2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    448:2012/06/02(土) 21:29:20.74 ID:
    本家の洒落怖を読むといろいろと奇妙な地方の風習が出てきますが、
    わたしも子どもの頃に土地神への捧げものとなった体験があります。
    そのときのことを書いてみます。

    わたしの住んでいた所は今は合併で市の一部になりましたが、約三十年前の当時からすでに過疎の進んだ山村でした。
    秋祭りにしては遅い十月の初めに、『おさっしゃ』と呼ばれるお祭りがありました。
    これは漢字にするとどの字を当てるのか未だにわかりません。
    これが正式な名前なのですが、村の大人達は里にいるときにはこのお祭りのことを『おかえし』とも呼んでいました。

    里からやや外れた山中まで四百段ほどの丸木を据えた山道が続き、古いお社があります。
    そこは二間四方ばかりの小さな社殿一つだけで、
    ここ何十年も改築などされておらず、柱などはそうとうに傷んでいました。
    ご神体は社内にはなく、背後の深い山々がご神体そのものであるようでした。
    当然、神職も常駐してはいません。
    社の前は草木が刈られて小さな広間となっておりましたが、
    そこに神職はじめ村の主立った者が集まって、土地神へ捧げるお祭りをとり行うのです。



    「おさっしゃ」【何でもいいから怖い話を集めてみない?】 →続きを読む

    956:02/08/16 12:02 ID:
    叔父の話を一つ語らせてもらいます。

    幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうで、
    疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がす等、
    子供達のガキ大将を自負するようなDQNでした。

    さて、その疎開先には、地方にしては大きな神社がありました。
    「今となっては何を祭っていたのかもわからん」だそうですが、
    桜の木が何本も植えられていて、春ともなれば正しく満開の桜が見物できたのでしょう。
    また、聖域とでも言うのでしょうか。
    「子供達がむやみに近づいてはならない」という、暗黙の了解があったようです。


    「疎開先の大きな神社」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    107:02/08/20 02:01 ID:
    私が小学校三年生位の時の話です。

    その頃とても仲よしだった、きよみちゃんという女の子がクラスにいました。
    彼女と私は、毎日のように学校が終わるとお互いの家を行き来しては、ふたりで遊んでいました。
    その日は彼女の家の台所のキッチンテーブルで、ふたりでドラえもんを読んでいました。

    「ドラえもんの未来」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    1:2014/02/02(日) 02:13:33.69 ID:
    俺「見てこのジャケット!前から欲しかったんだよね」

    元カノ「え、これって前言ってた高いやつ?お金どうしたの?」

    俺「頑張って貯めて買った、似合ってるかな?」

    元カノ「でも、お金ないからあんまりデートできないって言ってなかったっけ」

    俺「言ったけども…」

    元カノ「なのにジャケット買うお金はあるんだ?」

    俺「うん」

    元カノ「うん、て何それ?全然悪びれてなさそうだけど」

    俺「俺何も悪いことしてないからね」

    俺と元カノの最後の会話wwwwww →続きを読む

    1:2014/01/27(月) 17:37:55.07 ID:
    半年ぐらい前に一度勝手に10万ほど使ってしまって
    こっぴどく怒られたんだが、簡単に買えるという魅力に
    また買ってしまった。
    しかも今回100万程。。。。
    親も驚くだろうねぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    電話が鳴るたびに心臓がやばいんだが
    なんて言えばいいんだろう。。。
    買ったものは
    ネトゲの課金10万
    RMT 50万ぐらい?
    漫画と服とサバゲー装備一式。
    後はPCの新調。

    本当にどうしよう 誰かなんかうまい言い訳考えてくれええ
    明細?みたいなやつは庭に埋めた

    親のクレジットカードを勝手に使ってしまった。助けてくれ →続きを読む

    9:2000/09/16(土) 23:39 ID:
    学校につきものの怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。 わたしが転勤した学校での話です。
    美術を教えているわたしは、作家活動として自ら油絵も描いていました。
    住まいは1LDKの借家のため、家で大きな作品を描くことができず、放課後、
    いつも学校の美術室に残って作品を描いていました。
    今度の転勤先でも同じように、美術室の一角で制作を続けていました。

    ところが、妙なことに気づきました。 作品の表面に小さい子供の手の跡が付いているのです。
    油絵というのは乾きが非常に遅く、完全に乾くのに1週間かかることもあります。
    わたしが知らないうちに誰かが触ったのかと、あまり気にもせず制作を続けました。
    手の跡も絵の具で上から塗り重ね、消してしまいました。

    しかし次の日も、子供の手が跡が付いていました。
    1個どころではなく、作品の表面全体にびっしり付いていたのです。
    100号という大きさの油絵ですので、単なるいたずらではないなと感じました。
    その日は作品全体の手の跡を消しながら描いているうちに、作品の山場にさしかかり、
    9時,10時,11時と、いつしか夜中になってしまっていました。
    わたしの筆の音しか聞こえないはずの美術室に、いつごろからか、
    猫の鳴き声とも赤ん坊の声とも言えない泣き声が聞こえるようになりました。
    窓を開けても猫の姿はなく、赤ん坊も当然いるわけもありません。

    気にせず制作を続けていると、どうやら美術室の中から聞こえるようなのです。
    泣き声のする方向を絞っていくと、美術室の後ろにある工芸用の電気釜の中のようです。
    電気釜は焼き物を作るときに使う、大きめのゴミ箱ぐらいの大きさのものでしたが、
    故障なのか長い間使った形跡はありません。
    フタを開けると、本当に生徒がゴミ箱がわりに使っているらしく、
    丸めた紙くずなどで内部が一杯です。
    転勤してきたわたしも片づける暇もなく、放置したままだったのです。

    【閲覧注意】「小さな手」【洒落怖名作】 →続きを読む

    595:2000/08/29(火) 20:01 ID:
    ABCラジオさんで大賞をとった話だよ。
    大阪府豊中市 カモメのジョナさんの作品『フタ』

    これはOLとして働きながら一人暮らしをしていた、数年前の夏の夜の話です。
    私が当時住んでいた1DKは、トイレと浴槽が一緒になったユニットバスでした。

    ある夜、沸いた頃を見計らって、お風呂に入ろうと浴槽のフタを開くと、人の頭のような影が見えました。
    頭部の上半分が浴槽の真ん中にポッコリと浮き、鼻の付け根から下は沈んでいました。それは女の人でした。
    見開いた両目は正面の浴槽の壁を見つめ、長い髪が海藻のように揺れて広がり、
    浮力でふわりと持ちあげられた白く細い両腕が、黒髪の間に見え隠れしてました。
    どんな姿勢をとっても、狭い浴槽にこんなふうに入れるはずがありません。人間でないことは明らかでした。
    突然の出来事に、私はフタを手にしたまま裸で立ちつくしてしまいました。
    女の人は呆然とする私に気づいたようでした。
    目だけを動かして私を見すえると、ニタっと笑った口元は、お湯の中、黒く長い髪の合間で、真っ赤に開きました。
    『あっ、だめだっ!』
    次の瞬間、私は浴槽にフタをしました。
    フタの下から、ゴボゴボという音に混ざって笑い声が聞こえてきました。
    と同時に、閉じたフタを下から引っ掻くような音が・・・。
    私は洗面器やブラシやシャンプーやら、
    そのあたりにあるものをわざと大きな音を立てながら手当たり次第にフタの上へ乗せ、
    慌てて浴室を飛び出ました。
    浴室の扉の向こうでは、フタの下から聞こえる引っ掻く音が掌で叩く音に変わっていました。

    私は脱いだばかりのTシャツとGパンを身につけ部屋を飛び出ると、
    タクシーを拾い、一番近くに住む女友達のところへ逃げ込んだのです。

    数時間後・・・深夜十二時を回っていたと思います。
    カギもかけず、また何も持たず飛び出たこともあり、友人に付き添ってもらい部屋へ戻りました。
    友人は今回のような話を笑い飛ばすタイプで、好奇心旺盛な彼女が浴室の扉を開けてくれる事になりました。
    浴室はとても静かでした。フタの上に載せたいろんなものは全部床に落ちていました。
    お湯の中からの笑い声も、フタを叩く音もしていません。
    友人が浴槽のフタを開きました。
    しかし、湯気が立つだけで、女の人どころか髪の毛の一本もありません。お湯もキレイなものでした。
    それでも気味が悪いので、友人に頼んでお湯を落としてもらいました。

    その時、まったく別のところで嫌なものを見つけたのです。
    私の身体は固まりました。
    洋式便器の閉じたフタと便座の間から、長い髪がゾロリとはみ出ているのです。
    友人もそれに気付きました。
    剛胆な友人は、私が止めるのも聞かず便器のフタを開きました。
    その中には、女の人の顔だけが上を向いて入っていました。
    まるでお面のようなその女の人は、目だけを動かすと竦んでいる友人を見、次に私を見ました。



    「フタ」【洒落怖】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ