2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    1:2014/02/28(金) 03:29:45.39 ID:
    どうしたらいいんだ

    【小遣いUP?】50歳の親父が浮気してるんだが・・・ →続きを読む

    115:03/04/27 07:12 ID:
    1973年に杉並区のゴミ引き受けを拒否し、マスコミで大きく取り上げられた、
    江東区夢の島騒動をご存知でしょうか?
    夢の島というゴミ埋立地は、整地されるまで多くの不法投棄があり、
    イエバエなどが発生して社会問題化しました。

    この夢の島の上に高速湾岸線が通っています。
    何年か前に見た深夜番組(トゥナイトだったかもしれません)で
    肝試し心霊番組を放送していたのですが、
    その番組を見て冷や汗をかいた話を書きます。
    その番組で出た場所は夢の島公園付近の空き地で、
    『高速道建設中に、多くの作業員が空中に浮かんでいる大きな髪の長い女の生首を目撃した』
    というものでした。

    夢の島がまだゴミ処分場だった頃ですが、女性の一人暮し向けのマンションが多く建設され、
    人気を呼んでいました。
    バブルのはしりだった時代でしたので、家賃10万前後の物件もすぐ埋る人気ぶりで、
    空き物件を探すのに苦労したことを覚えています。

    そんな中、上京して一人暮しを始めた女子大生の父親から、厳しいクレームを受けました。
    「化け物が出る部屋を高い金で借りさせられた上娘が、ノイローゼになって入院した」
    と言って怒鳴り込んできたのです。

    「夢の島騒動」【洒落怖】 →続きを読む

    670:02/08/24 02:30 ID:
    今から5年ほど前の話である。

    私の父の知り合いの奥さんの話なのであるが、この女性は長きにわたってある病気で苦しんでいた。
    様々な病院を転院し、最終的に某病院で、あるステロイド系の薬剤注射を用いた治療を受ける事となった。
    この薬剤の効果は劇的で、彼女の病状はみるみるうちに好転した。

    が、治療を始めて数ヶ月が経った後、彼女に異変が起こった。
    彼女が奇妙な行動をとる様になった。
    「自分の体じゅうに虫が這いずり回っている」と叫んで体中をかきむしったり、
    「部屋の隅に黒い小人が盆踊りをしている」等と、意味不明なことを口走ったりした。
    最後には「ウガが追いかけてくる!ウガが追いかけてくる!来るなぁ!来るなぁ!」と叫んで、病院中を駆けずり回る始末。
    ついに彼女は隔離病棟に移される事になった。

    担当医師は、こんな事になった原因が全くわからなかった。
    が、1年後に驚愕の事実を知る事となった。
    なんと治療に用いられていたステロイド系薬剤に、
    『中枢神経に障害を与える、重篤な副作用を引き起こす危険性がある』事が明らかになったのである。
    上記の事実が明らかになるまでの間、ずっと投薬治療は行われ続けた。

    当然。即刻、投薬は中止されたが、既に彼女はその薬剤によって相当に精神を蝕まれていた。
    その後の数年間、彼女は幻視・幻聴に苦しむ事となった。
    そしてある日、彼女は車で外出し、行方不明になった。
    彼女の夫(父の知り合い)は必死になって彼女の行方を捜したが、彼女は見つからなかった。

    【閲覧注意】「トンネルの女」【洒落怖名作】 →続きを読む

    726:02/09/29 12:36 ID:
    関東地方の地方鉄道に乗って通勤していた人から聞いた話です。

    その人はN市という始発駅から通勤しているのですが、営業区間が短い私鉄で、乗車時間は20分ほどもないのです。珍しく車内で座れたため、そのままウトウト寝てしまいました。

    「貸切列車」【洒落怖】 →続きを読む

    1:2011/05/31(火) 11:38:58.16 ID:
    3月の地震と津波で地元がなくなったんだ。
    携帯が充電できるようになった頃から携帯で日記を少し書いていたから、それを書いていってみようと思う。
    チラ裏の自己満スレだが見てくれたらうれしい。

    【東日本大震災】「暇つぶしに避難所で生活してたときの日記書いてく」【画像】 →続きを読む

    225:03/03/02 22:10 ID:
    これは私がまだ学生だった頃、今から7年前に体験した話です。
    いまだにこの記憶は脳に刻み込まれており、風景、言葉、感情等、詳細に至るまで、思い出す事が出来ます。

    夏休みを持て余していた私へ、友人Yから『暇だから旅行に行かないか?』との誘いの電話が入った。
    暇はあっても金は無い。でも海で10日は遊びたい。
    そんな私達が考えついた旅行のプランは、“砂浜で野宿、ママチャリの旅”だった。
    つまり、私達が住んでいる東京から、買い物自転車(通称ママチャリ)で千葉の九十九里浜まで行き、
    各地の砂浜で野宿しながらひたすら北上。
    目指すはリアス式海岸ってな計画だった。
    とりあえず電話で持ち物分担を話しあい、どうせ暇だから明日から出発しようという事になった。

    午前11頃、出発。
    記念にと、使い捨てカメラにて写真を1枚。
    そして、歌舞伎座前など要所要所で写真を撮りながら、東京を脱出したのが午後3時過ぎだった。

    急遽決まり、計画も杜撰な旅行だった為か、早速1日目から問題が勃発した。
    夜8時頃、千葉県四街道に差し掛かったあたりで道が判らなくなり、Yが用意してきた地図を見たのだが、
    何を考えているのか、Yが持ってきた地図は『東京23区マップ』。
    もちろん、千葉県の地図など載っておらず、まったくもって役立たず。
    あきれ果てたが、Yと付き合ってく上で毎度の事なので、
    まぁ人に聞いたり、コンビニで地図を見たりしながら行けば良いかと笑って済ませた。
    というか、笑いが止まらなかった。


    「自転車の旅」【洒落怖名作】 →続きを読む

    236:2010/04/19 23:47:11 ID:
    久しぶりに田舎の実家に帰ろうと思いたち、電話をかけてみた。
    電話に出たのは父だった。
    『おう、どうした?』
    「明日明後日と急に休みになったから、帰ろうと思うんだけど」
    『分かった。母さんにも言っておくよ。気を付けて帰っておいで』
    こころなしか嬉しそうだった。

    実家は三方を山で囲まれた場所にあり、車で片道一時間半の道程だ。
    村の入口まで来た時に懐かしい顔が居た。幼なじみの友人だ。
    「久しぶりだな、帰ってきたのか?」
    「少し休みが取れたんだ。お前ん家近くだっけ?とりあえずウチまで乗ってくか?」
    「ありがとう!わるいな」
    村の入口から家までは五分ぐらいだが、その間に友人と思い出話等をしてた。


    「アイツ」【ホラーテラー】 →続きを読む

    36:2010/05/28 10:33:14 ID:
    突然だが『プリンプリン物語』をご存知だろうか?
    30年ほど前、子供達に人気だった人形劇だ。
    内容はうろ覚えだが、主人公のプリンプリンを中心に仲間と旅をする話。
    いろんな国(仮想国)を回り、いろんな人が出てくるのだが、その中でも強烈なキャラ『ルチ将軍』なる人物がいた。
    ルチ将軍はスキンヘッドで、後頭部が異常に発達(後頭部が頭一つ分くらい出っ張っている)していて、
    知能指数が1300の驚異の軍人。
    その頃小学生だった俺のクラスに後頭部が出っ張るっているヤツがいて、当然のようにあだ名はルチ将軍だった。
    ルチ将軍(以下ルチ)は明るく人気者で、そのあだ名を最初は嫌がっていたが、そのうち開き直り、
    授業中先生に誉められると、
    「そりゃあ先生、知能指数は1300だから」と、みんなの笑いを誘っていた。

    そんなルチだったが、人形劇で出番が無くなったと同時期(偶然だけど)くらいから、クラスの女子から嫌われ始めた。
    理由は覚えてないが、一部の女子から嫌われ始め、終いにはクラスの全女子から無視されるようになったのだ。
    男子はそんな事もなく一緒に遊んだりしていた。


    「ルチ」【ホラーテラー】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ