2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    1:2012/01/20(金) 22:47:42.25 ID:
    俺 フツメン 現高2

    今から三年前 俺がまだ中3だった頃の話 この前盲目の子を見つけて思い出したから書いてみる

    盲目の子に恋した話する →続きを読む

    1:2012/08/15(水) 01:05:57.67 ID:
    産業でまとめると

    俺、カラオケのトイレでウンコしてたら殴りつけるようなノックをされる
    DQNが絡んでくてタイマンを要求される、俺ビビる
    DQN「ウェ~イwwwwwwwww」

    こんな話を書いてく

    カラオケでDQNに絡まれて最終的に「ウェ~イwwww」ってされた話 →続きを読む

    98:2007/09/05(水) 23:23:53 ID:
    『腕章の少年』

    私が昔住んでいた大阪S市では奇妙な噂が流れていました。
    以下がその内容ですが、何せ10年も前の話なので記憶が定かではありません。

    「夕方から夜にかけてナチスの腕章をつけた少年が街を徘徊している。」
    「その少年と目が合うと警棒を持って追いかけられる。」
    「片足が義足であるというのにすごいスピードで、自転車で全力疾走しても追いつかれそうになった。」
    「いつも3匹~5匹くらいの犬を連れている。」

    その噂の共通点は確かこんな具合だったと思います。
    当時は学校の怪談ブームで口裂け女などが流行っていたので、恐らくその類の物だろうと私は内心バカにしていたのですが、この噂が一気に現実味を帯びた事件が一度、ありました。記憶力の良くない私でもこの出来事は鮮明に覚えています。
    その日は中学一年生の丁度今くらいの時期で、残暑でとても蒸し暑い夕方でした。
    私は部活が終わってから教室に忘れ物を取りに行ったか何かで、いつも一緒に帰るグループとは別れ1人で下校していました。

    下校途中、私たちの間で大東の坂道と呼ばれていた暗く細長い坂道に差しかかった時です。
    向こうから歩いて来る異様に細長い人影が見えました。

    「あっ! やばい。」

    私は瞬間的にそう思いました。何故ならその人影は5匹の犬を連れているのです。
    しかし、前述のとおり私には怪談の類をバカにしているところがあり、また少年時代特有の好奇心から歩みを止めず進んでいきました。さすがに直視する勇気は無かったので俯きながら歩いていきました。

    そして坂も中腹くらいに差しかかった時です。
    突然前方から変な音が聞こえました。

    「腕章の少年」【洒落怖】 →続きを読む

    457:03/02/01 18:39 ID:
    去年の話。
    俺の住んでるアパートは県道に面した所に建っていて、部屋(二階)の窓からその県道が直下に見える。
    夜中は殆んど人通りもないその道には小さな街灯付きの古い電柱が窓の真ん前にたっている。
    夜はその街灯の周り以外は真っ暗になる。

    ある平日の小雨パラつく夜中3時頃、俺(一人暮らし)はその窓のある部屋でその時間までテレビをボーッと見ていた。
    俺は煙草をかなり吸うのでその窓を開けっ放しにしていた。
    だから外からの音などいつもよく聞こえるのだが、さすがに夜中三時にもなれば何の物音もしない。
    しばらくテレビを見ていると、何か外から「ギシ、ギシ」という音が聞こえてきた。
    俺はたいして気にもせずにそのままテレビを見ていた。
    だがしばらくするとまたあの音が聞こえてきた。
    何だろうと思い、窓の外を座っていた位置から膝立ての姿勢で覗いてみた。~つづく


    「電柱」【洒落怖】 →続きを読む

    1:2014/04/20(日)23:05:32 ID:
    高校一年の秋のときの話。

    友達のせいでコンビニバイトをクビになって、
    金に困ってたんだわ、俺。

    そのときに、その『人を騙すと金がもらえるバイト』っていうのを
    仲のいい先輩から教えてもらった。

    人を騙すと金がもらえるバイトで、高校の先輩を騙すことになった話 →続きを読む

    1:2013/10/18(金) 12:06:50.96 ID:
    俺はアパートでひとり暮らしの大学生ねwwwwwwwwwww

    屑は母親とふたり暮らしだったんだけどwwwww
    二十年間ずっと仕事もしないでニート生活wwwwwww
    俺はその母親に日頃お世話になってたのよwwwwwwww

    んでんである日母親が舌癌になったのよねwwwwww

    隣に住む四十代ニートが屑すぎwwwwwwwwwww →続きを読む

    945:2008/08/09(土) 18:45:06 ID:
    実際に知人が体験した話

    初めは彩子が会社帰りにバス停から家まで歩いているときに起った。
    小さな公園を横切り一人暮らしをしているマンションが見えた頃だった。
    急に電柱の影から話しかけられた。

    『あなたの部屋に姿鏡あるでしょ。』

    突然の質問に心臓が飛び出しそうになりバッと身構えながら声の方向を向くと
    全身黒や茶色の服装の地味な女性が若干前かがみの状態でたたずんでいた。
    見たことのない女性だった。年齢はおよそ40代半ば程。
    そのまま女性は続けた。

    『あなたの部屋に姿鏡あるでしょ。このくらいの。』

    指で形を書きながら続ける。

    『その姿鏡捨てたほうがいいわよ。悪いことが起きるの』
    『思い出なの?思い出なら仕方ないけど。でもしょうがないわよ』

    彩子はその女性が頭のおかしい人と悟り、毅然とした口調で切り出した。

    「はぁ?そんなものありません。失礼します。」

    と、早足でマンションに向かった。


    「思い出なの?」【洒落怖】 →続きを読む

    396:2008/07/28(月) 09:23:10 ID:
    20年以上前の話なんですが聞いてください。
    友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。
    冬の寒い日でしたが狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。
    しかし、たまに冷たい風がす~と吹き込んできます。
    古いアパートでしたがサッシは新しいものでしたので、どこから抜き込んでくるのか不思議でした。
    しばらく飲んだ後、どうしても気になったので友人に聞いてみるといつもこんな感じだから平気だと言います。


    「謎の部屋」【洒落怖】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ