1:2013/04/20(土) 01:37:04.81 ID:
書きためもないので、ゆっくり書こうと思う。
もう10年も前のことなのでいいかな・・・

※桃源郷(とうげんきょう)は、俗界を離れた他界・仙境。陶淵明の作品『桃花源記』が出処になっている。桃源郷への再訪は不可能であり、また、庶民や役所の世俗的な目的にせよ、賢者の高尚な目的にせよ、目的を持って追求したのでは到達できない場所とされる。(wikipedia参照

3:2013/04/20(土) 01:37:26.99 ID:
10年後になってやっと帰ってこられたのか

>>3 
いや、まだ帰ってきてないんだ。でおちみたいですまんが。 
4:2013/04/20(土) 01:39:35.37 ID:
今から10年前、当時の会社に入社して2年目くらいのこと。
同僚・・・というか同期が突然、
「俺、こないだの休み、桃源郷にいってきた」
とか言い出した。
聞くとドライブで奥三河だか愛知県と長野県の境くらいに行ったときに、どこかの集落に迷い込んだとか。
5:2013/04/20(土) 01:41:08.59 ID:
うあぁー
神隠しじゃんそれ
7:2013/04/20(土) 01:42:15.04 ID:
そこは、よく山間地の田舎にあるようなトタン屋根に木造の家が10数件あるくらいの小さな集落とのこと。
ドライブの最中に、道に迷ってたどり着いたとか。
「ナビに案内させていたのに」
なんて気持ち悪いこと言ってたな。
9:2013/04/20(土) 01:45:15.01 ID:
心霊スポットでナビが崖から落とそうとしたコピペ思い出した

カーナビの恐怖 | やりすぎ都市伝説まとめ
8:2013/04/20(土) 01:44:47.00 ID:
ともかく、家は何軒もあるんだけど、すっごく静かなところだったらしい。
まぁ、俺も田舎町に赴任したことあるから分かるけど、大概の田舎町は静かだ。
でも、そこの集落には人が見当たらない。
ここはどこなのか・・・尋ねたいのに相手がいない。
いくつか家を訪ねてみたが、返事がもらえる家がない。
10:2013/04/20(土) 01:47:25.48 ID:
正直、すっごく気持ち悪かったと言ってたよ。
ところが、何軒も訪ねてるうちに、やっとこさ人が出てきた。
60歳くらいの、いかにも農夫みたいな男が。
同僚が、ここはどこか尋ねたところ、
「●●村だ」
ということしか言わない。
その村の名前はすまん、失念した。
11:2013/04/20(土) 01:48:16.67 ID:
>>10
思い出せ
話はそれからだ

>>11 
なんとなくだけど、「高山村」とか「高川村」とかありきたりな名称だったような? 
「高」という字は前後どちらかにあった気がする。 
16:2013/04/20(土) 02:00:52.54 ID:
>「●●村だ」
>ということしか言わない。

村の入口のNPCだな

※NPC・・・ノンプレイヤーキャラクターとは、ゲームなどでプレイヤーが操作しないキャラクターのことを指す語である。

>>16 
俺も同僚につっこんだよwww 
12:2013/04/20(土) 01:49:47.26 ID:
それでもまぁ、その農夫は同僚に
「最近じゃ人も少なくなった、客もあんまりこないしうちでくつろいでけ」
というようなことを言ったらしい。
同僚も呑気な男で、「
ちょっとお茶でも貰って、帰り道を教えてもらおう」
くらいの感覚で、その家にあがりこんだそうな。
13:2013/04/20(土) 01:54:28.35 ID:
男の家は割と広くて、昔ながらの農家造りで部屋がいっぱいあったみたいだ。
驚いたのは、その家の中に年齢は13歳くらいから20歳代後半までの女が12、3人くらいいたということ。
農夫曰く「おれの娘たちだらしいが、それにしても年齢もまちまち、あまりにも多すぎる。
14:2013/04/20(土) 01:57:26.04 ID:
女たちは、整った顔立ちの者が多く、同僚としてはどれも好みのストライク。
体もモデル体型のスレンダーさんからぽっちゃり、ムチムチの色っぽい身体をしたものまで様々。
顔立ちが整ってる以外は正直、姉妹とは思えない。
この家には農夫を筆頭に、この女たちだけで暮らしているという。
15:2013/04/20(土) 01:59:47.13 ID:
同僚はこの家で、お茶だけでなく、夕飯までご馳走になった。
そんなことしてるうちに夜になる。
夜になったら今度は、
「遅いから泊ってけ」「夜道は危ない」
等、言い出し、農夫が同僚を引きとめた。
同僚も
「これも何かの縁だろう」
と考えて言葉に甘えることとした。
17:2013/04/20(土) 02:03:24.72 ID:
そしてその夜・・・農家の一室に通され就寝することとなった。
なかなか寝付けずにいると、ふすま越しに小さな声で
「夜分にすいません、よろしいでしょうか」
と、女の声が。
同僚は何かと思いながらも、「はい、どうぞ」とそれに応答。
するとふすまの向うに、25くらいの女が一人。
薄手の浴衣みたいなものを着込んで、胸の谷間がすでに見えていたとのこと。
18:2013/04/20(土) 02:04:22.48 ID:
これは期待
20:2013/04/20(土) 02:06:51.60 ID:
あまりにも艶っぽい姿に、同僚がドキドキしていると女はするすると部屋に入ってきた。
そして同僚の布団に近づき、そのまま同僚に抱きついてきた。
同僚が狼狽していると、
「こういうことはお嫌いですか?」
と吐息交じりの艶艶の声。
同僚は理性も吹っ飛び、そのまま情事へと突入したそうな。
22:2013/04/20(土) 02:11:18.89 ID:
こうして女との情事をひとしきり楽しむと、女は出て行った。
同僚もその時は、旅の思いがけない出来事にホクホクしていたらしい。
しかしこの後、再びふすまの向うから、
「夜分にごめんください・・・」
という女の声が。
声からして先ほどの女ではない。
同僚はまたも「どうぞ」と答えると、開いた襖の向うに、今度は10代の女が座っている。
23:2013/04/20(土) 02:13:45.15 ID:
まぁ、年の頃が10代だろうという程度だが。
その女もまた同僚に近づき、情事を求めてきた。
同僚は驚きつつも、その女ともしてしまった。

ことが終わり、その女が出ていくと、ほどなくまた別の女が入ってくる。
これを4回程繰り返したらしい。
24:2013/04/20(土) 02:18:08.31 ID:
翌朝、朝食をということで広間?に同僚が現れると、すでに男と女たちはその場にいた。
男が朝食をすすめ、同僚がそれを貰う。
女たちはかいがいしく、、ご飯をよそったり味噌汁やおかずをもってきて男をもてなす。
同僚は、なんか殿さまにでもなった気分だったとのこと。
そのうち男が、
「まぁ今日もゆっくりしていきなさい」
と声を掛け、同僚もそれに乗ってしまった。
25:2013/04/20(土) 02:21:24.76 ID:
そうは言っても、どうやって過ごそうか。
こうした田舎で呑気に時を過ごすのも悪くないなと思い、日中、その集落をぶらぶら歩いた。
すると、行く先に女たちが現れる。
必ず一人ずつで。
そして昨夜のように、同僚の身体を求めてくる。
同僚も体力が続く限り、女の欲求に応え、情事を繰り返す。
そんな日が3日程続いた。
26:2013/04/20(土) 02:22:35.84 ID:
何日経過したか忘れた
27:2013/04/20(土) 02:24:19.44 ID:
丁度、ゴールデンウィーク中でもあり、時間があった。
それがために長逗留となってしまった。
さすがに会社もあるし、帰りますということを男にいうと、男は
「そうか、必ずまたきなさい」
というようなことを言って、帰りの道順を教え、手書きの地図を持たせた。
それで同僚は帰宅し、今回の話をしてくれたわけだ。
29:2013/04/20(土) 02:29:16.15 ID:
この話を聞いて、さすがに俺も「うそだろww」と言ってしまった。
あまりにも話が美味しい、というか怪しすぎるし、嘘っぽい。
ところが、同僚は「写真も撮ってきた」と言って、携帯のカメラで撮った画像を見せてくれた。
そこには、同僚と女が10人くらい、あと農夫みたいな男が映っていた。
女の一人がシャッターを押したそうで、その女だけは映っていないとか。
男は前述したとおり、いかにも田舎のお百姓さんといった感じ。
女は年齢ばらばら、それぞれきれいだったり、かわいかったり・・・好みの問題になるけど。
服装は、着物の者もいれば今様な服装なものまで。
それでも若干、昭和の感じはした気がする。
30:2013/04/20(土) 02:31:50.45 ID:
同僚は、また休みの日に行くんだといってニコニコしていた。
会社の休日になると、ドライブに出かけていたから、おそらくその集落に出かけていたんだろうか?
道順も教えて貰ったらしいから、迷わずたどり着けるようになったのかな?
そして1年くらい経ち・・・・同僚は会社に現れなくなった。
32:2013/04/20(土) 02:34:34.98 ID:
女性たちには外の情報を与えずに囲ってるのかな
同僚はそこに住み着いたとか?
36:2013/04/20(土) 02:36:53.15 ID:
>>32
外の情報があるかどうかは分からない。
でも、服装も和装から、10年前当時のいかにも今時な服を着てる子もいた。
まったく外界から遮断されてる訳じゃないのかもしれない。
33:2013/04/20(土) 02:35:00.53 ID:
多分、あの集落に行ったんだろうな・・・と思ってる。

が、今考えると、何かの宗教でもやってる家なのかもしれない。
いずれにしても同僚とは、それ以降連絡は取れない。
ゴールデンウィーク近くになり、思い出したので、なんとなく伝聞したものをつらつらと書いてみた。

つまんなかったら申し訳ない。
気持ちの整理じゃないけど、なんとなく聞いて欲しかった。
願わくば、同僚の目に止まることを願う。
35:2013/04/20(土) 02:36:17.49 ID:
場所特定して行ってみようぜ
37:2013/04/20(土) 02:38:19.17 ID:
>>35
それがよくわからんのよww
奥三河だか、愛知、長野、静岡?くらいの県境としか手がかりがない。
同僚がいなくなり、何回か、別の同僚とそのあたりを回ってみたんだよね。
もちろん、たどり着けませんよ、これが。
38:2013/04/20(土) 02:40:46.84 ID:
聞いた村の名前も、あんまり覚えていない。
「高」というのが付いた村名だと思うけど、正直自信ない。
大体、地図に載ってるのかな?
39:2013/04/20(土) 02:41:35.92 ID:
これはまとめに載る(確信)
40:2013/04/20(土) 02:42:32.52 ID:
>>39
載って同僚の目にでも止まれば幸いだよ。
ほんとに今、何
42:2013/04/20(土) 02:45:15.99 ID:
>>40
おいどおした
41:2013/04/20(土) 02:44:14.90 ID:
消されたか…
43:2013/04/20(土) 02:46:26.75 ID:
ごめん、なんだかフリーズしてた。

ホントに今、何やってんだろうな。
失踪者ってのは大勢いるんだろうけど、こういう謎を残していなくなると気になる。

ともかく、ぐだぐだの話で悪かった。
聞いてくれてありがとう。
44:2013/04/20(土) 02:48:05.40 ID:
桃源郷かどうかわからないけど、こういう集落ってあるのかな?
宗教なのか、集落の仕来たりみたいな・・・
女性が夜這い?ってのもまた何だし。
手がかりあればいいんだけどね。
47:2013/04/20(土) 02:54:57.90 ID:
>>44
そんなとこなら溺れてもいいっ!!!!1
45:2013/04/20(土) 02:50:27.75 ID:
とりあえず、みんなは桃源郷やパラダイスに迷い込んでも・・・溺れちゃだめだぞ!
苦しくてもとりあえず、現実にとどまってくれ!
すまん!
48:2013/04/20(土) 03:10:20.36 ID:
愛知と長野の県境周辺に高沢って場所があったが、集落があるようには見えねーな

http://maps.google.co.jp/maps?q=35.19128,137.727785&hl=ja&num=1&t=h&brcurrent=3,0x601b42c221abe2a1:0xeb51cbb23391af24,1&z=18&start=0

46:2013/04/20(土) 02:51:15.77 ID:
元スレ: