2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    1:2014/01/12(日) 05:21:22.77 ID:
    交通事故
    病気
    自殺
    交通事故
    交通事故
    行方不明3年
    22歳だけど小学校の同級生全員死んだっぽいwwwww →続きを読む

    662:2008/07/12(土) 14:25:07 ID:
    近所のスーパーマーケットFで、店員がなんだかジロジロ睨みつけるようになったのね。
    感じの悪いスタッフを集めたものだ。教育がなってないんだ。
    と思っていただけなんだけど、突然レジで女のレジ係に怒鳴られた。
    「お客さまぁっ!さっきも来ましたよねぇっ!えっ?今度はなんですかっ!」
    私は、え?なんのこと?って思ってきょとんとしていた。
    レジ係は品物(アイスクリームと野菜)を精算しながら、
    「木のスプーンにしますかっ(怒)プラスチックにしますかっ(怒)」と険のある聞き方をするのだ。
    「結構です」と答えたのに、アイス用の木の匙とプラスチックの匙を、20枚くらいザラッとカゴへ放り込んだ。
    (アイスは二個)
    「誰かと勘違いしてませんか?」と努めて冷静に聞いてみたら、シカト。シカトですかーっ。

    また別の日、日曜日だったか、手紙を出しに行った帰りにだらだら歩いていたら、
    むこうから知らない初老の夫婦が近づいて来た。
    なんとなくじっと見つめられてるような…。
    すれ違い様、男のほうが「挨拶は?」と厳しく諭すように言ってきた。
    え?知り合いだっけ?
    思わず立ち止まり、じっとその男と見つめ合ったが、知らない。
    「誰あんた」て聞いてみたんだ。感じ悪い聞き方だけど、だって失礼じゃん。挨拶を要求するなんて。
    男は一瞬『なんだとぉーっ!』と言おうとしたのか、口を大きく開けかけたけど、
    奥さんのほうが「はっ」として、
    「あなたっ違うっ、違う人よっ」と、謝りもせず夫の腕を引っ張って逃げていった。

    前述のスーパーではないところで、なんか知らない若奥さんと通路でカチ合ったのね。
    一瞬よけるより先に奥さんのほうが、
    「キャッ!すいませんすいませんすいません」と、90度に頭を下げながら通路をゆずってくれた。
    なんか、誰かと間違えているみたい。

    「ドッペルゲンガー」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    808:2006/01/22(日) 01:18:36 ID:
    子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。
    その人はヘルメットをかぶっていて、えりあしに布がひらひらしてて、
    緑色の作業服のような格好で、足には包帯が巻かれていた。
    小学生になってわかったが、まさに兵隊の格好だった。

    その兵隊さんは私が1人で遊んでいる時だけでなく、
    校庭で遊んでいる時や母と買い物でスーパーに行った時、いつでも現れた。
    少し離れたところで立って、私を見つめている。
    自分以外には見えていないし、いつもいつの間にか消えている。
    私も少しは怖がってもよさそうなものだったが、
    何せ物心ついた時からそばにいるし、何よりその人から恐怖心を感じるようなことは全くなかった。
    きりっとしてて優しげで、古き良き日本人の顔って感じだった。

    「兵隊さん」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    912:2005/06/06(月) 12:57:48 ID:
    俺、暇なときにまとめサイト見てる者です。
    俺自身霊感とかまったくなくて、ここに書き込むようなことはないだろうなぁって思ってたんですが、
    先月あったホットなお話を書き込もうかと思い、ここに来た次第。
    一応、話の主役の許可は取って書き込んでます。
    ここなら多くの人が信じてくれそうなので。
    長文かも。(文才もなく、長文カキコもほとんどしたこと無いので読みにくいかも)

    冒頭述べたように、俺自身にはまったくもって霊感などは存在してません。
    なのでこれ、ホントに霊とか絡んでる話かは俺には判別不可。
    皆さんに判別してほしい。
    会話の内容も、覚えてるものを書いているので、かなり乱文かもしれません。

    で、本題。
    この話は、霊感の強い友達の話。
    その友達は中学生の時からの付き合いで、30手前になった今でもけっこう頻繁に遊んだり、飲みに行くような間柄。
    そいつん家は、俺らの住んでるところでも、けっこう大きめの神社の神主さんの仕事を代々やってて、
    普段は普通の仕事してるんだけど、正月とか神事がある時とか、結婚式とかあると、
    あの神主スタイルで拝むっていうのかな?
    そういった副業(本業かも)をやってるようなお家。
    普段は神社の近くにある住居にすんでます。

    で、その日も飲みに行こうかってことで、とりあえず俺の家に集合することになったんです。
    先にそいつと、そいつの彼女が到着して、ゲームしながらもう一人の女の子を待ってたんです。
    その神社の子をM、遅れてくる子をS、俺のことをAとしますね。Mの彼女はKで。

    【閲覧注意】「コトリバコ」【洒落怖名作】 →続きを読む

    490:2010/03/03(水) 23:53:04 ID:
    今からお話しするのは自分の実体験で、
    なんていうか…まだ終わっていないというか…
    とりあえずお話しします。

    自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。
    家族は父(52)、母(44)、弟(18)の4人家族で、弟はこの春から就職のため一人暮らしを始める予定で、
    その日も夕食後、居間で父、母、俺でTVを見ながら、
    「弟の家はどこにする?」や、「一人暮らしで必要は物は?」など話しており、
    弟は自室(弟と自分は同じ部屋)で、就職に関する支度(?)をしていた。
    TVは確か『なんでも鑑定団』を見ていたと思う。

    【閲覧注意】「狂った家族」【洒落怖名作】 →続きを読む

    409:2002/11/29 23:26:21 ID:
    私は誘拐(拉致監禁?)されたことがあります。
    10年近い昔。その時のことです。

    私を拉致ったのは同じマンションに住む女の人で、私は風呂場に閉じこめられました。
    縛られたりはしなかったのですが、「逃げたら殺す」と脅され、
    ドアの外にも何か積まれているようで、逃げることができませんでした。
    危害を加えられるわけでもなく、閉じこめられただけだっとのと、同じマンション内だということで、
    すぐに助かるのではないかと、望みを持ってはいました。
    だからといって眠れるはずもなく、時間の感覚も分からなくなって、
    風呂場にいることが現実かどうかもよく分からなくなってきた私は、バスダブの中に座って、ぼうっとしていました。

    「拉致監禁」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    289:2002/07/30 04:27:12 ID:
    俺の親父は教師で、俺は小学校二年まで教員住宅に住んでたんだ。
    俺のウチの裏は林になっていて、そこに『そこなし沼』って俺らの間で呼ばれてた沼があったんだ
    ほんとはちょっとした水溜りのようなもんだったんだけど、その周りではクワガタがたくさん捕れるんで、
    よく友達と遊びに行ってた。

    ある日の事、いつものように友達とクワガタ捕りに行くと、その沼の奥になにやら白い人影が見える。
    白いワンピース着た中学生くらいの女の子。
    普段人気のまったくない所だし、道なき道を泥まみれになりながら進まないと来れないような場所だってんで、
    不信に・・・は思わなかった^^;小学生だしね。
    「遊ぶ?」って尋ねると、
    その女の子は「ちょっといい所しってるんだ。カエルがいっぱいいて面白いよ」って言って、
    俺の手を引っ張って、工事現場みたいな所に連れて行かれた。
    近くには田んぼがあって、確かにカエルがウヨウヨいた。

    その女の子とカエル捕まえたりして遊んでるうちに遅くなったんで、その子と別れて家に帰る事にした。
    初めて来た場所とはいえ『そこなし沼』からはそう離れてなかったし、沼までたどり着けば後は勝手知ったる土地。
    暗くなり始めてはいたけど、10分もあれば着けるだろと思ってた。

    そして沼も通りすぎて、我が家が見えてきた。



    「工事現場」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    このページのトップヘ