2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    744:2013/02/22(金) 21:36:45.29 ID:
    以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。

    金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、
    あれは脳の錯覚で、本当は寝ているだけなのに、
    起きていると脳が勘違いをしてしまうために起こる現象なのだと一般的には言われていて、
    俺も全くそうだと思う。
    じゃあ、金縛りが起きた時、実際にその様子を他者的視点から見たらどう見えるのか。
    俺はそのことに興味がわき、実際に自分の寝姿をビデオに撮ることにした。
    寝る前にカメラをセットし、寝てる間に金縛りに遭ったと思ったら、朝起きてビデオを確認するという段取りだが、
    そう都合よく金縛りに遭遇することもなく、始めてから2ヶ月くらいは空振りの日々が続いた。

    ある日の夜、ついにそのときが訪れた。
    その日は特に疲れたということもなく、今日も空振りだなと特に期待せず眠りについたのだが、
    眠ってから、感覚的に4時間後(自分の中では夜中の3時くらい)に金縛り直前特有の嫌な感覚が襲ってきて、
    直後に意識が覚醒したと思うと同時に体が硬直。
    ついに来たか!という興奮と、冷静になろうとする感情が入り乱れる。
    今回の目的は、金縛りになることもそうだが、この状態をいかに長く持続させるかが重要だ。
    長時間金縛り状態を保たないと、ビデオを見たときにどこがそれだったのかわからない可能性が高いからだ。
    俺はリラックスしすぎないように手や体を動かそうとしながら、
    やはり動かないな、などと妙に冷静な状態を保つことができ、金縛りになってから5分くらいは経った感覚があった。

    「金縛り撮影」【洒落怖】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    820:2006/10/22(日) 15:00:57 ID:
    今さっきの話。
    俺は久しぶりの休みだったのでさっきまで寝ていた。
    ただぐっすりと寝れた訳ではない。
    昨晩酒を飲んでいて眠りが浅かったらしい、ずっと夢をみていた。

    夢の中で俺は商店街を歩いていた。
    どこにでもありそうな普通の商店街だったが、俺の知らない街だ。
    何故ここにいるのかよく分からないけれど、フラフラとアーケードの道を通っていく。
    道中に男の子が座っていた。なんだかまじまじと俺を見つめてきたので
    (何か俺の事を知ってるような目だな、近所の子だっけか?)
    と思いながらも更に上へと進んで行った。
    商店街は廃れた感じであまり開いている店はなかった。
    最近の商店街にありがちなパターンなのかも知れない。
    歩いている人もまばらだった。
    …俺は真っ昼間からスーツ姿でこんな商店街に来て何やってんだろう。そう思った時だった。


    ぎゅっ、と左腕を掴まれた。見ると小学校低学年位の女の子がこちらを見上げている。
    そして「お母さんとはぐれたの…。」と一言。
    正直「知らねぇよ」と言いたい所だったが、不安そうなその表情を見ていたら何も言えなかった。
    俺「いつはぐれたの?」
    女の子「…ずっと前」
    俺「じゃあもう君が帰ったと思って家に帰ったんじゃないかな。ここからお家がどこにあるのか分からないの?」
    女の子「分かるけど…」
    女の子はそう言ってうつ向いた。
    このご時世だ。明るいとはいえ、人通りの少ない道を小さな女の子が一人で帰るのは心許ないのかもしれない。
    何故ここにいるのか分からなかった俺は、思い切って女の子を家まで送って行ってあげることにした。

    「夢の中の少女」【実話恐怖体験談】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1:2013/09/02(月) 23:23:58.26 ID:
    人間ってスペック生かしきれてないって本当だなと思った話

    人間の可能性を感じた時の話する →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1:2013/09/12(木) 01:28:52.49 ID:
    言っておきたい事がいくつかある。
    質問には答えれそうなら随時答えていく

    俺のカーチャンが死んで今日は命日 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    7:2006/10/31(火) 16:33:26 ID:
    恐怖と言うよりも不思議体験を書きますね。
    8年くらい前の事、田舎の祖母の家に一ヶ月程滞在して、百姓を手伝ったりしてました。
    歩いて直ぐの裏山に一族代々のお墓が固まってるんです。
    先祖の家族構成に興味を持った私は紙と鉛筆を用意して裏山に行きました。
    墓石には生年月日や生前の名前、戒名、屋号、何番目の子供か(長男や6男)お嫁さんは○○村の○○家の何女(長女、次女)で名前は○○、生年月日も側面に彫られてるのでそれらを書き留めたのです。

    時代が古くなるにつれて苔が生えてたり墓石も古くさかったり、彫り込んだ字が年月の為分かりにくかったりしましたが何とか全部記入し終わったので家に戻りました。
    そして江戸時代初期から(それ以前の墓石は無い)の家系図の様な物を作りました。
    一人で「○○はこの屋号で○○の兄弟なんだ」と田舎なので日が暮れたらやることが無いので食後に楽しんでました(テレビも都会みたいに全部のチャンネルが有るわけでもない)。

    お風呂に入り就寝の時です。妙な気配を感じました。
    ザワザワと聞こえる様な、聞こえない様な不思議な感覚でした。
    何かが見える訳でもなく、声が聞こえる訳でもでもありません。
    只、ザワザワ、ボソボソと気配を感じるだけなのです。
    不思議な気配を感じたのでその日は電気を灯して寝ました。

    次の日は週末だったので従兄弟夫婦が泊まりに来ました。
    従兄弟は祖母の長男である叔父さんの長男なので、週末は毎週泊まりがけで来てるのです。
    従兄弟夫婦は隣りの市でサラリーマンをしてるのでアパートを借りてます。
    そこから車で30分の距離が祖母の家です。

    私は2歳ちょっとの赤ちゃんが可愛いので先週末も抱っこしたりして遊んでました。
    遊び序でに隣の部屋にある仏壇写真の処へ行き、○○君、お爺さんだよ、お祖母さんだよ、曾お爺さん、ご先祖様だよと抱っこして天井近くの写真の側まで行って話しかけて遊んでました。
    そして今週も同じ事をして遊びましたが○○君はすっと片手で曾お祖父さんを指さすのです。
    そしてその手を今度は私の方へ指さしたのです。
    ずっと交互に指さしをしながらケタケタ笑ってます。
    反応するのは曾お祖父さん(私から見たら曾お祖父さん)だけで、それ以外の仏壇写真には反応しません。
    指だけでなく視線も私と曾お祖父さんを行ったり来たりしてます。

    「一族の墓」【実話恐怖体験談】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    250:2006/06/22(木) 04:15:29 ID:
    全然怖くないと思うが、俺も学生時代の話を。

    住んでいたアパートで金縛りにあった時のこと。
    ある晩遠くで(もちろん1Rでほかに誰も居ないはず)なにやら話し声がする。
    どこか耳の奥のほうのような、へんな距離感・・・

    体育会系の部活で疲れていたから「うるせぇなぁ」とボソッ
    そしたら突然その声が近づいてきた。どんどん大きくなる。

    とたんに金縛り、指一本動かせない。

    近づいてきたその声は、集団でお経をあげていた。
    目は閉じたまま開かないので姿は見えないが、お経が大音量で耳の中、いや頭の中に響き渡った。


    しばらくすると集団は立ち去り、お経も聞こえなくなって金縛りは解けた。

    次の日の朝、同じアパートの別室に住む友人にその話をしたところ、俺も経験あるよ、との事。
    「しょっちゅうだから慣れっこだよ。ここって何かの通り道なんじゃないの?」
    って、その友人は笑って答えていた。

    「集団でお経」【実話恐怖体験談】 →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1:2013/10/20(日) 10:08:47.31 ID:
    これ昨日の話なんだけど、モヤモヤしててまだ怖いから聞いてくれ

    不思議な体験したからちょっと聞いてほしい →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1:2013/08/11(日) 01:35:32.06 ID:
    身バレしない程度にブラック会社の経営方法と、ブラック会社に労働審判で勝つ方法教える。
    あと経営の経緯とか。

    ブラック会社経営してたけど質問ある? →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    1:2013/10/24 23:04:00 ID:
    なんかそれなりによくなった

    【画像】ベンチプレスと腹筋ローラーやりまくった結果wwwwwwwwwww →続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    396:2006/08/06(日) 23:01:34 ID:
    高校時代に体験した話ですが…。

    高校時代、吹奏楽部に入ってました。
    毎日の練習は4時~6時まで。途中、5時に一度10分の休憩が入ります。

    ある日、私は部室の入り口が見える、少し離れた場所で練習してました。休憩時間になり、ふと部室を見てみたら、別のクラスの友達が楽器を片付けて帰ろうとしていました。
    私はその場所から少し大きな声で「今日はもう帰るの?」と訪ねました。
    友達はこちらを向いて、「病院に行くから帰るの」と答えたので「気をつけてね!また明日!」と言い、手を振って友達が帰るのを見送りました。

    「部活行きたい」【実話恐怖体験談】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ