2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    1:2015/12/05(土) 10:50:24.25 ID:
    1 専務(49)
    6 部長(45)
    3 社長(47)
    5 会長(80)
    4 ワイ事務(23)
    7 事務(24)
    9 事務(23)
    8 事務(22)
    2 専務の娘(14)

    ワイの会社の従業員で打線組んだwwwwwwww →続きを読む

    921:2016/04/29(金) 14:02:38.09 ID:
    なんか昨日怖い、と言っていい体験をした。
    「怖いといってもいい」というのは、怖かったといえば怖かったけど、一点解らない点があり、そっちが上回っているから。
    原因は夢遊病か統失でも構わないんだけど、どうしてもそれが解らない。

    昨日、未明に目が覚めて、眠かったけど出社しないといけないので、目を覚まそうとベランダに出た。
    うちのベランダは、隣のマンションのベランダと、ちょっと高さが違うが隣り合っている。
    その隣のベランダの隅っこに、運動会なんかで使う赤旗がはためいてた。
    何気に視線を向けると、向うのベランダが腰高分、高いせいで旗の根元に目が言った。

    「脚だけ」が旗の横に立っていた。

    声にならない悲鳴が出て、逃げようと思ったが、その時「一部分だけはっきり見えている霊は、不明瞭な霊なんかよりもずっと危ない」という、謎のトリビアが頭に浮かんだ。
    「このままにしておくのは不味い」と思い、なぜか知らないが(多分元凶だと思ったからだと思われる)旗を捨てようとした。
    でもビニールテープてぐるぐるに固定されていて、うまく旗を抜けない。
    仕方ないので鋏を取ろうと一度部屋に戻り、ベランダの方を向き直ると

    そこにおっさんが立っていた。
    時空のおっさんを汚くしたような黒服のおっさん。無論禿げてる。

    5日前に俺が変な世界に行った話をする【時空のおっさん】

    「びにーるてーぷ」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    1:2015/10/25(日) 01:30:38 ID:
    男「電車に乗ってると、たまに思うことがあるんだけどさ」

    友人「なんだよ」

    男「よく、電車にギリギリ乗れなかった人が、急にすまし顔することあるじゃん」

    友人「……?」

    友人「なんだそりゃ。いまいちピンとこないんだけど」

    男「電車にギリギリ乗れなかった人が、急にすまし顔をする現象」 →続きを読む

    1:2013/11/02(土) 22:12:22.72 ID:
    7年間のブログ運営から学んだ、人生のアドバイスになりそうな7つのこと
    マリア・ポヴォーヴァさんが運営している「Brain Pickings」は、文学や文化、デザインなどに関する記事を扱うブログで、ポヴォーヴァさんの言い回しや思わず納得してしまう考え方に多くの人から賛同の声が寄せられています。友人にEメールを送る目的で設立したそうですが、今では月間100万人のユーザーを抱えるほど人気を博しているこのBrain Pickingsが2013年10月23日に7周年を迎えたということで、ポヴォーヴァさんは自らの経験から学んだ人生観や生き方などを「7年間でBrain Pickingsから学んだ7つのこと」として公開しています。
    ◆1:消極的な考え方をやめる
    社会における文化的問題の1つが「自分の意見を持たない」ということ。私たちの意見の多くは、表面的な印象や他人の意見に基づいており、しっかりと時間をかけて考えられたものではないそうです。「分かりません」という言葉は、思考の方向性が失われている証。あなた自身の生き方を変えてしまうとしても、事象をきっちりと理解することは、時に「正解」よりも重要です。
    ◆2:名誉や地位、お金などを目的にしないこと
    エッセイストのポール・グレアムは「名声は、楽しいと思う事さえねじ曲げてしまうほどの力を持っています」と述べています。名声やお金をモチベーションにすると、「生きている瞬間」を感じさせてくれますが、寝起きの時に感じるスリルや、充実感を感じながら眠りに落ちる、といったことを経験できません。
    ◆3:寛大になる
    自分の時間や言葉、そして他人に対して寛大でいること。他人を理解し相手から理解されるために、言葉や意志を交換することは生命の最も素晴らしい贈り物の1つです。
    ◆4:人生には静けさという休息が必要
    忙しく過ごしていても、時間を見つけて散歩や自転車に乗ったり、瞑想をする。そのような時間を使って空想にふけっていることで、創造性を育てられ、時に最高のアイデアを思いつくこともあります。「空想にふける時間」は、クリエイティブな発想を持って何かに取り組む上で必要不可欠。また、十分な睡眠も人生において重要なパーツです。時々、睡眠時間をあまり取らない事をステータスにすることがありますが、それは体へのリスペクトを欠いてしまっています。人生において、健康よりも大事なことは存在しません。
    ◆5:他人が描く自分を信じない
    自分が自分のことを1番理解しており、他人が描く自分の姿はただの仮定にすぎません。あなたが一体誰なのか、信条は何なのか、知っているのはあなただけ。
    ◆6:存在することは生産することよりもよっぽど複雑である
    私たちの存在は、生産性に関する能力や収入で人間の価値を測る文化の中にあります。しかしながら、生産性を崇拝しすぎると、生きる価値のある人生を形成する「喜び」や「驚き」といった感情を無くしてしまうことがあるそうです。
    ◆7:成功には時間がかかる
    「overnight success(短期間での成功)」という言葉がありますが、ただの神話のようなもので、成功するには繰り返し調節して時間をかけることが大事です。花が長い時間かけて開花に至るように、成功するには時間がかかります。ただ現在の文化の流れでは、時間をかけることが単調であると思われる傾向があります。

    おまえらが実践してる人生が捗る習慣を教えろ →続きを読む

    このページのトップヘ