2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    549:2012/01/18(水) 17:24:56.26 ID:
    誰もいねーってんなら、浪人中母方の実家の山奥に住んでた頃の話でもするよ。
    霊峰とかって訳じゃなく、まぁ普通の山ん中の話。
    ただ、普通の山だからこそ、
    それこそ頭のおかしな人やら河童や狸の噂、お化けの存在なんかが、当たり前に考えられながら同居してた。
    おおらかで、それでいて閉鎖的な面白い場所だったな。
    勉強に専念するために居候してたとはいえ、ずっと机に向かってると頭も鈍るし、集中力も下がってくる。
    そんなときは大抵、近所の山道を適当に散歩するようにしてたんだ。その時の話。
    いいかね。


    「山奥に住んでた頃の話」【山にまつわる怖い話】 →続きを読む

    309:03/06/13 07:32 ID:
    この話は実話なんです。
    最初は『海にまつわる』のスレに書こうとも思ったのですが、
    ちょっと『怖さ』の対象が違っているかな?と思い、こちらに書く事にしました…。

    もう10年前に遡りますが、ふとしたきっかけで俺は水中写真に興味を持ち、
    「じゃ、ダイビングから始めよう」と、とある四国のショップで講習を受け、機材も取り揃えました。
    同じ時期にダイビングを始めたO夫妻と知り合い、
    その縁で仲間も増え、楽しくダイビングライフを堪能していました。
    O夫妻、特に御主人の方と俺は、若い頃に同じ様にヤンチャしていた時期があり、
    まるで兄弟の様に意気投合してしまいました。
    何度も3人で近県の海に潜りに行き、様々な生き物を見る。そんな楽しい日々でした。

    そんな楽しい日々が崩壊する時がやって来ました…。
    A夫妻という結構お金持ちの御夫婦と知り合い、瀬戸内海で一緒にボートダイビングをする事になりました。
    Aさん(夫人の方)は俺よりも10歳以上年上でしたが、小さくて上品なご婦人。
    御主人は「ダイビングをしたい」と言う夫人の為に、
    船舶免許を取り、ダイビング用のボートまで買ってしまったという愛妻家でした。

    「海は怖い」【海にまつわる怖い話】 →続きを読む

    332:03/09/12 11:05 ID:
    小学校のクラスメイトにMというのがいて、父親は地元の名士で有名な産婦人科医でした。
    外壁に蔦がはっているようなかなり古い2階建ての洋館を病院にしていて、
    近所の子供たちの間では『お化け屋敷』などと言うものもいました。
    何でも、関東大震災後に建てられた建物だということでした。
    実際は、医師として大変評判のいい父親のおかげで、病院はとても繁盛していたようですが。
    ところが、小学校の卒業をひかえた頃、Mの父親は突然亡くなり、病院はやめることになりました。
    あとには、Mとその母親と妹、そしてお祖母さんが残されました。


    「七夕の晩」【洒落怖】 →続きを読む

    673:2005/10/24(月) 02:06:03 ID:
    子供の頃、一時長屋に住んでたことがあった。
    そこに引っ越して間もないある日、姉が遊びから帰るなりおかしなことを言い出した。

    「あのね、うちの下に赤ちゃんが埋まってるって○○ちゃんに言われたよ」

    母はその時、近所の新参者に対する意地悪かなー程度にしか考えなかったらしい。

    ところがそれから暫らくした朝、父が目覚めるなり、「この家の下には死体が埋まってるんじゃないか」と言い出した。なんでも、夜中に金縛りにあい、自分が寝ている三畳間の床下から赤ん坊の泣き声が聞こえた、と。
    驚いた母が姉の話をすると、建築業を営んでいた父はダイナミックな行動に出た。
    何と、大家に無許可で畳を外して床板を剥がして調べやがったw

    ドラマならそこで死体が見つかるとこだけど、結果は何も出ずww
    ただ、不審に思った母が後で近所に聞いて回ったところによると、
    私達家族の前は若い身重の女性が暮らしていたそうで、女性はその家で出産したらしい。
    暫らくは赤ん坊の泣き声がしてたのにピタリと静かになって、やがて逃げるように引っ越してしまったとの事。
    その後も父は、頻繁に「夜中に赤ん坊の声が聞こえた」とぼやいてた。
    もっとちゃんと探せば、もしかしたら死体は出てきたのかも知れないと今でも思う。

    「長屋」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    97:2010/10/27 01:37:31 ID:
    ゲーム好きな人なら『エクスカリバー』って、一度は聞いたことがあるんじゃないだろうか。
    洞窟の奥深く、地面に刺さるその剣は、選ばれた勇者にしか抜くことのできない…みたいな感じの。
    でも俺にとってエクスカリバーは、また別の思い出のある言葉なんだ。
    結構長い話だし、幽霊とか呪いとかは出てこないので、あまり怖くないかもしれないが許してほしい。

    俺が高校3年の夏休みのことだった。
    俺にはマイクと呼ばれる、仲の良い友達がいた。親友といっても差し支えないだろう。
    そいつがマイクと呼ばれていたのは、単に外国人顔だったからだ。
    ノリがよくて、楽しいことならなんでもやります!みたいなやつだった。
    俺が通っていた高校は進学校だったから、その高校最後の夏休みは勉強漬けだった。
    市営の図書館で夕方までマイクと勉強して、適当にダベッてから自転車で家に帰る。そんなつまらない夏休みだった。


    「エクスカリバー」【ホラーテラー】 →続きを読む

    1:2011/07/05(火) 08:41:32.30 ID:
    ガチでハーレム物の主人公みたいにネット、リアル両方でモテてた
    ま、リアルでモテててたのは、半分オフ会のせいなんだろうけど

    暇だからちょっとづつ書いていく

    スカイプで漫画みたいにモテる男に出会った【おっさんとイケメン】 →続きを読む

    124:05/01/18 11:59:55 ID:
    おはようさん。京都の愛宕山方面でキャンプしたときの話。

    学生のときです。
    夏の終わり、下手したら尻の穴舐められるくらい仲の良い友人(オス)二人と、二泊三日のキャンプへ行きました。
    人里はなれた山奥、地主の許可無しでは入れない山でもありましたので、(俺は地主じゃないよ)
    本当に男三人きり、時間が進むにつれテンションもあがり、ついみんな飲みすぎてしまいました。
    しまいには三人とも「裸族!」とか言いながら全裸で過ごす始末です。
    今思えば、これが何かの怒りをかったのかもしれません。
    事件は二日目の晩飯時に起こりました。

    「何者かの罠」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    このページのトップヘ