1:2014/09/19(金)10:39:03 ID:
普通にメシ食えてるわ

2:2014/09/19(金)10:39:57 ID:
自立しろよ

>>2
自立したよ
親から300万円借りたけど1年目で返した
3:2014/09/19(金)10:41:22 ID:
釣り針デカすぎやで
5:2014/09/19(金)10:42:58 ID:
>>3
位置情報サービスってGPS衛星を運用してるわけじゃないからな
6:2014/09/19(金)10:43:32 ID:
まじかよ
どんなサービス?
8:2014/09/19(金)10:47:20 ID:
>>6
単純に言えば顧客情報データベースに物件位置を付加し、その物件位置をGoogleMap上へ表示できるサービス
営業で食っている商社とか宅配みたいな運送業とかをターゲットとしてるサービスだよ
10:2014/09/19(金)10:49:36 ID:
いろんな仕事があるもんだな
13:2014/09/19(金)10:51:41 ID:
>>10
このサービスのヒントはソシャゲーだったけどね

ニートだった俺は「あっそうか顧客を依存させるサービス、それが無いと仕事ができなくなるサービスやれば食っていけるんだ」ってソシャゲーやってる最中に思ったんだよ
17:2014/09/19(金)11:05:07 ID:
便利だと思わせて業務へ導入し、その業務に無くてはならないサービスとする
コレが最も安全で安定的に儲けられる方法論なんだと思う

例えばGoogle、例えばゼンリン、俺のサービスはこの2つが無ければ成り立たない
18:2014/09/19(金)11:11:29 ID:
実際、Googleが同じサービスしてる以上、GoogleMap使って同じ事したら訴訟問題だわ。
釣り針でかすぎ。
19:2014/09/19(金)11:17:31 ID:
>>18
商売にしてんだから権利関係は解消済みに決まってんでしょ

ちなみに俺のサービスと競合する代表的なものに伊藤忠商事が売ってる「Symphonizer」があるよ

違いは俺のサービスはスマホやクラウド対応している点かな
20:2014/09/19(金)11:18:13 ID:
そんなに個人特定できることベラベラ喋って大丈夫?
22:2014/09/19(金)11:21:42 ID:
>>20
競合他社があるからね大丈夫だよ
まあパクられたんだけどな「1クリックでGoogleMapとかYahoo!地図」っていう部分は
23:2014/09/19(金)11:23:16 ID:
小難しい技術というのはエンドユーザーにとって使いにくい場合が多い
そこで中間業者がターゲットと想定するエンドユーザーへ合わせたチューニングを施して技術を提供するんだ

ゼンリンは非常に優秀な地図だけれども特定の物件を探すのは非常に大変だ

そこでGoogleは自ら持つ優れた検索機能によって膨大な情報を持つゼンリン地図を検索できるようにした

俺は更にGoogleMapへ対し顧客情報データベースを紐付けし「顧客管理しつつ物件位置を明確に知りたい」というエンドユーザーへ向けてチューニングを施したサービスを提供した
26:2014/09/19(金)11:26:50 ID:
最初に売れたのは花屋とか酒屋だった

数万で買えるDELL製の小型サーバーで動くそれは贔屓目に見ても優秀なシステムじゃなかった
そもそも物理障害対策とか全くしてなかったからディスクの物理破壊とか停電に弱かった

それでも小さな事業所には飛ぶように売れた
Excelで顧客管理しているような事業所はいっぱい存在したからだ
32:2014/09/19(金)11:34:41 ID:
当時はまだフロントエンドにJavaを使っているものが多かった
でも俺はJavaを好まずフロンエンドをWebベースにした

中にはWebベースのフロンエンドもあったけど総じてActiveXへ依存しWebベースフロンエンドというよりもInternetExplorerベースフロンエンドと化していた

俺は当時流行っていたAjaxを活用した真のWebベースフロンエンドを組んだ

でもやっぱりちょっと重かった
33:2014/09/19(金)11:35:43 ID:
ニートじゃなくて休職中だっただけなのでは?
35:2014/09/19(金)11:37:33 ID:
>>33
俺働いたことなかったんだよ
正確には就職したことがなかった
俺がまともにやった労働といえば入力委託だけ
Webで委託を受けて入力するっていう内職みたいな仕事
36:2014/09/19(金)11:41:02 ID:
俺が位置情報サービスの発想が浮かび親へ出資してもらおうと考えた

位置情報サービスのことを説明すると親の第一声は「悪魔みたいなことを考えるな」だった

どうやら他者をいつのまにか依存させる手法が気に食わなかったらしい
38:2014/09/19(金)11:45:49 ID:
だから俺は入力委託で得た5万円を握りしめて小型サーバーを買って思い描いたサービスを組んで売りに行った
いわゆる人生初の飛び込み営業である

まあいきなり上手く行くはずもなく右往左往しながら片っ端から商店や会社を見つけると訪問した

右往左往してる内に自分の組んでるシステムはダメだと気付いた
実際に自分で使って動いてみると非常に使いにくかったんだ
37:2014/09/19(金)11:43:26 ID:
宣伝も兼ねて、おまえのサービスをわかりやすく説明する動画とかアップしたら?
具体的に何やってんのか、わかるような、わからないような、なんだよ
39:2014/09/19(金)11:47:44 ID:
>>37
今はもうあるよ
当時は口だけで説明してたから大変だったけど

実際に売って見せて親から出資を得た時にパンフレットを作った
41:2014/09/19(金)11:51:50 ID:
そもそもこういう顧客システムはデスクにふんぞり返ってる管理者が使いやすいだけじゃダメだったんだ
実際に訪問する営業マンみたいな人にものすごく使いやすいと感じてもらえて初めて売り物になるレベルなんだなと気づいた

それに気付いた日は今まで訪問した努力は無駄だったと気付いてふて寝した
44:2014/09/19(金)12:00:22 ID:
だから最初に酒屋や花屋とかで売れたのも、酒屋や花屋の酒人は管理者であり営業マンだったからなんだと今考えるとそう思う
43:2014/09/19(金)11:59:36 ID:
ZAULSユーザーの俺はGoogleMapを使った有志作成のアプリを
利用させてもらっるけど当時のGoogleMapの度重なる仕様変更に
対応させるのが大変だった記憶があるな
45:2014/09/19(金)12:11:07 ID:
>>43
そうだね
API自体の仕様を変えられるともうお手上げだった
顧客の居る現地まで行ってパッチ当てるという作業を何百件とこなしたという思い出がある

当然パッチなんてスクリプトだから適用まで数秒だよ
でも顧客のところまで行くのに1時間とか掛かって「たった数秒のためになぜ・・・」って当時思ってた
47:2014/09/19(金)12:11:48 ID:
ていうかZaurusってリナザウのことかな?
その前?

48:2014/09/19(金)12:49:42 ID:
>>47
そうリナザウ
(グレーだけど)オフラインで使えるから便利だった
49:2014/09/19(金)12:52:44 ID:
>>48
いいねリナザウ
俺は持ち運びにVAIO type P使ってる

52:2014/09/20(土)15:06:28 ID:
特定した
40:2014/09/19(金)11:49:51 ID:
くそ、3年前に1と知り合っていれば共同事業者になれたのにっ!
元スレ: