2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    585:2005/12/07(水) 16:48:39 ID:
    自分の身に起こった、今でも信じられない実話です。

    まだ僕が中学3年だった頃。
    僕の家は、父親と母親と弟(まだ小学校低学年)の4人家族でした。
    紅白歌合戦を見終わって、いい初夢でも見るかな…ってな具合で寝たのはよかったんですが、
    真夜中に悪夢(見た夢の内容は思い出せない)を見て、突然真夜中に起きました。

    心臓は音が聞こえるほど激しく脈打っていて、脂汗を全身にじんわりかき、
    まるで冷や水を背中から流されたかのように、布団からがばっと起きた体勢のまま硬直してました。
    「新年早々に悪夢かよ…最悪」とか思いながら、また寝れるわけもなく、
    カラカラに渇いたのどを潤すために、冷蔵庫のあるリビングに行くと、
    真夜中なのに(時計は見てないけど、たぶん深夜2時頃)家族全員が抱き合った格好でテレビの前に座っていました。

    テレビは付けっぱなしで、深夜なので番組がやっていないのにもかかわらず、
    ニュース番組(これも記憶が曖昧)の画面が映っていました。しかも無声で…。
    それに窓という窓が全部開けっ放しになっていて、外と変わらないほど寒いんです。
    明らかに様子が変でした。ぞっとする寒気を感じました。

    「何やってんだよ!!頭おかしいんじゃねぇの??」と震えながらだが、半ばキレたように怒鳴ると、
    弟は「だって…ぁ…(声が小さくて聞き取れない)」と言うと泣き出してしまい、
    それを見た両親は、終始無言&無表情で窓を全部閉めて、テレビを消し、
    うずくまって泣いている弟に「もう寝なさい」ってな感じで、寝室に連れて行きました。

    新年早々、気味が悪すぎる出来事に遭遇しまくって寝る気が起きないので、
    その日は自分の部屋で、漫画を読みながら朝を迎えました。

    朝になって、両親に「昨日、真夜中に何やってたんだよ??」と聞くと、
    両親は「はぁ?」ってな具合。
    昨日の喜怒哀楽のない顔と、今の怪訝そうに俺を疑う表情のギャップで、
    俺は「幽霊ってやつか??」とかなりパニくった。

    「真相」【洒落怖】 →続きを読む

    892:2011/05/16(月) 19:45:18.39 ID:
    俺は幽霊は見たことないんだけど、夢とそれに関する不可思議な話。

    俺は中学3年くらいの頃から、変な夢を見るようになった。
    それは、ショートヘアで白いワンピース着た20代くらいの女が、無表情で俺を黙って見てるという夢。
    夢の中で俺が話しかけても、何も言わず黙ったまま。
    今でも月に2、3回くらい見るんだが、当時は週に5回は夢に出てきた。
    その夢の女なんだが、俺はまったく見たこと無い顔で、
    家族に話して心当たり無いか聞いても、誰も知らないという。

    そして少し月日が経って高校の頃、法事で親戚が集まった時に、叔母さんに声をかけられた。
    その叔母さん曰く、たまに一瞬だけ俺の後ろに女が見えると。
    ちょっと前から、盆正月会ってた時に見えて、
    「ん?」て思った時には居ないから、気のせいだろうと思ってたけど、
    今日も一瞬見えたから言ったんだと。
    これが聞いてみると、どうも特徴が夢の女っぽくて、
    その場でこれ聞いてた母親がビビって、地元に住むホウニンさんっていう婆さんの所に連れてかれた。



    「夢に出る女」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    237:2006/05/13(土) 17:31:18 ID:
    その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。
    季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。
    初めは一人で食べに行ってましたが、
    途中から、仲良くなった同年代の下請け職人も誘って、一緒に食べに行くようになりました。

    いつものように海岸に行くと、普段は人気の無い海岸ですが、
    その日は10~12歳位の子供が4人程、波打ち際で遊んでました。
    ちなみにココの海は遊泳禁止となってはいましたが、
    私も子供の頃は、ココで仲間と泳いだりした事もあったので、特に気にもしませんでした。
    その日も海岸で弁当を食おうかと思っていたら、
    A君が「今日は日差しが強くて暑いから、現場内の日陰で食おうぜ」と言って来たので、
    まぁ確かにその日は特に陽射しが強くて、外で食うには暑すぎると思って、その場を去りました。

    現場内の日陰で弁当を食べていると、何やら外が騒がしい。
    パトカーやヘリが飛んでる音も聞こえる。
    何だろか?と思って、外を見に行こうとAを誘いました。
    「あ~俺は辞めとく」
    私は外が気になって仕方が無いので、Aは置いて、他の職人さん達と一緒に野次馬に行きました。

    「あいつ等」【洒落怖】 →続きを読む

    381:2005/07/15(金) 13:03:32 ID:
    すみませんお待たせしました。
    ここの人たちだったら信じてくれると思います。
    霊感とかそんなもん無いと思うが、実体験を書いておきます。
    というか、僕と友人の話しなのですが、
    どちらかというと友人の方に、霊感みたいなものがあったんだろうと思います。
    ひょっとして怖くないかも知れません。最初に言っておきます。
    長くなります上に、文章へたくそなので、面倒な人はスルーしてください。
    大阪弁が使われており、読みにくいかもしれまん。
    ある程度再現するには、言葉もそのままの方が良いと思い、そうさせていただきました。

    6年前の冬、12月27日か28日だったか、
    その日の昼は仕事場の年末大掃除を終えて、粗大ゴミやら古雑誌なんかを、ゴミ置き場に出しに行った。
    その時、ふと目の端っこに何かが見えた。
    何となく古いっぽい桐製の箱が捨てられていた。
    中身が何となく気になりフタを開けてみると、
    白い薄紙に何重にもくるまれた、奇麗な青っぽい石で出来た玉が入っていた。
    すげえモン拾ってしまった!値打ちのある物かも!と思い、ゴミの中からその箱と石を持った帰った。

    夜家に帰って、部屋に飾ろうと床に置いてあった箱を持ち上げると、昼間よりも重く感じた。
    え?と思い、中の石を取り出そうとした瞬間、ビリっというかバチンと、静電気?のような衝撃が手に感じた。
    その時は静電気としか思わなかった。
    反射的に手を引っ込めて、もう一度石に触ると静電気は無く、なぜか温かい感じがした。
    取り出すと、青っぽかった石が真っ黒になっていた。
    昼間明るいところで見るのと、部屋のどちらかといえば暗い白熱灯の下では、見え方が違うのかなと思った。
    そう思って、石を手に持ち光にかざしていたら、携帯電話が鳴った。

    【閲覧注意】「拾った青い石」【洒落怖名作】 →続きを読む

    1:2006/03/16(木) 18:06:05.92 ID:
    暇つぶしに聞いてくれ。

    昔ウチの近所に結構有名な墓地があって・・・
    当時俺は、よく友達と近所の大きな公園で、自転車を使った鬼ごっこをしてたんだ。

    ある日、リーダー格の友人Aの意見で、公園内だけではつまらないという話しになり、
    その日は、墓地の方で鬼ごっこする事になった。
    メンバーは5人、ここでは俺、弟、A、B、Cにする。



    「時間がとまる場所」【洒落怖】 →続きを読む

    175:2005/06/08(水) 13:16:11 ID:
    大学生を卒業し社会人になった僕は、じいちゃんのお墓参りに行きました。
    じいちゃんのお墓の掃除をするため、水をくみに歩いていると、
    あるお墓の前でかがんで目をつぶり、熱心に手をあわせている女の子がいました。
    僕が水をくんでからまた引き返して来ても、さっきと変わらないまま女の子は拝んでいます。
    で、僕もじいちゃんのお墓の前で一通り手をあわせてから、草引きを始めました。
    ふと見ると、さっきの女の子が向こうから歩いてきます。

    「すき間」【洒落怖】 →続きを読む

    662:2008/07/12(土) 14:25:07 ID:
    近所のスーパーマーケットFで、店員がなんだかジロジロ睨みつけるようになったのね。
    感じの悪いスタッフを集めたものだ。教育がなってないんだ。
    と思っていただけなんだけど、突然レジで女のレジ係に怒鳴られた。
    「お客さまぁっ!さっきも来ましたよねぇっ!えっ?今度はなんですかっ!」
    私は、え?なんのこと?って思ってきょとんとしていた。
    レジ係は品物(アイスクリームと野菜)を精算しながら、
    「木のスプーンにしますかっ(怒)プラスチックにしますかっ(怒)」と険のある聞き方をするのだ。
    「結構です」と答えたのに、アイス用の木の匙とプラスチックの匙を、20枚くらいザラッとカゴへ放り込んだ。
    (アイスは二個)
    「誰かと勘違いしてませんか?」と努めて冷静に聞いてみたら、シカト。シカトですかーっ。

    また別の日、日曜日だったか、手紙を出しに行った帰りにだらだら歩いていたら、
    むこうから知らない初老の夫婦が近づいて来た。
    なんとなくじっと見つめられてるような…。
    すれ違い様、男のほうが「挨拶は?」と厳しく諭すように言ってきた。
    え?知り合いだっけ?
    思わず立ち止まり、じっとその男と見つめ合ったが、知らない。
    「誰あんた」て聞いてみたんだ。感じ悪い聞き方だけど、だって失礼じゃん。挨拶を要求するなんて。
    男は一瞬『なんだとぉーっ!』と言おうとしたのか、口を大きく開けかけたけど、
    奥さんのほうが「はっ」として、
    「あなたっ違うっ、違う人よっ」と、謝りもせず夫の腕を引っ張って逃げていった。

    前述のスーパーではないところで、なんか知らない若奥さんと通路でカチ合ったのね。
    一瞬よけるより先に奥さんのほうが、
    「キャッ!すいませんすいませんすいません」と、90度に頭を下げながら通路をゆずってくれた。
    なんか、誰かと間違えているみたい。

    「ドッペルゲンガー」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ