2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    213:2012/07/01(日) 08:54:42.20 ID:
    洒落にならないほど怖いというか
    洒落にならないほど怖くなるかもしれない話
    予知夢スレに書こうかと思ったけど、こちらに書く

    これは俺が見た夢の話なんだが、あまりにも鮮明すぎて夢かどうかも怪しい

    場所はどこかのビルの一室、係の人に案内されて通された部屋には
    スーツ姿の男性や制服姿の高校生、エプロン姿のあばさん、作業着姿のおっさんなどがいた。
    男女合わせて10数人、年齢も職業もバラバラだった。

    みんなキョロキョロして落ち着きが無く
    「いったい何が始まるんだ?」という表情。もちろん俺も同じ感想。
    机の上には真っ白なA4の紙とボールペンがおかれているだけ。
    時計をふとみると時刻は3時。外をみると真っ暗だったため、おそらく深夜の3時だろう。

    「あー明日も仕事なんだから、早く帰りたい…」
    と今考えると意味不明なことを呟きながら待っているとドアがノックされた。

    「これから起きる出来事」【洒落怖】 →続きを読む

    229:04/09/02 15:57 ID:
    私は23歳で、海女(海女歴2年)をしています。
    泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしてますが、不思議な体験をした事があります。

    海女になりたての頃、付いてた人に「絶対行ってはいけない」と言われてる場所がありました。
    その場所は離れ小島のような所で、岸から距離にして300m位だと思います。
    他の海女も絶対そこの小島には行きません。
    私は勝手な思い込みで、
    そこの小島に行く途中で結構潮の流れの速い所があり、海女って結構年寄りが多いので、
    危ないから行ってはいけない、と言う事だと思ってました。

    仕事は潮の満ち引きにもよりますが、ほとんど午前中で終わります。
    しかしこの日は、体調もよくまだまだ潜れそうだったので、午後も1人で潜ってました。
    そして波も穏やかだった為、ふとあの小島にいってみようかなーと思いました。

    潮が速いと思い込んでいたのですが、そんな事もなく、あっさりその小島に到着しました。
    「な~んだ楽勝じゃん」などと独り言をいいながら潜ってみると、
    普段人が来ない為か、もう大きなアワビ、サザエがゴロゴロしてます。
    アワビなんて30センチ位、サザエもほとんど20センチ。もう夢のような光景です。

    「なに~ここ宝島じゃん」などと思いながら取りまくっていると、
    小島の海底のほうに、ぐるりと綱が巻いてありました。
    ちょっと気味が悪くなり小島に上がると、小島の側面には数体のお地蔵様が彫ってありました。
    何~ここ、なんかヤバイ所~?なんて思ってると、声がしました。

    「・・・・・ちゃ・」

    えっ?何っ?ちゃって・・・
    その声はだんだんハッキリと聞こえて来ました。

    「お・・ぇちゃん」
    「おねぇちゃん」

    後ろを見ると、10歳位の男の子が立たっています。
    (えっ何処から来たのと思いつつ、かなりビビッた顔してたと思います)
    しかし何かが変だ・・・話しかけようにも怖くて声が出ませんし、
    海に囲まれた小島なのに洋服着てるし、しかも濡れてないし・・・

    「行ってはいけない小島」【海にまつわる怖い話】 →続きを読む

    1:2007/10/11(木) 00:02:27.79 ID:
    中3の女の子に受験対策ってことで教えてるんですが…。
    もう俺の手に負えない。
    このままじゃ絶対志望校受からない。
    本当にどうしようもないのでここで愚痴らせて下さい(´・ω・`)

    今日は手始めに英語からやったんです。単語の練習(ものすごい基本的な)
    俺「じゃ次、バスケットボールは?」

    「できたー」

    Dasketball

    bとdの区別がつきませんorz

    家庭教師をしてるんですが、生徒の戦闘力が桁外れです →続きを読む

    1:2009/07/16(木) 04:35:32.68 ID:
    今週の月曜日、夜な夜な隣のへや(つーか兄ちゃんの部屋)から声が聞こえてきて

    まあ、わりと独り言は普段から多いんで普通の顔して聞いてたんですけどね、
    その内容っつーのがすごいくだらないんですよ。

    兄ちゃん低い声「いやー、しかしそろそろ梅雨も明けてほしいもんですねー」
    兄ちゃん高い声「そうですねー。こうじめじめされると、なにごともやる気がおきませんからねー」
    低い声  「お洗濯も、お出かけも梅雨の時期はまったく面倒くさい! 
           雨が降っていなくともいつ降るかわからないところがまた面倒くさい!」
    高い声  「○○さん(兄貴の名前)はお洗濯なさるんですかー?」
    低い声  「いえいえ、洗濯なんて男のするものじゃないでしょう」
    高い声  「あら、じゃあお出かけは?」
    低い声  「お出かけも普段はあまりしませんねー。○○さんはいかがですか?」
    高い声  「私もおでかけってしないんですよー。
           ついでにお洗濯もしませんし、お風呂掃除も、お料理もしませーん」
    低い声  「おやおや、○○さん、女の子なのにそれじゃーだめじゃないですかー」
    高い声  「フォー――い!うフォー――――い!
           ゆーあーら―――――いつ!ひょーーーーーっ!」

    このテンションで、同じレベルのくだらないやりとりが一時間くらいなんかずっと続いてました。
    こんな兄の話、どなたか興味ありませんか?

    俺の兄ちゃん、ちょっとファンキーな引きこもりなんです →続きを読む

    551:2012/06/07(木) 22:31:32.46 ID:
    俺は害虫駆除という仕事をしている。
    そのため深夜のビルや民家の屋根裏、
    果てはマンホールの奥深くなど
    普通に生活している分にはまず
    立ち入らない様な場所に度々出入りする。


    あれは新宿の小さなビルに作業に入った時の事だ。
    予め借りておいた鍵を使用して無人の事務所を開けて、効くんだか効かないんだかよく解らない薬剤を散布するという不毛な作業に勤しんでいた。
    この作業が終われば明日は休みという事も手伝ってか、全くやる気は起こらない。
    自らの怠惰と戦いながら、作業を順調にこなす。
    深夜の2時を回った頃だったろうか。
    尿意を覚えた俺は、事務所内に設置された誰も居ないトイレに律儀に失礼しますと声を掛けて入った。

    「ドアの隙間」【洒落怖】 →続きを読む

    10:2009/11/21(土) 03:36:29.47 ID:
    そういえばグミ酉バレしてたな

    ※前スレ→「あの映画を夢見て部活作ったら色々と青春だった

    あの映画を夢見て部活作ったら色々と青春だった【完結】 →続きを読む

    1:2009/11/19(木) 21:31:29.14 ID:
    今から5年前ぐらいかな。東北の女子高生がビッグバンドジャズをやる映画があったじゃん。超青春映画。
    当時高校入りたてぐらいの俺はその映画にいたく感動したわけ。

    で、映画みたいに実際にビッグバンドの部活を作ろうと思い立ったんだ。
    まあ俺男だったんだけど。ついでに友達もいなかったんだけど。

    あの映画を夢見て部活作ったら色々と青春だった →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ