2chまとめ・読み物・長編・名作/2MONKEYS.JP

2chまとめ・読み物・長編・名作をまとめています。昔の2ちゃんねるの面白いスレやおすすめスレ、画像ネタなどの2chまとめサイトです。

    1:2014/01/23(木) 02:14:39.02 ID:
    例えば画像はこんな感じの
    【画像】不思議な画像何でもいいから教えろ →続きを読む

    588:05/01/25 16:10:35 ID:
    私はドコモ関連の設備管理の仕事をしている者ですが、昨年の年末にちょっと信じられない体験をしました。
    これまで幽霊とか妖怪とか、そういうものは信じていませんでしたし、
    そういった現象に出くわしたこともなかったのですが、
    今回の出来事は、自分のそういう認識をひっくり返してしまうようなものでした。
    未だに、あれが現実の出来事だったのか、自分の幻覚だったのか、確信は持てないのですが・・・


    去年の12月27日、私と上司2人は、山頂にあるアンテナ鉄塔の点検に出かけました。
    山道を車で登っていったのですが、途中で雪が深くなってきて、
    その時はスタッドレスタイヤを履いていなかったので、それ以上進めなくなり、
    しかたなく神社の前に車を置いて、1キロくらい歩く事になりました。
    雪は表面が凍っていて、踏むとザクザクと音がします。

    不思議と木には雪が積もっていなかったので、上司(Kさん)に聞くと、
    「木の枝に積もった雪は、すぐに下へ落ちるからな」と答えました。
    そうやって周りの景色を見たり雪に足を取られたりしたので、
    鉄塔に近づくまでに30分以上も掛かってしまいました。

    鉄塔が間近に見えて、車道から林の中の道に入ったあたりで、Kさんが上を見上げながら言いました。

    「木の枝に何か引っかかっているぞ」

    私ともう一人の上司(Tさん)が上を見ると、木の枝に地面から5メートルくらいの枝に、
    細くて白い布みたいなものが絡んで、風になびいていました。
    更に行くと、鉄塔の回りに張ってあるフェンスやゲートの鉄格子にも、
    同じものが絡みついているのが見えてきました。

    近づいてよく見てみると、それは布ではなくて紙でした。
    黒で何か書かれた紙を細く裂いたような感じで、まだらになっています。

    「山仕事に入っている人のイタズラかな?」
    「気持ち悪いなぁ」

    などと言い合いながら、ゲートの鍵を開けて中に入りました。
    続いて、鉄塔のドアに鍵を突っ込んで回して開けようとしたのですが、開きません。
    おかしいな~と思って反対に鍵を回したら、今度はすんなりと開きました。
    「ここ鍵が開いてたみたいですよ」と私が言うと、Kさんに

    「そんなはずはない。前に来た時にちゃんと鍵を閉めたはずだ」

    と言い返されました。

    【閲覧注意】「山頂のアンテナ鉄塔」【山にまつわる怖い話】 →続きを読む

    559:2005/10/07(金) 12:10:11 ID:
    皆さんは九十九神と言う物を知っていますか?
    長いこと使っている物に宿る妖怪らしいのですが、私自身そういった物に疎く詳しくはわかりませんが、
    私の松葉杖に九十九神が憑いているようです。
    順を追って説明しますね。

    松葉杖と言うのは、生まれつき足が悪い私が使っている物で、
    普通の物とは違って、体に合わせて作った特注品なんです。
    足は不自由ですが、私生活・仕事には何の支障もありません。

    その日は仕事でオーストリアへ行っていました。
    仕事を終えホテルに戻り、眠りについていましたが、ホテルの外が異様に騒がしく目を覚ましました。
    一体何をそんなに騒いでいるんだ?と思い、窓の下を覗くと、
    ホテルの下にいる人達が上を指して叫んでいる。
    窓を開けて上の階を見ると、4階の部屋から火が上がっていました。
    こんな日に限って私の部屋は3階で、火事の部屋から近かった。
    エレベーターがあるホテルだったので、いつものように一階の部屋を取らなかったのだ。

    慌てて逃げようとすると、部屋の奥に置いてあった松葉杖が
    ポーンっと誰かが投げた様に飛んできたんです。寝ぼけているのか、パニックで幻覚を見たのか、
    訳が解らなかったが、そのときは逃げる事に集中し、財布だけ持って部屋から飛び出しました。

    「九十九神(つくもがみ)」【不可解な体験、謎な話】 →続きを読む

    375:2006/09/23(土) 21:15:14 ID:
    俺が宮大工見習いをしてた時の話。

    だいぶ仕事を覚えてきた時分、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。
    だが親方や兄弟子は、同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手が回らない。
    「おめぇ、一人でやってみろや」
    親方に言われ、俺は勇んで古神社に出掛けた。

    そこは神社とはいえ、小屋提程度のお堂しかなく、
    年に数回ほど管理している麓の神社の神主さんが来て掃除する位。
    未舗装路を20km程も入り込んで、更に結構長い階段を上って行かねばならない。
    俺は兄弟子に手伝ってもらい、道具と材料を運ぶのに数回往復する羽目になった。

    そのお堂は酷く雨漏りしており、また床も腐りかけで酷い状態だった。
    予算と照らし合わせても中々難しい仕事である。
    しかし、俺は初めて任せられた仕事に気合入りまくりで、
    まずは決められた挨拶の儀式をし、親方から預かった図面を元に作業に掛かった。
    この神社はオオカミ様の神社で、鳥居の前には狛犬ではなくオオカミ様の燈篭が置いてある。
    俺は鳥居を潜る度に、両脇のオオカミ様に一礼する様にしていた。

    約一ヶ月経過し、お堂がほぼカタチになってきた。
    我ながらかなり良い出来栄えで、様子を見に来た親方にも、
    「なかなかの仕事が出来ているな」と褒めてもらった。
    それで更に気合が入り、俺は早朝から暗くなるまで必死で頑張った。

    ある日、内部の施工に夢中になり、ハッと気付くと夜の10時を過ぎていて、帰るのも面倒になってしまった。
    腹が減ってはいるが、まあいいかと思い、
    「オオカミ様、一晩ご厄介になります」とお辞儀をして、お堂の隅に緩衝材で包まって寝てしまった。



    【宮大工シリーズ】「古神社の修繕」【山にまつわる怖い・不思議な話】 →続きを読む

    1:2005/06/28(火) 13:41:25 ID:
    洒落コワスレで語られた大阪泉の広場で現れるという赤い服の女。
    赤福の女。俗名「アキちゃん」。既に都市伝説化。

    これに関する話や目撃情報を語るスレです。

    【都市伝説】「泉の広場赤い服の女」【大阪】 →続きを読む

    1: :2014/01/23(木) 01:18:15.12 ID:
    1 :以名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/01/23(木) 01:05:59.94 ID:vArfdd0Y0
    半年で俺の人生最高潮の体になった



    ちなみに朝夜2回 直後にプロテイン飲んだだけ

    今さらビリーズブートキャンプやった結果wwwww
    http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390406759/
    【画像】あるVIPPERの筋肉が凄い件【マッチョ】 →続きを読む

    人気記事ランキング

      このページのトップヘ