1:2012/02/23(木) 01:24:28.86 ID:
PCの具合が悪いから携帯からですまないが立ったら書く。

no title

3:2012/02/23(木) 01:26:29.92 ID:
おもしろい話なんだろうな?
6:2012/02/23(木) 01:27:24.45 ID:
>>3
まあまあ波乱万丈なので多分下手な小説くらいは
8:2012/02/23(木) 01:28:06.61 ID:
携帯からで書き溜めなしか
まあ聞いてやる
10:2012/02/23(木) 01:29:28.68 ID:

すまない。
何かにぶちまけないとやってれない位気分が沈んだ夜なので書かせてくれ。
スペック、

♀、23のBBA。
18:2012/02/23(木) 01:35:27.90 ID:
私は頭は悪いんだけど、小さい時の記憶は23になった今でも鮮明に覚えてる。
両親との荒んだ生活、離婚、施設での生活。
忘れたくても未だに忘れられない。
私が物心が着く頃には両親はだいぶ仲が悪かった。
父も母も互いを罵倒し、父は母を殴る。ストレスを溜め込んだ母はまた私を殴る。弟はだいぶ可愛がられてたけど。
父は仕事柄なのか、家にほとんどいなかった。
20:2012/02/23(木) 01:39:49.29 ID:
兄弟だけが可愛がられるのって辛いよな
21:2012/02/23(木) 01:41:21.18 ID:

母は寂しがりやな弱い人だった。父がいない間男をひっきりなしに連れ込み、ご飯も用意せず男の元に連泊。
塩水を舐めて弟と飢えを凌いだ。夜な夜な泣き叫び母親が恋しいと泣く弟を慰めて夜を明かした。連泊といっても2、3日くらいなのかも知れないが幼い私にとっては凄く凄く長い時間に思えたのかもしれない。
こんな毎日が長く続いた。
父が帰ってくる週末だけが唯一の楽しみだった。
母もその時間はちゃんと家にいてご飯も出してくれたから。
もちろん父に言うなと口止めはされてたけどなwwww
23:2012/02/23(木) 01:47:18.02 ID:

小学校に上がり、私も給食を食べれて友達と遊べる時間がちゃんと出来た。かなりやんちゃだったので先生には毎日怒られてた。
が、手のかかる子程可愛いのか離婚するきっかけになる事件が怒る夏休みには家によくきてくれた。
で、夏休みに入って父は仕事、母は浮気に勤しむ毎日が続いた。
学校が休みだからか母の浮気の頻度は段々増えていった。
お弁当を持って帰ってきて私達が食べる様子を泣きながら見てた母の顔が未だに忘れられない。

ある日母親が電話をしながら何か喚いていた。
24:2012/02/23(木) 01:52:29.16 ID:

電話の相手は浮気相手だった。
母は泣きながらタンスから薬瓶を持ち出して
「もう死ぬから!」
と言って薬瓶を開け、睡眠薬だかなんだか分からないがそれを何錠か手に取り、飲もうとした。
が、チキンなので飲むのをだいぶためらって小声で私に
「彼にママが睡眠薬を飲んだって言いなさい」
と受話器を渡された。
受話器を受け取ってママが睡眠薬を飲んだと相手に伝えると母親を出せと怒鳴られた。
怖くておどおどしてたらまた出せと怒鳴られたので母をに電話を渡した。
26:2012/02/23(木) 01:56:58.05 ID:

母は弱々しそうな声であなたがいないと生きていけないだの、愛してるだの実の子の前で涙ながらに訴えてた。
私の存在は何なんだろう。
幼いながらにハッキリ思った。
しばらくすると浮気相手が家にきた。
鍵を開けたら突き飛ばされた。
母は男と出ていった。
その後お腹が減ったので泣きながら塩水を舐めた。
すやすや眠る弟が羨ましかった
28:2012/02/23(木) 02:03:29.81 ID:

子供ながらに限界がきてた。
私なんか生まれてこなければ良かった。今でいう厨二病みたいな事を考える頻度が増えた。
学校での奇行も増えた。

私は母との約束を破り、近所の宗教絡みで付き合いがあった人に母が浮気している事を話した。
宗教に関しては特定が怖いので伏せさせてくれ。まあ、お前らが大嫌いなあの宗教だ。
27:2012/02/23(木) 02:00:04.21 ID:
どんだけ、くうもんなかったんだよwwwwww
戦後かwwwwww
32:2012/02/23(木) 02:11:11.65 ID:
>>27
後から母方の祖母に聞いたんだがうちの家本当に貧乏だったんだ。米とか金とかじいちゃんばあちゃんがなんとかして送ってくれてたみたい。
まあ金がない理由についてはまた後に。

もちろん父は激怒し、母を殺す勢いで殴った。母も包丁を父に向け両親の友人がそれをなんとか宥めて止めてた。

そこからの記憶は曖昧なんだが、母はトイレをしてて私に恨めしそうな顔で「裏切ったな」と私に言った事と母が家を出て行く姿はハッキリ覚えてる。
なんで記憶が曖昧なのか分からん。殴られ過ぎて頭おかしくなったのかハハッ
そこからは私達を預ける施設を決める為の一時施設みたいなのに入る。そこでなぜ過ごさなくちゃいけないのか分からなかったが同い年くらいの子供と遊べてご飯をちゃんと食べれるのが嬉しかったので、あまり不満は無かった。

けど母と父がいないのは寂しかった
33:2012/02/23(木) 02:13:20.91 ID:

学会の話になると食い付きいいなwwww

てか見てる人いるかな?
まだちょっと長いんだけど、その後の要点だけ書いてこうか?
34:2012/02/23(木) 02:13:30.25 ID:
下手な親に育てられるよりも施設のがいいとこはあるな
37:2012/02/23(木) 02:15:30.78 ID:
>>34
それがそうでもない。
本格的に施設が決まった後はやばかったorz
40:2012/02/23(木) 02:24:14.42 ID:
私達が入る施設が決まった。
一時施設を出て家に帰ってやっと父と母と暮らせるとwktkしてると連れられたのは家ではなかった。グランド、校舎の様な建物、学校みたいな建物で、まさかそこで5年近く過ごす事になるとはその時想像していなかった。

父は私達を連れて校長先生みたいな院長みたいなお偉いさんにこれからはよろしくお願いしますと頭を下げていた。
意味が分からなかった。
(施設の職員は~先生と言われてたのでこの先生は以降校長と呼ぶ)
校長先生はよろしくね。と私達に笑いかけた。
何がよろしくなのか、まさか…

父は涙ぐみながらしっかり先生の言うことを聞いて頑張りやと私達を抱き締めた。
その瞬間置いていかれる事をハッキリ悟った。
週末は家で一緒に過ごそうと言って父が去り、弟はまだ幼稚園だから別館、私は本館に連れて行かれた。
45:2012/02/23(木) 02:34:07.43 ID:

訳も分からず涙ぐむ私の所に私の入るグループの担当になるS先生がきた。
泣きわめく私を無理矢理本館の中に引っ張っていく。
中に引っ張られて入ると施設の子達が新しい子がきたとかなんとか言っていた。

そしてここが私子の部屋やでと六畳くらいの畳の部屋で、タンスがある簡素な部屋に連れてこられた。
とりあえず発狂した。

お前ら皆死ねとか、家に帰せと泣きわめいた。子供達が何事かと部屋を覗きにきた。
なんで、なんで、なんで、そんか事ばかりが頭の中でぐるぐる回った

泣き付かれて眠った後昼ご飯の時間やでと言われ表面上はしぶしぶ、内心はwktkしながら食堂に向かった。
先生はおかずを取ってくれてご飯を私によそわせ一緒に食べてくれた。
食べてるとちょっと怖そうな女の子が二人きた。
以降AとKって呼びます
48:2012/02/23(木) 02:47:46.64 ID:
AとKは
「この子さっき部屋でうちらに死ねとか言ってめっちゃむかついたんやけど」
と私にご立腹の様だった。
先生がなんとか宥めてくれたが早々に目を付けられてしまった。
この後彼女ら4年生組の壮絶ないじめに悩まされる事になる。

その後先生に館内を案内され職員を何人か紹介してもらい子供達にも紹介してもらった。
友達が出来るのは嬉しかったし、一緒に遊んでご飯を食べてお風呂に入って、同室の子と一緒に寝て、週末になるまでの日々を健全に子どもらしく過ごした。

が、この間4年生組に暴力的な苛めを食らった。
仰向けに寝かせられ、お腹に思いっきり乗られたり同年代の友達と無理矢理殴りあいをさせられた。これは私だけじゃなく前から年下の子を集めては定期的に暴力をふるっていたみたいだった。もちろん最初から嫌われてしまったから私への暴力は一際凄かった
先生に報告し、4年生組が先生に張り手をされていた所を見たが、余り改善はしなかった。

暴力と平和が入り雑じる中の生活が過ぎ、すぐに週末はきた。
49:2012/02/23(木) 02:53:32.91 ID:
あーきついな
51:2012/02/23(木) 02:58:37.01 ID:

週末がきた日父が迎えにきた。
朝からkに何か良いもの持ってこいと殴られて物凄く不愉快な気分だったが父を見た瞬間心が一瞬で晴れた。

家に帰る道中父に甘え弟もだいぶご機嫌だった。
ファミレスにより皆で昼食。
途中父の職場に行き、トラックに乗せてもらって楽しい時間を過ごし、夜に帰宅する道中思いがけない言葉が父から出た


「お母さんはもう戻ってこない」
「離婚をした」
「あの施設で暮らして週末は一緒に過ごそう」
「ほんまにごめんな」
と告げられた。
終わった。と思った。
54:2012/02/23(木) 03:11:16.54 ID:

泣き叫んだ。
あんな母でも私は大好きだった。私達を愛してくれなかった訳じゃなかった。
優しく接してくれた記憶もちゃんと子供心に残ってた。
浮気をしていた事を話したのは元の楽しかった普通の家庭に戻って欲しかったからだったんだ。
普通の子供が普通に手にしてる家族がもう2度と手に入らない事実を突き付けられ泣いた。


最低な気分で施設に送られた。
道中父の表情も物凄く暗かった。私も。
弟も不安そうにしていた。

施設に着き、また週末に来るからと言って父は去った。

さっきいじめられてきつかったとレスしたが、施設での生活は悪い事ばっかりじゃなかったんだ。
旅行やグループの子の誕生日には皆でご飯を作ったり、クリスマスには施設の子達が集まりクリスマス会をやったりした。
いじめっ子達ともいじめはなくならなかったが楽しく遊んだりした時間もあったし相変わらず暴力と平和が入り雑じる生活でも学校に行って施設に帰って何よりお姉ちゃんでいなくちゃいけない、虚勢を張って過ごす孤独じゃない時間を過ごせる事が嬉しかった。

それでも学校での授業が分からない事だらけだったから授業を抜け出して保健室に入り浸ったりしてた。保健室の先生、学校の校長、教頭に施設の子でも特別問題児な私を特別目に掛けてくれた。
55:2012/02/23(木) 03:15:13.29 ID:
うんうん
56:2012/02/23(木) 03:18:55.56 ID:

先生達には恵まれた。
教頭は亡くなったが前に保健室の先生に電話した。
先生達には感謝してもしきれない。問題はあったがなんとか学校も毎日通い続けた。
行かなかったらどつかれるからねwwww

そんな生活の中父に彼女が出来て会わせてもらった。
父にもしかしたらお母さんが出来るかも知れないよと告げられた。嬉しい報告だった。
やっぱり普通の家族が欲しかったから。
彼女さんは気はキツいが優しい人だったし、私達はすぐなついたがすぐ破局した。理由は知らない。
私達は落胆し、また元の日々に戻った。
夢を見させられた後それが叶わなかった時の絶望感は異常。
59:2012/02/23(木) 03:28:53.70 ID:

元の日々に戻った後結構早い期間で次の彼女が出来た。
彼女が私の義母になるとは思いもしなかった。
父は母にベタボレだった。
ヤザみたいな彼と何故付き合ったのか分からない位綺麗で上品で面白くて優しい人だった。
私は今でも義母を尊敬してる。

てか義母って呼びたくないからお母さんって呼んでいく。読み難いかも。すまん。


父は嫁に来てほしかったみたいで、私もこの人がお母さんになってくれたらいいなあと朧気に思っていた。期待はしない程度にね。

残念な事に彼女は仕事の都合で北海道に飛ばされる事になり会えなくなった。その間父はフラれたのか遠距離で付き合ってたのか知らんが、私達にしばらくの間彼女とは会えない、いつになるか分からんけどもしかしたらまた会えるかも、と私に告げた。

うーん文章gdgdになってきた。
すまねえ(´Д`)
63:2012/02/23(木) 03:43:26.95 ID:
やっぱりな…どうせ仕事がどうとか言ってるけどフラれたんだろ。ハゲてるし。と残念な気持ちで彼女さんにさよならと心で告げた

しかし、何ヵ月後彼女はまた私達の元に舞い戻ってきた。

まあその後トントン拍子で彼女と父は結婚。
私達は施設を出る事になった。
「彼女」は「母」になった。

やっと施設を出る事になって私は出るまでの何週間有頂天だった。優しい誠実そうなお母さん、大好きなお父さん、可愛い弟。
施設の子達に報告し、学校の先生にも報告した。
保健室の先生はちょっと寂しそうな顔をしていた。
後ろ髪引かれる思いだったし保健室は私の癒しの場所だったけど新しい家族が出来る事が楽しみで仕方なかった。

施設の子達は余り祝福してくれなかった。ああいう施設に入る子達は家庭に問題がある子が殆どで、天涯孤独の子もたくさんいた。
祝福出来ないのは当然だと思う。最後は見送りには余り来なかった。
最近S先生に再会し、聞いた話だがいじめっ子達が私を集中して苛めてたのは親に虐待されて迎えに来てもらえなくて妬んでやったと先生に告白した事を聞いた。
私はまだ恵まれていた方だと。
今、彼女達は結婚して家庭を築いてる。幸せになってほしい。

そしてとうとう施設を出る日がきた
65:2012/02/23(木) 03:53:16.72 ID:

最後まで書くよ。
もう少しお付き合いを。

最初は歪な家族だったが、段々私もお母さんを母として見るようになった。
箸の持ち方もなっていない私達を厳しく躾しないと社会に出せないとお母さんは厳しく叱った。
彼女だった時は叱られた事なんてなかったからびっくりして「私が本当の子じゃないからあんなに叱るんやろ!」と言ったりした。
もうタイムマシーンがあるならマジでこのバカなクソガキを殴りつけたい。。毎日勉強も教えてくれて、交換日記をつけようと私に頑張って近づいてくれてた。お母さんは目一杯私達を愛してくれてた。

そして小学校六年生になる頃ある嬉しい出来事が起きた
66:2012/02/23(木) 03:59:41.42 ID:
見てるよ
69:2012/02/23(木) 04:10:35.88 ID:
お母さんは妊娠した。
まさか私達に新しい家族が出来ると思わなかった。凄く嬉しかった。
そして無事に弟が生まれた。
それから二十歳になるまでのことはザッとまとめる。

76:2012/02/23(木) 04:28:12.92 ID:
弟が出来た事は嬉しかったけどやはり血の繋がりによる疎外感は激しかった。私もリアル厨二病になったり、
父が喧嘩する度母を殴り昔のトラウマが蘇ったり、何回も離婚騒動になったり夫婦喧嘩に警察が来たり、
弟は愛情に飢えているからか奇行に走ったりして問題児を預ける施設に入ったりして割りと大変だった
77:2012/02/23(木) 04:34:12.14 ID:
私はそんな家族に対して嫌気が立ち家を出た。
高校2年の終わり留年したのもあり早く自立したかったのもあったので

友達の家へ半ば家出するように家から出た。仕事は友達に薦められキャバクラに勤める様になった
そして2年立ち、両親への反抗心もだいぶ薄れていて自分ももう二渚ホになるのもあって実家に電話した
両親は家を出た私を責める事はしなかった。互いに数年間にあった出来事を報告していたら父から思いがけない事を言われた
79:2012/02/23(木) 04:39:38.35 ID:
産みの母に会いたいか?と。
父は今のお母さんに悪いから会わせなかった。だけど二渚ホになってからはもう大人だから自分で判断しなさいと連絡先を教えてくれた
すまない…なんとかレス出来たが急に眠気が…
酉付けて明日また残っていたらまたレスしていいかな…?
文がgdgdするのは私的に自分を許せんwww
83:2012/02/23(木) 04:59:59.89 ID:
また続き待ってるよ。
87:2012/02/23(木) 14:18:23.01 ID:

お早うございます。
保守してくれた人ありがとうございますm(__)m
PCの調子がいいので書き溜めしてからまた投下していきます。
夜は病院に行くので終わったら投下します。
ではノシ
88:2012/02/23(木) 14:40:51.89 ID:

と思ったけどやっぱりちょっと投下するわ。

迷った。
今更連絡をして何になるっていうんだ。元はと言えばあのクソビッチのお陰で散々苦労したのに、会って今更ママーって甘えろってか?
だけど指が勝手にダイヤルを押してた。
私達を失った事で変わってるかもしれない。
今思えば自分の価値を見出だしたかったのかも知れない
89:2012/02/23(木) 14:47:38.34 ID:
電話したが、出ない。知らない番号だからか、寝てるのか仕事中なのか、諦めて切った。
携帯を床に置いて座り込んだ。
昔に父が言ってた言葉。
私からしたら呪いをかけられた気分だった。
仕草とか行動がお前は元母そっくりだ。
その言葉をぼんやり思い出す。
私もあの人のような人生を送るのだろうか。
あの人みたいにはなりたくない。でももし変わってくれてたら
もしかしたらトラウマがなんとか治ってくれるかもしれない。

と考えていたら電話が鳴った
90:2012/02/23(木) 14:54:37.58 ID:

ハッとして震える指で通話のボタンを押した。
「…はい」
かなり声は上擦ってたと思う。
一呼吸置いて聞こえてきたのは私によく似た声
「私子ちゃん?」
少し媚びを含んだ声に壁を感じた。嫌な予感を拭い切れなかったが自分の今の近況を軽く話した。
話終わると元母の近況を聞いた。自分のスリーサイズの話や、川島直美に似てると男の人に言われる事、自分に合った職場で働いてると楽しそうに話した。
とりあえず合おうと私の職場近くにある喫茶店で合流する事になった。
正直気が重かった
91:2012/02/23(木) 15:05:04.70 ID:

すみません。何故か涙が止まらなくなってきたのでちょっとオチますwww
残りは夜に書き溜め投下します
92:2012/02/23(木) 15:15:15.02 ID:
ゆっくり
95:2012/02/23(木) 19:42:51.08 ID:
待ち合わせ場所は胡散臭い喫茶店。
一度来たことがある店だった
待ち合わせ場所に着きミックスジュースを飲みながらまった
時間になってもまだこない。
30分遅れてやっと元母が姿を現した。

フェイクファーのコート、ミニスカート、赤いタートルネックのトップス。
私より派手だった。
顔から血の気が引いた。
「私子ちゃん」
ニコニコしながら席に着く。tk遅刻に関しては謝罪なしか・・・
96:2012/02/23(木) 20:00:18.17 ID:

「久しぶり」とか「化粧濃くなってww」とか「私化粧薄いのにwww」「胸もDカップだしww」
娘に対して悪いと思ってる態度じゃなかった。
そうこう自慢話を聞いてる内に服買ってあげると喫茶店の近くの胡散臭い服屋さんに連れて行かれた。
ダサいワンピースを買ってもらった。
正直着れるような代物ではなかったが有り難くいただいた。
支払いを終え、店を出ようとすると元母がレジの横に置いてあるダサいア
クセサリーを見ていた。
「それ欲しいの??」と言うとニコニコ笑ってこの子に買ってあげるのと携帯の待ち受けを見せられた。
98:2012/02/23(木) 21:25:52.33 ID:

待ち受けに映っていたのはホストだった。
「え…ホストに行ってるん?」
「仕事柄行かなあかんこともあるねん」
明らかに仕事柄に行ってる様子じゃない。血の気が引いた。
コイツは何も変わってない。
むしろ子供がいなくなって酷くなってる。
会った事を後悔した。
100:2012/02/23(木) 21:54:07.74 ID:

もう見てる人もいないみたいだから書いてくね
後の話を聞くと母親はシャブ中だったみたい。
愛人のパパがいてホスト狂い。

とりあえず失望したんだ。
それが4年前。
今年で私も24。正直この4年でだいぶ生きる事に疲れた。
表面上では出してない。
でも私が生きる事に命を絶った人が二人いる。
死ぬに死ねない。
今から親になる人に伝えたい。
なりたい人も聞いてくれ。
子供をまともに育てれない人間だと思うなら作らないでやって
101:2012/02/23(木) 21:57:51.86 ID:
見てるよ
102:2012/02/23(木) 22:00:24.24 ID:

私より不幸な人生を送ってる人間なんてたくさんいる。天秤には計りたくないが。
でもいちいち乗り越えるのもしんどくなってくるんだよ。
自尊心が無くなってきてワクワクする事も悲しむ事も無くなった。不幸を乗り越えるということは感情を殺していくのと一緒なんだよ。もう私みたいに不幸続きの人生送るともう諦めが付いてくる。
だが、死ぬに死ねない。
親のこと以外でもたくさん辛い事があった。
幸せな家族が欲しかった。
多分それは私には手に入らない。すまない、卑屈になってる様な感じだが、クズの子供はクズって事だ。
103:2012/02/23(木) 22:02:45.59 ID:

幸せになる為に頑張った。
頑張れば頑張る程不幸がやってくる。
多分飲まれると思う。
もう書き込むことはない。
これ以上不幸な子供が増えない事を祈る。
見てくれた人ありがとうノシ
105:2012/02/23(木) 22:16:08.99 ID:
おい2人死んだってどういうことだよ

最後まで書いてくれよ
106:2012/02/23(木) 22:25:43.66 ID:
>>105
保守してくれた人だな。
書き込むことはないとレスしてて悪いがここはレスさせて頂く。流産した子供とじいちゃんだ。

この2つの話で多分レス100は消費する。
109:2012/02/24(金) 00:05:55.87 ID:
ずっとiPhoneから見てたぞ。
語りたいためてる事があるなら
見てるから書いた方がいい。
110:2012/02/24(金) 00:34:26.39 ID:
>>109
どこから書いたらいいかな
111:2012/02/24(金) 00:36:24.50 ID:
>>110
時系列でいいのではなかろうか?
113:2012/02/24(金) 00:55:37.64 ID:

母親のいう自分に合った仕事とはどうも水商売みたいだった。
元母の家に行くと初老に近い男性がいた。
母のパパだった。
二人で話をしていると、父の話、今のお母さんの悪口、自慢、昔に暴行された話、自分が悪い薬をやっていた話、そして父に殴られたトラウマでパニック障害になり電車に乗れなくなった事、中絶(流産?)をして体が悪くなった事、最近血をよく吐く事を話された。
114:2012/02/24(金) 00:59:07.98 ID:
そこのどこにも私はいなかった。自分、自分、自分、自分がどれだけ可哀想なのかを切に訴えてきた。自業自得なんじゃねえの?
正直そうしか思えなかった。


今、多分、スレに吐き出す事が過去と決別するきっかけのチャンスなのかなって思った。
書きます
115:2012/02/24(金) 01:03:31.16 ID:

私はホストの話をした。
とりあえず彼らは母から金を取る事が仕事だからもう行ったらあかんで。と言った。
母は趣味で行ってるんじゃなくてお世話になってる人の仕事の手伝いで行ってるだけやしと口を尖らせた。
じゃあなんで待ち受けにしてんだよ…
因みに待ち受けはホスト共の顔がフラッシュで浮かび上がる手の込んだ待ち受けだった。
気持ち悪いだろwwwwww
しかし話の流れでなんと私の同級生が働いてる店に通ってる事が判明した。
116:2012/02/24(金) 01:09:32.53 ID:

とりあえずその同級生の働いてる店には行くなと釘を刺した。
私は母を試した。

その日は母の家を出た後同級生に連絡した。
母の特徴名前を言って知ってる人間か聞くと「ああww知ってるよwwなんかあの人飲み方派手やでwwさん(元母)がどないしたん?」
とりあえず訳は余り話せず、来たら教えてくれと電話を切った。
118:2012/02/24(金) 01:16:10.01 ID:

その頃私は金銭面的にだいぶ困っていて家賃が高いのを理由に引っ越しをしなくてはならなかった。元母に相談すると
「空いてる家あるから一時避難に使うか?家賃もいらんし」
と話を持ちかけてきた。
凄く有り難かった。荷物を元母と元母知り合いと運びその家に移動した。
母はあたしを周りに自分の子供と言わなかったが、この知り合いには唯一私の娘だと喋っていた。
一緒に荷物を運んでる途中その知り合いに軽く口説かれた。
類は友を呼ぶってやつだな。
冷めた気持ちでそれを適当に流した。
が、「親子なのに性格全然似てないね」という言葉だけが嬉しかった。
117:2012/02/24(金) 01:10:12.86 ID:
見てるぞ。
吐き出せー。
119:2012/02/24(金) 01:21:46.20 ID:
>>117
ありがとう。
そしてその避難所での生活が始まった。
母が助けてくれた唯一の出来事だったからか結構嬉しかったんだよね。上機嫌で過ごしてると朝にインターホンが鳴った。

出ると知らないおじさん。
「なんですか?」朝起こされ不機嫌気味に答えると家賃が払われてないとの事だった。
聞いてない。仕方なく払おうと金額を聞くと手持ちが少し足りなかった。
母に電話すると出なかったので今日は待って下さいとお願いして扉を閉めた。
家賃いらないって言ってたがだいぶいい加減だな…
しかし仕事に行ったら払える額だったので余り気にせずそのまま寝て起きて出勤した。
121:2012/02/24(金) 01:33:45.26 ID:

職場に付くと同級生に電話した。探りを入れる為だった。
あれから来た?答えは即答のYES.しかも私が電話した次の日に来てシャンパン空けまくって帰ったと申し訳なさそうに答えられた。

プチって頭の中で音がした。

すぐに切って元母に電話した。
電話すると普通に出た。
即座に「行ったん?」と聞いた。沈黙。
「何で行くなって言ってんのに行ったん?しかも行かんって約束したよな?」
それは仕事が…と反論してきた。ああそう、自分が腹痛めて命懸けで産んだ子供よりその仕事の手伝いのが大事って事か。
そう思うと止まらなかった
「次の日に即行行ったらしいなお前。娘との約束破って飲むシャンパンは旨かったか?お前殺してあたしも死のか?それで綺麗サッパリやろ。」
もっとなんか言ったけど怒りであんま何言ったか覚えてない。
すると元母は小さな声で
元母「…切る」
私「は?」
元母「実の母親にそんな口聞く子とは縁切る」

電話が切れた。
かけ直しても出なかった。
私、唖然。ばあちゃんに電話するが繋がらず、元母のパパとやらに電話したら繋がった。
「もうあいつは困った奴やけど君に連絡されてもどうにも出来ん。迷惑やわ。」
と切られた。
どうしてやろうかと思っていたら知らない番号から電話。
出ると元母の友人からだった。
122:2012/02/24(金) 01:37:57.93 ID:

傷付いてる、もう関わらないであげてとかなんとか言われた。
怒りで覚えてない。
ショックだったのがばあちゃんまで連絡が取れなくなってしまった事だった。
得たものは何も無かった。


とりあえず縁が切れて今はもうこの最低な母親とは連絡は取ってない。正直病気で早くくたばる事を祈ってる。

とりあえず家庭の話は以上だ。
125:2012/02/24(金) 01:43:45.71 ID:

これで生い立ちの話は全部。
はしょってるとことか、記憶が朧気で脚色してるとこもあるけどとりあえずこれで一旦おしまい。
なんか質問あれば答えます。
因みに釣りではない。釣りであってほしいくらい
126:2012/02/24(金) 01:45:38.18 ID:
なんでばーちゃんとも連絡とれなくなったんだ?
127:2012/02/24(金) 01:50:14.52 ID:

>>126
多分元母が手を回したんじゃないかな。あの子にこんな酷い事言われてもう連絡取らないでって泣きついたんじゃない?
ばあちゃん、元母にだいぶ手を焼かされてたからじいちゃん亡くなってからはあんまり元母にも関わりたくない感じだったし
129:2012/02/24(金) 01:55:52.99 ID:
>>1
今は普通にそれなりの暮らししてるんだろ?
130:2012/02/24(金) 02:03:38.84 ID:

家庭の話はこれでおしまいだなあ…今は一人暮らしだし、実家とはまあ若干の気持ちの距離はあるけど仲良しだし。お母さん大好きだしね。まあ父も丸くなってる。

続きっていう続きはないんだ。
その後の私の不幸自慢と父方じいちゃんの美談ならあるが。



>>129
一人暮らしだし、そんなに今のところ人生変わるハプニングは起きてない。が、仕事の事で悩んでる。不景気だしね。
あとやっぱり孤独感が半端ない時があったり衝動的に死にたくなる時は多々ある。そんで幸せになろうっていう意思は物凄く弱い。刹那的な生き方してる。
メンヘラが大嫌いなので安定剤飲んだら負けっていうのがあるから飲まずになんとか戦ってる。
131:2012/02/24(金) 02:08:48.73 ID:
安定剤(強いの)飲んだ瞬間にメンヘラ化されるからそのまま飲まない方がいーぞ。
132:2012/02/24(金) 02:16:30.07 ID:
>>131
大丈夫wwwメンヘラにはだいぶ痛い目に合わされたし元母ボーダーだし困ったちゃんメンヘラにはならんよ。
薬喉に詰まるから嫌いだしねwww
133:2012/02/24(金) 02:23:46.19 ID:
俺も孤独で2chが友達みたいなもんだな。まあこの先楽しい
事があるとか気休めも言えないが、何とか生きて行って欲しいな。
134:2012/02/24(金) 02:37:01.97 ID:
>>133
友達には恵まれたんだ。
だけどどうしても埋めれない穴がある。
それがいつ埋まってくれるのか分からない。
今は消えたいけど人生何があるか分からん。
私が言うのも何だが頑張ってくれ