14:2011/07/04(月) 22:51:06.86 ID:
俺と姉貴は昔微妙な能力()があった。
それは「サイコロの目を操れる」っていう奴なんだけど。

小三くらいの時かな。
両親のいない日の夜だった。姉貴が急に「いいこと教えてあげる」
って言ってきて、文房具屋かどっかで買ってきた五個セットのサイコロを出して来た。
「サイコロの目を自由に操れるようになるんだよ」って言われて
丁度超能力とか流行ってた時期だったからやってみることにしたんだよ。
やり方はぼんやりとしか覚えてないんだけど、確か

・部屋を暗くする
・部屋の真ん中に一人で座る
・目を瞑ってサイコロを一つ握る
・操りたい目をイメージする
を三十分だか一時間くらいやるだけだった気がする。

俺も姉貴も話半分、みたいな感じだったけど内心ちょっと
「本当に出来るかも」とか思ってたと思う。
で、その儀式みたいなのを済ませて、実際にサイコロを振ってみる。
姉貴がイメージしたのは「6」で、俺は何故か「3」だった。
振る前に、一回サイコロを握ってギュッと念じる。
姉貴の出た目は「6」俺は「3」
すげえ!ってなって何度も何度も念じながら振ったんだけど
何度振っても姉貴は「6」で俺は「3」が出続ける。
とにかくその日は百発百中で同じ目を出し続けた。
すげえ!ってなったけど、どこか「当たり前」みたいな感覚もあった。

15:2011/07/04(月) 22:51:39.14 ID:
その翌日、当然俺は学校で自慢するんだけど
ここでも九割五分同じ目を出し続けてインチキ扱いされた。
あと目が「3」だからしょぼすぎてなんとなく盛り上がらなかった。
それが悔しくて、その夜また同じ儀式をやって、目を増やした。
その後二日かけて残りの目も増やした。
おかげで「3」と「5」は完璧に操れる様になったんだけど
残りはイメージに集中しきれなかったのか八割くらいしか出せなかった。
姉貴はその辺しっかりしてるから、全部の目を九割以上の確率で操れてた。
とにかく俺はそれを自慢しまくってたんだけど、中学高校と進むにつれて
サイコロを振るような遊びもしなくなって、自慢することもなくなった。
でも時折振れば、「3」と「5」は相変わらず操れたし、友人にも見せた。
最後に振ってから随分経つけど、もう多分操れない気がする。

でも俺と姉貴がサイコロの目を操れたのは事実だし
なんていうかそういう子供の頃特有の思い込みみたいなのが常識をねじ曲げる
みたいなのがあるんじゃないかな、と。

そんな思い出の話。
19:2011/07/04(月) 23:41:47.14 ID:
>>14
イカサマサイコロか。
カイジ見て思い付いた(思い出した?)話かな?
20:2011/07/04(月) 23:46:35.38 ID:
>>19
いや、普通になんの変哲もないサイコロ。
色んな奴でやらされたよ。イカサマ扱いされたしな。

試しに儀式やってみ。できるかもよ。
イメージはサイコロ振って、その目が出るところを何度もイメージする感じだった。

「謎の建物」【不可解な体験、謎な話】  
「あの8月の事」【ほんのりと怖い話】
【閲覧注意】「拾った青い石」【洒落怖名作】
元スレ: