2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    391:2006/12/02(土) 14:30:15 ID:
    幽霊を見る。大怪我をする。変質者に襲われる。
    どんな恐怖体験も、夜に見る悪夢一つに勝てない。
    そんなことを思う。

    実は昨日の夜、こんな夢を見たばかりなのだ。
    自分が首だけになって、家の中を彷徨っている。
    なんでもいいから今日が何月何日なのか知りたくて、カレンダーを探している。
    誰もいない廊下をノロノロと進む。

    その視界がいつもより低くて、ああ自分はやっぱり首だけなんだと思うと、それがやけに悲しかった。
    ウオーッと叫びながら台所にやってくると、母親がこちらに背を向けて流し台の前に立っている。
    ついさっきのことなのに何故かもう忘れてしまったが、俺はなにか凄く恐ろしいことを言いながら母親を振り向かせた。
    するとその顔が、   だった。

    「怖い夢」【師匠シリーズ】 →続きを読む

    525:2009/08/15(土) 11:02:09 ID:
    お盆なので中学時代に体験した事を書きます
    私の家は都市から少し離れた町にあり、日本家屋が立ち並ぶ場所にありました。
    近所の噂では(両親は否定しましたが)元女郎宿を改築した家らしいです。
    (改築したとはいえ、かな古い家でしたが)

    その家は丁度カタカナの(コ)の字をしていて2階建てでした。
    コの字の空白の部分は中庭になっていて、1階の中庭に沿っている廊下から庭に降りれました。
    2階も中庭を見渡せるように窓付きの廊下が沿っていました。

    さて、私は夏休みコの字でいう、縦棒の2階にある暗い広い和室で宿題をしていました。
    ここは涼しくて勉強がはかどるのです。両親は買い物に行き私は留守番も兼ねてました。

    朝の九時から一時間くらいしたところでしょうか、私はトイレにいきたくなりました。
    トイレは一階と二階にありどちらもコの字の下の横線の端っこにありました。

    私は中庭を見渡せる廊下を通って二階のトイレで用を足し、トイレから出ました。
    その時私は何気なく窓を見ました。
    そこからは中庭をはさみコの字の上の横線の端っこにある物置部屋が見えるのです。

    なんと物置部屋の襖がガタガタ揺れているのです。私は泥棒だと思いました。
    朝から大胆だな~と思いながらも、実際はとて怖くて足がすくんで動けませんでした。
    私はどうするべきが迷いながも泥棒が出くるところを見て、顔を見てやろうと思い
    もう一度トイレに入ってドアを少し閉めて隙間から正面の物置部屋を覗いていました。

    「コの家」【洒落怖】 →続きを読む

    1:2013/04/01(月) 19:07:33.12 ID:
    デブ「けどデブがそんなデブエサを買ってたら店員さんに笑われるお…」

    デブ「けどポテチ食いたいお…」

    デブ「いくか」

    ドタドタ

    ウィーン

    店員「いらっしゃいま……せー」

    デス(あああやっぱりデブはこういう目で見られるんだお)

    デブ(とっととポテチとコーラとファミチキ買って帰るお)ガサゴソ

    デブ「ポテチとコーラが飲みたいお…」 →続きを読む

    1:2012/12/06(木) 16:55:00.10 ID:
    昨日も立てたがVIP落ちてた

    まず一人目のキチガイ
    タメ口きいてきたからタメ口きき返してみたでござるの巻

    俺「いらっしゃいませー温めますか?」
    キチガイ「うん」
    俺「わかった」
    キチガイ「は?」
    俺「え?」
    キチガイ「なんでお前タメ口なんだよ」
    俺「え、なんであなたタメ口なの?」
    キチガイ「てめえふざけてんじゃねえぞ?」
    俺「脅しでしたら警察呼びますけど」
    キチガイ「クソガキが」

    キチガイ去る

    コンビニバイトだけど今日辞めるから頭のおかしい客に対抗してきたwww →続きを読む

    1:2012/09/28(金) 04:26:09.84 ID:
    俺が小学校の時の話だ。
    一人で語っていくから叩くなりなんなりしてくれ。
    だが前提に、本当にあったはなしなんだ。それを頭に入れといてくれると助かる。

    小さい頃にあった不思議な話しを聞いてほしい【守護神】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ