1:2015/07/12(日) 18:11:12 ID:
― 会社 ―

上司「今度の出張の件なんだけれども」

男「はい」

上司「俺は始発で直行すれば、現地に間に合うから当日家から向かうつもりなんだが」

上司「君の家からじゃそうも行かんだろう」

上司「というわけで、前日のうちに現地で泊まってもらうわけにはいかんか?」

男「かまいませんよ」

上司「すまんね。じゃあ、よろしく頼むよ」

2:2015/07/12(日) 18:13:07 ID:
男(ふっふっふ……)

男(あの時は、“仕方ありませんね、仕事ですから”というテンションで答えたが)

男(内心はひゃっほう、と飛び上がりたい気持ちであった)

男(なぜなら――)

男(ビジネスホテルに泊まるなど、今まで経験したことがなかったのだから!)

男(はじめてのビジネスホテル!)

男(これ、テレビ番組とかでやったらウケるんじゃないか? ……ウケるわけないか)
3:2015/07/12(日) 18:15:20 ID:
当日――

男(会社を早めに退社して、ようやく現地についた)

男(んでもって、あのちょいと古びたビルが俺の泊まるビジネスホテル!)

男(うおお、緊張するなぁ……)

男(だが、今の俺はれっきとしたビジネスマン! 会社の看板を背負ってるんだ!)

男(恥をさらすわけにはいかない!)

男(行くぞ!)ザッ
4:2015/07/12(日) 18:18:00 ID:
よっしゃ会社の経費でVOD見よ!
5:2015/07/12(日) 18:18:27 ID:
― ビジネスホテル ―

ホテルマン「いらっしゃいませ」

男「こ、こんにちは」

男「本日、予約をしていた○○ですが」

ホテルマン「○○様ですね。当ホテルをご利用いただき、誠にありがとうございます」

ホテルマン「当ホテル、前払い制となっております」

男「は、はい」

ホテルマン「領収書の名前はいかがいたしますか?」

男(領収書きたあああああ!)
6:2015/07/12(日) 18:20:32 ID:
男(領収書ッ! なんとオトナでビジネスな響きか!)

男(たまらないな、この感覚! 出張してるって感じだァ!)

ホテルマン「あの、お客様……?」

男「!」ハッ

男「××株式会社、でお願いします」

男「後株でね」キリッ

ホテルマン「……へ?」

男「あ、いやいやいや! なんでもないでぇっす!」
7:2015/07/12(日) 18:23:39 ID:
ホテルマン「お部屋は305号室となります」

男「はい」

ホテルマン「こちらがキーとなります」ジャラッ…

男(へぇ~、ヌンチャクの出来そこないみたいな形だな)ジャラッ…

男「アチョォ~!」ヒュヒュヒュン

ホテルマン「キャッチ!」パシッ

男(……できる!)

ホテルマン「室内の電気を使う際は、このキーを――」

男「あ、大丈夫です、分かります」

男(ちゃんと予習してきたもんね)

ホテルマン「そうですか、ではごゆっくりどうぞ」
8:2015/07/12(日) 18:26:31 ID:
男(305号室……)

男(ここが俺の部屋か……)

男(つまり、今夜から明日の朝まで、ここは俺の城というわけだな!)

男(一日駅長ならぬ、一日城主!)

男「うふふ、ふふ……」

男「うわっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!」

男(いざ、入城!)ガッ

ガチャッ ガチャチャッ ガチャッ

男(なんか入れにくいぞ、これ……)

男「お、入った」ガチャッ
9:2015/07/12(日) 18:29:35 ID:
― 305号室 ―

男(暗いな……)

男(電気つけなきゃ……)パチッ

男「あれ!? つかない!? なんで!?」パチパチパチ

男「電気系統をやられたか! ええい、つけぇ! ついてくれぇ!」パチパチパチパチパチ

男「――あ、そうか! 電気を使うには、キーを差し込まなきゃいけないんだった!」

男「差し込む穴はどこ!? どこ!?」



ホテルマン『室内の電気を使う際は、このキーを――』

男『あ、大丈夫です、分かります』



男「場所をちゃんと聞いとくべきだった! くそったれめ!」

男「ゲームとかでもよくこういうミスするんだよな、俺って!」

男「んで、もう一回聞こうとしたらもう話してくれないパターン!」
10:2015/07/12(日) 18:32:04 ID:
男「あ、これか!? これだ!」グサッ

パァッ…

男「あ~、電気ついたぁ~」

男「よかったぁ~」

男(こうして、人類は電気という新しいエネルギーを手に入れた)

男(しかし、それが新たな争いの火種になるとは、まだ知るよしもなかったのである……)



男(それっぽいナレーションも決まったし、部屋を見てみるとすっか!)
11:2015/07/12(日) 18:34:29 ID:
男「スーツをかけとくクローゼット!」バァンッ

男「バスルームとトイレ!」バァンッ

男「ダブルベッド!」

男「テレビ! もちろん液晶!」

男「よれよれなLANケーブルに、ちっこい湯沸かし器もあるよ!」

男「うむ、いい! 実にいいぞ! この必要最低限っぽさが、実に素晴らしい!」
12:2015/07/12(日) 18:36:08 ID:
男(さて落ちついたところで――)

男(お札とかが貼ってないか、額縁の裏をチェック!)

男(もしビッシリお札が貼ってあったらどうしよう……!)ブルブル…

男「……」ガタッ

男(貼ってない……)

男(ホッとしたけど、ちょっと残念、かも……)
13:2015/07/12(日) 18:39:47 ID:
男「続いて――」ヌギヌギ…

男(とりあえず全裸になる!)スッポンポーン

男「おほおおっ! なんという開放感! これだ! これなんだよ!」

男「生まれたままの姿――これこそがヒトの究極形態!」

男(部屋の中にあるデカイ鏡に映してみると……)

男(おおっ、すばらしい肉体美!)ムキムキッ

男(――って全然大したことねーけど)ヒョロ…

男「ハックション!」

男「さぁて着替えて、明日の支度するか」ズズッ…

男(明日は基本的に俺は付き添いだけど、資料は作っとかなきゃいけないからな)
14:2015/07/12(日) 18:41:26 ID:
男「……」カタカタッ ターン

男「明日の支度はこんなとこだろう」

男(……決まった。ビジネスホテルでビジネスしちまったよ……俺。かっこよすぎる)

男「……」グゥゥ…

男(……腹、減ったな)

男(ホテルの近くにコンビニあるし、なんか買いに行くか)
15:2015/07/12(日) 18:44:07 ID:
― コンビニ ―

男(とりあえずは……弁当だよな)

男(あと……お茶も欲しいし、ビールも欲しいな。あと、チューハイ)

男(酒があるならつまみもだ。惣菜を一つ二つ買っとこう)

男(菓子も欲しいよな。ポテトチップスに、ビスケット、ゼリー系も欲しい)

男(おっと、甘いのばかりじゃなく柿ピーもつまみたい)

男(ついでに、漫画も買って行くか。夜は長いしな)

男(それと……)
16:2015/07/12(日) 18:46:46 ID:
店員「2416円になります」

男「どぅわ!?」

男(おいおいおい、マジかよ)

男(2000円超えって……明らかに買いすぎたな)

男(コンビニでこんな買ったの、いつ以来だろ……)

男(今日一晩でこんなに食えるか……? ま、いいや、なんとかなるだろう)
17:2015/07/12(日) 18:50:30 ID:
― 305号室 ―

男「……」グビッグビッ

男「っぷはぁ~、うめえ!」

男「普段、晩酌なんかしないのに、ビールがやたらうめえ!」

男「見える、見えるぞ! 広大な麦畑が!」

男「ビール飲みながら食べるコンビニ弁当が、これまた最高だ!」モシャモシャ

男「なんか、いつもより2倍増しくらいでおいしく感じるよ!」モグモグ
18:2015/07/12(日) 18:52:33 ID:
男「ギャハハハハッ!」

男(普段バラエティ番組なんかちゃんと見ないけど)

男(おもしれぇ~!)

男(いつもより3倍増しぐらいで、面白く感じちゃう!)

男(これはあれか?)

男(ビジネスホテルという特異な閉鎖的空間が)

男(バラエティ番組の楽しさを増幅させているのかぁ!?)
19:2015/07/12(日) 18:56:23 ID:
男「ウイ~、しこたま飲み食いしたし、そろそろ汗を流すかぁ……」

男「ションベンしてと……」ジョロロロロ…

男「はぁ~、スッキリ」ブルブルッ

男(ん? 浴槽にタオルがかけてあるな)

男(ああ、これがバスタオルだな。やけに硬いけど、ま、こんなもんか)

男(んじゃ、シャンプーとボディソープで体あ~らおっと)

男(シャワーの温度調節は、水と湯の量をバランスとって調整すればいいんだな)キュッキュッ
20:2015/07/12(日) 19:00:40 ID:
ジャー…

男「つめてっ!」キュッ

ジャー…

男「あちぃ!」キュッ

ジャー…

男「つめてぇぇっ!」キュッ

ジャー…

男「うわっちぃ!」キュッ

男(シャワーの温度調節ムズすぎだろ、これ!)

男(さっきから熱いのと冷たいのを行ったり来たりだ!)

男(これを一発で適温にできなきゃ、真のビジネスマンとはいえないんだろうなぁ……)
21:2015/07/12(日) 19:02:53 ID:
男「あ~、スッキリした」ゴシゴシ…

男「体をしっかり拭いて、と。 ――ん?」チラッ

男(うげぇ!?)

男(棚の上に……ちゃんとしたバスタオルが……!)

男(ってことは今、俺が使ってるこのでかいタオルの用途はなんだ? なんなんだ?)

男(そうか! 床に敷くためのやつか! どうりでやたら硬いわけだ!)

男(ええい、もう遅い! これで拭く!)ゴシゴシ…
22:2015/07/12(日) 19:05:32 ID:
男「色々アクシデントもあったが、なんだかんだいってサッパリしたな」

男「……さて、そろそろ寝るか」

男(すっげえごわごわしてるな、この布団)ゴワゴワ…

男(でも、これはこれでアリかも。クセになりそうだ)

男(おやすみ……)



男「ぐぅ……ぐぅ……」
23:2015/07/12(日) 19:08:39 ID:
翌朝――

男「ふぁぁ……」

男(緊張と興奮のせいか、目覚ましセットした時刻より、だいぶ早く起きちまったな)

男(眠れたような、眠れてないような……なんだか不思議な気分だ)

男(朝食はフロント横の部屋でバイキングだったな)

男(混まないうちに、とっとと済ませとこう)
24:2015/07/12(日) 19:11:20 ID:
― 朝食部屋 ―

男(えぇ~と、これと、これと……)

男(普段、朝食なんかちゃんと取らないのに、パンをかじる程度なのに)

男(パンにハム、野菜、と妙に栄養バランスを考えた構成にしちまってる)

男(なんでだろ……)

男「……」ムシャムシャ…

男「うん、うまい!」
25:2015/07/12(日) 19:15:08 ID:
そして――



男「チェックアウトをお願いします」

ホテルマン「かしこまりました」

男「ホワタァ!」ヒュヒュヒュン

ホテルマン「キャッチ!」パシッ

男(……できる!)

ホテルマン「ありがとうございました。いってらっしゃいませ」



男(どうでもいいけど、またこの人かよ……。この人何時間働いてるんだ?)
26:2015/07/12(日) 19:18:30 ID:
……

……

……

男「おはようございます!」

上司「おはよう、どうだった? ホテルは?」

男「なかなかよかったです」

上司「フフ……なかなか、か」

男「?」

上司「どうせハメを外して無意味に全裸になったり、無駄に買い込みすぎたり」

上司「シャワーの温度調節手こずったり、はりきって朝食取ったりしたんだろ?」

男「げぇっ!?」ギクッ







おわり
27:2015/07/12(日) 19:23:49 ID:

29:2015/07/12(日) 20:23:15 ID:

ビジホ最近行ってねえなあ…
30:2015/07/12(日) 20:31:13 ID:
こんな豪華なビジホ行ったことねー
ホテルマンさんと友達になりたいww
28:2015/07/12(日) 20:22:26 ID:
なんかよくわからないがワクワクした
31:2015/07/13(月) 08:11:50 ID:
なんという堪能っぷりw
上司も昔はやっちゃったんだろうか

乙!
元スレ: