1:2016/04/29(金)00:39:54 ID:
俺の家は、物心ついた時からとーちゃんと俺だけだった。
母親とは、俺が生まれてから少しして離婚したらしい

とーちゃんは、昔からカッコ良かった。ちょっと強面だけど、優しいとーちゃん。
1人で俺を養って大変なはずなのに、仕事で疲れててもいつだって俺と遊んでくれていた

2:2016/04/29(金)00:40:48 ID:
ほう
6:2016/04/29(金)00:42:59 ID:
小学校の時は、スーファミとかロクヨンをたくさんやった。
とーちゃんはスポーツゲームが得意で、手加減されても中学ぐらいまではまったく勝てなかった。
友達を家に連れてくと、とーちゃんも一緒にまじる。
ゲームが上手くて、俺の友達にもニコニコ話かけたりするとーちゃん。
初めてとーちゃんをみる友達はみんな怖がるけど、次からはとーちゃん目当てで遊びに来るやつらもいた。自慢のとーちゃん
8:2016/04/29(金)00:43:52 ID:
いい父ちゃんですなぁ~
12:2016/04/29(金)00:45:11 ID:
小学校の時は、そんな感じで賑やかだった。
仕事で忙しいはずなのに、お泊まり会とかクリスマス会とか丁寧に準備をしてくれる。

「お前の父ちゃんが羨ましい」


と友達に言われるのが誇りだった。
13:2016/04/29(金)00:46:03 ID:
あの時までは…
14:2016/04/29(金)00:46:28 ID:
>>13やめろ!!
15:2016/04/29(金)00:49:08 ID:
中学になると、ちょっとした反抗期を迎える。
と言っても、別にケンカしたりするわけじゃない。ただ単に俺が暗い人間になっただけだ。友達も少なくなったし、家に連れてくことも無くなった。


とーちゃんは心配して、「最近どうだ?」と俺によく聞いてきたけど、中学に馴染めずイライラしていた俺は

「ほっといてよ」

と冷たく言い放った。どうして俺はあの時、そんな態度をとったんだろう。自分が憎たらしい。とーちゃんはいつでも味方なのに
17:2016/04/29(金)00:51:49 ID:
そんなボッチの人間の末路は、だいたい決まってる。
そう、俺はイジメの対象になった。毎日数人のクラスのイジメっ子が、俺を弄ったり殴ったりする。

学校をポツポツ仮病で休むようになった。とーちゃんは、「何があったんだ?」と優しく聞いてくれたけど、この時の俺は頑なに口を閉ざした。
18:2016/04/29(金)00:52:14 ID:
とーちゃん優しいね
20:2016/04/29(金)01:00:03 ID:
一週間くらい休んで、久しぶりに登校した日。
ほとぼりが冷めれば、なんとなく、もうイジメられないんじゃないかと思っていたけど甘かった。
その日イジメっ子達にはやっぱりイジメられ、下校時も付きまとわれた。
カバンをたくさん持たされ、泣きそうになってたその時。


「よぉ、>>1!!今帰りか?」


とーちゃんが声をかけてきた。本当なら仕事のはずなのに。


「たくさんカバン持ってるな!お前そんなに力持ちだったか?」


その言葉で、とーちゃんの見た目にビビったイジメっ子達はバツが悪そうに「持っててくれてありがとうな」「次は俺が持つわ」など
と取り繕うように言っていた。とーちゃんは


「そういうゲームは、もう卒業するんだよ」

と声色は優しいが、真剣な眼差しでイジメっ子達を1人1人見つめて言った。
その日はとーちゃんと家まで帰った。何も聞かず、ニコニコしながら「何食べたい?」と聞いてくるとーちゃんをみて、俺は中学入ってから初めてとーちゃんに泣きついた


次の日からイジメはなくなった。
21:2016/04/29(金)01:01:35 ID:
後になって聞いたけど、その日とーちゃんは久しぶりに学校に出る俺を心配して、仕事を早退して通学路を張っていたらしい。

ありがとう、とーちゃん
22:2016/04/29(金)01:04:32 ID:
そんなとーちゃんがある日かーちゃんになったんだ
23:2016/04/29(金)01:05:27 ID:
高校になると、友達が少しだけど出来た。
とーちゃんともたくさん遊ぶようになり、ゲームも互角に遊べるようになった。
前より仕事の帰りが遅くなったとーちゃん。
このぐらいになると、とーちゃんがどんなに頑張ってるのか、どんなに大変なのかをちゃんと理解出来ていた。
俺はアルバイトを始め、家事を覚えてとーちゃんより早く帰ってご飯を作った。

「世界で一番美味いよ」

と俺の作ったカレーを食べて言うとーちゃん。
俺も、とーちゃんのご飯が世界で一番美味いよ
25:2016/04/29(金)01:07:38 ID:
いい親父だ
26:2016/04/29(金)01:11:11 ID:
アルバイトの金を家や学費に当てたいと、とーちゃんに言った。

「それはお前の稼いだ大事なお金だ。うちのことはとーちゃんに任せて、お前はそれで好きな物を買え。あまり小遣いあげられてなかったからな。でも、貯金もしろよ」



そんなことない。
小さい頃から、とーちゃんは俺の欲しい物は買ってくれたし、人並みに小遣いもくれた。
俺のために、大好きな酒を減らしてたりしたのも、今ならわかっちゃうんだよ。


アルバイトの金は、最低限しか使わず、家に何かあった時助けられるようにって貯金した。
27:2016/04/29(金)01:14:48 ID:
とーちゃんとは、ゲームだけじゃなくて外でキャッチボールもした。
高校になっても、休日時間ある時は
「キャッチボールするか」
と2人で外に出る。

バッティングセンターでボールをかっ飛ばすとーちゃんの後ろ姿は、どんな野球選手よりもカッコ良く見えた。
流石に高校の頃は、とーちゃんも昔より歳をとったから、運動した翌日筋肉痛になったりしてたけど。

そんなとーちゃんをマッサージするのは俺の仕事
28:2016/04/29(金)01:16:58 ID:
高校卒業の進路を決めるころ、珍しく俺ととーちゃんはケンカした


とーちゃんは「金の心配をしないで進学しろ」と言う
俺は「やだ。働いてとーちゃんを助ける」と言う


しばらく対立したけど、勝ったのは俺。
これだけは譲れなかった
29:2016/04/29(金)01:18:21 ID:
社会人になってからは、とーちゃんと飲みに行くようになった。
「お前と酒飲むの、夢だったんだ」


そう笑うとーちゃんをみて、心底俺はとーちゃんの息子で良かったって思った。
30:2016/04/29(金)01:19:07 ID:
そんなある日…
31:2016/04/29(金)01:20:21 ID:
23歳のころ。


とーちゃんが血を吐いた。
俺はパニックになったけど、急いで救急車を呼んだ。
入院になって、気が気じゃなかった。時間がある限り、付き添った
32:2016/04/29(金)01:22:16 ID:
胃潰瘍だった。
かなり酷い状態だったみたいで、治るには結構時間がかかるみたい。

「お前のメシが食えないのが一番辛いな」

と笑うとーちゃんに、「じゃあ早く治せよ!!いくらでも作るから!!」と、いつも笑ってくれるとーちゃんみたいに俺も笑った
33:2016/04/29(金)01:22:56 ID:
あー来てしまった…
34:2016/04/29(金)01:24:08 ID:
とーちゃんは、無事退院した。
「良かった」と嬉し泣きする俺に

「お前の子供を見るまで死なねーよ」と笑うとーちゃんに更に泣かされた。


本当に無事で良かった
35:2016/04/29(金)01:26:05 ID:
胃潰瘍はストレスだろ…
37:2016/04/29(金)01:28:44 ID:
>>35
その頃本当にとーちゃんは仕事大変だったみたいで、しかも仲良かった同僚が仕事中事故で亡くなった。
それが原因だと思う
36:2016/04/29(金)01:27:25 ID:
それから何年かたって、1人の女性をとーちゃんに紹介した。
今の俺の嫁。
とーちゃんは自分のことみたいに喜んでくれた。結婚式の時は、普段全然泣いたりしないくせに号泣しまくって大変だった。

結婚を機に家を出て、嫁と2人暮らしを始めたけど、とーちゃんの顔はよく見に行く


「そんなに頻繁に来なくても、俺はまだまだ元気だから大丈夫」


と言ってたけど、そんなのわからないじゃん。
嫁もとーちゃんと仲良くて、嬉しい
38:2016/04/29(金)01:31:27 ID:
これは名スレ
39:2016/04/29(金)01:32:39 ID:
そして現在。
俺にも子供が出来た。「孫が見れた」とまた嬉しそうにしていたとーちゃん。
世界一カッコ良いじーちゃんがいて、俺の子も幸せだと思う。


ありがとう、とーちゃん。
俺もとーちゃんみたいになるよ。嫁も、子供もたくさんたくさん大事にして、良い父親になる。


最高のとーちゃんに、最高の嫁、そして可愛い俺の息子。
本当に幸せです、ありがとう
40:2016/04/29(金)01:33:10 ID:
たいしたオチがなくてゴメンよ。
これで終わりです
41:2016/04/29(金)02:10:20 ID:
42:2016/04/29(金)03:31:17 ID:
うちのとーちゃんは孫の顔見せる前に亡くなっちゃったな
43:2016/04/29(金)04:11:20 ID:
良かったいい感じで終わって
44:2016/04/29(金)05:13:04 ID:
感動した!
46:2016/04/30(土)02:49:20 ID:
こんな父親が良かった…
45:2016/04/30(土)02:26:29 ID:
ハッピーエンドで良かった
元スレ: