2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    34:2008/03/19(水) 23:08:07.09 ID:
    黙ってゴミ袋をまとめるおふくろの顔は半端なく怖かった。
    一袋にまとまらなかったみたいで、いくつかに分けてたし。

    俺は、もし離婚になったらどうしようって事ばかり考えてしまって、おふくろに「離婚とかねーよな?wwww」って聞いた。
    おふくろは黙ってた。俺はマジで泣きそうになった。

    おふくろより先にリビングに戻ると、オヤジが「例のは大丈夫か?」と聞いてきた。
    だから俺は、「あぁ、ばっちりだよ」と答えた。


    今回も俺は間違ってない。絶対にだ。

    ※前スレ→オヤジがジャニオタだったので、緊急家族会議になった。

    オヤジがジャニオタだったので、緊急家族会議になった。【後半】 →続きを読む

    1:2008/03/19(水) 18:07:09.03 ID:
    数日前、オヤジの書斎からジャニーズの奴の顔写真がついたウチワを見つけた。
    オヤジにそれを話すと、「お母さんには黙っていなさい」と言って1万円もらった。

    うはwwwwマジかよwwwと思った俺は、あれからオヤジの書斎をあさりまくった。
    雑誌の間に隠している、ウチワ。ウチワ。ウチワ。そして、お気に入りのグラビアのように保存されている、ジャニーズ雑誌(と思われる)切抜きの数々。

    正直、探さなければ良かったと後悔している。
    さすがに引いた。

    その日の夜、オヤジに「ジャニーズ好きだったんだな…」と伝えたら、オヤジは黙り込んでいた。
    もしかしたらオヤジはホモなんじゃないか?と思って心配になった。
    だってジャニーズだぜ?偏見かもしれないが、普通の男でジャニーズ好きなんかそういないだろ。しかも、50過ぎたおっさんなのに。


    オヤジがジャニオタだったので、緊急家族会議になった。【傑作】 →続きを読む

    27:02/03/16 20:19 ID:
    今から10年程前のはなしです。

    当時、入社二年目の会社員だった私は、上司二人に連れられて栃木にある某洋酒メーカーの工場へ出張する事になりました。
    勤めていた会社が関西にあったもので日帰りは難しく、宿泊施設が必要でした。
    早速、事務員にホテルの手配をお願いしたところ、部長の同行ということもあって、そこそこなホテルを宛って貰えることになりました。

    栃木に着いて打ち合わせまで少し時間があったので、先にホテルにチェックインする事になりました。

    「三名様でございますね。ご予約承ってございます。」

    フロントの小太りな中年男性が対応してくれました。
    言葉こそ丁寧ですが、どこかにやけた表情のある男性だったのを覚えてます。

    「こちらに住所と名前を記入して戴けますでしょうか…。それから、只今当ホテルの新館を改装いたしておりまして、お客様にお泊まり戴くのは旧館になります。」

    先程から気になっていたその男のにやけた表情は目でした。明らかに目が笑ってました。
    少なくとも私にはそう映ったのですが、上司二人はそれほど気にしていない様子でした。

    「では、お部屋の鍵をお渡し致します…。」

    先に上司二人に鍵を渡し、その後私に…、

    「貴方はこちらです。」

    と、何故か僕だけ部屋を指定してきました。

    『…見るからに僕が新入社員なんで、部屋に差を付けているのだろう。』

    その場はその程度でした。


    「臭う部屋」【洒落怖】 →続きを読む

    214:2001/02/17(土) 00:30 ID:
    これは、警備員のバイトをしていた時に、職場の先輩から聞いた話です。
    都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然、一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。新人である私が覚えきれているはずもなく、最初の内は先輩と共に異常確認を行います。
    EVボックスの位置や、火元確認場所、シャッターボックスの位置などその際に念入りに引き継がれ、その後に一人で回るようになります。

    そのフロアは、婦人服売り場がメインの場所でした。
    先輩と2人で回っていると、丁度建物の中程の非常階段付近の防火シャッターの前でおもむろに上を指差して言いました。
    「この警報死んでいるから。」そう聞いてもその時の私には『故障かな?』位にしか気にとめなかったのです。
    警報には幾つか在りますが、火災報知気(いわゆる煙感)と赤外線の2種類が、そのデパートでは主流でした。
    赤外線は、天井張り付いた白濁の半球状のもので、注意してみれば今でも何処のデパートでも見られると思います。

    「でも、ドア警は生きているんでしょう?」

    と私が尋ねると、

    「あたりまえだ。」

    と先輩は答えました

    【閲覧注意】「都内Sデパート」【洒落怖名作】 →続きを読む

    1:2013/03/05(火) 00:30:55.53 ID:
    前スレ>>5が自分の人生語るってよ

    ※前スレ→>>5が自分の人生語るってよ

    お久しぶりです 前スレ見ていてくれた人ありがとう!
    前スレの>>832の続きから書いていきます

    「>>5が自分の人生語るってよ」【Part2】 →続きを読む

    487:03/01/26 05:43 ID:
    昔、オレが大学生のころの話。
    ある日、友達にドライブに誘われた。
    別に行く所がある訳じゃないのはわかってたんだけど、ま、ちょっとくらいって思って行く事にした。
    あの時本当に行くんじゃなかったと、今すごい後悔してる。

    ドライブはいつもどおり別にどこに行く訳でもなく、仲のいい友人同士でくっちゃべってるだけだった。
    そこら中走り回って話題も尽きてきた頃、友達が心霊スポットに行こうと言いだした。
    別にいくとこもなかったし、ネタも尽きてたから皆も乗り気だった。
    自殺者がたえないというダムだった。

    ダムに車を乗り入れ、ちょっと広い場所に車を止めた。
    下を見て「こっから飛び下りるのか、こえぇ~。」とか言ってた。

    すると友人が下におりる階段をみつけた。
    みんな幽霊とか信じてなかったし、4人もいたから行こうよってなった。
    なんかガキのころ思い出してドキドキしてた。
    本当にこの時は何にも思ってなかった。
    遊園地のお化け屋敷に入るくらいの気持ち。

    結構長い階段をジッポの灯をたよりに降りて行った。
    下迄降りるとダムから凄まじい勢いで水が吹き出してるのが目前に見えた。
    ドォォォォォーーーーって凄い音だった。
    草の生い茂った水辺に立って、すげーって4人で見てた。
    水の音がすごいから話も大声でしてた。

    「自殺ダム」【洒落怖】 →続きを読む

    このページのトップヘ