2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    409:2010/06/02 11:22:51 ID:
    体験談というか現在進行形なんだが、これが原因でバイト辞めようか悩んでる…
    心霊どうこうじゃないし、やたら長いし、話のネタにもならないかもしれないけど、暇つぶし程度にでも聞いてほしい。
    焼肉屋とカラオケ屋で掛け持ちバイトしてるんだが、カラオケ屋の方の話。

    個人経営のそんなでかくないカラオケ屋で、従業員は店長除いて男三人女一人の合計四人。
    早番専門に、俺と今年始めに入ったKって女。
    遅番専門で、古株のYとRって男がシフト入ってて、
    平日は早番遅番交代で一人ずつ、週末や祝日は全員出勤。
    つまり、早番の俺は木曜金曜が一人で出勤、土日はKと出勤になってる。
    正直今彼女もいないし、女の子と同じシフトに入れるのは嬉しいんだけど、
    Kはちょっと変わった奴で、中々かわいい顔立ちをしてるのに、目の下はいつもクマなのか黒っぽくて、
    行動がぜんまいで動く玩具っぽくて、かなりそそっかしい。
    彼氏と同棲してるみたいなんだけど、噂によると、彼氏ってのが去年事故って軽い後遺症が残ってるらしい。
    三年半付き合ってると聞いたが、彼氏溺愛らしく、
    以前ふざけて「同棲してる女働かすような経済力のない男なんか別れちまえよww」って言ったら、
    マジギレされて、みぞおちにモップの柄がめり込んだ。
    そんなちょっと変わったところもあるが、他は普通に明るいし面白いし、なんか小動物っぽくてかわいい奴だ。

    前置きが長くなったが、土日祝日はKと一緒のシフトに入る。
    田舎の暇なカラオケ屋でも週末は混むもんで、
    店内の清掃も客の相手も、二人で手分けしてやらなきゃ仕事がまわらない程度には忙しくなる。
    でも先週末。外が大荒れで、土曜日なのに客が全然来なかった。
    (うちはほぼ免許のない徒歩で来る客がメインだから、かなり天候が客足に影響する)
    相手する客もいないし本当に暇で、Kと雑談しながらだらだらのんびり店内の掃除してた。

    「綺麗な床」【ほんのりと怖い話】 →続きを読む

    537:2009/07/09 17:44:41 ID:
    ビデオ屋でアルバイトをしています。
    店長は週間ランキングなどのコーナーを作る為、ベストランキングの集計を良くチェックします。
    バイト長のRさんと僕はワーストランキングの集計をチェックして、このDVDやビデオを破棄するか決めます。

    ビデオ屋で働いて間もなくから、ずっと気になっていた事があって、『○○の○』と言うタイトルのビデオ。
    有名でも無い一作が、連日ひっきりなしに借りられているのに、

    「Rさん。『○○の○』って言うビデオ、見た事あります?」

    「いや、無いよ。どうして?」

    「この御時世、DVDが主流ですけど、『○○の○』って言うビデオ、人気があるんですよ。常に借りられているんです」

    「そうやな!不思議やな!?
    このビデオ1本しかないから、ベストランキングにも入らないから、店長も気づいて無いんだろうな!
    名作なんちゃうかな?今度ウチに遊びに来た時、一緒に見ようか!?」

    Rさんのアパートは僕の通っている大学から近く、サークル連中やツレなど、お酒を飲んだ時によく泊めて貰っていました。
    Rさんとは歳は離れていますが、時々飲みに行ったりする仲で、その日は蒸し暑く、体がビールを欲していました。

    「Rさん今日飲みに行きましょうよ!しかも明日授業あるし、Rさんの所に泊めて下さいよ」

    「良いよ!俺も今日、この蒸し暑さにビール飲みたくて、飲みたくて、お前誘うつもりやったからな。
    『○○の○』のビデオも借りとくわ」


    「人気のあるビデオ」【ホラーテラー】 →続きを読む

    224:2012/05/05(土) 00:42:48.42 ID:
    「土の匂い 小中高編」

    小学2年の時、団地の5階に住む友達の家に遊びに行って階段を降りてたとき。
    4階と3階の間のおどり場で土の匂いがして、
    3階に下がる時に、ガスメーターとか入ってる鉄の扉と天井の間から大きい目が見えた。
    階段を一段降りる度に目がギョロギョロ動いて気持ち悪かった。
    記憶にはないけど、家に帰ってから突然新聞を丸めてパンツの中に詰めこんだらしい。

    「土の匂い」【実話恐怖体験談】 →続きを読む

    549:2012/01/18(水) 17:24:56.26 ID:
    誰もいねーってんなら、浪人中母方の実家の山奥に住んでた頃の話でもするよ。
    霊峰とかって訳じゃなく、まぁ普通の山ん中の話。
    ただ、普通の山だからこそ、
    それこそ頭のおかしな人やら河童や狸の噂、お化けの存在なんかが、当たり前に考えられながら同居してた。
    おおらかで、それでいて閉鎖的な面白い場所だったな。
    勉強に専念するために居候してたとはいえ、ずっと机に向かってると頭も鈍るし、集中力も下がってくる。
    そんなときは大抵、近所の山道を適当に散歩するようにしてたんだ。その時の話。
    いいかね。


    「山奥に住んでた頃の話」【山にまつわる怖い話】 →続きを読む

    309:03/06/13 07:32 ID:
    この話は実話なんです。
    最初は『海にまつわる』のスレに書こうとも思ったのですが、
    ちょっと『怖さ』の対象が違っているかな?と思い、こちらに書く事にしました…。

    もう10年前に遡りますが、ふとしたきっかけで俺は水中写真に興味を持ち、
    「じゃ、ダイビングから始めよう」と、とある四国のショップで講習を受け、機材も取り揃えました。
    同じ時期にダイビングを始めたO夫妻と知り合い、
    その縁で仲間も増え、楽しくダイビングライフを堪能していました。
    O夫妻、特に御主人の方と俺は、若い頃に同じ様にヤンチャしていた時期があり、
    まるで兄弟の様に意気投合してしまいました。
    何度も3人で近県の海に潜りに行き、様々な生き物を見る。そんな楽しい日々でした。

    そんな楽しい日々が崩壊する時がやって来ました…。
    A夫妻という結構お金持ちの御夫婦と知り合い、瀬戸内海で一緒にボートダイビングをする事になりました。
    Aさん(夫人の方)は俺よりも10歳以上年上でしたが、小さくて上品なご婦人。
    御主人は「ダイビングをしたい」と言う夫人の為に、
    船舶免許を取り、ダイビング用のボートまで買ってしまったという愛妻家でした。

    「海は怖い」【海にまつわる怖い話】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ