2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    2019年06月

    1 : コロン◆ENKjnNhmFQ : 2015/07/17(金)21:05:32 ID:
    都市伝説を語る会管理人コロンがお気に入りの都市伝説を50話紹介するスレです。
    ちょっと前回より間が開いてしまいましたが第3回目です。

    ちなみに都市伝説と書いてますが、不思議な話や怖い話、おもしろ雑学入り乱れてます。
    ご容赦を。

    前スレ
    【都市伝説】都市伝説を語る会管理人が選ぶ【50選】
    【都市伝説】第2回都市伝説を語る会管理人が選ぶ【50選】


    no title

    【都市伝説】第3回都市伝説を語る会管理人が選ぶ【50選】 →続きを読む

    1 : 名無しさん@おーぷん : 2018/06/03(日)21:43:56 ID:
    1(中)メイラード反応
    2(右)ジャーキング
    3(遊)舌先現象
    4(一)シバリング
    5(三)眼中閃光
    6(左)イヤーワーム
    7(捕)ファットブルーム
    8(二)ライデンフロスト現象
    9(投)ポップル錯視
    no title

    ワイが「そんなんに名前ついとるんか(驚愕)」ってなった名称で打線くんだwwwww →続きを読む

    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2014/07/22(火) 10:16:07.21 ID:
    メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
    メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、
    「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
    と尋ねた。 すると漁師は
    「そんなに長い時間じゃないよ」
    と答えた。旅行者が「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
    と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
    「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
    と旅行者が聞くと、漁師は、
    「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
    夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
    すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
    「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
    それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
    その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
    自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
    ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
    漁師は尋ねた。
    「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
    「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
    「それからどうなるの」
    「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
    と旅行者はにんまりと笑い、
    「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
    「それで?」
    「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
    日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
    夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。
    どうだい。すばらしいだろう」
    no title

    このコピペ読んで働くのやめたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww →続きを読む

    1 : キチンシンク(栃木県) : 2015/01/27(火) 16:36:47.01 ID:7PvI5unS0.net 
    【知ってた?】猫用の兜や鎧が存在する / 完成度はメチャクチャ高い! お値段は約14万円から

    世の中には様々なペット関連商品が売られている。なかには「これが動物用?」と思わずにはいられない商品もあるが、今回取り上げるものは間違いなくそのうちの1つだろう。それは……猫用の兜や鎧。

    「え、何のために使うの?」という疑問は置いておいて、とりあえずFacebook で公開されている写真を確認してみて欲しい。その完成度の高さにビビるはずだ。

    ・カナダ人のアーティスト
    ネコ用の兜や鎧を作っているのは、カナダ・カルガリー在住のアーティスト、ジェフ・デ・ボーア氏。
    ボーア氏が作るネコ用の鎧兜は、日本の戦国武将を彷彿とさせるものと、西洋の騎士風の2種類ある。
    そのどれも、作り込みがヒジョーに細かい。ペットグッズと言うより、もはや芸術作品の域である。


    ・ネコの鎧は約14万円から
    そして気になるのは、その鎧のお値段である。その完成度や制作時間を考えると、 相当値が張りそうな気がするが……ネコの鎧は約14万円からで、精巧なものだと約24万円~約30万円。
    兜は約35万円からオーダー可能。なお、ネズミの鎧は約18万円からだそうだ。

    どれも簡単に手が出る価格とは思えないが、「いくらお金を投資してもいいから、とにかくウチのネコを目立たせたい!」という人には、うってつけのアイテムかも!?

    https://rocketnews24.com/2015/01/27/538537/
    no title

    no title

    no title

    no title

    【画像】猫用の鎧(14万円~)かっこ良すぎワロタwwwwww →続きを読む

    315 : 本当にあった怖い名無し : 2014/03/14(金) 11:35:29.32 ID:
    この間東京に用事があって行ったんだよ。
    片田舎からの上京なので朝一の高速バスに乗って、9時頃に新宿駅に着いて。

    で、その途中にトイレ休憩もあったんだけど眠くてずっと寝てたのよ。
    そしたら、新宿駅に着いたころには大便の出たさがMAXになっちゃって、
    ケツ閉めながらバス降りて新宿駅でトイレ探したんだけどなかなか見つからないのな、あそこ。
    ようやく「TOILET→」みたいな表示を見つけてやったと思ったらまだそこにはなくて
    「↑TOILET」「←TOILET」みたいに色々迷路みたいに歩かされたんだ。

    さすが新宿駅だけあって朝9時で店あまりやってないのにものすごい人混みで
    まっすぐ歩けないほどだったんだけど、その表示の通りに歩いていったら
    いつの間にか壁と壁の隙間みたいな狭い通路に案内されて、人も誰もいなくなった。

    その頃には俺の肛門は限界寸前だったが、細い曲がり角を曲がったところでようやく
    トイレを見つけた。よし間に合った!と思ったが、トイレの入り口の前で1人待ってる人がいる。
    うわーこんな奥まった所のトイレなのに順番待ちかよ。さすが新宿駅だな、なんて思ってたら
    その待ってる人が「あ、お先にどうぞ」って通してくれた。
    no title

    「トイレ順番待ち」【洒落怖】 →続きを読む

    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2017/04/11(火) 00:36:26.512 ID:
    ―薬局―

    男「処方箋を持ってきました」

    友人「ボクもです」

    薬剤師「おや、お二人とも同じ薬なんですね?」

    男「ええ、どっちも鼻炎でして。まあ軽いやつなんですけど」

    薬剤師「……ふむふむ」

    薬剤師「このタイプのお薬でしたら、ジェネリック医薬品がオススメですよ」

    男「ジェネリック医薬品?」

    no title

    薬剤師「ジェネリック医薬品がオススメですよ」男「今までのでいいです」薬剤師「しかしお安いですよ?」 →続きを読む

    1 : 名無しさん@おーぷん : 2016/06/11(土)19:26:06 ID:
    ジャンボタニシといえば・・・

    正式名称スクミリンゴガイ
    https://ja.wikipedia.org/wiki/スクミリンゴガイ

    当初は食用として輸入されたものの、寄生虫などの問題で一般に広まることなく
    現在では田んぼの稲を食い荒らしたり、グロテスクなピンク色の卵塊ですっかり嫌われ者となってしまった悲しい貝

    おまけに探偵ナイトスクープでの評価が一人歩きしてすっかり「まずい貝」と思われている。

    その一方で「うまい」という評価もあり、インドシナではポピュラーな食材だったりする
    そこで真相を確かめるべく、実際に捕まえたジャンボタニシを食べてみることにした
    no title

    【画像】ジャンボタニシを食べてみた【おーぷん珍味部】 →続きを読む

    このページのトップヘ