228:2000/08/22(火) 08:22 ID:
去年の夏の体験。

ヒューマンから出てたホラーゲーをダチと徹夜でやっていた。多分クロックタワーゴーストヘッドというやつ。
ダチと二人で黙ったまま黙々とプレイしていた。
あのゲームをやった人はわかると思うけど、殆ど効果音が無い。
敵が出てくるときだけ音楽が鳴る。
そういうゲーム。
だから部屋は凄く静かで、時折表の道を走るトラックの地響きがする程度。

ゲームを順調に進めていた所だった。

そのとき携帯が鳴って友人からメールが来た。
『ヒマだから今からそっち行くよ』
『わかったわ 来いよ』

そう返事をしてゲームに没頭した。
しばらくして、またメールが来た。

『今おまえんちの近くのバス停』
「早いな~」
「あいつはいつも直前になってメールするからな(笑)」
「じゃあすぐ来るな」
「そやな」

そう二人で話して、またゲームを続けた。

しばらく時間が経った。
部屋は相変わらず静かだ。
…何かおかしい。
二人同じ事を考えていたのか、さらに沈黙していく。
そう、友人が来ないのだ。もう来てもいい頃なのに。
チャイムすら鳴らない。
とうとうたまりかねたのか友人が口火を切った。

「おかしいなぁ。あいつ来ないよ?」
「だよな、幾らなんでも遅いよ」

…ぴん…ぽぉん…

「あ、来たんじゃない?」
「…鳴った…ような気がするよな?」

ダチも俺も自信なさげに顔を見合わせた。
というのはほんとうに、チャイムにしては凄くかすかな、聞き逃しそうなくらいのボリュームだったのだ。
「聞こえたかな?」という程度。
ダチは1人暮しだったから、もちろん部屋は凄く狭い。(1k)
チャイムってのはもっと響き渡る筈なのに。
でも一応ってことでダチがドアをあけてみた。
「やっぱり」、ダチはいなかった。
玄関の向こうは無人。

「いないよ」
「やっぱり?聞き間違いかな?それにしてもダチ遅いよ」
「そうだよな 何やってんだあいつ?他のダチの家行ったのかな」

ぴぃん…ぽぉん…

また鳴った、ような気がした。
「鳴ったよ」
「っていうかチャイム小さくないか?」
「壊れてんじゃないの」
「まあ見てくるわ」

振り返ったらそこに玄関があって、その床とドアの隙間から向こうが見える。
オレンジのズボンらしきモノが見えた。
「オレンジズボン?見えるよ。いるんじゃない」
がちゃ。

「あれ?」

…いない?

念のため廊下も外階段も階段の下も見てみる。
ピンポンダッシュしたとしても背中ぐらいは確認できる筈だ。
でもいない。
そのときダチからメールが来た。

229:2000/08/22(火) 08:24 ID:
『開けろよ 入れないだろ』
「『開けろ』ったって…」
「俺ちゃんと確認したぜ?でも居なかったんだよ?」
「どういう事?」
「知らねーよ!」

ゲームはやり掛けのままストップしていた。
更に部屋は静かになっていく。
二人とも訳がわからなくて混乱していた。

「っていうかなんなの?チャイムだって変だし」
「壊れてるのかな?鳴らしてみよ」

ピン・ポーン

さっきと違って、その音は部屋中に響いた。
「壊れてないよ」
「って言うかめっちゃくちゃ聞こえるんだけど」
「だよな。なんであんなに小さいんだ?」
「…ちょっと怖いかも」
「…」
「まったくダチ何処で油売ってるんだよ!早く来いっつの!」
「早く来て欲しいよ~」

ゲームをやる気にもなれない。
とうとう電源ボタンを押して、テレビもオフにしてしまう。
二人とも押し黙ったまま天井を見上げていた。
何も言う気になれない。
(と言うかオレンジのズボン…アレ何?)
俺は心の中でそう思っていた。だけど言う気にもなれない。
トラックの遠い地響きだけが伝わってきた。
その時またチャイムが鳴った。

ぴん・ぽーん

黙ったままどちらともなく顔を見合わせる。

(…鳴ったよ?)
(出るか?)
(さあ?)

とりあえず、とまた鍵を開け、扉を開ける。
果たして友人はそこに居た。
しかもかなり怒っている。
どうしたんだろう、と思う暇もなくダチが開口一番に言った台詞に二人は恐怖に叩き落される事になる。

「なにやってるんだよおめーら!俺さっきから百回は鳴らしたぜ?ドアも叩いたぜ?なんで出てこないんだよ!
 隣の人がかわりに出てきて怒られちゃったじゃねーか!」

…ちなみに友人はオレンジのズボンではありませんでした。

#一体なんだったんだろ?
#小説風に書いてますが、脚色無しです。部屋はマジで静かだった。トラックの音が聞こえるくらいで。
#でもホラーゲーやるとたまに「呼び」ますよね。
#「恐怖」という空間がそうさせるのかもしんないけど。

元スレ: