2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    618:2016/06/21(火) 16:35:46.21 ID:
    祖父から聞いた一番印象に残った怖い話。
    第二次世界大戦の戦時中から戦後にかけてが青春だった祖父は、生まれつき足の向きがおかしくて歩けはすれどよほどまともな運動は出来なかったようで徴兵は免れて広島県で家族に養ってもらいながらなんとか生き延びていたそう。戦争が終わったけど祖父達のいた広島は、原爆の影響もあって本当に地獄だったらしい。

    余程戦中だった頃のほうが生活面も安全面もまともなほど荒れていたみたい。
    場所がよかったようで被爆を逃れていた祖父は破壊された電線の銅などを集めて生活を安定させていったらしい(はだしのゲンに似たような話があったから知らない人は読んでみてくれ)その頃の話なんだけど祖父はよく影が無い人を見たって言ってた。
    夕方に一人で荷物を引いてるときとか昼間とか時間を問わず。

    当時の広島は被爆者の影が路面や壁に写りこんだ話がよく話されていたから、祖父は被爆して影を置き忘れて死んだ人たちなんだと思ったそう。やけに青白い顔をしてぼんやり立っているその人たちは本当に生きているみたいだったらしい。というより町のど真ん中で昼間から何もしないで立ち尽くしていてもなんの疑問も持たれない程、食べ物も働く術ももたない生きた人間が多かったので影の有無位でしか生きてるか死んでるか分らなかったらしい。

    往生の間際まであの時代はとてもこの世ではなかったと話していた祖父の話の中で一番怖かった話。祖父の三回忌なので投下した、長文すまん。

    「終戦後の広島」【洒落怖】 →続きを読む

    850:2011/10/30(日) 17:48:16.89 ID:
    高校時代の友達の彼氏の話です
    友達の彼氏はすごく明るくて面白い人で
    私が友達に電話すると、その彼氏が出て女声で
    「はい(友達の名前)でーす。超久しぶりだね!」
    などと、ふざけるのが御約束みたいになっていました。
    その彼氏は声に特徴のある人で、某声優の声に似ていた為、オタクな私は大変嬉しくも羨ましくもありました。

    高校を卒業し、私と友達は地元と都会と離れ自然と疎遠になりました。
    連絡も殆どとる事なく、5年の月日が流れました。
    私は結婚する事になり、荷物をまとめている時にプリクラ手帳を発見しました。
    それを見ているうちに、私は急に友達の事を思い出し電話をしてみる事にしました。
    5年も連絡をとっていなかった為、番号変わってるかもなあ。もう私の事忘れているだろうなと不安もありました

    電話の奥で待ち歌が聞こえた時ふと、友達の彼氏の事を思い出して笑ってしまいました。
    流石にもう別れたかな?いや結婚してるかも!と考えながら待っているとプッと繋がる音がしました。
    私は「もしもし?」と声を掛けると、電話の奥で「(私の名前)!?え!久しぶり!」と友達の元気な声が聞こえました。

    私たちは連絡の途絶えていた5年が嘘みたいにお互いに色々な話をしました。
    友達は独身との事。ただその彼氏について、友達の方から触れてこないので「ああ別れたんだなあ」と私も何も聞きませんでした。

    10分ほど会話をしている時私はある事に気付きました。
    友達が話す向こうで男の人の声が入るのです。

    初めはボソボソと聞こえ、テレビの音かなと思っていたのですが徐々にはっきりとしてきました。
    友達が話し終え、私が話し始めるわずかな間に「アハハ」と笑う声や「うんうん」「バカじゃねーの」などと相槌のような声が聞こえます。
    その声に覚えがあった私は、もっとしっかり聞きたいと無言になると、友達は「ん?どうしたの?」と声を掛けてきました。

    私は「側に(友達の彼氏)いるねwwまだ付き合ってた?」と言うと、友達は「え?誰もいないし!」と声を張り上げました。

    「電話口の声」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    1:2014/05/10(土) 00:33:34.58 ID:
    文学部「怪我人はいないか??」

    工学部「くっ!足を少し切ってしまった」

    医学部「大丈夫か?偶然治療器具を持ってきておいてよかったぜ!今みてやる!」

    理学部「この島だと発見される確率は2%以下…!絶望的だ」

    法学部「とりあえず、これからはチームワークが大切だ。ルールを作ろう。」

    文学部「無人島に墜落してしまった…」 →続きを読む

    1:2016/08/02(火) 00:16:11.42 ID:
    連れ「ズズズッ…ズッ(麺カミキリスープニボトー」


    ワイ「ああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!(ブリッ」 

    連れ「ラーメンちょっと頂戴」ワイ「ああ、ええよ(頼むぞ…)」 →続きを読む

    1:2015/02/28(土) 20:24:45.37 ID:
    11時俺「今度こそ寝よう」
    アホ車「ドゥンチキドゥンチキドゥンチキドゥンチキwwwwwwwww」
    12時俺「いい加減ねよう」
    猫「にゃ~ん(笑)」
    警報「ぶぅわあああああああああああああああああwwwwwwwwwwwwwww」
    俺「うわあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

    10時俺「そろそろ寝るか…」アホバイク「ブウウウオオオオオオオオオオwwwwwwwwwww」 →続きを読む

    19:2007/04/15(日) 03:19:36 ID:
    海のそこで仏さんを見つけた時、その仏さんが立って(いるように浮いていたら)いたら気づかない振りをして放っておけ。
    なぜなら立ってる仏さんは強い無念を残して死んだから、同情して引き上げようとした人だろうと構わず取り憑いてくるからだ。

    この話はダイバーにとっては常識らしい、っとなぜか山に詳しい父が語ってくれました。
    横になってるのは良いんだって、本当かな?

    「立っている水死体」【海にまつわる怖い話】 →続きを読む

    50:2011/02/27(日) 02:35:15.69 ID:
    スレチかもしれんけど、個人的には恐怖より不可解だったので書かせてほしい。
    無駄に長いかも知れない。不手際あれば申し訳ない。できれば大目に見てほしい。

    僕がまだ小学生の時分。おそらく中学年だったろうと思う。
    夏のある日、車での家族旅行の帰り、どうやら道に迷ってしまったようなんだ。
    見当違いの見知らぬ土地で日も暮れ、どこか奥まった集落に行きついた。
    なんとか一軒の民宿を見つけ、両親と僕ら兄弟は一も二もなく宿泊を決めた。
    その日の夜はあまり記憶にない。疲れていて早々に寝てしまったのだろう。

    夜が明けて、両親と僕らは朝食を済ませた後、散歩に出かけてみた。
    迷い込んだとはいってもせっかくの旅先だ。
    旅館を出てすぐ。坂道が見える。両脇には民家の並ぶその坂の上には、神社があるようだ。
    よし、あそこに行ってみるか。父の言葉に頷いて僕らはそこを目指した。
    そして歩いて間もなく。少しばかり異様な光景が目に入ってきたんだ。

    坂道の両脇には先述の通り民家が立ち並んでる。
    その民家の生垣に、無数の風車が挿してあるんだ。
    何かの風習なのかもしれない。ただ、それは余りに無造作でぶっきらぼうで無感情に思えた。
    其れに目を奪われながら歩みを進めていると、一軒の家の門の先から老婆がこちらを見ていた。
    微動だにせず。ただこちらをじっと見つめている。
    失礼な言い方だが、辺鄙な場所だ。よそ者が珍しいのかもしれない。
    とは言えその目つきは何かをいぶかしむでもなく、疎むでもなく、歓迎するでもなく。
    有り体にいえば「無感情」に見えた。どこかさっきの風車のように。

    「風車の集落」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    このページのトップヘ