1:2012/09/28(金) 04:26:09.84 ID:
俺が小学校の時の話だ。
一人で語っていくから叩くなりなんなりしてくれ。
だが前提に、本当にあったはなしなんだ。それを頭に入れといてくれると助かる。

3:2012/09/28(金) 04:28:24.26 ID:
ききたい!
4:2012/09/28(金) 04:30:06.61 ID:
先にも書いたように、これは俺が小学校の頃の話だ。
うちの実家は山だらけ畑だらけのド田舎でな、小さい頃は外で駆け回って遊ぶのが当たり前だった。

2kmもの道のりがある学校から帰ってきたら、近所の友達と缶けりするのが毎日の楽しみだった。
9:2012/09/28(金) 04:35:38.31 ID:
この缶けり、実は範囲が友達の家野周り、畑と山含めてかなり広い範囲で行われる。
一回鬼になったら、終わるまで鬼をやり続けなきゃいけないくらい。
人数は5人だから、本当に広すぎた。

で、その日の俺は鬼を免れて、缶が蹴られた瞬間に畑に逃げ込んだ。
この畑は優れもので、友達の家の裏と山道を繋ぐ優れもので、俺は良くここに逃げて攪乱してた。
10:2012/09/28(金) 04:37:20.28 ID:
まだ不思議じゃねえな
12:2012/09/28(金) 04:39:00.48 ID:
鬼も、こっちがそこに逃げることを知ってるからどっちかの道を塞ぐんだよ。でも、缶を守らなきゃいけないから深く塞ぐことはできないし、探せないし。
その時は友達の家側を探し始めたから、俺は山に逃げた。

すすきが沢山あるから、まだ小さい俺をうまく隠してくれて、なんなく山の中ほどまで逃げられた。
13:2012/09/28(金) 04:43:25.59 ID:
何回、何十回と缶けりをして逃げこむコース。
見慣れたはずの山道…のはずだった。
だけどその時だけは違う。山に登る道ではなく竹と大きな木がある広場を、山道は繋いでいた。

俺はこんな所あったのか、と好奇心で辺りを見回した。
後ろで友達が見つかった声がする。そこから、缶がある場所が良く見えた。
14:2012/09/28(金) 04:47:21.58 ID:
こちらから見えるなら、向こうからも丸見えなんじゃないか?
あわてて俺は大きな木の幹まで逃げ込んだ。

改めて見ると、小さい俺が三人、手を繋いでやっと囲めるくらいの大きな木だった。
なんだか秘密基地を見つけ出したみたいで小さい俺ははしゃいだ。

でも、いままでどうしてこんな大きな木に気が付かなかったんだろうか?
それは不思議に思っていた。
15:2012/09/28(金) 04:52:30.18 ID:
不思議に思いながらも、好奇心には勝てない。
その木の周りを探検し始めた。缶けりなんかしるか!ってなってた。

そこはやっぱり自分が逃げ込む道とは違う道で、山を知り尽くしてるはずなのに、全く知らない場所だった。

木の周りの竹林も、その先の道も全く知らない。
不安になった俺は、とりあえずみんなの所に帰ろうときた道を帰りはじめた。
18:2012/09/28(金) 04:57:39.50 ID:
それ神かくし
19:2012/09/28(金) 04:58:42.30 ID:
大きな木の所まで帰ってくると、少し疲れたから休憩したくなった。
見つかったらそれでいいし、あとでみんなで探検するのも悪くない、とか考えながら、木の幹に座り込んだ。

ふと隣を見てみると、木で出来た小さな家をみつけた。祠ってやつかな?小さい俺はそれを見てリスでも飼うのかと思っていた。

でもそれにしてはくりや柿、お酒なんかが供えられていた。

やっぱりなんかおかしい。そう思ったら山の上から大人がおりてくるのが見えた。
前からあまり山で遊ぶなと煩い大人たちだから、おれはあわてて木の反対側の幹に身体を隠した。
20:2012/09/28(金) 05:03:17.32 ID:
足音が近付く。普段なら降りていく大人たちの足音が、ぴたりと止んだ。
この、真後ろな祠で止まっている。

俺はそう思ってそーっと様子を窺った。

おかしな光景だった。
神主みたいな服を着た大人が一人、スーツを着た大人が二人…。
なによりおかしいのはふるぼけた狐(きつね)のお面をしていた。

そこで、俺の母親譲りの勘が言った。人間じゃない!って。
23:2012/09/28(金) 05:07:48.39 ID:
やだ、こわいよ
25:2012/09/28(金) 05:09:00.37 ID:
そこからは、黙って息を殺すしかなかった。
人間じゃないならあいつらはなんだ、おばけ?とにかく、食べられたくない!

そんなことを考えながら様子を見てると、神主の格好をした奴が供え物を新しくして、見たこともない枝でお祓いみたいなことをはじめた。

なにを言ってるか解らない。日本語じゃないみたいだった。でも最後に、
「村の竜脈とわき水が、枯れないように」
と、いっていた。

その一瞬、風が吹いたかと思うと神主の背中からふさふさが見えた。
多分、尻尾だったと思う。
26:2012/09/28(金) 05:14:13.06 ID:
声というか悲鳴をあげかけるも我慢。もう見たくないとそのまま木に隠れる。

そしたら、神主が目の前にいるの。
俺はパニックで、逃げるとか考えられなかった。

「人間が来てはいけない。木に連れて行かれるぞ」

そう言って、神主は俺をつかみあげて畑の道へと落とした。
頭とか打って痛かったけど、落ちてそこを見上げたらもう神主はいなかった。
27:2012/09/28(金) 05:15:19.73 ID:
発言内容から察するに一応人間の味方っぽいな
28:2012/09/28(金) 05:17:52.53 ID:
びっくりして、また道を駆け上がった。
でも、もう大きな木は、竹林はなかった。
いつもの山道、山頂に上がる道だけだった。

怖くなって坂を降りる。
友達に見つかると、俺はありのままを話した。無論信じて貰えない。

誰かが捕まったのを聞いたと言うことも話した。そしたら友達は、俺を一番にみつけた。ほかは誰も捕まえてないって。
29:2012/09/28(金) 05:20:05.62 ID:
時間がまずおかしかった。缶けりをはじめたのが四時半なのに、時計は35分しかたっていない。

あんなに探検とかしたのに、五分しかたっていないのはありえなかった。

その日、みんなで見に行ったがやっぱり木はなかった。
31:2012/09/28(金) 05:21:55.31 ID:
時空が歪んだってやつか
32:2012/09/28(金) 05:23:32.50 ID:
マヨイガにでも迷い込んだのか

※マヨイガとは・・・迷い家(まよいが、マヨイガ、マヨヒガ)とは、東北、関東地方に伝わる、訪れた者に富をもたらすとされる山中の幻の家、あるいはその家を訪れた者についての伝承の名である。(wikipedia参照)

33:2012/09/28(金) 05:24:02.81 ID:
木に連れて行かれるってなんなんだ
34:2012/09/28(金) 05:24:16.59 ID:
ここからは、少し厨二臭くなる。

その日の夜。
疲れ切ったのか俺はすぐにゲームもせず寝ついてしまった。

だが、眠りが深くなるにつれ何か聞こえてくる。
お経?
そう、何十の声がお経を上げている。
それが大きくなるにつれ、何かが俺を引っ張るのだ。一つじゃない、沢山の手でだぞ。

でも、俺は起きられなかった。
35:2012/09/28(金) 05:26:19.64 ID:
夢とわかれば、いつも目がさめるのにさめない。
焦るけれど身体は動かない。
声が大きくなるだけ。

助けて!お母さん!助けて!
声だけは出たので何回も叫んだ。

夢は覚めない。
37:2012/09/28(金) 05:27:29.96 ID:
不思議よりも怖いよ…
40:2012/09/28(金) 05:28:56.71 ID:
そしたら、違う声が違うお経(後で調べたら陰陽道の祝詞が一番近い)が聞こえてきた。

そしたら次第に何十の呪いのお経が消えていって、引っ張る何かも消えていった。

目は相変わらず開かない。
でもわかった。狐だ。あの神主狐だ。
39:2012/09/28(金) 05:28:06.93 ID:
ほかの友達はどうなったの
44:2012/09/28(金) 05:32:30.46 ID:
質問は後で受け付けるつもり。
しばし待たれよ。


狐が近付いてくる。
もうだめだ、そう思った。

いまでも鮮明に覚えてる、夢でこういった。

「幼いからか、やたらと引かれるご様子。あの方ならほうっておきますまい」

そこで、夢はさめた。足や手に、所々掴まれた後を残して。
46:2012/09/28(金) 05:37:31.24 ID:
それから、いままで…。

父にDVされて死にかけたときも、自殺したときも、病気で死にかけたときも、
気を失うと必ず青い炎が見えて助かる。

多分、ほかの何かが自分を死に引っ張りこもうとしてもあの神主狐が守ってくれてるのだと思われる。

素顔も姿ももう見えないけど、小さい頃にあった本当のお話。

さあ、質問を聞こうか
47:2012/09/28(金) 05:38:57.46 ID:
あ、ちなみに夢で叫んだ声は家族誰も聞いていません。
でも朝起きたら声は潰れてました。
ふっしぎー
49:2012/09/28(金) 05:39:53.57 ID:
神主はどんな声してた?
おっさん?若い感じ?

>>49 
若い男性。でも、それだけじゃ表せない。なんというか、不思議な声だった。  
50:2012/09/28(金) 05:40:34.65 ID:
スーツ着てた二人はどこ行ったんだ
54:2012/09/28(金) 05:43:20.61 ID:
>>50
不明。神主狐しかしっぽ見えてないから二人は人間?なわけないか。
51:2012/09/28(金) 05:41:11.41 ID:
その山は何県何市?

>>51 
奈良県の室生と言うところです。  
52:2012/09/28(金) 05:41:20.83 ID:
その山には昔からどんな逸話が残されている?

>>52 
逸話はあるかはわかりませんが、あの山だけは荒らされないのでよく畑の土を作るのに、土を貰って帰るそうです。  
53:2012/09/28(金) 05:43:12.97 ID:
今でもその山はあるの?
57:2012/09/28(金) 05:46:36.90 ID:
>>53
山自体は健在ですよ。
55:2012/09/28(金) 05:44:09.95 ID:
伏見稲荷には行った事がある?

59:2012/09/28(金) 05:49:02.02 ID:
>>55
稲荷伏見はないです。
それとは関係ないですが安部文殊院にはいったことあります。
いなり?あ、山のてっぺんに稲荷神社ありました。
58:2012/09/28(金) 05:47:55.76 ID:
自分の意思で自殺したんじゃないの?
無意識なの?
62:2012/09/28(金) 05:50:28.94 ID:
>>58
死にたいとは思っていましたが、無意識です。知らない間に屋上まで行ってました。
60:2012/09/28(金) 05:49:36.19 ID:
室生調べてみたけど、もろ中山間地の集落って感じのとこだね
そのほかに不思議な体験をしたことはある?
68:2012/09/28(金) 05:53:34.19 ID:
>>60
不思議…
あ、白蛇さんと白鹿さんを見ました。意志があるようにお辞儀してましたよ。
63:2012/09/28(金) 05:52:05.78 ID:
守護神とこんな感じで縁が結ばれるのか

これからも守護してもらえるよう
定期的にお参りするといいかもな

>>63 
どこにお参りにいけばいいのか…でも、村の巫女さんに聞いたらもう憑依してるから社は空っぽなんじゃないかとか言ってました。 
でも感謝はしてます。  
64:2012/09/28(金) 05:52:21.84 ID:
木に連れて行かれるって君はどういうことだと考える?

>>64 
木の養分にされたのかなと思います。昔は多分、守るために人間を生け贄とか、あったのではないかなと科学的とか、わかんないですけど…引き寄せやすい体質ではあるみたいです。  
66:2012/09/28(金) 05:52:40.38 ID:
父親のDVはどんなことされてどんな状態になったの?
70:2012/09/28(金) 05:59:52.58 ID:
>>66
母親かばって、投げ飛ばされて頭打って血がいっぱい出て、それでもまもったら気を失ってました。
69:2012/09/28(金) 05:59:15.20 ID:
この事は村のお年寄りとかに話したりしたの?
73:2012/09/28(金) 06:00:56.99 ID:
>>69
巫女さんだけです。狐憑きとかは年寄りは嫌うから、あまり言わない方がいいって
93:2012/09/28(金) 06:23:32.15 ID:
年寄りはそういうのに敏感そうだから
話したら大事になってたかもしれないね
96:2012/09/28(金) 06:27:32.56 ID:
迫害はごめんですからね。昔になんかあったらしいから、曾祖母ちゃんあたりはかなり敏感そうでした
71:2012/09/28(金) 05:59:55.48 ID:
無山?

74:2012/09/28(金) 06:01:55.89 ID:
>>71
いいえ。
確かにあそこもきつねさんとかありそうですよね。
75:2012/09/28(金) 06:02:17.66 ID:
養分か・・なるほど

>>75 
はい。龍脈とかの上にあるなら、人くらい食べなきゃできないかなと  
76:2012/09/28(金) 06:03:20.18 ID:
分からないけど近くの稲荷神社かな…
でもちゃんと感謝の気持ちを持ち続ければ
これからもずっと護ってくれると思う
すばらしい守護神大事にしなよ!

>>76 
…古びたから取り壊しがあったとか、ばあちゃんから聞いた気が…でも実家帰った、いってみます  
77:2012/09/28(金) 06:04:14.25 ID:
幼少時は情報に影響されやすい
漫画や書籍、テレビドラマ、ゲームなどの影響が相まって、非現実のストーリーを現実と認識してしまう事は稀に有る
感情の高まりや強いストレスを引き金に、毎度同じ物を見るのなら、その記憶が深層域まで達していると言う事だな
79:2012/09/28(金) 06:09:10.36 ID:
>>77
というと、俺がみたのは幻想の可能性もあるんですね…
ふむ
78:2012/09/28(金) 06:05:46.64 ID:
とりあえず新展開が必要だから、木に連れて行ってもらえよ
報告ヨロ
81:2012/09/28(金) 06:12:12.57 ID:
>>78
行けないんですよ、あの木の所へ。
もう、何かが邪魔してるのかも
いけたらまたスレ立てるけど死んだらどうしよう
80:2012/09/28(金) 06:10:56.80 ID:
木って不思議だなぁ
俺もさ不思議な体験したりするけど>>1みたいに解明できなくて怖いんだよね
守護霊が木の精?みたいなのだって信じてるんだけど
木にも色々あるのかな
83:2012/09/28(金) 06:14:27.03 ID:
>>80
本来は守っているイメージですけどね。でも、やっぱりお腹は空くから守るために食べちゃうのかもしれないです
88:2012/09/28(金) 06:18:46.03 ID:
そう言えば、
あの方って誰なんだろうか?とみんなにお聞きしたい。
あの方ならほうっておきますまい。
これだけは、鮮明に残ってて…
86:2012/09/28(金) 06:17:17.46 ID:
不思議だな
でも、どこか温かみのある話しだね
幻かどうかはわからんが>>1の心にはたしかにあるんだな

>>86 
巫女のばあちゃんで確信を得ました。でも普段はなんも変わらないから、本当にいてくれてるのかは謎です。 
87:2012/09/28(金) 06:18:34.85 ID:
>>1何歳?
89:2012/09/28(金) 06:20:29.35 ID:
>>87
23です。
90:2012/09/28(金) 06:21:37.02 ID:
あの方ってのは木じゃないの?

>>90 
なんだか、少し違う気がして  
92:2012/09/28(金) 06:22:30.05 ID:
木に連れていかれるっていうその本体では?
でも何かは全く想像つかないな

何気に同い年か
94:2012/09/28(金) 06:26:11.25 ID:
>>92
木の精霊…木に連れて行かれるとは尊敬してたら言わない気がする…


まあ、蛇足ですよね。
95:2012/09/28(金) 06:26:51.43 ID:
白鳥神社かな?

99:2012/09/28(金) 06:28:56.91 ID:
>>95
あそこは神聖なわき水が山の奥にあるだけですよ。学校より遠いから、そこではないです
102:2012/09/28(金) 06:33:07.75 ID:
奈良神社ありすぎワロス
104:2012/09/28(金) 06:35:54.81 ID:
>>102
確かに多いなぁ。学校の近くだけで2つ、範囲広げて5つか
97:2012/09/28(金) 06:27:59.15 ID:
何を祀っていたのかが分かれば全貌は見えてきそうだが・・
101:2012/09/28(金) 06:32:43.07 ID:
>>97
祀るというか、なんというか…
でも、安倍晴明がなんたらかんたらの資料は図書館にありましたよ。
100:2012/09/28(金) 06:30:16.81 ID:
あの方は想像の付くものではないことだけは分かる
人間が来ては行けないところに>>1は迷い込んだ

謎の世界のあの人はこれから後にも先にも知る人はでないよ
103:2012/09/28(金) 06:34:41.04 ID:
>>100
そうですよね、やっぱり人間がはいれない場所に俺行きましたよね。
…やっぱり不思議だなぁ
でも知れないのは寂しい
106:2012/09/28(金) 06:40:38.39 ID:
>>103
仮にあの方を知った時が死の時なのかもしれないな
そうならないように守護神を大切にすることと
感謝することだけは怠らないようにしたいね
108:2012/09/28(金) 06:43:39.05 ID:
>>106
はい。大切にしたいし、自分が死ぬときにありがとうって言いたいです。普段から思ってても、なかなか伝わらないだろうから
113:2012/09/28(金) 06:47:53.41 ID: 
五穀豊穣ならウカノミタマを祀っていたことになるなぁ・・・
ってまで調べた
115:2012/09/28(金) 06:48:41.47 ID:
>>113
おおう、知らない情報です。
進展進展!
111:2012/09/28(金) 06:45:20.29 ID:
霊媒体質なんだ…色々見えちゃうのかな
室生調べてたら室生龍穴神社ってのがあるね、龍脈の通り道か

>111 
あそこ、だめです。 
龍はさておき、なんか集まりやすいみたいですから! 
近付いたら大変ですよ、穴に入らないように!

室生龍穴神社(http://www.genbu.net/data/yamato/ryuketu_title.htm)

117:2012/09/28(金) 06:53:05.86 ID:
守護神だぜ
よっぽど粗末に扱わない限り
一時も離れることないよ

ふと思ったけど自殺したのもあの方のせいなのかな
119:2012/09/28(金) 07:00:00.73 ID:
>>117
違うと見てます。あれは、前から見えてたのが呼んだだけなのかと。
ひとりで死ぬのは怖かったんだとおもいます。死んでることに気が付いていない
122:2012/09/28(金) 07:04:03.90 ID:
>>119
なるほど!そうなのか
よく自殺現場とかに行くと呼ばれるっていうし
不思議と同じ場所で亡くなるよな
それで連れて行かれそうになったのか…

とにかく>>1が死なずに生きてて良かった!!
126:2012/09/28(金) 07:11:49.42 ID:
>>122
あれもまた可哀想です。死んだのに死にたがるなんて…
121:2012/09/28(金) 07:02:38.08 ID:
気になるワードが出てきた
倉稲魂命(ウガタマノミコト)
蛇の神様?だけどこっちも五穀豊穣
気になる記事はこれ
http://www.erc.pref.fukui.jp/sogo/d028/k26.htm

124:2012/09/28(金) 07:08:47.58 ID:
蛇の神様?はこっちだった
宇賀神
宇賀魂命(ウガタマノミコト)
短時間で特定は無理だ
荒御霊とかも気になるが、今まで手つかずの情報だったため特定はやはり難しい
>>1が調べて納得するのが一番良かろう
死ぬかもしれぬがwwwwww

※宇賀御魂命(ウカノミタマノミコト)・・・ 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)倉稲魂神(うかのみたまのかみ)とは京都・伏見稲荷大社の主祭神で、一般に稲荷神(お稲荷さん)として広く信仰されています。 (神道系の総本社はが京都の伏見稲荷。仏教系は豊川稲荷が総本山。)また、農耕の神、商工業の神、商売繁盛の神としても信仰されていて全国の稲荷神社で祀られています。名前の「ウカ」は穀物・食物の意味で、穀物の神様です。 別名、御饌津神(ミケツカミ)、宇賀御魂命(ウカノミタマノミコト)。(開運の社参照)
128:2012/09/28(金) 07:13:19.92 ID:
>>124
調べてくださってありがとうございます。まあ、そのうち答えがでる気がするのでのらくらがんばります
131:2012/09/28(金) 07:15:57.49 ID:
ではみなさん、お付き合いくださりありがとうございました。
今日のMTG大会のために、寝ます。
また面白いことがあればスレをたたせてもらいます

おやすみなさい
132:2012/09/28(金) 07:17:14.42 ID:
なかなか興味深いスレだった
またどこかで

おやすみなさい
134:2012/09/28(金) 07:20:57.73 ID: