692 : 本当にあった怖い名無し : 2012/03/07(水) 09:26:57.12 ID:
子供の頃、高熱を出すと必ず見てた夢がありました。

夜中に、多分どこかの山中で横たわっているんです。
雨も降っていて、寒いのかも知れないけど感覚が無い。
手足を動かそうと思っても全く動かないし、声も出ない、視線も動かせません。

近くで話し声が聞こえて、火を起こしながら二人の男性が会話してる。
『もう出せる涙もないよ、雨まで降ってくるしよお。情けないやらで・・・』
『・・・それでも元気ださにゃしょんないら』
とか、そんな話をしていて。それはハッキリ聞こえるんです。

そのうち二人が近寄ってきて、片方の男に持ち上げられて
『悪いなあ・・・』
と言われながら、火の中に放り込まれるんです。
悲しいとか、憎いとか、そういう感覚は無くて、
単に寂しくて、一人で奈落の底に落ちていくような感覚で、
そこで必ず涙を流しながら起きちゃうんです。

そういう夢を子供の頃よく見ていたんですよ。
no title

695 : 本当にあった怖い名無し : 2012/03/07(水) 09:46:06.01 ID:
それで、その夢ってのはもう見なくなって久しいし、
ほぼ完全に忘れてたんですよね。

で、こないだ静岡の方で母方の法事があったんですよ。
母方の祖父の兄・・・大叔父って言うのかな?お爺ちゃんのお兄さんですね。
もう100を超えて大往生だったんですけど、老衰で亡くなりました。
葬儀の席で久しぶりに祖父(もう95歳)と話こんで、大叔父の若い頃の話になりました。
母も知らないような大叔父の若い頃の話がたくさん聞けて、結構楽しんでました。

話しているうちに祖父が少しずつ、
『でもな、兄貴もな、今だから話せるけどよ』
『戦争以外にもつらい目にあってんだからなあ・・・』
『おっきい病気して、ほうほうのていで大陸から戻ってきたら?』
『んで長年出来なかった子供にもようやく恵まれたと思ったら嫁さん流産しちゃったもんで・・』
『嫁さんも死んじまってかわいそうな事だったよう・・・』
『兄貴も村で一人だけ大陸から戻ってきちまったもんだで・・肩身も狭くてよお』
『裏では色々陰口叩かれてたら・・あいつだけ戻って子供こさえてなんてのう』
『おらそういう陰口聞くたびに我慢出来なくて何度殴ろうと思ったか・・』

ヘビーな話だなーと思いながら聞いてた訳なんですけれども。

697 : 本当にあった怖い名無し : 2012/03/07(水) 09:53:39.42 ID:
『結局子供はロクなお経もあげてやれなくてオラと二人で裏山で燃しただよ』
『兄貴も泣いて泣いて、情けねえもう涙も出ないって・・オラも兄貴元気出せやって励ましたけど』
『雨は降ってくるし中々燃えねえしで・・・』

とそこまで聞いて、夢の事思い出して、あれひょっとしたらこの話・・・
って思ったんですよね。
夢の中の男二人は祖父と大叔父だったのかな、何か不思議だなーと思って書きました

702 : 本当にあった怖い名無し : 2012/03/07(水) 12:13:07.21 ID:RGnE0zHD0
>>697さんは、そのお子さんの生まれ変わりかもですね。
おじいさんに話したら、泣いて喜びそう。

705 : 本当にあった怖い名無し : 2012/03/07(水) 12:59:41.77 ID:QanRj07S0
>>697
なるほどねえ・・・
お爺ちゃんが葬儀の席で、本人が亡くなってから初めて話すくらいだから、
本当に辛い記憶だったんだろうな、他人に絶対言えないだろうし・・・。

で、本当にその夢が、死産で生まれた子供の記憶・・
(記憶って言うのかしら?)のようなものだったとしたら、
憎しみは無いって言ってるし、大叔父さんとやらも多少は救われるのかもな。

それとも未練があるから夢に・・・
そっちだと大伯父さん知らなくて良かったですねって事になるけど。

まあ前者だと思いたい。

「子供の頃に夢で見た洋館」【不可解な体験、謎な話】
「夢に出る女」【不可解な体験、謎な話】
「四つの顔」【師匠シリーズ】