2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    1 : 名無しさん@おーぷん : 2017/12/12(火)07:54:06 ID:
    ふーっと煙はいたあと首をかっきる役誰かやれ
    no title


    ワイがのんきにタバコふかしながら警備する兵士の役やるから →続きを読む

    1 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2013/06/19(水) 18:29:07.93 ID:
    きょうはゆうがたまでおちごとだったのー!…しょうじきもうおちごとちたくないのぉ
    ほかのひとがみすちたのにあたちがわるいことになったりもういやなのぉ……
    がっきをふいてたりぷいきゅあみてたりぷいきゅあのおんがくきいてるときはいやなことをすべてわすれられるのぉ…ふにゅにゅぅ……

    no title

    俺(40)「おちごとよいちょっ!よいちょっ!…ふにゅにゅう!」 →続きを読む

    300 : 本当にあった怖い名無し : 2008/07/26(土) 02:31:08 ID:
    少し長い上に、乱文で失礼する。

    7歳の時に、兄弟が習ってた剣道の道場へ連れていかれた。
    家で留守番させとくのは心配だったんだろう、でも子供なのですぐに退屈してぐずった。
    すると母が敷地の中でなら自由にしていいと言うので、外に出た。
    見学の子は自分だけだったので、一人で道場の周りを散歩した。
    夏だったので蝉がやかましく、暑い。

    背丈の三倍はある生垣に囲まれた道場は狭くはないが、道場と道場主の小さな家があるだけで、珍しいものもなくすぐに飽きた。
    でも中に戻って正座をして待つのも嫌だから、道場の裏手にあたる敷地の北側でぼーっとすることにした。

    建物の影でそこはなんとなくじめじめしてて、他より涼しい。
    ここならずっと居られるな、とその辺の石に座って空を見上げた。
    すると、生垣に顎を乗せている男と目が合った。
    平凡な顔立ちの男は七三分けの黒髪に大きめの眼鏡をかけ、画用紙みたいな青白い顔色だった。

    『こんにちわ』

    感情のこもらない、少し高めの声だ。

    「こんにちわ」
    『どうしたんですか』

    敬語で話しかけられるのはあまりなかったから、なんとなく居心地が悪かった。

    「お兄ちゃんが、練習終わるのを待ってます」
    『そうですか』

    no title

    「生垣の男」【洒落怖】 →続きを読む

    1 : 名無しさん@おーぷん : 2016/10/05(水)02:39:23 ID:
    僕28歳 ブサメン
    相手22歳 まあまあ可愛い
    夢なのかな 質問ある?

    ※MMORPG(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲーム)とは、「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」などと訳され、オンラインゲームの一種でコンピューターRPGをモチーフとしたものを指す。
    no title

    スマホのMMORPGで女の子と知り合って結婚する事になった。 →続きを読む

    1 : \(^o^)/でVIPがお送りします : 2017/09/29(金) 21:03:51.720 ID:net
    何なのこのボッタクリども
    普通値段が7倍にもなるなら修理する前に一言言わないか?
    no title

    自転車屋「パンク500円で直すよ」俺「じゃあお願い」自転車屋「チューブボロボロだったから新しいのにしたよ」3500円 →続きを読む

    260 : 本当にあった怖い名無し : 2006/10/25(水) 23:18:20 ID:
    知人Aの話

    Aの実家は山の中腹にあり、御両親が食堂と小料理屋を足して2で割ったような店を営んでいた。
    店の横の渓流で捕れる川魚料理と山菜料理は絶品で、訪れた際は、塩焼き、骨酒、山菜おこわなどを
    御馳走になるのが楽しみだった。

    商売気はなく、沢山の田畑を貸し悠々自適に暮らす夫婦の趣味の店といった雰囲気だ。
    以前、Aの帰省に同行して厄介になっていた時、団体客から問い合わせがあり、魚料理を要望された親父さんは用意できないと断った。急な団体では仕方ないが、日を改めてという話も断るのは不思議だった。
    no title

    「32匹」【山にまつわる不思議な話】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ