2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    419:2009/08/01(土) 18:56:22 ID:
    俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが、農作業やってる時にふと気になったことがあって、
    それをウチの爺さんに訊ねてみたんだ。その時に聞いた話が個人的に怖かったので投下。
    長文となってしまって申し訳ない、長文NGの人はスルーおながいします。
    農作業でビニールシートを固定したりすると時等に、木の杭を使用することがあるんだが、ウチで使ってる
    木の杭には、全てある一文字の漢字が彫りこんである。
    今まで、特に気にしていなかったんだが、近所の農家で使ってる杭を見てみたところそんな文字は書いてない。
    ウチの杭と余所の杭を見分けるための目印かとも思ったのだが、彫ってある漢字は、ウチの苗字と何の関係も無い字だったので不思議に思い、ウチの爺さんにその理由を聞いてみた。

    爺さんの父親(俺の曾爺さんにあたる)から聞いた話で、自分が直接体験したことではないから、
    真偽の程はわからんがとの前置きをした後、爺さんはその理由を話してくれた。

    大正時代の初め、爺さんが生まれる前、曾爺さんが若かりし頃の話。
    事の発端は、曾爺さんの村に住む若者二人(A、B)が、薪を求めて山に入ったことから始まる。
    二人は山に入り、お互いの姿が確認できる距離で薪集めに勤しんでいた。
    正午に近くになり、Aが「そろそろメシにするか」ともう一人にと声をかけようとした時だった。
    突然、Bが

    「ああああアアアああアあアアァァァああぁぁぁアアアァァァァアあああああああああああああアアアア」

    人間にかくも大きな叫び声が上げられるのかと思うほどの絶叫を上げた。
    突然の出来事にAが呆然としている中、Bは肺の中空気を出し切るまで絶叫を続け、
    その後、ガクリと地面に崩れ落ちた。
    Aは慌ててBに駆け寄ると、Bは焦点の定まらない虚ろな目で虚空を見つめている。体を揺すったり、
    頬を張ったりしてみても、全く正気を取り戻す様子がない。そこでAは慌ててBを背負うようにして山を降りた。
    その後、1日経っても、Bは正気に戻らなかった。
    家族のものは山の物怪にでも憑かれたのだと思い、近所の寺に連れて行きお祓いを受けさせた。
    しかし、Bが正気に戻ることはなかった。

    「木の杭」【洒落怖】 →続きを読む

    696:2007/04/03(火) 23:17:07 ID:
    20年くらい前の恐怖体験ではないが、忘れられない不思議な体験

    週末の夜中に、なぜか静岡県の日本平へ行きたくなり 一人車で行った。
    まぁ昔よく走りに行ってた所なんで懐かしさが込み上げて来たのかな程度だったんです
    夜中の2時過ぎ頂上付近の広い駐車場で一人ポツンとジュースを飲んでいると一台の車が来たんです 

    広い駐車場なのにその車は、俺の車の横に止まり
    中から一人の女性が降りてきて自販機でジュースを買い俺の方に向かってきた。
    暗い中でもちょっと可愛い子とわかり 内心、ラッキー!と思った(下心あり)
    向こうから声をかけてきて、「何してるの?」とか「どこから来たの?」とか
    他愛のない会話をして徐々に盛り上がってきたので思い切って近くに夜景の
    綺麗な所があるから今から一緒に行かない?と誘い俺の車一台で行くことになった。

    車で30分くらいで目的の夜景スポット(ヤンバラという所)に着き、夜景を見ながら
    どうやってホテルまで誘うか?など頭の中で妄想を膨らませていると 
    その女性が、急に泣き出し 
    今夜、本当は自殺しに日本平に来たことを明かした。
    理由は色々あり そんなんが一気に重なって思いつめてた様子だった。

    俺の欲望は一気に冷め 慰めることだけに集中することにした。
    「生きてりゃいい事あるよ」とか「そんな可愛いんだからもったいない」とか
    「自殺しても何の解決にもならない」等ありきたりの話をして思いとどまらせた。
    つか、正直ちょっと怖かった 

    たまに会う目線が逝ってるというか、焦点が定まってないというか
    妙に生気が感じられないというか なんというか、いつの間にか人間っぽくなくなっていた
    しばらくして女性は、少し落ち着いたのか 
    「ありがとう 頑張ってみる」と言い日本平に帰ることになった 

    帰りの車の中、まだ鉛の様な空気が漂っていたが、
    強引に笑い話をしてその場を盛り上げ、彼女の車の所まで行き
    「もう死ぬとか考えるなよ」と言い最後に握手して別れた。
    異常に彼女の手が冷たかったのを覚えている
    変な夜になっちまったと帰りのほとんど車が走っていないバイパスを飛ばして帰った


    「黒い手紙」【実話恐怖体験談】 →続きを読む

    1:2007/08/11(土) 01:15:08.58 ID:
    覚えてる人はいるのでしょうか・・・
    先ほど家に帰ってきました、
    今日も片手間にでも話を聞いてもらえたらうれしいです。

    ※前スレ→「消去できないメールが来ました

    消去できないメールが来たのでみんなの力を借りました【後編】 →続きを読む

    1:2007/08/08(水) 02:51:23.23 ID:
    相談・・・というか少し鬱陶しい話かもしれないけど
    片手間にでも話を聞いてもらえるとうれしいです。

    メル友との事なのですが、安価とかにはならないと思います。

    消去できないメールが来ました →続きを読む

    287:2007/10/18(木) 21:02:01 ID:
    お話投下させてくれ~w
    これは、俺が体験した話。怖いと言うかわけのわからない話なんだけど…
    ちょっと長文になるけど、時間あったらぜひ読んでみてください。

    ある友人(仮にA)との話。
    お互い別のバンドやってて、ある日のライブの打ち上げで仲良くなった。
    そいつ、音楽さえあればなんにもいらないっていうような奴でさ。
    男の俺から見てもルックス悪くないし、金だってある程度持ってるし、
    ギター(Aはギタリストね)ハンパじゃなくうまい。
    俺と違ってモテないわけないんだけど、奴曰く

    「女に裂いてる時間があったらお前もギターの練習せんかい」て。

    よく言えば「ストイック」、世間一般からみれば普通は「変わり者」。そんな奴なんだ。

    Aのバンドとうちらのバンドは、まぁ住んでる地域も近いことから、練習では同じスタジオ使ってるんだ。
    で、タイミングがあえば同じ日の同じ時間帯にスタジオで出くわすこともあるんだけど。
    バンドぐるみで仲がいいから、あえば総勢9人(うち5人、Aのバンドが4人)でよく遊んだりしてた。


    「ノイズ」【洒落怖】 →続きを読む

    661:2007/09/28(金) 10:00:01 ID:
    去年の夏、俺と後輩のA、B、Cの四人で心霊スポットに行きました。

    ダム建設で廃村になった村の近くで複数の鳥居がある神社。
    地図には載っていないです。
    噂によると、その鳥居から出ると憑かれるらしい。

    その日は俺の車で騒ぎながら行きました。
    車で二時間半、徒歩で三十分くらい。

    途中廃村を通って行かなくてはいけないのですが、
    その中に崩れかけた昭和初期くらいかな?
    屋根も床も抜けた、古い日本家屋が二、三軒あり怖がりながら歩いて行きました。
    ところどころで写真を取りながら神社についたのは午前0時過ぎでした。


    「いっぱいついてきたで」【実話恐怖体験談】 →続きを読む

    1:2013/03/27(水) 17:28:21.07 ID:
    大学時代、就活に失敗。
    そのまま卒業し公務員になろうと考えたが
    上手くいくはずもなく、一年以上にわたり引きこもり生活を続けてた

    そんな俺の話だが暇つぶしにでも聞いてくれ

    クズな俺でも夢を持った【ニート卒業物語】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ