2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    2017年02月

    1:2012/10/25(木) 14:53:55.45 ID:
    モテたいやつは見ろ

    女から見たかっこいい男を説明する →続きを読む

    1:2014/09/24(水) 01:49:53 ID:
    人生とかいうクソゲー

    セーブもできない

    一度選択を踏み間違えると二度と戻ることができない

    ゲームの途中棄権は認められない

    あるならば自殺という選択肢くらいだろう

    なぜ俺達はこんなクソゲーに参加させられているんだ?

    ーーーーー

    友「これはただのゲームじゃない 人生ゲームだ」俺「…」 →続きを読む

    1:2014/09/06(土) 02:41:22.67 ID:
    マンションの隣の部屋にクソ迷惑な大学生が住んでるんだが
    最近友達呼んで飲み会するようになり夜中まで馬鹿騒ぎしてて
    最初の方は管理人に言ってたが効果なし。壁ドンしたら友人が居るので
    調子に乗ってるのかタックルで返してくる始末
    そして今日は日付変わる位に仕事から帰ってきたんだが今日も馬鹿騒ぎしてたので
    ついにお宅訪問してきた。

    隣の部屋に住む馬鹿なガキ共に限界が来たのでお宅訪問 →続きを読む

    1:2014/06/23(月) 04:07:13.06 ID:
    ・アースマラソン
    タクシー代がなくて、走って帰ること。

    ・as soon as ブス
    会うや否やブス。

    ・校長先生
    話が長いうえに、面白くないやつのこと。

    ・ゴッホ
    コンパ中はそうでもなかったけど、家に帰ってから「あの子、可愛かったなー」と後悔する事。ゴッホが亡くなってから評価された事からきている。

    ・コロンブス
    遠くからきたブスのこと

    ・新型インフルエンザ
    ブスがブスをつれてきてコンパが中止になること。

    ・中山ひでちゃん
    コンパ中にすぐに「うちくる?」と聞いてくる男のこと。
    ・モンスターハンター
    ブスをお持ち帰りすること

    まぁお前らには関係ないけどコロンブスクソワロタ

    リア充共の合コン用語ってこんなんあるんかクソワロタ →続きを読む

    1:2009/03/14(土) 09:00:26.00 ID:
    高校時代まで休み時間突っ伏しているだけだった俺は大学生なったら
    新しい自分として生きるんだと心にきめていたんだ

    4月の最初の語学の授業

    ファッション:
    シルクハット(オサレなやつじゃなくてほんとのシルクハット)
    メガネ(ジョンレノン)
    ピンクの皮ジャン(背中にソニックブームと書いてある)
    カラースキニー(黄色)
    ダウンロップの靴(これにあらずんばオタにあらずといわれる一品)      
           

    俺より痛い大学デビューしたやついんの? →続きを読む

    453:2011/12/10(土) 02:14:29.30 ID:
    今さっきというか、今も継続中?な話を。
    文章力ないから伝わるかわからないけど。

    仕事帰りにマクドナルドで本を読んでから帰ってきたんだけど、帰る途中でたばこ切らしてることに気づいた。
    面倒だけどすぐそこにあるデイリーヤマザキで買っていくかと思い、店に入ったんだけど、こんな時間なのに客が3人並んでた。

    「ポテロング」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    293:2009/06/23(火) 00:18:32 ID:
    この話は以前俺が旅先で経験した事実に基づいて書かせてもらう。
    N県の温泉へ車で2泊3日の旅行へ出かけた時の話。

    移動の途中で「森の巨人たち100選」と書かれた標識が突如現れた。
    どうやら全国の国有林の中から100本選ばれた巨木の一つらしい。

    特に巨木には興味の無かった俺だが、とりあえずどんなものなのか気になって、
    吸い込まれるようにその場に車を停めた。
    車の後部座席には妻子を待たせたまま、一人で見に行くことに…。

    入口には巨木に関するちょっとした情報が掲示されていて、
    それを一瞥してから緑の絨毯のような切り開かれた道を登っていく。
    何度か折り返しながら500m程度進むと、巨木への道のりを示す寂しい看板が現れた。
    そこから先の道は道幅がほんの50cm程度しかなく、
    良く見てみれば雑草がかなり大きく育っており、
    最近あまり人が通ったと思われる形跡もない。

    『こんな細い道を進んで行くのか…。』

    その日はぐずついた天気で、すでに夕方に差し掛かる時間帯のため、
    辺りが薄暗くなりかけている。でもここまで来たのだからと思い、
    少し迷った末に再び登り始めることにした。

    「巨木」【洒落怖】 →続きを読む

    このページのトップヘ