2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    1:2014/10/15(水) 02:29:46.14 ID:
    母ちゃん寝てたからトーク消してきた

    起きたら履歴なくて母ちゃん悲しむだろうなぁ(´・ω・`)

    間違って母ちゃんに「俺も大好きだよ。おやすみ(゚∀゚)」ってLINE送っちまった →続きを読む

    294:2013/12/17(火) 21:02:13.69 ID:
    高校時代、俺は相当な問題児だった。
    問題児と言っても、
    授業をサボるとか他校の生徒との喧嘩に明け暮れるとか女を振り回すとかそんなカッコいい不良では無く、
    提出物を出さなかったり細かい校則を破ったりするただのクズだった。
    しかも当時の担任は提出物や課題の未提出には厳しく、部活があろうと夜8~9時だろうと居残らせてやらせる人。
    そんな人のクラスである俺は、結構な数居残りさせられることが当たり前と言っても過言では無かった。

    入学して1ヶ月程経った日、居残って夜7時半くらいまで教室で黙々と担任の担当教科のプリントをこなしていた。
    プリントは無事に終わり、職員室にいるであろう担任のところへと向かい、職員室のドアを開け叫ぶ。
    俺「失礼しまーす。○○先生はいらっしゃいますかー?」
    職員室には先生が2~3人くらいしかいなかった。
    一番手前にいた女の先生曰く、担任は家の都合で帰ったからプリントは机に置いておけとのこと。
    プリントを机に置き職員室を出ようとした時、昇降口は閉まってるから非常口から出てねーと声をかけられた。
    この学校は7時で昇降口を閉める決まり。そのため、居残りする生徒は靴を持って非常口から外に出ないといけない。
    非常口は各階の廊下の端っこにあり、階段で下に降りれるようになっている。

    教室に戻り、荷物を整えて靴を持って俺は非常口へと歩いた。
    1年8組から1年7組、1年6組……と続いていき、
    非常口が見えてきたところで電気がついているクラスがあるのに気付いた。
    何で今まで気付かなかったんだろう。
    少し不思議に感じ、教室の中をチラッと見たら、5人くらいの女子が窓の方を向いて笑っていた。
    いや、笑い方は少し気持ち悪いくらいで別におかしくないんだけど、違和感が半端ない。
    誰かがトークしてるわけでもないのに全員で一斉に笑っているから。
    その動作に違和感を抱くなという方が無理である。
    このクラスはえーと、5組の隣だから4組かな?4組の女子は変なんだな、そう思い非常口を出て階段を降りた。

    「夜の教室」【洒落怖】 →続きを読む

    49:2013/08/30(金) 02:22:19.40 ID:
    大学生の頃貧乏旅行した時の話

    半日電車に乗っていて深夜てっぺん近くに関西本線の某駅で降りた。
    何もない田舎なんだけど翌朝行きたい史跡の最寄りだから
    ここの近くのネカフェに泊まろうと思って調べたらネカフェあるにはあるんだけど、駅からちょっと遠いんだ。
    仕方ないから重いショルダーバッグ担いで線路沿いの暗い道をよたよた歩いてた。

    街灯がチラホラ立ってたんで真っ暗ではなかったんだが人通りも開いてる店もなくてちょっと怖かった。
    15分くらい歩いていると先の方が林みたいになっていて木の影がたくさん見えた。
    うわ嫌だなあと思ったが今更引き返せないし腹くくってそのま歩き続けた。
    だんだん林が近付いてくる。街灯もこの辺りには立ってなくて真っ暗。

    だからそろそろ携帯のライトを付けなきゃなと思い始めた頃だった。
    林の向こうからヘッドライトが見えた。近づいてきてタクシーだと判った。空車みたいだ。
    手を上げようかと思ったが金ギリギリしかなくてネカフェまでいくらかかるか不安だったから迷った。
    ああ通り過ぎちゃうと思ったら、すれ違う時に不自然にスピードを落としたんだよ。
    あれっと思って運転席を見ると髭面のおっさんがこっちを見て何か合図してるの。
    車の進行方向(つまり俺が来た方)を指差してその後左方を指差した。
    立ち止まって通り過ぎた車のテールランプを眺めながら首を傾げていると、車が100メートルほど先で不意に左折した。ウィンカーを出さずにいきなり曲がった。
    俺はさっきの合図と照らし合わせて、ついて来いということかなと思ったが、正直怪しくて躊躇った。
    構わず先を急ごうと前を見たが暗い林を見るとさっきよりも不気味に思えてよし、と引き返したんだ。


    角を曲がるとなんと200メートルも先に車が停まってた。
    ますます怪しいのだがここまできたらとそこまでよたよた歩いていった。
    バッグのベルトが肩に食い込んで痛かった。
    車の側まで行くと運転席の窓が下りておっさんが顔を出した。
    「どこに行こうとしてた?」いきなりそう訊いてきた。
    「いやあの、××っていうネットカフェに行こうと思ってたんですけど」
    「乗って。行くから」
    「え、でも……」
    「初乗りでいいから。乗って乗って」
    「はあ」
    俺は怪しいと思いながらも成り行きに流されふらふらと乗ってしまった。

    「貧乏旅行」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    1:2013/03/28(木) 06:06:04.21 ID:
    2ヶ月前母ちゃんがぶっ倒れたから急遽アパレルのバイトやめたんだが
    昨日そこで働いてる女子から
    「今日お母様と来店されてましたよね?お母さまもお元気そうで何よりです♡ありがとうございました☆」
    ってメールが来てな
    俺は辞めてからその店に行ってないし母ちゃんも動けないし行くわけが無い
    だから先ほどそれ見て咄嗟に「へ?行ってないです。見間違いだと思います」とだけ返したのよ

    やめたバイト先のブスからメールが来た →続きを読む

    1:2014/04/12(土)14:06:52 ID:
    LINEゲットしたったったwwwwwwwwwwwwww
    大学入学して初めての授業で教室迷ってる子いたから勇気を出して話しかけてみたら
    どこいったらいいかわからないということで俺が親切に案内してあげたらLINEID聞かれたwww
    んで今日の夜に食事行く約束もできたwwww大学生楽しすぎワロタwwwwキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    大学で迷ってる女の子助けた結果wwwww →続きを読む

    124:2010/04/12 22:30:19 ID:
    僕が学生の時の話。
    当時僕は女性を相手にするアルバイトをしていた。
    春を売るような違法なバイトではない。あまり褒められたものではないことも確かだけれど。

    ある夏。
    『急遽店の改修のため、スタッフは休み、キャストは系列他店ヘルプ追って指示』
    そっけないメールを店長から貰った。
    完全なスタッフ要員と、ヘルプや雑用などの間接的に売上に貢献しているのを総称してスタッフ。
    売上に直接貢献していていて、さらに売上トップ5人がキャスト。
    間接工、直接工みたいな感じ。
    もっと簡単に言うと、スタッフはバイト、キャストはプロみたいなわけ方。
    僕はスタッフ。ペーペーだ。
    お休み確定。
    メールを貰った時は正直、急すぎるだろと思った。
    が、なにぶん水商売と言うくらいだから、色々しがらみやらなにやらあるのだろう。
    聞いたらいけないようなこともあるのだろう。

    「運び物」【ホラーテラー】 →続きを読む

    315:2008/08/23(土) 06:21:08 ID:
    「磨りガラスに映る何か」 

    父方の親戚の話です。

    そこは、自分からすると判らない、祖母の妹の夫の母の…みたいな遠い親戚も
    田舎独特のコミュニティに含まれているような土地柄。
    昔ながらの山間の農村そのもので、幼い頃一度しか行った事は無いけれど
    道端にある古い幟の立った祠を見て「八つ墓村みたいだなぁ」と思ったのは憶えている。
    そんな中、70そこそこの女性の親戚(仮にAさん)が闘病の末に亡くなった。
    良くある話だがその人は長男の嫁と折り合いが悪く、かなりやり合っていた事は
    あまり近くない親戚の自分にも聞えてくる程だった。
    亡くなる原因の病は胃の病で、死ぬ直前は殆ど何も食べられなかったらしい。

    Aさんの通夜が終わり、葬式が済み、客が帰った後。
    田舎の葬式だけに、やたらと人が多く来るので終わった後はぽっかりと
    空洞のようにひっそりとするらしい。
    山間だけに、夜中も街灯で明るいという事はなく
    一歩家を出ると、都会暮らしには想像がつかないほど異様に暗い。

    昔の家なので基本的に和室に障子で、家中の障子が
    真ん中にグラデーション状の磨りガラスをはめ込んだ戸になっている。
    茶の間と、昔ながらの板の間の台所は隣接していて
    茶の間からガラス越しに台所が見えるそうだ。

    「磨りガラスに映る何か」【2008年百物語】 →続きを読む

    1:2013/04/14(日) 00:04:54.90 ID:
    俺 36歳。
    好きな子26歳。
    同じ会社の違う部署。

    この7ヶ月徐々に仲良くなり出して、ついに告白をしたが、フられた。
    かなり仲良くしてたと思うのに、納得いかないからダメな理由を聞いたら

    『○○さん、屁のニオイがするんですよね………』って。

    もうねすげーショック。
    オナラ、じゃなくて、屁。
    屁とか言われて。
    ウンコクサイって言われるよりマシかもしれないが。

    言っとくが風呂は毎日入ってるし、歯も磨いてるからな。

    フられた理由を聞いた結果wwwww →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ