつのシーンだけならテレビ等の鮮烈な印象が
自分の記憶として定着してしまった可能性が高い

314 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 15:15:43.52 ID:
>>311
ハッキリ覚えているのは>>307で書いたことぐらいで、
モノとしては何も残ってない。
他には、木の電信柱が立ってて
登っちゃダメだと誰かに叱られたのを覚えてるが
(実際によじ登ろうとしてたんだろうw)
これは幼稚園(東京)の時の記憶かもしれない。
ゴッチャになってる部分もあるんだよ。

>>307に書いた記憶は1日の出来事ではなく、
月日はバラバラで、時系列でもない。
ただ、今にして思えば、海辺で暮らしていた俺は
実年齢(3歳)より少し大きかったような感覚もある。
シャツに生きてる魚4匹をくるんで
急な坂道を駆け上がったのを覚えてるんだが
3歳児にそんなパワーがあるかなあ?
魚は元気に撥ねて結構重かったし
5歳ぐらいでないと無理な気もするんだ。
あくまで自分の感覚だけどね。

315 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 15:35:15.60 ID:RoGTg6oE0.net
実際 現実と妄想や印象がしっかり区分けされるのは小学校高学年あたりから
それ以前は感受性が豊かと言えば聞こえはいいが
本やテレビやゲームなどに没入したり親の会話から想像した内容が
実体験の記憶になってしまうことはいくらでもある
怪獣と戦った!など明らかに現実と矛盾した内容なら忘れ去られて行くが
今回の内容なら記憶として残ったままでも不思議はないな

316 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 15:42:05.12 ID:
>>315
なるほどね。
多分、そういうことなんだろうな。

317 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 16:08:42.39 ID:J0OSYYmJ0.net
>>316
俺も最初読んだときはドラマや映画のシーンを自分の記憶と混同してたんじゃ、と思ったけど
シャツに跳ねる魚をくるんで持ち帰る、なんてのは実体験がないと中々表現しにくいことじゃないかな
今現在いくつくらいのお歳かは聞いても大丈夫でしょうか?

320 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 09:10:38.30 ID:a+dq3mbW0.net
>>317
昭和57年生まれの35歳、戌年
昭和60年頃の小さな漁村の様子を
知ってる人がいたら教えてください
記憶にあるような感じだったのかなあ

330 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 15:02:42.22 ID:RcRkCvMA0.net
>>320
昭和60年ごろ・・・・・・うーん、描写されてる情景から感じるのはも少し昔の時代っぽいけどなぁ
他の方が言うように記憶の混同説が一番説明つけやすいけど、何かそれだけじゃないって気もしてくる雰囲気がある
思い出せる内容でもっと細かな情報はないですかね? 例えば海育ちでなければ知りえないような知識とか

333 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 16:54:24.83 ID:I66S+PrD0.net
>>320
俺は46年生まれで九州の方だけど、漁村ではないけど、中学生の頃までは浜にバラック小屋見たいな家が何件か立ち並んで普通に人が暮らしてたよ。友達の家がそこだったんだよね
結局、埋め立てでその風景も無くなったけど60年頃なら全国にそういう風景の街は残ってたんじゃないかな
福岡の市内での話だから、田舎に行けばいくらでもそういう風景は観れたんじゃないかな

でも、この話は記憶違いではなく、前世の風景だったらいいなと思ってる
そういうスレだからな

318 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/08(木) 17:44:26.18 ID:ccGWO4yg0.net
満潮時に松の木の根元まで波がきてたら枯れちゃうよな
幼稚園に入る前の記憶の記憶なんて覚えてる人なんてそんないないし現実と何か他のイメージを混同してる可能性が高いと思う

321 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 09:15:54.57 ID:/x4FsZfz0.net
今の両親は本当の親ではない
小さい時に漁村から貰われたんだろうな

322 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 09:21:13.16 ID:a+dq3mbW0.net
>>321
げっ!

323 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 09:35:14.43 ID:/x4FsZfz0.net
>実年齢(3歳)より少し大きかったような感覚
>>5歳ぐらいでないと無理な気も

誘拐の線も有るな

3歳になる息子を亡くした両親が
その事実がバレないように貧しい漁村から5歳ぐらいの子を誘拐して
3歳の我が子として育てた

324 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 09:40:25.10 ID:/x4FsZfz0.net
貧しい漁村の元気な子を選んだのは、営利誘拐の可能性が無く
事故(遊んで海に落ちて遺体が上がらない)で処理される可能性が高いから

325 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 10:11:48.63 ID:9qZljIjB0.net
なんと、SF風味のサスペンスドラマ出来上がりではないですか。面白い。

327 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 14:01:01.01 ID:m3Rk1SbG0.net
導入部の描写がもうすでに映画か小説みたいだもんな
頭の中に情景が浮かぶよ
真相はさておき面白いもん読ませてもらった

子どもの記憶ってすごい曖昧だよな
俺も3歳頃に公園の池から数メートルはあろうかという巨大な鯉のような魚が飛び上がってまた池に潜ったのを目撃した、という記憶がある
その池の水深はせいぜい50センチ程度と思われる
もちろんそんな魚がいるわけがない
おそらく不思議の国のアリス症候群ってやつか単なる夢と混同しているかだろうけど

331 : 本当にあった怖い名無し : 2017/06/09(金) 16:02:28.52 ID:bT4R0+110.net
幼少期に誤って記憶になったものは成長とともに類似するものが付け加えられて
補強されていく場合が多いから
この案件もソースが一つとは限らない
後年 記憶に都合のいいものだけを取り込んでイメージになってる感じ
物証がないとそうとしか判断できないなあ

「事故の記憶」【不可解な体験、謎な話】
「廃墟神社」【洒落怖】
「あの部屋」【洒落怖】