1 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/12(火) 23:36:33.21 ID:
どこまでも続く積乱雲
プールの時間のあとの心地よいだるさ
線香花火をしながらしたあの子との約束

夏ってどうして思い出が詰まってるんだろう
no title

2 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/12(火) 23:40:08.45 ID:
夏休みは近所の女の子が一生懸命ピアノの練習をしていた
だんだんとうまくなっていく曲は散歩してる時のいいBGMだった

3 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/12(火) 23:45:39.77 ID:
夕日と朝日の違いがわからないほど
空の色は多様で
周りの多くの人も空を見上げていた

4 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/12(火) 23:47:43.25 ID:
いつもはしかめっ面してる人ばかりの満員電車でも
夕日をバックにしたスカイツリーを眺めるときだけは
みんな表情が柔らかだった

5 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/12(火) 23:49:28.29 ID:
日本の夏。日本が育んできた文化や伝統、自然と調和した風景。
そうしたものの美しさが、最も現れる時期。
こういう夏を、ずっと守っていきたい。
no title

8 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/12(火) 23:55:41.77 ID:EC+qUyd3O
田舎のじいちゃんとかぶと虫を採りに山へ。
家に帰るとばぁちゃんが麦茶を用意してまってる。
夜はかき氷食いながら土手で花火。
no title

9 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/12(火) 23:56:07.58 ID:
蚊取り線香
トマトにとうもろこし
氷水で冷やされたスイカ
そばにはいつもばあちゃんいて麦茶いれてくれた

10 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/12(火) 23:56:16.04 ID:vVVUqInoO
浴衣の女の子 盆踊り 花火大会
no title

11 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/12(火) 23:58:52.61 ID:
友達と深夜徘徊
昼と違う世界にいるようで
すべてが自分の意のままになるようで
そんな高揚感があった気がする

12 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:01:16.36 ID:
夏休みの先生は
いつもとどこか違っていて
授業で厳しくしかる必要がない時期だからかな。
優しかった記憶がある

13 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:01:34.40 ID:/1t0eOpci
友達とチャリの二人乗り
だらだら会話しつつ、どこまで真っ直ぐ行けるか挑戦
来年は卒業だなぁとか思いながら遠くの入道雲見てた
no title

14 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:04:39.12 ID:
何の気なしに、朝5時ごろ散歩して
近所のばあちゃんと会話をした
「早起きできる人は、これからもちゃんと生きていけるで」
なるほど。今頃実感だよおばあちゃん。。

15 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:09:32.48 ID:
図書館で勉強。
うるさくて司書に怒られて。
試験勉強でもみんなと何かをやれることは
いい思いでだった。

16 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:12:27.15 ID:
祭りの屋台で、「ホラ、彼氏の分もいるかい?」
戸惑いと、恥ずかしさと、逃げ出したい気持ちでいっぱいだった
彼は今どうしているだろう
no title

17 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:15:14.41 ID:vW55hjxj0
地元で行われる打ち上げ花火大会
毎年軽い同窓会みたいな感じになる
花火が全て打ち上がった後に元同級生達としんみり線香花火して解散

18 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:17:30.79 ID:
数ある絵はがきの中でも
夏空を描いた写真にもいつ目が止まる
青と白の風景で思い出してしまうのだ
あの夏の思い出を。
no title

19 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:20:20.82 ID:
じいちゃんはいつも畑で働いていた
わたしは夏休みなので遊んでいればいい
だけど心のどこかでじいちゃんへの尊敬が生まれていた
いつかあんな立派なじいちゃんになれるかな

20 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:29:11.81 ID:
夏休み前につきあった恋人
まだどう付き合えばいいのかわからなかった頃
夏休みが終わってもそのまま気まずくて
夏休みなんかなければいいのにと思った夏もあった
no title

22 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:33:05.43 ID:
7月の空は雲一つない空が多くて
嫌なことがあると恨んだりもした
だけど雲一つない星空には
一度もそんな風に思ったことはない
なんでだったんだろう。。

24 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:34:28.11 ID:MbDv0azl0
熱せられたアスファルトを撃つ水鉄砲
むせ返るような夕立の匂い
頭に張り付いた髪の毛
まぶしくてあまりあけられない目
no title

25 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:36:21.28 ID:zBnE3JJuO
おいかけた先輩のあの背中は、夏の青空に小さくなっていった。
まだ追い付いて肩を並べて走ってもいないのに。私が待ってって言っても
んなことゆうなよ、と走り去って行く先輩。
こんな気持ち、始めからなかったらよかったのになぁ。

27 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:39:59.58 ID:
夜空を見上げれば宇宙を思い
朝日を見れば明けない夜がないことを実感し
夕日を見れば終わりがあることを実感し
美しい夏の情景が自分を賢くしてくれていた気もする
no title

28 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:43:32.79 ID:
冷たいアイスをいたずらで頬に当ててくる子
そのときの笑顔は例えようの無いものだった
そんなに笑顔になれるなら許してあげられちゃう。

夏の思いではいつもどこか穏やかな雰囲気がある

29 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:46:52.02 ID:
獅子座流星群とかあったなぁ
夏の空は澄んでいて
夜は過ごしやすくて
風景は覚えてるけど、どんな願い事をしたのかは思い出せない

21 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:30:53.12 ID:J+c8R8zaO
なにこのスレ・・・
俺が悪かった。だからやめてくれ・・・

26 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/07/13(水) 00:37:57.16 ID:1dIkSXnRO
あ~の夏をわすっれな~い~